« デモンズソウル、プラチナ獲得&総括。 | トップページ | 東京封鎖~出口を求めて。 »

悪魔を使役して、運命に立ち向かえ!

M_dv1

今月の28日に発売されるデビルサバイバー2に先駆けて
女神異聞録デビルサバイバーをプレイ中。

プレイヤーは悪魔使いとして悪魔を仲間(仲魔)にして戦わせるという
女神転生シリーズの派生作品。
この女神異聞禄はこのシリーズから始まったそうで。
ジャンルもシミュレーションRPG。

自分はメガテンシリーズをプレイした事がない。派生だとペルソナ辺りはやったことあるが・・。
これ買う前はDSの女神転生ストレンジジャーニーとどちらをやろうか迷っていた。
この7月は特に購入予定のゲームもなく、今月はデビサバ2が発売されるという事で
試しにデビサバの方を買ってみた。

ダチからメガテンはかなり勧められてたんだが
この手のシリーズはなーんか、食指が伸びなかったんだよなぁ・・。

まぁどんなもんかザッとプレイしていきますか。

 

M_dv2_2

ある日、主人公の従兄にあたるナオヤから
コミュニケーションプレイヤー「COMP」を受け取る主人公達。

COMPにはプロテクトがかかっていて、アツロウがそれを解除すると
中にはラプラスメールとよばれるものが入っていた。

そのメールの内容は、特定の場所で事件が起きることを指し示していた。
最初はただのイタズラだと思い込んでいた主人公達だったが、
やがて、それらの出来事が現実として降りかかってくる。

事件のあった現場で、たまたまナオヤと居合わせた主人公だったが
ナオヤは「真実の扉が開かれる、運命を乗り越えろ・・」
と主人公達に言うと姿を消してしまった。

COMPの全ての解析作業を終えたアツロウと合流した主人公だったが、
突如、COMPから悪魔召喚プログラムが作動し、中から悪魔が姿を現す。

辛くも悪魔たちを撃退した主人公だが、
倒した悪魔たちは主人公達の仲魔となり、
以後、主人公達は悪魔使いとして、東京内で次々と起こる様々な事件、そして運命に立ち向かっていく事になる・・。

 

M_dv3

M_dv4

シミュレーションRPGで
戦闘パートはマス上のエリアでユニットを動かして敵と隣接、
戦闘は一人称視点のコマンドバトル。

基本は、1ユニットにつき悪魔使い&仲魔x2という構成で戦っていく。
悪魔使いが中央、左右に仲魔という配置になっていて
左右に仲魔がいるときは、中央のリーダーは被ダメージをある程度抑える事が出来る。

敵も同様で、リーダーの左右に悪魔がいる時は、リーダーへのダメージは抑えられてしまうが
リーダーを先に倒した時点で戦闘に勝利できる。

戦闘中、敵・味方ともEXTRA TURNが発生するときがある。
これはターン終了後に更にもう1ターン追加で攻撃する事が出来る。

EXTRA TURNは弱点属性をついたり、クリティカルで攻撃すると消滅させることができるが
こちらが攻撃をミスしたり、属性が無効・吸収など、前者と逆な攻撃をすると
EXTRA TURNが付加されてしまうらしい。

だから相手を攻撃する際は弱点属性などしっかりと把握しておかないと
少々面倒な事になる。

M_dv7

M_dv8

悪魔は、イベントバトルなどをこなすと
デビルオークションと呼ばれるもので出品される事があり、
このオークションで競り落とすと、悪魔を仲間に出来る。
悪魔を倒して得られる「マッカ」を使って競り落とす。

オークションで悪魔を競り落とすたびに評価値が増えていく。
評価値が増えると、より貴重な悪魔が出品されるらしいが・・はてさて。

また、オークションの最中、出品された悪魔が偽者である
「アクシデント」が発生する事がある。
そういった場合は、落札を取り消しても評価値は下がらないようだ。

 

M_dv9

M_dv10

仲間にした悪魔同士を合体させ、新しい悪魔を生み出すことが出来る。
合体させたときは使えるスキルも継承させる事が出来る。

仲間に出来る悪魔の数は24と最初は限られているが、
とにかくデビオクを利用してどんどん仲魔を増やして合体させていった方がいいかな。

 

M_dv5

M_dv6

イベントパートの方は、基本、各エリアのどれかに!マークが発生したイベントをこなすと
ゲーム時間内30分ごと経過していく仕組みになっている。

イベントバトルの方は時間は経過するが、それ以外にも
エリアのどこかにフリーバトルがあって、悪魔と戦いレベルを上げることが出来る。
こちらは時間が経過しないので何度も戦える。

主人公達の頭の上に表示される数字は余命日数であり、
COMPを所持しているホスト側(主人公)がそれを見ることが出来る。

主人公達が特定のイベントをこなして運命を変えると、余命日数を延ばすことが出来る。

また、主人公達以外にも、余命日数表示のある重要なキャラが何人か登場し、
それに関係した特定のイベントがある模様。

時間経過の概念があり、全てのイベントを見ることが出来ない。
故にストーリーの分岐もいくつかあるようで、
このゲームのイベントをすべて見るには周回プレイが必須になってくるようだ。

これは・・まぁ全部見る気はないが、時間があれば何周かしてみようかな。

  

といった感じでこのゲームの大まかな説明はしてみた。

戦闘時に使うスキルについてはまた後日、解説していくか・・。

現在、物語の方は・・山手線の内側では余命日数が6の人たちばかりなことから、
6日以内に山手線の内側で何かが起こることを察した主人公達が
相次ぐ事件で立ちふさがっている自衛隊の警備を潜り抜けて
山手外側への出口を探している最中・・。

シミュレーションRPGなんでどんなもんかとやってみたが、
最初のうちは結構サクサク進んでいる方、テンポは早いほうかな。

|

« デモンズソウル、プラチナ獲得&総括。 | トップページ | 東京封鎖~出口を求めて。 »

NDS『デビルサバイバーシリーズ』」カテゴリの記事