« DQMJ2P-配合の終局・ヒヒュドラード、完成へ。 | トップページ | DQMJ2P-最強系配合・Fランク編 »

スキル構成ぐらい自分で考えろよ。

何やら最近「モンスターのスキルは何がいいのか?」というアドバイスを求めてくる人が多いけど
無視ってもしつこく聞いてくるバカがいるんで、ハッキリ言っておこうか。

正直なところ、「スキルくらい自分で調べて考えろよ」と言いたくなるんですが。
スキルを考えるのもこのゲームの楽しみの一つだと思うんだけどねぇ。

自分が使ってもいないモンスターのスキルは何がいいのか、とか聞かれても
アドバイスのしようもないし、下手なアドバイスして弱くなってしまってもあれだし。

自分がスキル調べるにしても、それなりに時間を割いているわけで
正直、他所のために時間なんて割いてられないんだよ。

なんでこんなこと書いたのかというと
↓の記事でスキルに関しての質問があったので
コメントを返した矢先にその手の質問増えてきたんですよね。

こういった質問は大手攻略サイトの質問掲示板で聞けばいいんじゃないですか。

週1のペースで聞いてくるならまだ答えていたんだけどねぇ。

頻度が増えてくるとさすがにウザイよ。

自分はそこまでお節介な人間じゃありませんので(w

以後スキルに関しての質問は受け付けませんのであしからず。

後、自分のことになりますが・・・。

やたらしつこく質問してくる輩は「嫌い」です。
コメント出して1,2日返事が返ってこなかったら諦めてください。

というわけで・・。

 

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル。

前回作った最強カプリゴン(くりこ)&最強れんごく天馬(ヒルカ)を
マスター戦に参加させてみる。

第6回マスター戦もむさべつ級での参加。

Dmj2p_1069Dmj2p_1070

まず最初のお相手はエグドラシル。

開幕、くりこがいきなりテンション→ドルマドンで
エグドラに793ダメージ、幸先のいいスタート。

対するエグドラは空裂斬を使ってくる。

・・が、こちらには200ダメージとそれほどのダメージ。
むしろバイキルト後の4HIT攻撃が厄介であった。

ヒルカが回復しつつ、くりこがダークマッシャーやげきれつしょうで攻めていく。
5ラウンドほど掛かったが撃破に成功。

Dmj2p_1071_2

2回戦のお相手はメタルキング&キングレオのペア。

メタルキングはすべてをすいこむかみがわり。

キングレオは持ち前の3HIT&アンカーで攻めてくる。
これが中々痛い。

Dmj2p_1072_2

一方、くりこの方はメタルキラーはつけているものの、
メタル斬りをかましてもメタルキングに対しては40~50ダメージほど。

うーん・・攻撃力900だとこの辺がきついな。

メタルキングがみがわりを外している間に、
キングレオを一度倒す。

これで優位になったかと思いきや、レオがザオリクで復活、
次ラウンド、レオがビーストバーン発動、アンカーナックルで攻めてくる。

Dmj2p_1073

これで3HIT、450前後で計1300ダメージ・・・。
HPアップSPつけてなかったら即死だったな、なんとか乗り切った。

げきれつしょうで再びレオを沈めた後、
くりこがバイキルト後の攻撃でメタルキングを倒して勝負あり。

 

3回戦のお相手ははぐキン。
2回戦同様、対メタル、くりこの火力のなさでこの試合ももたついてしまう。

自身にバイキルトをかけて、さぁ攻撃・・!と思いきや
くりこがヒルカにバイキルト・・・。

バイキルト覚えさせていると仲間にまで使うことがある・・。
この行動は正直無駄。

Dmj2p_1074

その間、はぐキンの3回行動の剣技が着々と決まっていく。
ヒルカはアタックカンタで常にノーダメージだったが
自分もダメージを受けていないとベホマラーを使ってくれない傾向にある。
けんじゃスキルは単体回復を覚えないところが難点でもあるな・・。

ヒルカがベホマラーを全く使わずに、
はぐキンの剣技が決まり、くりこがやられてしまう・・が
事前にかけたリザオラルで復活。

その後はバイキルトで攻撃かけては、剣技でやられ
リザオラルで復活・・というパターンが続く。

Dmj2p_1075

はぐキンに回復されたら厄介だったが、今回は向こうはそれを使ってこないのに助けられた。
残り3ラウンドではぐキンを撃破する。

一応対メタルでもなんとか勝ててるな・・・。

 

Dmj2p_1076_2Dmj2p_1077_2

4回戦のお相手はJOKER&竜王。

ラウンドの大半はくりこが先手を取っていたにも関わらず
後行動のりゅうおうが頻繁に3回行動。

げきれつしょう→イオグランデ→げきれつしょうと攻めてくる。
ぬあ・・こいつも邪神スキルか。

更に向こうはテンション上げての全体攻撃などで
ヒルカの回復が追いつかず、ジワジワとHPを削られる。

Dmj2p_1079Dmj2p_1080

このままではまずかった・・が、
くりこがいきなりテンション→げきれつ&イオグランデのコンボで
ジョーカーを先に沈める事に成功。

・・が、竜王はイオ→げきれつ→イオの3連続攻撃でくりこがノックアウトしてしまう。
あーこれは負けたか・・と思ったが、

Dmj2p_1081

くりこがてんしのきまぐれで復活。

次ラウンド、先手を取ったくりこの攻撃で竜王を撃破する。

あぶねぇ・・なんとか勝てた。
きまぐれ発動しなかったら負け試合だったな・・・。

 

Dmj2p_1082

最後のお相手はヒヒュルデだった。

開幕、ヒヒュルデは黒い霧で、こちらの呪文を封じてくる。
これで呪文が使えなくなった・・とにかく攻めるのみ。

くりこはげきれつしょうで攻める・・・が
ヒヒュルデは次ラウンドで体技封じの息を使ってくる。

これを食らうと攻撃手段がなくなってしまう・・・が回避成功、あぶねぇ。

Dmj2p_1083Dmj2p_1084

序盤ではそこそこダメージを与えていたが、中盤以降が・・。
霧状態での攻撃手段が、
げきれつしょうのみなので1ラウンドで与えるダメージは400ダメージ程度、
対するヒヒュルデはハッスルダンスでそのダメージを帳消しにしつつも
やけつく息やメダパニダンスを使ってくる。

Dmj2p_1085

やけつくが決まる事はなかったが、メダパニダンスで一度だけくりこが混乱。
ヒヒュルデのげきれつしょうで立ち直るも、ヒルカがひん死状態。

次ラウンド、霧が晴れてこれで回復出来る・・と思いきや、
先手はヒヒュルデ、ふたたびげきれつしょうでヒルカが沈む・・無念。

終盤ではハッスルダンスで立て直され、
こりゃ、判定負けかなぁ・・と諦めかけていた・・が。

向こうの回復に対してくりこがゾンビバーン発動、
イオグランデで攻撃をかける・・・!

Dmj2p_1086Dmj2p_1087

ヒヒュルデに起死回生の800ダメージ・・!
これでヒヒュルデを倒す事に成功した。

あっぶねぇぇ、なんとか勝てたよ。

まぁとりあえず勝てればいいかなぁという軽い試みで出してみたが
結果、5戦5勝と思わぬ内容だった。

Dmj2p_1088

まさかこの面子で5勝するとは思わなかったが(w
ホームで全勝は今回初めてだったので、気分がいいね。
4回戦と5回戦、勝てたのは大きかったなぁ。

反省材料とすれば対メタル対策かな・・。
やはりカプリゴンの火力では限界を感じる。

代わりの火力を作らないとなぁ。

一方で、タマゴは夜にお供え、ピピットが生まれる。

これを育てて後一匹来れば最強が作れるんだが・・。
とりあえず回復系はこれに期待したいところ。

|

« DQMJ2P-配合の終局・ヒヒュドラード、完成へ。 | トップページ | DQMJ2P-最強系配合・Fランク編 »

NDS『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2 プロフェッショナル』」カテゴリの記事