« 碧の軌跡、総括。 | トップページ | リザーブ切り替えに難あり。 »

FF零式をプレイしてみる。

Ff0_1

そういやぁ、去年の今頃はFF14やってたなぁと、
いろいろ時間を無駄にした事を後悔しつつも、
今年はFF零式の方を購入してみる。

FFシリーズは、本編以外の外伝や派生はあんまりプレイしないんだけどね。
はなっから期待していないが、どんなもんかサクっとやってみよう。

今作は、なにやらアクション性重視・・・ということで軽くやってみたが・・。

Ff0_2

うーん、まぁ確かにアクション系のゲームだな。
ボタンごとに攻撃、魔法、回避などが割り当てられていて
戦闘ではそれを主体に操作していく感じ。

ターゲットを指定して攻撃していくわけだが
最初の操作キャラであるエースくんは
カードを武器にして遠方から攻撃していく戦闘スタイルで、
ちょっとしたTPSゲーをやっているような印象を受けた。

ステージ制になっていて、各エリアにいるリーダーを倒せば、
戦闘が終了し、次に進んでいくという流れ。

戦闘をおこなうパーティは最大3人までで、
うち2人は勝手に操作されるが、こちらの操作で操作キャラを切り替えることは可能。
物語り進むに連れて、近接タイプや魔法タイプなど、いろいろ登場。

移動操作はスティックを使うわけだが、視点切り替えは十字キーを使うことになる。
PSPはスティックと十字キーが左にあるので、
移動しながら視点を切り替えするってのを左手だけでやるのは難しい。

キーコンフィグがあるが、コマンドボタンの切り替えはできても
視点切り替えと移動キーが変えられないのは難。
この仕様は面倒だな。

 

Ff0_3

Ff0_4

アクションゲーム・・ではあるがレベルの概念があり、
敵を倒して得た経験値でレベルが上がっていく。

魔法は、本という形でアクセサリーに装備して使うことになる。
攻撃魔法は攻撃コマンド、回復・支援系の魔法はディフェンスコマンドで分類されている。

アクセサリーは2つまでしか装備できないが、
本を二つ装備しても、コマンドに入れられる魔法は一つのみ。
例外として2つ攻撃魔法を持っているキャラなんかもいるが
実質各キャラが使う魔法はディフェンスコマンド含めて2つまでと考えた方がいいかな。

今作のアビリティは、レベルが上がったときに得るAPを消費して
「成長」という形で覚えていく。
能力値上昇や各キャラの持つコマンドアビリティを習得していくというもの。

成長や装備は、各所にあるレリックというオブジェクトで行うが、
成長はともかく装備はメニュー画面から行えないところがなぁ。

というか・・なにぶん操作できるキャラが14人もいるので
一人一人装備を新調していくのが面倒だったりする。 

Ff0_5

物語のほうは・・・なんかいろいろ専門用語多すぎて意味分からんわ。
会話の中で登場する「ルシ」とか「ジャマー」とか、
FF13でも使われてた言葉だが、意味自体も忘れてしまったしな。

ただ、国同士の戦争もので、エース達が朱雀候補生として活躍する、というお話。

ムービーシーンも相変わらず長いものだが、
戦争モノだけあって流血シーンがたびたび目につくね。

現在は二章をプレイ中だが、このゲームはUMDが2枚。
で、一章終わった時点でDISK2枚目を起動しろといわれる。

・・・まさか各章ごとにディスクをいちいち交換せねばならんのか。

面倒くさそうだなぁ。

|

« 碧の軌跡、総括。 | トップページ | リザーブ切り替えに難あり。 »

PSP『ファイナルファンタジー零式』」カテゴリの記事