« 魔将セフィリージュ戦~エルミ3総括。 | トップページ | 盗賊退治~亡霊たちの影。 »

世界の頂点を奪いとれ!

今更ながらダークソウル予約完了。

22日に延期しちまったのはちょっと痛いなぁ。
29日に発売される碧の軌跡、これ挟もうかと思ったんだが・・。

ダークソがホントに駄糞だったら、碧の軌跡かギアーズ3でもやろうかね。

とりあえず今回はダークソウルまでの繋ぎとしてこれを購入した。

Gkh_1

グランナイツヒストリー。

発売日当日に購入したが、その後もエルミ3の影響で
2,3日ほど遅れての開始となった。

開発がヴァニラウェア・・縁のある所では
4年前くらいに発売されたオーディンスフィア以来・・となるのかな。

あのゲームは、なんとももっさりしてて
自分的にはちょっとマゾい印象はあったが、このゲームはどうかな。

 

グランナイツの前評判はぽつぽつと聞いていたが、オンラインでの戦争モードがあって
プレイヤー間での対戦が出来る、と。

残念ながら自分は無線LANの環境にないので今回はこれはパス。
オフラインのみで楽しむ事に。

Gkh_1_2

Gkh_1_3

ジャンル的には戦争RPG、になるのかな。
 
このゲームのおおまかな流れとしては
まず戦争することになる3国から1つ選んで、プレイヤーは所属した国で騎士団を結成して
見習い騎士を育成・強化。

60日間の見習い期間を終えた後は、
国を代表して戦争モードに参加する・・というような流れ。

ちなみに戦争モードはオフラインでも楽しめる。
実際そこまでやれてないのでまだ何も書けないが・・。

 

Gkh_2

育成モードでは、騎士の名前や職業などを決めてチームを作る。
チームは最大4人まで。

職業は大まかにナイト、アーチャー、ウィザード、の3つに分かれるが
細分化すると、ナイトは重騎士、聖騎士、戦乙女、
アーチャーだと狩人、義賊、狙撃手、
ウィザードは魔術師、魔女、聖職者とある。

ガチガチに戦士系で固めるのはつまらんし、魔法使いばかりってのも頼りなさそうなので
自分はナイト1(戦乙女)、アーチャー2(狩人&狙撃手)、ウィザード1(魔術師)でいくことに。

戦乙女はうまく立ち回れるというバランス型、
狙撃手は銃や弓銃、狩人は弓。
魔術師は攻撃支援両方回れるバランス型。

魔術師は支援で、火力は狩人と狙撃手に任せる感じのチームだな。
戦乙女は火力次第でどの位置につけるか考えよう。

 

Gkh_3

Gkh_4

見習い騎士の間の60日はメインクエやサブクエ、
手配書の魔物を討伐したりと依頼をこなしながらレベルを上げて強化していく。

フィールド上での移動はポイント間での移動になる。
移動するたびに左上に表示されているゲージ「行動コスト」が消費され、
これが0になると強制的に帰還させられる。

帰還すると日数が経過するので、
クエスト消化など、ある程度の目的を持って進行する必要はある。

クエスト自体も、結構なポイント間を移動してそれなりのコストを消費するので
計画的に移動した方がいい。

またコストを増やす方法としては、
テントを使うことでコストを回復させる事が出来る、

ただしテントは1日に1回しか使うことが出来ない。

最初のうちはぼろいテントでコスト10しか回復しないが、
そのうち出てくる大きなテントはコストを30ほど回復してくれるので
それなりの範囲で行動できるようになる。

また、ある程度進めて、別の地域にいけるようになると
地域のどこかにある馬小屋の利用が可能になる。

これを使えばコスト消費なしでの地域間での移動が可能。

 

Gkh_5

Gkh_6

ポイント間を移動していると、ランダムでイベントが発生する事がある。

モンスターの巣があって戦闘になったり、
商人がいて買い物が出来たり、謎の男と取引したりと色々。

ランダムで発生したイベントで
手合わせ願いたいという騎士たちと一戦交えたが、返り討ちにあっちまったよ・・・とほほ。

三叉路になってる部分は特に商人系のイベントが発生しやすいな。
店ではあまり扱ってない珍しい武器防具が買える。

後、まれーにだが・・珍しい食べ物を売ってる姉ちゃんを見かけることもあるが、
1000G払って食ってみたら体力全快・コストも全快することもある。

コストを全快できるのは大きいので
見かけたら無理してでも買ってみるべきかも。

ただ、食べ物によっては悪影響与えるものもあるかもしれない・・。
下痢Pでコスト減らされたりすることあるのかな(w

 

Gkh_8

さて、お次はこのゲームのメインとも言える戦闘部分。

ターン制のコマンド形式バトル。

敵味方それぞれ、縦3マス横4マス内のエリアで戦う。
戦闘中、個別に移動して場所を変えたり出来るが、そのターンは移動だけ。

ナイト系は近接主体なので、後方の敵の前に壁となる敵が立っていると、
後ろの敵は攻撃できない。
ただ例外として槍などの射程2マスの武器だと、正面とすぐ後ろにいる敵をまとめて攻撃できる。
槍は威力こそ劣るが横一列の攻撃技が多いんだよな・・
だからそういったところはメリットがある。
またその他では射程のあるアーチャーやウィザードで攻めていったりと。

Gkh_7

戦闘の特徴としては、
画面上部に表示されているAPゲージを消費して戦うところにある。

これは各メンバーが共有しているもので
メンバーの一人が技を使えばゲージが減っていく。

通常だと戦闘開始時はAPが6となっているが、
最初の二人がそれぞれAP3消費の技を使ってしまうと、
APが0になってしまい、残る二人は技はおろか攻撃すら出来なくなってしまう。

そのため、全員が効率よく攻撃するためにはAPゲージにも気を配る必要がある。

最初、この仕様が分からずに、
最後に選択するリチャードはなんで魔法使えんのじゃあ!とぶち切れていたのはオレだけでいいが・・。

また、敵にもAPが設定されていて、攻撃されるたびに消費していく。

こちらより圧倒的に数が多くても、向こうもAPを共有しているので
攻撃の手数も当然限られてくるし、そのターン攻撃してこない敵もいる。

ストーリー進めていくと、相手からAPを奪う魔法などが存在する。
今その魔法習得に向けて猛特訓中ではあるが・・・。

Gkh_9

Gkh_10

各メンバーにはそれぞれBrave
という士気能力のようなものが設定されていて、
これは戦闘するたびに徐々に低下、Braveが30切ってしまったメンバーが一人でもいると
戦闘開始時、APが少ない状態で始まってしまう。

Braveを回復するには各メンバーが好物なものを食べさせるとAPを少し回復できるが、
酒辺りを飲ませるとBraveは一気に回復していく。最大で100。

ただ酒が嫌いなメンバーに飲ませると、回復しても、嫌いな効果により-5ほど下がってしまう。
まぁでも-5くらいなら許容範囲だな。

また、ポイント間を移動している強敵モンスターを倒す事でBraveを40回復できる。

強敵シンボル見つけたら、どんどん倒していけば、
さほどBraveには困らない。

Gkh_11

Gkh_12

各メンバーは職業に応じた武器を装備して戦うことになるが、
その武器(ウィザードは属性)を使っていくと熟練度が上がっていく。

このゲームはレベルを上げて技や魔法を覚えるのではなく、
「秘伝書」を購入し、熟練度の数値を消費することで覚える仕組みになっている。

熟練度については・・敵の強弱関係なく、戦闘を行う事であげることができる。
対応した装備品を使えばよりあがりやすい。

ただ魔術師の属性がイマイチ上がりづらいんだよなぁ。
職種によって相性あるのかもしれない。

バランス型の魔術師は水属性がとにかくあがりやすいと思ったね。
別に水属性一切使わずとも、他の属性使ってても上がっちゃうんだからな・・。

  

武器防具・装飾品などは基本店で購入。
日数が過ぎていくと、徐々にラインナップが変わっていく。
ラインナップはともかく、
以前出てた武器はもう買えないんだろうか・・それだけがちょっと気がかり。

装備品は基本、キャラクターの能力値に応じて装備可能かが決まる。

最初のうちは力が足りなくて強い武器を装備できないーなんてこともあるが、
そういった場合は能力値を上昇させる聖石を装備させると便利。

聖石も普通に店売りしているし、宝箱や行商などでレアな聖石を入手できる事もある。
4つ装備できるが、4つも装備してるとなんかドーピングみたいな感じであまり好きになれないが(w

 

とまぁこのゲームについてザッと説明してみた。

ゲームの難度の方は、まだ見習いの段階だが、そこそこあるといった印象。

Gkh_13

序盤の盗賊狩りでは、
相手の騎士が使うクラスターゼロにかなりお世話になってしまった。

初っ端から盗賊に苦戦してて、戦争で生き残れるんだろうか・・・。

|

« 魔将セフィリージュ戦~エルミ3総括。 | トップページ | 盗賊退治~亡霊たちの影。 »

PSP『グランナイツヒストリー』」カテゴリの記事