« デビルサバイバー2-変容の水曜日~驚愕の木曜日- | トップページ | デビルサバイバー2-平等への土曜日~ベネトナシュ戦- »

デビルサバイバー2-決別の金曜日~決断の刻-

デビルサバイバー2。

6日目「決別の金曜日」。

相次ぐセプテントリオンの襲撃と
それを「剣」とする全能の存在・ポラリス。

秩序をなくした人間を滅ぼそうとするポラリスに
ヤマトは、弱者を排除し実力主義の世界という秩序を築く事で、
世界を再興しようとする。

Dv2_65

そんなヤマトの案に納得のいかないものがちらほらと。
アイリやヒナコは全く納得していない反面で
ヤマトの意見に同意しているのは、ジプス局員のフミ、マコトあたり。

お互い意見のぶつかりあい、
決別の刻が近づいてくる・・・。

そんな中、第6のセプテントリオンが襲撃してくる。

Dv2_66

Dv2_67

球状の物体が連なったミザールという巨大なセプテントリオン。

本体を攻撃する度に、分裂して徐々に巨大化していく。

小型のヤツは早いうちに仕留めれば分裂しないが、
放置しておくと、促進して徐々に巨大化していく。
少し大きいのはすぐに倒しきれないと分裂してしまう厄介な相手。

ミザールは特に突きによる物理攻撃が多いんだが・・
でかい方のやつがかなり攻撃射程があり、
不意をつかれた主人公チームが千裂突き食らってやられちまったりと・・。

パワーチャージ後に食らうとかなり痛いな・・・。

そうこうもたついているうちに、本体の方はどこかへいってしまう。

この本体を倒す方法ないかぁと、調べる事に。

 

以前、ロナウドとともに都庁へ忍び込んだ際、床に描かれた大きな方陣を発見したが・・。

ヤマトに聞いてみると、あの法陣は代々峰津院家が龍脈の力を使うための術式だそうで。

東京、大阪、名古屋の3都市のタワーには龍脈の力による結界が施されているが
その方陣を使うと龍脈の力が消耗し、結界が解かれてしまう。
そうなると、ポラリスからの攻撃を受け「無」の傷を受けてしまい、
そこから徐々に無の侵食が始まると、最終的には、都市自体が「無」に飲まれてしまうと・・・。

ただ、無の侵食を受けてから都市がなくなってしまうまでに
数日の猶予がある。
その間に誰かがポラリスに謁見する事ができれば間に合う・・・らしいが。

現状、他の策がないので、龍脈の力を使うことになる一行。

方陣を起動させるためには、
タワーの龍脈の力に呼応するクサビを引き抜いて
その力を解放する必要がある・・と。

クサビは東京・名古屋・大阪の3つに存在。

それぞれ各場所でクサビを切る必要があり、
ここでメンバーが分かれて行動する。

 

Dv2_68

ジョー&オトメの縁が4と気になったので
今回はジョー&オトメ&ヒナコの大阪チームでいくことに。

つかジョーはなんで大阪チームに・・・和久井死んじゃったのが原因か(w

ターミナルから富士山火口へと出向き、内部施設へ。

 

Dv2_69

Dv2_70

ここでは端末を起動後、
各ポイントに回って中央のクサビに解除コードを送信していく。

無論悪魔もわんさかと。
倒しても次から次へと出てくる。

悪魔倒すメンバーと、端末まわるメンバーに分けて行動した方が効率的。

通常だと階段上り下りしたりと段差があるので、端末回るなら、
真・夢幻の具足(カーマ、クーフーリン)や飛翔天駆(ヴィゾフニル)
など段差無視で移動できるスキルがあると便利。
これがあると階段無視したショートカットの移動も可能。

ただ、面倒なのは憑依や邪念呪縛といった
移動制限かけてくる雑魚がいるので、
特にレギオンあたりは解除チームを近づけさせずに
敵倒すチームが率先して掃除していく。

端末起動後は3箇所回ることになるが、2箇所目と3箇所目は上側。
それぞれ逆方向にあるので、
解除メンバーは手分けして行動しといた方がいいかもしれないが・・・。

2箇所目のポイントからなら、
飛翔天駆+妖気迅雷で届きそうな距離・・・確認してないからなんともいえんが。

こうして3箇所で楔を引き抜いて龍脈の力を解放。

お次は、その龍脈を「具現化」させるために
鍵となる悪魔が必要になってくるが、
本来つかう予定だった悪魔が無の浸食でダメージを受けていることから
依り代となる人間を使うことになる。

ヤマトが選んだその依り代・・・とは。

Dv2_71

イオだった。

その直後、携帯からの死に顔動画でイオが死ぬときの様子が映され・・。
ここはなんとか励まして、イオに自信を持たせる。

その後宮下公園にて、鍵となる悪魔ルーグの封印を解くが
無の侵食の影響か、ルーグが欠片の状態で飛び散ってしまい、
悪魔どもに欠片を持ち逃げされないように戦闘するイベントなど。

Dv2_72

宮下公園も、前作と同じMAPの使いまわし。
クルースニクとクドラクの鬼ごっこが懐かしく感じる。

上にあるルーグの欠片は夢幻の具足や飛翔天駆のあるメンバーでとりにいかせる。

上のは、うまく立ち回れば敵よりも早く入手できるが
右下の欠片を奪いに来るモスマンが妖気迅雷で移動力あげてくるので
事前に逃げ道ポイントの近くで待ち伏せて畳み掛ける。

 

ルーグの欠片を全部入手した後は、都庁の中央にて
依り代による術式が開始される。

術の最中は、強い力に寄ってくる悪魔どもからイオを守りながらの戦闘。

Dv2_73

Dv2_74

術の途中、イオはダメージを食らうので回復させる。
ちゃんと通路をふさいでおかないと悪魔どもが勝手に侵入してくる。

飛翔天駆持ってるバイブ・カハが障害物無視で一気にやってくるので
こいつはイオの近くに待機して迎え撃つ方が無難。

シンクロ率80パーセント以上のときにクドラクが出現する。
取り巻きのギリメカラは物理を反射してくる反面、嵐に弱いので嵐の乱舞で攻める。

クドラクは前作同様炎に弱い・・まったく進歩のないヤツ。
今回は倒す度にパワーアップするという設定はなくなっている。

ルーグとのシンクロを終えたイオは、龍脈を具現化するための鍵を差し込む。
と、その突如、方陣から龍が姿を現すと、街中にいるミザールを襲撃・・・!

Dv2_75

ミザールのいる都庁の屋上へと向かうと・・なんかすごい事になってる(w

龍に丸呑みにされそうになっているミザールが必死に瓦礫にしがみついている。

ここではミザールを引き剥がすために触手の部分を攻撃する事になるが、
触手を倒すと、小型のミザールに分裂、こいつらも片づけねばならない。

Dv2_76

Dv2_77

両方の触手を片づけるも、短くなった触手で尚もしがみついてくるので
引き離していく。

で、倒すたんびに小型のミザールに分裂・・これを片づけたりと、
これを3セットほど繰り返さねばならない・・かなり面倒な戦闘。

更に、龍脈の力にも限界があるようで、
もたついていると時間切れでゲームオーバーになる。

 

ミザール自体は小型だと百烈突き、大型だと千烈突きをつかってくる。

細かくダメージが入ってくる分、S闘気の装束つけておけば
ダメージ50以下はブロックできるのでお勧め。

この戦闘イベントでは触手や小型、更に悪魔相手もいるので
それなりに長期戦になる。
MP配分考えずに攻めていたため、
終盤ではガス欠起こすこともあったが・・。

ミザール自体は物理攻撃ばかりなので
物理無効や反射のある仲魔を多くつれておいたほうがいい。

物理無効の魔王バロール、
攻撃するとMP回復する覇王の盟約があるので、この戦闘ではお勧め。
後は物理吸収のヒトコトヌシや物理反射のギリメカラなどか。

中盤以降、ミザールのリンチで主人公が度々やられる場面もあったが
オトメチームのリカームで復活させて建て直し。

時間切れになる前にミザールの触手を片づけて引き剥がす事に成功。

ミザールは龍に丸呑みにされて、無事倒す事に成功。

だが、これにより3都市のタワーは結界を失い、
ポラリスによる無の侵食が進みつつある。

そんな猶予もない状況の中、携帯からマコトがロナウドに殺される死に顔動画が映される。

Dv2_78

Dv2_79

ジプスに攻め込んできたロナウド暴徒達、それと戦うマコト。
彼らを止める戦闘イベント。

ロナウド側、暴徒達の人数が多く、マコトを集中的に攻撃してくるので
暴徒の頭数を減らす。

戦闘開始前に「両方止める」を選択したので、ロナウドやマコトとも戦う事になる。

マコトと戦うのはいいが、違和感があったのはお供のヘカーテの等身だった。
戦闘での顔合わせは初めてだったんだが・・なんか異様にでかくないか。

 

両方倒して事態を治めた後は、ヤマトの登場、
龍脈の力を使ったことで破滅へのカウントダウンがはじまった。
世界を再興するための行動を開始するヤマト。

それに対し、ロナウドも行動を開始する。

Dv2_80

正義感の強いロナウドは、争いのない平等な世界を求めている。
それに賛同する仲間達もいれば、否定的な仲間も。

自分達と意見が合わないようであれば対立する姿勢を見せている。
今はそれどころではないのだが・・・。

仲間達は、お互いの意見が合わず、それぞれ別の場所へと散っていく。

これにより決断を迫られる事になる主人公。

Dv2_81

Dv2_82

ヤマトは、弱者を排除する実力主義の世界を
ロナウドは、どんな人間も共存できる平等な世界を、
だが、いずれの考えも極端すぎるとして、争いをやめさせようとするダイチ。

ヤマト、ロナウド、ダイチのうちから一人選んでストーリーを進行、
その後は就寝で6日目を終了。

7日目からは選んだルートからでの開始となる。

誰を選んだのかは次回のお楽しみに。

Dv2_82_2

ちなみに6日目終了時点で、
アイリ、ジュンゴ、イオの縁が5になった。

アイリ関係はピアノやってたというイベントや
ヒナコと揉めるイベントをこなす。
ヒナコとのイベントでは、全部アイリに同意する選択肢にしていれば
絆ポイントをよりあげやすいかも。

メンバーが分かれて行動するイベントで
一度でも名古屋側について、絆ポイントをあげていれば
6日目までに縁が5になる。

アイリの縁が5でトウテツの合体が解禁。

ジュンゴは茶碗蒸し&ネコ関係のイベントをこなす。
こちらも同様に名古屋側についたりして絆ポイントをあげ、
後はネコのイベントをこなしていけば6日目までに縁が5になる。

ジュンゴの縁が5でオオミツヌが解禁。

Dv2_82_3

Dv2_82_4

イオは、両親が死ぬイベントや、意思を主張できない彼女のイベントを見る。
6日目で発生の、子供を説得するイベントをこなしていれば
縁が5になり、ティターニアの合体が解禁される。

ティターニア、物理と魔力以外の属性は無効。
試しに物理無効とかつけてみたが・・
物理反射、魔力も無効にできれば万能以外の攻撃がほぼシャットアウトできるな。
こいつは使えそう。

というわけでこの辺で。

|

« デビルサバイバー2-変容の水曜日~驚愕の木曜日- | トップページ | デビルサバイバー2-平等への土曜日~ベネトナシュ戦- »

NDS『デビルサバイバーシリーズ』」カテゴリの記事