« 二ノ国 白き聖灰の女王-レカのクエスト中心に~死者の湖へ | トップページ | 二ノ国 白き聖灰の女王-三国救出編~灰の女王レイナス »

二ノ国 白き聖灰の女王-ジャボーとの決戦・・・そして、新たな戦いへ

二ノ国 白き聖灰の女王。

ジャボー戦前のクエほとんど消化しちゃったので
今回はジャボー戦前後のシナリオ中心。

DS版との違いは如何なもんかという事でみていくことに。

Nino_ps143

邪心の玉に込められていたのは、賢者アリシアの魂ではなく「記憶」。

ジャボーと対峙していたアリシアは、ジャボーと魂を共有するものが
一ノ国にいるはずだと、その者を何とかしようとしていたが、
ジャボー曰く、その魂の絆を自ら消し去ったのだという。

だがアリシアは、消し去った命でも、必ず還ってくる命がある、というと
自ら一ノ国へと飛び立っていった。

傷ついたアリシアは、一ノ国へとやってくる。
ホットロイトの人たちに助けられ、
彼女はその町で住み、そして一人の子供を生んだ。

それが、オリバーだった・・・。

そんな記憶を見せられ、賢者アリシアが母親であるという事実を知ったオリバーは、
絶望に陥っていた。

自分のしてきた事はすべて無駄だったのか・・・。

Nino_ps144

そんな中、ココルがやってくると、オリバーにある贈り物を届けた。
それは、オリバーに助けられた人々の心。

母親は助けられなかったが、自分がこの人たちを守られなければ・・と
オリバーは再びジャボーに立ち向かう決意をする。

オリバーが意識を失っている間、レカの町にてブーデーが出現。
苦戦していたマルとジャイロだったが、立ち直ったオリバーが駆けつけ、
ブーデー戦が始まる。

Nino_ps145

ブーデー二戦目・・この辺はDS版にはなかったが、
この二戦目は、死者の湖での一戦目と比べると、ブーデーのHPが格段に落ちている。

死者の呼び声で全員呪い状態にしてくるが、
ここは他メンバーでもHPをどんどん削っていけたので、ゴリ押しで乗り切れた。

ブーデーを退け、立ち直ったオリバーに束の間の喜びのマル達。
その後は死の湖を越え、ジャボーのいるナナシ城へと向かう。

 

ナナシ城も前作と違って仕掛けもそこそこリニューアルしている。

Nino_ps146

各所にある水晶に触れて道を作ったり、
360度に視点がぐる~りと回転するエリアを通っていったりと。

自分はそんなに苦にはならなかったが
苦手な人は方向感覚狂いそうなエリア。

ちなみにこのエリアにもいくつか宝箱が存在。
獣王のキバ、グレートシールド、ドラゴンランスなどがあるので回収しておく。

回転エリアを抜けたら円周の通路に入るが、南側のウネウネ通路の先に
ブライトシングがあるので回収。

終盤のダンジョンだけあって、ここでは最終進化の魔物がゾロゾロと。

Nino_ps147

物理耐性のあるスチームン、物理攻撃が侮れないブッキーマ、
ジョテーやマミュンの闇の呼び声は厄介だが、
このエリアにはコッツしょうぐんが出てくるんだなぁ・・・。

カムチャをコッツしょうぐんにしちまったよ。

出来れば図鑑埋めの為、
各イマージェンの最終進化は、
雑魚の有無で重複しないように選択しようと思ったんだが・・・。
別にコッツ捕まえて鍛えるか。
まぁげんすいが出てくればそれに越した事は無いんだが。

今作は、DS版ほど長いダンジョンは用意されておらず、
ウネウネ通路の途中にある水晶に触れて
階段を作っていけば、ジャボーの元へたどり着ける。
まーここラスダンじゃないし、本作の真打ちは別にいますからな。

 

Nino_ps148

ジャボーとご対面のオリバー。

ジャボーとオリバーは魂が繋がっていて、
自分を倒せばオリバーが消えてしまうことを告げられる。

DS版だとジャボーのほうは闇の加護に守られて
オリバーが死んでも自分は死なないとかいう設定だったような気がするが
今回そういった説明は省かれていた。

これじゃあ戦えないよというメンバーだが、
なお更こんなの間違ってる、とオリバーは助力を求め、
ジャボーと戦うことになる。

 

ジャボー戦。

まずは通常サイズがお相手。

Nino_ps149

Nino_ps149_2

船で交えた一戦目同様、闇の氷結、闇の烈風、無限の炎あたりを使ってくる。

闇の氷結発動後、周囲に氷結エリアが出来る。
入るとダメージを貰うので避けながら攻撃をかけていく。

何かとダメージ貰いやすいので、ここではオーラバリアで
全員のタフさあげたり、
キビキビなどで素早さ上げてジャボーのワープ移動に対応していったりと。

ある程度ダメージを与えていると、ジャボーはイーゼラーを発動してくる。
ノーガードだと150前後のダメージを受ける。

Nino_ps149_3

イーゼラー発動後にシズクからもフォローが入るが
イーゼラー詠唱中に魔法グラディオンで攻撃すれば妨害できる。
ただ、グラディオン自体のモーションが長いもので、
タイミング合わせて詠唱中に攻撃をかけるのは何かと手間取った。
イーゼラー吹き出し表示してからだと間に合わないことも。

主にワープした後に詠唱する事が多いので
移動した直後にグラディオンの詠唱はじめて攻撃したりと。
それでもずれて攻撃受けた直後にイーゼラー詠唱とかタイミング悪い状態が続いたが。
他には烈風後に移動なしでイーゼラー詠唱とかあったな。

仲間の立て直しなどで間に合わない場合は、
吹き出し表示中は無理に攻めに行かず、
まもりシフトでまもり固めておいたほうが無難。

後は闇耐性弱いイマージェンは極力避けることかな。

最後はグラディオンの一撃で、まずは通常サイズを撃破する。

 

お次は、ジャボーの闇の心が実体化した暗黒騎士エビルナイトとの一戦。

いやー、自分のお気に入りな戦闘BGMきたねー!
今作でもDS版と同じ曲だ。

やっぱりこれを聴かないと盛り上がらない。

Nino_ps150_3

剣の一振りが大きく、
周囲にいるメンバーにまとめてダメージを入れてしまうことが多い。
クリティカルで攻撃妨害しても、かまわずに剣振り回してくる、見た目どおりの近接タイプ。
暴れ斬りによる全体攻撃や、エビルガードで自身のまもりを固めてきたりと。

暴れ斬りは、まんま物理攻撃なので、
物理耐性あるイマージェン並べてまもりシフトを固めれば怖くはない。

エビルナイトは正面からだと、手に持っている盾でガードしてきて
効率よくダメージが入らないこともしばしば。

そんな時は、挑発要員を囮にしながら、別のメンバーに切り替えて
背後回って攻撃かけたりと。

メンバーを前後に分散させておけばリーチの長い剣攻撃にもうまく対応しやすい。

こちらは終始カンタスで挑発しながら
他メンバーがサイドや背後から攻撃してくれて乗り切った。
結構時間がかかったが、エビルナイトを撃破。

闇の心も倒され、後がなくなったジャボーは、
ついに本気の力を見せる。

 

Nino_ps151

Nino_ps152

漆黒の魔道士ジャボーとの決戦。

向こうがでかすぎるためか、この戦闘は少々横視点。
ジャボーが技を繰り出す際に見下ろし視点に変わる。

残光の闇は、左手から緑の波動を一直線に放ってくる。
これを受けると、こうちょく状態になるので、
吹き出し表示を見たらなるべく右側は避けるように。

冥界の光は、右手から闇の波動を一直線に放ってくる攻撃。
この吹き出し表示のときは左側は避けるように。

近くにいるとスナップブローで、巨大な腕をなぎ払って攻撃してくる。
貰うと吹っ飛ばされるので、吹き出し表示見たら近くにいるイマージェン下げて
ブロー後にまたイマージェン出して攻撃させたりと。

漆黒の衝動は、各地点に闇ダメージエリアを作り出して攻撃してくる。
なるべくダメージエリアを避けながら相手にする。

ここでも途中、シズクからフォローが入るが
「イヤな予感がするで!」と言い出す。
その直後、ジャボーは魔導砲を放ってくる。

ノーガードだと200以上のダメージを受けるので、
吹き出し表示が出たら、まもりシフトで固めて守りに徹する。

この魔導砲後、ジャボーが疲れてチャンス状態になるので、
攻撃シフトに切り替えて一気に畳み掛ける・・・といきたいところだが。

初見は魔導砲を直に貰って壊滅・・たて直すのに精一杯で攻撃にいけなかった。

Nino_ps153

こいつは、クリティカル時や弱点ついても、中々チャンス状態が作れずに
魔導砲発動後ぐらいしか猛攻掛けられる機会がなかったな。
その肝心の魔導砲も頻度がそれほどなかったので近接でチクチクダメージ入れてたが。
スナップブローが中々厄介なやつだった。

後は他メンバーが衝動で作り出されるダメージエリアに勝手に入ってしまったりで
ダメージ貰う事が多かったな。

しぶしぶ立て直したりで、中々攻めにいけないこともしばしば。

それ故に結構時間のかかった戦闘ではあったが、
こっちもかなりLvあげてしまったこともあって、
魔導砲以外では、それほど苦戦もしなかった。

モーションが大きいやつなので、パターンさえわかればたいした相手ではないと思う。

 

かくして漆黒の魔道士はオリバー達によって倒された。

魔道士から放たれた光からジャボーの心が映される。
彼に起こった出来事を見る事になるオリバー。

Nino_ps154

ジャボーの本当の名は「ナシウス」。
嘗てはアルテナという国の一兵士だった。

国同士の争いが耐えなかった戦争の時代。
ナシウスは魔法を覚えることで、国の皆を守ることを使命とし、
争いの終わりを願っていた男だった。

ある日、アルテナから国境にある賢者の村に侵攻することになる。
女子供まで殺せ、という命令を非道だと感じたナシウスは、
賢者の村にいた少女を助け出し、村から逃がしたのである。

Nino_ps155

国からの命令に背いたことで、ナシウスの家は焼かれてしまい、
家族が皆殺しにされてしまう。
更に逃がした少女まで結局捕まってしまった。
賢者の娘だったようで、戦争のための手段として捕らえられたのである。

すべてを失い、国から追放されたナシウス。
自分の行為は間違っていたのか。
結局誰ひとり助けてやれなかった。

生きることを絶望だと感じたナシウス。

だが、その絶望を受け止めた者がいた。

その者がナシウスに囁いた。

絶望は憎しみというチカラを生み出し。世界を滅ぼす。
おまえはその滅びを導く存在「執行者」となるのだ・・と。

Nino_ps156

こうして、ジャボーが誕生したのである。

自分の消せない記憶。
世界を滅ぼそうとしたのは「執行者」としての役割だったというジャボー。

だが、ジャボーは「おまえだけは消えるべき存在ではない」として
オリバーと繋がっていた魂の絆を断ち切ったのである。
こうしてオリバーは元の世界へと戻っていった。

消えようとするジャボーの前に、賢者アリシアが現れる。
アリシアが、未来の二ノ国に飛んだとき、ジャボーの脅威におびえる世界には変わりはなかったが
自分のいた戦争の時代よりも、穏やかな世界だったという。

ジャボーは、本当はこの二ノ国を守ろうとしていた。
執行者として自分の国までも滅ぼしたのは、争いをなくすため。

その気持ちはあの戦争の時代、賢者の村で
ナシウスに助けられた賢者の娘アリシアが一番よく知っていた。
ナシウスから貰ったお守りを見せるアリシア。

平和をもたらすものは自分ではなく、
すべてを憎んだ自分を止めてくれる存在、それをナシウスは待っていた。
そして対となる存在・オリバーが見事をその役目を果たしたのである。

こうしてオリバーとジャボーの戦いは幕を閉じた。

  

崩れるナナシ城から脱出するオリバー。
そんな彼の前にアリーがやってくる。

大切な人から貰ったものだというお守りを受け取るオリバー。
あなたは、母さんの自慢の息子だといい、アリーは天へと還っていった。

 

戦いが終わり、ゴロネールではお祭りが行われている。

Nino_ps157

花火職人のダマラと師匠の姿がある。
DS版だとデル・モカールに住んでたんだけどな。
町がなくなったことで、
彼らに関係するイベントもなくなっていたのが寂しい部分だった。

お祭り中の町の中を探索した後は
ゴロネール王と謁見。

結局母親は助けられなかったが、
この旅は母親とまた会うための旅、それがようやく終わった。
母親の暮らした町へもどるため、
自分は一ノ国へ帰る、とはっきり告げるオリバー。

Nino_ps158_2

この式典を利用して、オリバーの見送りをするゴロネール王やマル達。

みんな、元気でね!と手を振ったオリバー。

こうして彼は魔法で一ノ国へ。

 

と・・そんな矢先。

 

何処から「滅びよ」という不気味な声と共に
空が急に暗くなる。

曇った空から、雪のようなものが降ってきた。

それを浴びた住民たちが・・・・。

Nino_ps159

次々と魔物と化していったのである。

更に、その場にいたゴロネール国王まで魔物と化してしまった。
あまりに突然な事で、周りを囲まれてしまうオリバー達。

絶体絶命か・・と思われたその時、

Nino_ps160

ラースが駆けつけてきてくれた。
彼のワープ魔法でその場を脱出するオリバー達。

ワープ後、意識を失っていたオリバーの頭の中で
ココルの声が聞こえてくる。

「自分のせいで灰が降ってしまった」と・・。

仲間の声で目を覚ますオリバー。
そこはヘブルチの乗る飛行艇ガルドレイク号だった。

ラースたちと合流し、あれから世界で起こった出来事を聞かされる一行。

ゴロネール、更にババナシア、ボーグ帝国にて、
突如「灰」が降り出して、住民たちを次々と魔物へと変えてしまったのだという。

意識を失っていた際に、ココルの言葉を思い出したオリバーは、
ココルなら何か分かるかもしれない、ということで
彼女がいる一ノ国へ向かう事になる。

Nino_ps161

と・・ここからは、ラースが仲間に加わる。
あらー今作ではラースくん、仲間に出来ちゃうのか。
賢者の息子だけに、オリバー同様魔法が使える。

更にひかえメンバーが+3拡張され、
ラースのイマージェン・リーストも仲間になる。

今まできつきつだったので拡張されたのは嬉しいな。
リーストはレリックの二段階目かな。
LV49でそこそこ能力値も高い。
即戦力にもってこいだが、経験値があまり伸びないところからすると
Lvのあがりがかなり遅いイマージェン。
どう使っていこうか悩むな。

Nino_ps162

一ノ国、オリバーの部屋へ向かうとココルを発見する。

彼女は自分のせいで灰が降ったー!と泣いていた。
ココルのせいじゃないと慰めるオリバーだが、
自分も二ノ国にいくと言い出すココル。

一ノ国にいるはずが、なぜ灰のことを知っているのか、
彼女との繋がりを調べるために同行させることになる。

 

飛行艇にもどると、なんとここでも灰の影響で乗っていた人間たちが魔物と化してしまう。
と、そんな中ココルが白い光を発動させると、中央に浮いていた黒い水晶を消滅させたのである。
魔物と化した者たちも元通りの姿に。

灰を浄化させた能力、ココルはそれを「ホーリィ」と言っていたが・・・。

と、そんな彼らの前にシャザールが姿を現した。

Nino_ps163

シャザールは自分の名を名乗ると、その正体を告げた。

世界を管理し、行く末を見守る評議会「エルダードゥーク」。
シャザールはその中の一人らしい。
 

オリバー達のおかげでココルは本来の力を取り戻した事を感謝するシャザール。
彼女が持つ、世界を浄化する魔法「ホーリー」。

オリバー達とココルが協力すれば、この世界を救えるかもしれない。

心せよ、と言い残すとシャザールはその場から消えていった。

 

ココルの正体はまだはっきりしていないが、
彼女の力を借りて、まずは灰の街と化した三国を元に戻す事になるオリバー達。

まずはゴロネール王国へ。

Nino_ps164

Nino_ps165

灰を浴びて魔物と化した住民たちが徘徊している。
当然、襲ってきて戦闘になる。

住民A、Bかと思ったらこれまた細かい名前付けがされてんのね。
肝っ玉母さんも見るも無残な姿に。

一応店などには入れるが、全員魔物と化してしまっているのか
店には誰もない。

ツバクロの店主もいなくなってたな。
自分を元に戻してください、なんてシャレの利いた依頼は載ってないか(w

途中、「歴戦の猛者」のトロフィーを獲得。
猛者になったのはいいが、亡者にならないように注意しなきゃな。

王の間へ向かうと、黒い水晶を発見。
と、そこへ立ちふさがるは、魔物と化したゴロネール国王。

Nino_ps166

あーそういや、この王様ニャンダール14世って言うんだっけか。
名前だけはチューベルさんといい勝負。
そういやチューベルやマグール、ネズミたちは無事なんだろうか。
それはさておき。

ニャンダールとの戦闘がはじまる。

Nino_ps167

パワースクラッチによる全体攻撃や、
ハウリングロアー、正面中心に風を巻き起こしてダメージを与えてくる。

序盤は4足歩行で、ノソノソ歩きながら引っ掻いてきたりと。
動きがのろいので、その間に攻撃掛けてHPを削っていく。
パワースクラッチに注意しておけば、後は問題なさげ。

HPをすべて削って、これで終了ー・・・かと思いきや。

Nino_ps167_2

今度は二足歩行で本気を出してくるニャンダール。
二足になっても動きは相変わらずのろいが、先ほどよりもHPはあがっている。

パンチを繰り出したりアッパーかましたりと。
正面にいると、とにかくボコボコ殴ってくる。

後はウイルスクラッチを頻繁に使うなぁ。

度々メンバーが毒状態になったりで
たて直すのに中々攻撃がもたついたり。
スクラッチ時にまもりシフトで毒状態防げる事もあるが、期待はできない。

ニャンダールが本気出してからはウイルスクラッチ攻勢でしばらく手間取ったが
いやしの聖水で回復しながらこうげきシフトでゴリ押し。

 

こうしてニャンダールをなんとか倒して王の間のある黒水晶をホーリーで消滅させることに成功。

ゴロネール国王や住民たちが元通りとなった。

ババナシア、ボーグ帝国も灰で壊滅している状態で、オリバー達はその場所へと向かう事に。

Nino_ps168

黒水晶、それは灰の女王レイナスが生み出した、「聖灰」の源泉。

だが、それが今、一人の少女により浄化された。

世界を滅ぼそうとする、聖灰の女王、そして評議会エルダードゥーク。
それを阻止するオリバー達の戦い。

物語は新たな局面を迎える。

|

« 二ノ国 白き聖灰の女王-レカのクエスト中心に~死者の湖へ | トップページ | 二ノ国 白き聖灰の女王-三国救出編~灰の女王レイナス »

PS3『二ノ国 白き聖灰の女王』」カテゴリの記事