« 碧の軌跡 -西ゼムリア通商会議- | トップページ | 碧の軌跡 -胎動~獣たちの謝肉祭- »

ワジくんと・・束の間の休息♥

英雄伝説 碧の軌跡。

インターミッション「束の間の休息」。

通商会議後、ディーターの招待もあり、
保養地ミシュラムにて休暇を取る事にしたロイド達。

あのテロリスト達の一件で、気落ちしていたメンバーだったが
だからこそ羽を伸ばすときだというロイドに、メンバー達も次第にいつも通りに。

ミシュラム到着後、マリアベルの招待で
アルカンシェルの面々やセシル姉も遊びに来ていた、というサプライズ。
仕事のことは忘れて骨休めする一行。

新たに作られたビーチリゾートを貸し切りに、海水浴を楽しむロイド達。
エリィやセシル姉に日焼け止めを塗ったり、
イリアやノエル達とビーチバレーで楽しんだりと。

 

セシル姉は相変わらずグラマーな人、そしてこんな場所でも相変わらず天然な人。
将来のお嫁さんとか、もうワジしか考えられないんだが。

で、肝心のお嫁さんの方だが、
いつもの服装で気づかなかったが、意外と首長いな・・。
そこまで首を長くして何を待っているのかね?
まさかロイドの・・・告・・・?

ビーチバレーでは当然ワジとペア組んで難敵のイリアチームを撃破する。

 

さすが将来のパートナーだけに呼吸もぴったりだった。
これぞ愛の成せる技!?
おいロイド、向こうからアプローチ来てるぞ。
それにも気づかないとか、こいつはホントにニブチンなヤツだな。

 

海水浴を十分に楽しんだ後、宿泊施設に戻ると、
キーアがいなくなったーということで探す事に。

前作では、黒の競売会が開かれていたハルトマンの別荘。
今は迎賓館として使われているそうだが、そこにキーアがひとり佇んでいた。
何やら元気がない様子。

 

思えば、あの競売会の一件でキーアと出会ったわけだが、
何故、少女がトランクの中に閉じ込められていたのか、それは未だに謎のまま。
キーアはどういった経緯でここに連れてこられたのだろうか・・。

 
たまに独りぼっちになってしまう、と本音を漏らすキーアだが
ロイドの励ましで元気を出し、一緒に宿泊施設へ戻る。
ビーチリゾートの受付の場所へ向かうと、ちょっとしたハプニングが発生している。

なんでも海水浴で遊ぶ女性の水着を切り裂く事件が起こっている様子。

 

被害者たちの証言を参考に、犯人は湖水浴場に棲みつく魔獣である可能性が高いことから、
もう一人、別の女性キャラを囮にして、魔獣を退治することになる。
ここで選択したノエルが一役買うことに。

囮により姿を現したペングーを退治するが、
お仲間さんがいたようで、駆けつけてきたノエルと共闘。
何故かキーアもついてきて、キーアを守りながらでの戦闘になる。

それぞれ特殊攻撃を持っているようだが、ブレイブスマッシュで
相手を麻痺らせたり、電磁ネットで移動力封じたりして、できるだけキーアに近づけさせないように畳み掛ける。
まぁこの辺は人選が吉と出たようで、キーアに傷一つ付けることなく
ペングー戦隊の撃破に成功。
魔獣を倒して、依頼も無事解決する。

 

その後は、ミシュラムお馴染みのテーマパークで楽しむ一行。

鐘を鳴らすと願いが叶えられるという鏡の城や
新たに設けられたホラーコースター、他、占いの館や観覧車など
各イベントを楽しんでいく。

リーシャと一緒に占いの館へと入ってみる。
何を占なうのかはリーシャに任せてみたが、
あのシャーリィの存在が気になるようで、また出会うときが来るかどうかを訪ねたりと。
血染めのシャーリィ、本業ではやはり警戒せねばならん相手だろう。

 

ホラーコースターはシューティング系のミニゲーム。
迫り来るエネミーを退治しながら高得点を狙っていく。

とりあえず、ミスなしでエネミー全部倒せば76Chain、☆3つはつくだろう。
実績「ホラーバスター」を獲得。

 

途中、休憩所の売店付近にしてみっしぃの妹であるみーしぇを発見する。
自分を見つけたお礼にとかくれんぼ勝負を挑まれる。
パートナーを選ぶ事になるが、ここはみっしぃ好きのティオを選ぶ。

ティオの嗅覚はアテにならなかったが
テーマパークの各所に隠れているみーしぇを5回探して見つけ出す。
自分的に、広場の方が一番わかりづらかったかな。
クリアするとみーしぇストラップを入手。

 

後は、将来のパートナー・ワジと鏡の城を探検したり、
観覧車で共に束の間の休息を過ごす。

 

鏡の城では願いが叶えられると言うが、
ワジの願いとは、以前気まずい別れ方をしたヴァルドくんに新たな道が見つかってほしいと。
それなりに彼のことを気にかけている様子だった。
そんな野郎想いなところに、ロイドも惹かれてしまったわけで。

観覧車に入るのはこれがはじめてらしい。
夕日に包まれる中、観覧車の中で愛を確かめあう二人。

 

せっかく、彼がこんなにもアピールしてるのに、
やめてくれ!とまだ心の準備ができていないロイドくんであった。
つくづく器量の小さい主人公だ。

テーマパークで遊んだ後は、夜の晩餐会に招待されているので迎賓館へ。
ここではワジが迎えに来てくれる。

 

途中宝飾店に立ち寄ると、ワジがプレゼントしてくれる。
アクセサリ「ゴールドチャーム」を入手。

ここまでアプローチ来てるのに、さすがに何もしないのはおかしい。
ロイドもお返しとして1万ミラのペンダントをプレゼント。

プレゼントとはいわず、キスくらいしてやればいいのに。

 

テーマパーク前で夜の花火を堪能した後は迎賓館へいき夜の晩餐を楽しむ一行。

その夜、寝つけないロイドがラウンジへ向かうと
リーシャを発見。

 

リーシャが時折見せる儚い瞳が
出会ったときからロイドが気になっていたようで、その事を聞くと、
「自分にはある目的があり、近いうちにクロスベルを離れる事になる」と告げた。

 

その後、同じく寝つけないキーアがやってきて、
リーシャと別れたロイドは、キーアと一緒に寝る事になる・・が、
ワジの声でふと目を覚ますロイド。

一緒に寝ていたはずのキーアがいなくなっていた。
メンバー総出で彼女を探す事になる。

 

テーマパークへ向かうと様相ががらりと変化。
シンボルのみっしぃの絵が不気味なピエロの絵に変わっている。

奥へ進もうとするロイドたちの前に、
ホラーコースターのゴーストが襲撃してくる。

メリクルオーガス&ゼニスゼイニー。

 

2体とも同じ姿をしているがタイプが異なる。

メリクルオーガスは物理攻撃中心、アーツを吸収する。
ゼニスゼイニーはアルファウェイブという全体攻撃を頻繁に使う、ゼニスの方は物理攻撃を吸収。

先にメリクルオーガスから攻撃を掛けていたが・・こいつがえらいまた防御力が高い。
攻撃力が800代と一番高いロイドでも800ちょっとのダメージ、ワジだと200ちょっとのダメージ・・。
ノエルに至っては全くダメージ通らずで、ティオの攻撃はアーツ属性のためか吸収してしまう

ターンが過ぎてくると連中はヘイズヘイズという自分の小型版を呼び出してくる。

アーツ詠唱してくるのでトリニティガードなどのアーツキャンセル技で阻止していたが・・
こいつらもなかなか面倒。

ターンが来られると厄介なので
ファントムラッシュなどでSPDダウン、後は範囲技やロイドのコンビ技中心に
ヘイズヘイズを片づけて、メリクルにもダメージ。
こいつはコンビ技でないとダメージろくに与えられなかったな・・。

メリクルを先に撃破した後は、残ったゼニスはアーツ中心で攻める。
ADFダウンさせてからゴルゴンブレスが効果的だった。

 

両方撃破すると、この状況を作った元凶が出現。

 

身喰らう蛇(ウロボロス)の執行者。
No.0道化師カンパネルラ。

声からするに、ヨナのベースからハッキングして
オルキスタワーの図面を盗み出していたのはこいつだったようだ。
タワーを襲撃していたテロリスト達の主張とは関係なしに
単に利用していただけだったようだが、詳細までは明かされず。

今日のところは挨拶代わりだ、としてその場を去っていく。

 

鏡の城前へ向かうと、キーアを発見する・・が、何やら様子がおかしい。
ロイドの呼びかけで正気にもどるキーア。
夢で自分を呼ぶ声が聞こえたのだと言う・・うーむ、気になるところ。

結局、その後はカンパネルラは姿を現さず、
キーアも無事に戻り、翌日、ミシュラムを後にする一行だった。

といった感じで今回はインターミッション。
物語も中盤突入かなぁ。

クロスベルの国家独立を是非を巡る中で、
各国が送り込んでいる赤い星座や黒月の動向。

未だ目的が定かではないウロボロスの存在など。

いろいろと問題は山積み。

そして、また更なる問題が発生する、ということで次回は第3章から。

|

« 碧の軌跡 -西ゼムリア通商会議- | トップページ | 碧の軌跡 -胎動~獣たちの謝肉祭- »

PSP『英雄伝説シリーズ』」カテゴリの記事