« 盗賊退治~亡霊たちの影。 | トップページ | 習得スキルの雑感&魔石モンスター戦。 »

ひたすら訓練の日々~合同演習など。

グランナイツヒストリー。

メインクエ「亡霊たちの影」をクリアし、
紅蓮ノ月1日を迎える。

ここから期限付きのサブクエストが発生するようになる。

Gkh_31

4週以内、3週以内と期限が定められていて、
期限までに依頼をこなさないとなくなってしまうが、
しばらくしてまた同じ依頼が出されることもある。
これは手配書の魔物なんかも同じ。

サブクエをクリアすると
報酬として訓練許可書がもらえる。

Gkh_32

Gkh_33

見習い期間中はこの許可書を使って、訓練を行う事ができる。

模擬戦闘や精神修行など、
訓練方法がいくつか存在していて、その訓練によって
あがる能力が違う。

また訓練許可書にも力、俊敏などいろいろジャンルがあって
それぞれで受けられる訓練方法が異なる。

訓練した後はカードルーレットで能力値の上昇が決まる。

Gkh_34

大成功、成功、失敗の3種類あるが、
一応失敗でも能力値は上がる。
大成功、成功だと+2入るときもある。

4つのカードとも成功、または大成功だった場合は
新たに上昇ボーナスがつく。

このボーナスで能力値が+3上がるときもある。
なかなか良さげ。

また、訓練期間中は日数(4日間)を消費する。
この訓練は、見習い期間中でないと受ける事ができないので
見習いの間は積極的に活用しておかないと勿体無い。

サブクエで訓練許可書を入手したら積極的に使っていく。

このゲームは、こちらのレベルが上がる度に
敵も強くなっていく仕様なので、
同レベル帯の環境で、能力値をリードするためにも訓練は不可欠になる。

サブクエこなしながら積極的に訓練を行っていく。

そのサブクエをこなしている途中で・・・。

Gkh_35

Gkh_36

何やら怪しげな男から武器を買い取らないかということで1000Gを支払ってみたところ、
黄金の剣を入手した。

攻撃力が+171とこの時点だと脅威の数値だが・・
条件が力が88必要。
聖石でドーピングしても追いつかないので、
ネリーは訓練で力中心にあげていくことにした。
はやく装備できるといいが・・。

一方、狩人のウォルトは弓以外にも銃を扱う事にした。

Gkh_37

アヴァロン領土の店で売っていた「ブラックアウト」が序盤ではそれなりに役に立つ。

ルイスにもつけて、ブラックアウト攻勢で相手の命中率を下げていく。
十字範囲の状態異常技にしては消費APが2と使いやすいのも特徴。
ただ、それなりにミスも多いのもご愛嬌な銃技。
命中率下げるのはいいが、BLIND状態とはいえ思ったよりもミスらないもんなんだな。
気休め程度って感じか。

ルイスは弓銃と銃、交互に使いわけて熟練度あげ中。

弓銃だと序盤は中々範囲系の技を覚えにくいので
十字範囲技の多い銃に頼る事も多かった。

状態異常確率を大幅に上げるフィールサイトも覚えたことで
フリーズショットもバンバン使って相手を凍結状態にする。

このフィールサイトはその後もいろいろと活用される事になる。
状態異常系の武器を入手してから使う頻度が大幅に増えたな・・。

 

今回は3国の領土の真ん中境目に位置するネルムの大穴へと足を運ぶ。

この辺は、イーグルやスケルトンが頻繁に登場する。

イーグルの使う大飛翼・・縦一列だが普通に200近いダメージを貰う、中々痛い技。

Gkh_38

スケルトンのほうは、こちらの火力不足のせいで
倒しても復活されたりと、結局2回倒さねばならないという時間のかかる戦闘が続いた。

このイーグルとスケルトンのコンビが中々いやだな・・。

縦一列で円月斬と大飛翼連発されると死ねる。

また、アーチャーの使う麻痺矢も中々面倒。
この辺りは止痺草があると便利だが、入手するのにも中々苦労する時期。

面倒な戦闘が続くだけに、
たまにスライムの群れが出てくるとホッと安心してしまうな。

サブクエこなして、コストが余っていたときなどは
このネルムの大穴で修行。

 

紅蓮ノ月15日。

サブクエスト「合同演習」に参加。

ここでは3つの演習場で自分達と同じ見習い騎士と戦闘する。

Gkh_39

一戦目、二戦目は楽勝だったんだが、

三戦目の相手が難敵だった。

重騎士、戦乙女、魔術師、狙撃手という4人。

前線の騎士は大剣持ちで混乱付加のスカルファングなどをつかってくる。

後衛の魔法使いはマインドミストで1回だけダメージ無効化したりフロストを使う。
狙撃手が結構頻繁にブラックアウトを使ってくる。

あまりBLIND状態にはならなかったが、範囲技で150前後と結構HPを削られていた。
こちらもウォルト、ルイスがブラックアウトで応戦しながら
後手のネリーがダメージを与え、まず前線の重騎士を先に倒す。

Gkh_40

Gkh_41

中列にいるヘルムつけた戦乙女はファストスタブで先手で攻撃かけてくる。
こいつが地味にウザかったな・・。

ファストスタブは吹き飛ばし効果があるので、メンバーがたびたび後列に追いやられては
固まったところにブラックアウトをぶち込まれることも多かった。

この辺は、吹き飛ばし無効化の「騎士の誇り」があるとよかったかもしれん。

こちらはウォルトが甘夏の蜜配布で
メンバーをターン回復、手が開いたらブラックアウトで攻撃、
リチャードはヒールで回復に専念、

ルイスはブラック&フリーズショット、今回細剣のネリーはハッシュでひたすら攻撃。

Gkh_42

Gkh_43

最初は範囲技で攻めて、ある程度ダメージ与えたら一気に集中攻撃というパターン。

相手がうまくバラけているので2体ずつしか攻撃かけられなかったが・・
新たに覚えたルイスのダイバーショットが火を吹いた。

 

苦戦はしたがなんとか退けることに成功。

合同演習をクリアする。

その後もサブクエを消化しながら熟練度上げ。

今回は、リチャードがトレースドールを習得した。

Gkh_44

Gkh_45

風と土の熟練度が8必要、
土と水しか上げてなかったので急遽ウインド使いまくる事になったが・・。

トレースドールは、かけたメンバーの次行動を2回に増やす事ができる。
消費AP4。

この魔法の利点は、2回目の行動自体がAP消費なしで発動するということ。

これがあれば、AP10以上の強力技でも2回使うことができるという。
ただ、トレースドールを掛けたメンバーは直後に2回行動を起こすので
トレースでAP4消費した直後では使われる技は限られてしまう。

なのでこの辺りは行動(俊敏)調整して、
メンバーが行動した後にトレースドールを掛け、
次ターンで2回行動・・という流れの方が技を使わせやすい。

こういう部分は魔術師の行動が早いところがネックなんだよな・・。

とはいえ、これは結構お得な魔法だと思う。
ケースバイケースで活用できる魔法。

といった感じで今回はここまで。

|

« 盗賊退治~亡霊たちの影。 | トップページ | 習得スキルの雑感&魔石モンスター戦。 »

PSP『グランナイツヒストリー』」カテゴリの記事