« 救世主ルート「聖者の国」。 | トップページ | かんなり更新サボり中ですが・・・。 »

希望の歌~逃亡の果てに・・・。

女神異聞録デビルサバイバー。

今回は悪魔を消すジンルートと脱出するユズルートをやってみた。

周回プレイが面倒なので、3週目のまま6日目夜からのデータで
ノーセーブでのプレイとなる。
まぁ仲魔も強くなってるし、ボスも変わらないのなら全滅する事はないだろう。

まずはジンルートから。

M_dv123

ジンの恋人であり、ハルの先輩でもあるアヤ。
彼女から託されたシーケンサーは悪魔を呼び出す
と、同時に悪魔を還す歌も作れることがわかった。

東京を元に戻すため、悪魔を消す事に決めたジンは
主人公達に協力を求める。

ハルがその歌を作っている間、自分達は、
悪魔を召喚するサーバーの在り処を求め、明日アマネに会いにいく事に。

Last day「希望の歌」。

早速ハルに会いにいこうとすると、ジャアクフロストが現れる。

M_dv124

6日目にてジャアクフロストを助けるイベントをこなしていると
最終日で仲間になる。

こいつが仲間になるのはジンルートとナオヤ(魔王)ルートのみらしい。

仲魔扱いかと思ったら、普通にリーダー扱いか。
スキルセットなしの状態で、炎&氷結反射ができるのは大きいな。

もしかしたらルシファー戦に使えるかも。

ハルに会いにいくが、歌が完成していない様子。
一方イヅナが現れると、最終決断の時間が早まったとの報告。

その後、アマネ(レミエル)と会って悪魔を消す方法を教えると
召喚サーバー(バ・ベル)の場所を教えてくれる。

バ・ベルはベリトの手元にあるが、
まだヤツは王の資格を持っておらず、バ・ベルに認められていない。

ベリトに横取りされる前に、こちらは残りのベルを倒して王の資格を得る必要がある、ということで

先にアマネのなかに眠るイザ・ベルを相手にする。
魔王、救世主に続いてのイザ・ベル戦、いい加減慣れてきた・・というより飽きてきた。

イザ・ベルを倒すとアマネが仲間になる。

M_dv125

ハルに会いにいくと、まだ曲は完成しておらず、
落ち込むハルにジンが渇を入れる。
すると、ハルがこの歌自体が昔ハルとアヤが協力して手掛けていた事を思い出し、
やってやるー!と意気込む。

その後は、他のルートと同じように、四天王退治→ゼブブ→ベリトという流れ。

ベリト戦前にはイヅナが仲間になる。
能力値的には近接タイプ、このルートでは
ジン、アマネ、イヅナ、ジャアクと仲間になるキャラが多いな。

とりあえずアツロウ、ユズには控えてもらってジン、アマネ、イヅナを出して戦わせていた。
ベリトを倒した後はギリギリ曲が完成したハルが駆けつけてくる。

終盤のバ・ベル戦。

M_dv126

M_dv127

ここではハルとアツロウをコンソールパネルまで連れていく。

雑魚を片付けながらハル達を中央まで向かわせるとイベント。
バ・ベルの顔が出現する。
今回はじじいタイプの顔か・・。

真・全門耐性つけてるんで、属性ダメージはある程度抑えられてしまう・・がこの辺問題なし。

このバ・ベルの防御プログラムを片づけると
ハルの歌により、悪魔帰還プログラムが作動、
町中にいる悪魔や自分達のCOMPの中にいる悪魔までもがどんどん帰還していく。
そしてジャアクフロストともお別れのとき。
結局一度も使わずに帰らせる事になってしまった。

悪魔がいなくなってこれで解決か・・と思いきやまだやるべき事が残っている。
主人公のベルの資格を得るために黒バ・ベルと戦うことになる。

が・・今までのルートと違うのは
悪魔をすべて帰還させてしまったため、今回は仲魔がいない状態で戦闘になる。

M_dv128

当然一人のため黒バ・ベルの攻撃を集中的に貰う。
スキルみすったアマネが度々黒バ・ベルの攻撃の餌食になっていた。
この辺は回復担当させていた仲魔がごっそり抜けちゃうとかなり面倒なことになるな。
これはまずいかなぁ・・とノーセーブでやっているだけに暗雲立ち込めていたが。

ソロで戦ってみる。
たった100ダメージほど小刻みに入れてもそこそこHPが削れている。

さすがに、こちらが仲魔なしの状態の分
黒バ・ベルのHPも調整されているな。

大災で火炎属性に変わった後は主人公の嵐の乱舞で一気にHPを削って勝負あり。
HP調整されていた分助かった。

M_dv128_2

黒バ・ベルを撃破、ベルの資格を得た主人公は、バ・ベルに対し帰還命令を出す。
こうしてバ・ベルは悪魔と共にこの世から消滅した・・・。

で、その後はエンディング。

一連の事件を政府は毒ガスによる集団幻覚だと発表など、
この辺は悪魔制御ルートとほぼ変わらない流れ。

そして恒例となったメタトロン氏からのメール。

汝、身に余りたるベルの力、あえて手放したる英断、見事なり。

だが、ベルの力はまだ自分のうちにまどろむに過ぎない。
もし力の誘惑にやぶれ、悪行に走ったときは
我らすべての力を以って、汝を迎え討たん!、だそうで。

うーん、このルートは「アヤ」の存在が気になるところだったが
それもあまり触れられる事はなかったな。

 

さてさて、お次は脱出ルート。

M_dv129

このルートは、現実から目を逸らして封鎖を突破しようというユズのルート。
とりあえずそれに同意してみる。

ここまでケイスケ、ミドリがいる状態だと
その考えには否定的で一旦離脱していく。
またマリ先生を救出していても、このルートでは仲間にならない。

Last Day「逃亡の果てに」。

ここでは脱出場所を探す事になる。

各場所で30分後との経過イベントがあるものの、
このイベントでは他のルートと違って、何故か最終決断時刻がはやまることがない。

どこもかしこも自衛隊の包囲網。
赤坂トンネルにはイヅナがいるが、相変わらずですんなり通してもらえない。

一通り見てまわっているとナオヤを発見する。

M_dv130

封鎖を突破しようという主人公達に、ナオヤは意外と協力的・・
うーん、何か裏がありそうな気がするが。

ナオヤは自衛隊の戦力を分散させるために
陽動作戦を考え付く。

だが、陽動にはもう一人必要のようで、仲間を連れてこい、といわれる。

池袋にミドリ、秋葉にケイスケ、神田でカイドーを発見、仲間にする。
カイドーが仲間になったのは意外だったが、今回はメンバーには加わらない。

ジンも誘ってみたが「夜になったら店開けるわ、野菜ジュース奢ってやる」とか
投げやり状態、こんな人誘えねぇ。

一通り誘ってみると、新宿にてイベント。
遊び人風な男が立ちはだかる。

M_dv131

M_dv132

何やら、封鎖を突破するというこちらの行動が気に入らないようだ。
男は悪魔ロキとなり戦闘に入る。

こいつとは救世主ルートでも戦ったが、
今回は途中分身したりで本物探したりとちょいと面倒な戦闘。
更に途中増援もやってくる。

ロキはデスバウンドを使ってくるので物理対策、テトラカーンなど使っておけば
後はメギドだけに対応できる。

HPは高くないので分身も本体もサクッと片づけていく。

戦闘後は、邪教の館にてロキの合体が可能に。

戻ってナオヤに報告、ナオヤとカイドーは別行動を取って陽動作戦を実行する。

ナオヤは新宿での陽動を担当している間に、
カイドーは上野、こちらは天使どもが待ち構える渋谷へ向かう。

渋谷には天使アナエルとサリエルが待ち構えている。

M_dv133

M_dv134

サリエルは浄罪の光というMAP攻撃でメンバー全員にMPダメージ。

天使チームだけあって、雑魚もアニエルやカズフェルが配置。

ある程度片づけると、アマネとイヅナがやってくる。

こちらは封鎖を突破しようとしているので、当然向こうは敵側、相手にするハメに。

アマネはサマリカームを持っている、雑魚を復活されると面倒なのではやめに叩く。
イヅナのチームは物理無効主体のチームなので魔法で攻める。

3週目なのでこの辺は戦力分散させても余裕で殲滅できた。

アナエル、サリエル、天使たちを倒し、封鎖を突破する主人公達。

ところが・・・。

M_dv135

M_dv136

何でそんな状況に・・・と、ここへ来てホンダが登場する。

元々息子の手術のために封鎖を出ようとした彼だったが・・
その手術が間に合わず、息子が帰らぬ人に。

自分に守るべきものがなくなったことで、自暴自棄となった彼は
悪魔を外に出してしまったのだ。

結局、主人公達が天使を倒してしまった事で、
後ろ盾がなくなった自衛隊は、次々と敗退を余儀なくする。
東京封鎖は最悪な形で解除される事になる。

M_dv137

世界は、秩序なき、恐怖と暴力の世界へと変わっていく・・・。

暴力が支配する世界の中、COMPからメタトロン氏のメールが。

自分達は悪魔や苦しみから逃げ出したのではなく、「己」から逃げたのだ。
また賢明な人の手により、世界は平穏を取り戻す事はあるかもしれないが、
それまでは悔いて生きよ・・と。

と、まぁこんな感じで予想はしてたが、
ユズルートはバッドエンドに近い結末でしたーということで。

一応エンディングの方は5つのルートすべて見終えた。
ルシファー戦のために4週目やろうかー・・どうしようかな。

|

« 救世主ルート「聖者の国」。 | トップページ | かんなり更新サボり中ですが・・・。 »

NDS『デビルサバイバーシリーズ』」カテゴリの記事