« スカイリム-マグナスの目・後編 | トップページ | スカイリム-ドラゴン討伐編、開始! »

スカイリム-ドーンスター・目覚めの悪夢

スカイリム。

ウィンターホールドでの一件を片づけたNobuzouじいさんが向かう次の場所は、
大学から西にあるドーンスターという街。

鍛冶の修行をしまくって懐が寂しかったので、
最初は住民に話しかけて軽いお使いクエストをこなしていく。
鍛冶屋のラストリーフから本探しを頼まれたり
若手のウェイファインダー船長から、取引で入手したが
仲間が洞窟で落としてしまったという上等な虚無の塩を探しにいったりと。

Tesv_145

Tesv_145_2

本探しのほうは、詐欺師の隠れ家という場所でオーク系の賊どもを相手にする。
通常の賊よりは歯ごたえがある。
「おまえの勝ちだ、降参する!」と這いつくばる山賊を容赦なくバッサリ。
賊相手には容赦はないですぞ、ワシは。

最初はまばらになってる賊どもを相手にして、余裕はあったが
広場出た辺りから弓持ちと雷撃撃ってくる賊に苦戦。
オーク一式作って防具もそれなりに強化したのに、弓による攻撃は痛い。
まさか賊相手に回復薬消費するとは思わず・・・ナメてたなぁ。
弓持ちの賊は誘き寄せて倒しながら、宝箱から本を回収。
だが、奥にいた山賊の長が氷付呪の戦槌装備でかなりの曲者だった。
スキルのジャガーノート4/5、鍛冶でオーク一式強化して、防御も250越えてたが、
たった3発でやられるとか・・賊長強すぎ。
今度は属性の耐性も考えていかんとなぁ。

苦労の末本を入手してラストリーフに渡すと
鍛冶スキル1鍛えてくれる。
ここ来るまで70まで上げていたがこれで71。
あと9で黒壇装備作れるなぁ。

塩探しはクマの住処1エリアの探索、
3体のホラアナグマを一気に相手にするだけだったが
こっちは報酬が1250ゴールドと羽振りがよかったな。

 

懐が暖まって鍛冶の修行も程ほどにこなした後は、
住民からこの町の現状を聞いていく。
話を聞くと、ここの住人達は毎晩のように同じ悪夢にうなされているという。

Tesv_146

宿屋にいくと、悪夢について何やら話しあいが行われている様子。
もうこんなのには耐えられない!とか言ってる女性もいる。

そんな中、一人冷静だったのが、エランドゥルという男。

なんでも、デイドラの王ヴァーミルナが、
自分たちの記憶を欲する代わりにもたらした悪夢なのだという。
咳一つで深刻な病になるような酷い症状のものだとか。

被害が拡大する前に、これを止めねばならない、ということで
問題の源となっているナイトコーラー聖堂へと向かう事になる。

最初は、エランドゥルに聖堂に連れられる形で同行する。
途中、クマなどと戦闘したりで、聖堂に到着。

彼からこの聖堂に入るときの注意事項みたいなものを聞いて中に入ってみる・・が、
エランドゥルが入ってくる気配がない。

一度外に出ると、エランドゥルがいて、ようやく中に入っていったが、
こちらも中に入ると、エランドゥルの姿がない・・・。

Tesv_147

別の場所にいるのかと思ったが、その聖堂内は他にいける場所がなく
目的ポイントもエランドゥルについていくーみたいになってはいるが、
ポイントも遠い場所に記されていて、そこにいくことができなかった。
最初、これは仕様かと思ったんだがね。そのせいで途中セーブしたりで
そこへいく方法があるのかと思って、ずっと探索していたんだが。

探索しても行く方法が見つからず、
おかしいと気づいたのがそれから30分経過した頃で、
後で別データで確認したところ、
聖堂内ではエランドゥルが仕掛けを作動して中に入っていくイベントが用意されているが、
そのイベントが発生していなかったという致命的なバグだった・・・。

このバグを回避するには、
なるべく聖堂まではエランドゥルについていく形で、道中の会話も一通り聞いたりで
聖堂に入る際は、必ずエランドゥルよりも後にはいるようにしないと、
変にフラグが発生しなかったりするかもしれない。

これからプレイ予定の人はその辺用心しといたほうがいいね。

途中セーブしてしまったりで、別のデータからやり直すハメになったが・・。

 

気を取り直してナイトコーラー聖堂を探索。

エランドゥルが教壇奥の壁の仕掛けを作動させて、奥へと進んでいく。

 

Tesv_148_2

ヴァーミルナ崇拝の地として知られる聖堂。
その昔、悪夢に苛まれていたオークたちの集団が、この聖堂を襲撃したという。

撃退できないと悟った司祭たちは儀式によって生み出した
ミアズマという眠りのガスを聖堂内に放出した事で
オークや自分たち全員を眠らせたそうだ。
彼らは、この聖堂内で眠りについているのだというが、
そのミアズマによる影響を受け続けていると、精神が蝕まれてしまい正気を失うのだという。

下手に起こすと連中が起きて襲い掛かってくるだろうということで
警戒しながら進んでいく。

ミアズマとやらは、司祭たちが長い年月を掛けておこなう儀式のために、
老化を遅延するために作られたものだという・・冬眠かよ。
まったく崇拝者の考えることはろくなものじゃないな。

案の定、起き上がってきたオークたちと一戦交えながら、
最奥へと進むも、何やら障壁が掛かっていて進めない。
何やらミアズマを解放したときに司祭たちが障壁を起動させてしまった様子。

これを通る手段はあるのかー?ということで聖堂内の図書館で調べることに。

まぁいろいろ詳しく教えてくれるエランドゥルであるが、
嘗てはヴァーミルナの司祭をしていたらしく、
この聖堂で兄弟たちと儀式をおこなっていたそうだが、
オークの襲撃の際に、彼らを見殺しにして逃げ出してしまったのだという、
ワケありな元司祭の話を聞いたりと。

図書館内では目覚めた連中を相手にしながら、調べモノをおこなう。
最初は「夢中の歩み」という書物を探す。

MAP見れば目的ポイントで表示されているが、

1階ではなく、階段上がって2階の隅っこにある本棚近くに発見。
書物をエランドゥルに見せると、今度は障壁を通るための不活性薬を探す事になる。

不活性薬とは、夢を利用して現実世界の遠く離れた場所へと移動できるといったもの。
なんとも非現実的で疑わしいものだが・・

道中、オークやヴァーミルナの献身者どもを相手にしながら
東の棟の研究所に行き、不活性薬のサンプルを回収。

エランドゥルと話し、実験台としてそれを飲んだNobuzouじいさんは
夢の世界へといざなわれ・・・。

Tesv_149_2

これより以前、
オークが聖堂に襲撃してきた時代を体験する事になるNobuzou。

撃退が困難とされた状況で、ヴァーミルナの司祭たちはミアズマを放出する事になる。
カシミールという男の視点での操作となり、オーク達と仲間が戦闘している場所を駆けながらも、
ヴァーミルナの意思に従い、奥にある装置を作動させてミアズマを放出させる・・・。
ミアズマを放出させたところで現実世界へともどってくる。

エランドゥルが、向こうの時代を体験できるとは・・・とか羨ましがっていたが、
こんな体験はあまりしたくないのぅ、腰に来るわい。

ともあれ、これで障壁の奥へと通れるようになる。
奥でも献身者やオークを相手にしながらも、夢のビジョンで見たエリアを通っていく。

エランドゥルの後を追っていくと、
ビジョンで見た2人、ヴェーレンとソレクを発見する。

Tesv_151

エランドゥルをカシミールと呼ぶヴェーレン、
あの夢のビジョンで操作していたのは過去のエランドゥルだったようだ。

ところが、彼はミアズマの影響を受ける前に逃げ出してしまった事で
ヴェーレンたちは、エランドゥルを裏切り者だと武器を構える。

説得しても聞く耳を持たずで、仕方なく戦うことになる。

2人とも魔力の盾常備で雷撃を放ってくるが、
エランドゥルと協力して殲滅完了。

彼らは友人だったと語るエランドゥル、まぁ後味の悪いものとなったが・・。
それと目的はまた別の話。

奥の祭壇には、悪夢の元凶となる堕落のドクロがある。

エランドゥルが堕落のドクロを壊せば、クエストが完了する・・が、
ここでヴァーミルナの声が脳裏に響く・・。

Tesv_152

元ヴァーミルナの司祭であるエランドゥルが
儀式を済ませてドクロを解放させ、Nobuzouを殺すつもりだという。

彼を殺してドクロを奪うのだというヴァーミルナ。

とりあえず、これは両方ともやってみた。

エランドゥルがドクロを壊すまで、少し間がある。

その間に背後からエランドゥルを攻撃して殺し、
堕落のドクロを入手すると、実績「デイドラの影響」が解除される。
デイドラの秘法を入手すると解除される実績のようだ。

逆にエランドゥルを殺さずに、そのまま堕落のドクロが壊されると・・・。

Tesv_153

これで、ドーンスターの悪夢が消えると、
やるべきことを全うしたエランドゥル。

クエスト「目覚めの悪夢」が完了。
彼と会話すると、おまえのおかげだ、として
以降はエランドゥルを仲間にして連れ歩けるようになる。

結局その後は襲ってくることもなく、ヴァーミルナの声はただのまやかしだったというオチ。
このじいさんと旅を共にするときはあるだろうか。
じじい同士の旅ってのも悪くないかも?
逆にワシから襲う事があるかもしれんぜ、
波乱万丈の旅だ、グヒヒ。

にしても一時はバグで進めなかったりと往生したが、
無事完了させて何よりだなぁ。

まぁこのクエストに限らず、
他にもいろいろクエストに関係したバグがあるかもしれないな。

前作のオブリでもボス倒せないとかいう
進行不可なバグあったりで往生したんだよな・・。

今作もその辺注意しながらこまめにセーブしていく事にしよう。

勿論、バグ内容はここでも書いていく予定だから、
これからプレイしていく予定の人は参考までに。

というわけで今回はこの辺で。

|

« スカイリム-マグナスの目・後編 | トップページ | スカイリム-ドラゴン討伐編、開始! »

360『The Elder Scrolls V SKYRIM』」カテゴリの記事