« 碧の軌跡 -偽りの楽土を越えて~それでも僕らは- | トップページ | FF零式をプレイしてみる。 »

碧の軌跡、総括。

英雄伝説 碧の軌跡。

プレイ時間が70時間とだいぶ時間がかかってしまったが、
ようやく本編クリアー。

Eid_a200

サブクエこなしたりで寄り道してこれだけかかったか。

2週目にはいると、会話部分で色々追加されたりしている場面があるっぽいな。
気になるところだが、もう1週しただけでお腹いっぱいだなー。
周回するにはあまりに時間かかりすぎる。

ボリュームは前作の零の軌跡と似たほどだと思う。

ただ、ストーリーのテンポの悪さは相変わらず。
各章の構成も詰め込みすぎてて無駄に長く感じる。
中でも3章と終章が特に酷かったな。

終盤のストーリーの展開は、
黒幕がいて更にそれを操っていた黒幕がいたとか、
まさにどんでん返しな内容。

黒幕→真・黒幕を倒す流れで、
ラスダンかと思っていた場所で黒幕を倒せば、今度は真・黒幕が出てきて
これまたながーいラスダンをやらされてしまうというもの。
ラスダン攻略するのに、3~4時間程度、
更にラスボス戦だけでも普通に1時間以上ほどかかる内容なので
実質ラスダンからクリアするだけでも5時間以上かかる内容。
終盤の展開は面白かったのに、さすがにこれはダラけたわ。

ラスボスのほうは、度々雑魚呼んだりして、嬲られるかのような無駄にながーい戦闘をやらされる羽目になったなぁ。

長すぎるラスダンの後に、このボス戦は苦痛でしかなかったわけで。

 

まぁこういったテンポの悪さはともかく、内容自体は悪くはなかったが。
悪く言えばありきたり、良く言えば思いっきりのある展開というか。

 

戦闘システムについては、可もなく不可もなく。
新たに導入されたバーストモードもそれなりに活用させてもらった。

終盤に入るとボスもそれなりに堅いので、
バーストオーブなどでゲージ貯めて攻撃していかないと
なかなか効率よくHP削れなかったりする場面もあったな。

ボスのタフさが、バーストモード使ってください、と強要しているように思えなくもなかった。
難易度HARDでやっていたから余計そう感じてしまったが。

 

また、新たに導入されたマスタークォーツ。
装備すると、戦闘開始時、一定ターン能力上昇やアイテム、攻撃アーツの効果アップと
これも難易度和らげる仕様かなぁと思っていたが、実際は丁度いい感じだった。
逆に攻撃上昇などのクォーツの効果が切れると、その分ダメージも弱くなるので
代わりに攻撃上昇のアーツやクラフトを使う頻度が増えたところかな。

マスタークォーツの存在で、
結果的に、空気だった補助アーツなどの活用度が前作よりも増えたという意味では、プラス・・かな。
ただ、難易度HARDだと攻撃力や命中率あげないと、
一部のボス戦などはほんとダメージが入らないので
ある意味強要されていた部分もあったが・・。

クォーツのレベルが5まで上がると、特定のルーンを覚えるようになるが、
終盤はそれ活用して、かなり戦闘が楽になったな。

まぁ無難なシステムではないかと。
今後のシリーズで導入されそうな感じだな。
 

BGMは前作の使いまわしも多かったが、
相変わらず雰囲気出してる良さげな曲が多かったな。

音楽だけで言うなら今年プレイしたゲームの中でも上位に食い込みそうな内容。
サントラ買いたいね。

まぁ全体的には楽しめた・・・が、
エンディング見た限りだとまだ続編がでそうな内容だな・・。
面白い作品だと思うが、この手の小出し商法はなぁ・・。
実際長すぎるから仕方ないのかもしれんが、
次やるかどうかわからんな。

前作の総括同様になるが、ほんとストーリーのテンポ&構成の悪さは何とかしろ。
それだけだな。
 

本当なら、終章とその前の断章の内容も書き上げて
時間あるようなら2週目突入したかったが、前作同様1週のみで幕を閉じることに。

このゲームやる前から決めてたタイムリミットが切れてしまったので
今回は簡単に総括で終わらせようと。

また気が向いたときにでも書くかもしれんけど、
今はそんな時間ないかなぁ。

ともあれ、一応27日までにクリアという目標は達したので、この辺で〆。

さて、今日発売の例のゲームでもやりますかね。

|

« 碧の軌跡 -偽りの楽土を越えて~それでも僕らは- | トップページ | FF零式をプレイしてみる。 »

PSP『英雄伝説シリーズ』」カテゴリの記事