« リザーブ切り替えに難あり。 | トップページ | FF零式-最後の女王、烏有に帰す- »

FF零式-無謀な実戦演習~ブリューナク戦-

ファイナルファンタジー零式。

ここまで微妙な印象なこのゲームだが、
今回は第3章をプレイ。

Ff0_18

この章からは「実戦演習」に参加できるようになる。

指定された区域に向かい、任務を遂行させる。
それぞれ推奨レベルが設定されているが、
最初に出されている演習は推奨レベルが36と高い。

この段階だとまだレベル20ほどのメンバーばかり。
試しにメンバー投入してやってみたが、
レベル30後半の皇国兵に、簡単に返り討ちにされてしまう始末。

Ff0_19

ほぼ一撃でやられるね・・・。
作戦開始して、たった数秒で仲間二人がノックアウトしてしまうとか(w
10レベル以上差が開いてるとさすがに無理があるか。
作戦どころか、今のメンバーだけじゃ町中で鬼ごっこだったわ。
ただ、こういった作戦に動けるのは何も朱雀の生徒たちだけではない。 

この演習作戦や、本編のステージではネットを通じての「乱入」が可能で、
LAN環境が整っていれば、他のプレイヤーが乱入して手伝ってくれる事がある。
また、こちらからも相手側の世界へ乱入して、相手プレイヤーを手伝う事ができる。

ただし、戦闘に参加できるのは3人までなので
乱入されるホスト側の枠が埋まっている場合は、
操作キャラ以外のメンバーがリザーブに回り、乱入プレイヤーが登場してくる。

Ff0_20

Ff0_21

またネットワークの環境を整えていなくても、
作戦が開始する前に「魔導院の支援」を選択する事で
魔導院のキャラが乱入して、手伝ってくれる事がある。

試しに支援を要請してみると、
作戦の推奨レベルに応じてたのか、そこそこレベルの高い援護キャラが登場する。
実際ネットワークでの乱入もこんな感じなんだろうか。

何故か乱入してくるNPCは揃いも揃ってひらがなフルネーム・・・
デタラメに名前つけてるだけかと思ったが
きたせよしのり、このゲームのプロデューサーの名前か。
モグのアナウンスがないと気づかなかった(w
他の名前なんかも開発者や声優の名前使われてるみたいだな。

加勢に来た乱入NPCはこちらを手伝ってくれるが、
しばらくすると、HPの有無に関わらず、帰還する。
戦闘中に帰還する事もあるし、
登場して、さぁ戦闘開始!といったときに帰還してしまうNPCなんかもいる。

ネットワークの方はどうなってるのか知らんが
乱入する上での制限時間でも設けられてるのかね。

だからといって後者はさすがにギャグとしか思えないが。

また、魔導院の支援では、時々ではあるが
候補生に任務を指示しているクラサメ隊長が来てくれることがある。
制圧作戦中に一度だけ姿を現したが、一度も戦わずに帰っちまったよ・・。
隊長・・・敵地に乗り込んどいて敵前逃亡はないわ。

レベルの高い実戦演習で、こうした魔導院の援護キャラを利用していくが
この辺は、やはり自分から率先して行動しないと、向こうもなかなか行動に移さない。

できるだけ引きつけて、NPCに戦わせようと思ったが
中々そんな都合のいい動きはしてくれなかった。

結局リザーブメンバー全員返り討ちにあい、任務失敗・・・トホホ。

実戦演習は今の段階でクリアできないので
自由行動の間は、院内のイベントを消化したり
やれる範囲の依頼をこなしていく。

 

北トゴレス地方にて皇国軍の捕虜を一人捕まえてこいだの、
モンスターを退治してこいだの依頼をこなす。

捕虜は戦闘中にリーダーを先に倒すだけの簡単作業だったが
北トゴレス地方にて「ペルクーナスを6体倒してこい」という依頼。

北トゴレスでウロチョロしていても、一向に姿を現さず、
逆にその地域をうろついているグランドホーンにぶちのめされたりしたが・・。

ペルクーナスは森では中々出没しなかったが
森を抜けたところの平原に出現した。

Ff0_22

Ff0_23

左画像の位置辺りうろついていると、
ボムの白いバージョンが登場する、それがペルクーナス。
自爆してしまうとカウントされないので、
魔法で一気に叩きのめしたほうがいい。

まぁ他の場所でも出てくると思うが、
徘徊しているグランドホーンが危険なので
丁度トゴレス地方へ移動する手前の場所で、
ウロチョロしていたほうが安全。
画像の位置なら少し南に行くだけでエリア移動ができる。

 

本編のほうは、皇国の占領下にあるイスカを奪還するための潜入作戦を行ったり、
敵地の皇国領にある工場に乗り込んで、魔導兵器を破壊する任務を行ったりと。

Ff0_24

イスカ潜入作戦では水路に潜入して、
各ポイントの制御装置に魔晶石を仕掛けて街の動力を停止、
皇国軍が混乱している隙に制圧するといった任務だが
霧で視界が悪くなっている水路を行き来するので、
魔晶石を仕掛けるポイントへ向かうまではワリと迷いがちだった。
ハンドル回して水路の水位を下げて移動したり、
動力停止後は復旧までのカウントダウンが始まり、
急いで水路内の兵どもを片づけていったりと・・。

カウントダウンがはじまると結構焦ってしまう。
このステージは余裕かと思ったが、途中置いてあったガスボンベを誤って攻撃してしまい
近くにいたケイトがひん死状態、更に雑魚の攻撃でやられてしまった。
死亡数0でいけると思ったのに・・結局このステージはBランク。
 

工場に潜入する作戦では、途中、センサーのトラップに引っかかって
警報が鳴るや、次々と兵どもが襲ってきたりと。
だが、次エリアへ移動すると、何事もなかったかのように元に戻っている不思議。

工場に置かれている魔導兵器ブリューナクを破壊するために
3箇所の研究室にある、それぞれの端末を操作して
ブリューナクを弱体化する必要がある。

Ff0_25

そこにいる研究員たちに気づかれると、
警報鳴らされて、兵たちが次々と呼ばれるので、
連中よりも先に警報を壊して阻止したりと・・。

弱体化に成功したら後は本体を探すだけだが、
敵地だけに相当数の皇国兵たちが待ち受けている。

連中を片づけて奥へ進むとブリューナク戦。

とにかく暴れまくりでろくに近づけないので
後方の通路まで逃げ込んで、そこから銃で応戦していく。

仲間のNPCがちゃんと後方まで下がってくれずに棒立ちで
ここでもケイトがやられてしまったりと・・。

仕方なくひとり減った状態でキングで応戦していたが・・。

Ff0_26

ブリューナクにはろくにダメージを与えられず、
向こうが放出してくるストライカーを迎撃、跳ね返す事でダメージを入れていく。
キングだとエンドレスワルツ使わないとストライカーろくに跳ね返せずに面倒だったな。

一定数ダメージを与えるとブリューナクが倒れ込み、大ダメージを入れられるようになる。

1回でも倒れると、以降は少しはダメージが入るようになるので
後はもう一回倒れるまで、HP削っといて、倒れたら畳み掛けるように。

ブリューナクを倒し、最奥へ進むと、
前章でトゴレス要塞を消滅させた白虎のルシ・ニンブスとご対面。
無論、敵側なので相手をする事になるが・・・。

Ff0_27

行動が早く、間合い取られて攻撃する隙も与えてくれない。
逆にルシの攻撃をひたすら耐え抜く事になる。
一発貰っただけでアウト。

瞬間移動攻撃で、7,8人ほどやられてしまったが
残りのメンバーで何とか耐え抜いているとイベント進行。

コンコルディアの女王から戦時特例が発令され、
朱雀側と皇国側は一時的に休戦することになってしまう。

その真意はいかにー、ということで次回は第4章から。

|

« リザーブ切り替えに難あり。 | トップページ | FF零式-最後の女王、烏有に帰す- »

PSP『ファイナルファンタジー零式』」カテゴリの記事