« DQMJ2P-プロフェッショナルに向けてやるべきこと。 | トップページ | DQMJ2P-ピピッ島へGO! »

DQMJ2P-スカウトQなど~魔王配合、ドーク誕生へ。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル。

Dmj2p_272Dmj2p_272_2

AI2回行動が出来る、ジャミラスや複数回行動のプロトキラーなどに
サポーターSPをつけて育成中。

ケルベロス・・本来攻撃型のモンスターだが
サポーターSPつけてサポート役に期待してみる・・もMP220までしか上がらんのか。
ただ、MPx2の特性があってもサポーターSPならば
最大消費量は20(ダウンオール、バイシオン)なのでまだ使い勝手はいいほう、か。
しっかし、みずげいつけているだけに、攻撃パターンはてっぽう水ばかりだな。
ダウンオールかけると威力が増すときがあるが・・。

これが単体のボス戦とかになると通常攻撃に切り替わる、といったところ。

こんな感じで少し違う角度で実験をおこなっているんだが・・。
作戦を「サポートたのむぞ」にしてみるとスクルト、バイシオン、インテラを優先的につかい
「せんりょくうばえ」だとマフールやルカナンを頻繁に使う。

1ターンで同じ呪文を重ねがけする行為がまったくない。
こちらから命令してスクルト使っても
次のAIの行動でスクルトを使うケースがあまりなかった。

AI複数回行動の特性を持つモンスターは
大半が消費MPx2の特性を持ち、MPの伸びも少なめなので
自動MP回復は必須。
よって、自分の場合はSPスキルを持つ者にほとんどみずげいを覚えさせている。

ただ、自動MP回復は複数回行動が終わった時点で回復するので
呪文を2,3回使うトータルの消費量は少なくとも30以上・・
回復の方は追いつかず、永久機関とはいかない。

MPの伸びがいいタイムマスターにもやらせているが
こちらは回復SPでベホマラーなどを使わせるとこれ一回で
消費MP72ととんでもない。
今はMPが300ほどで30以上は回復するが、それでも他の呪文も使うので
回復は追いつかない。
ザオリクに至っては消費MP96とか(w
誰か死んだらガス欠起こすね。

これでベホマズンなんて覚えさせたら、すぐにMPが空になってしまうだろう。
ベホマラーでも十分に間に合っている回復量なので、それは覚えさせないことにする。

Dmj2p_272_3

しょうひMPx2は面倒な特性だが
たまに野生モンスターが持つマホトラガードなどは
マスターすればしょうひMPはんぶんの特性をつけることが出来る。

これをMPx2のモンスターにつけさせれば普段どおりの消費量で済ませられる。
見つけたら取っておくことにしよう・・
スキル1枠使うので飽くまでサポートに徹する事が出来るモンスター用だな・・。

 

ある程度今後使うモンスターの目処が立ったのと
預かり所にも余裕が出てきたので、再び配合にいそしむことになる・・が。

いい加減♀のつえが欲しくなってきたのでドロシーのスカウトQを開始する。

Dmj2p_273

竜を2体連れてきた次は・・Guestモンスターを連れて来い・・か。
今作ではスカウトQもリニューアルされてすれ違いやらないと進められなくなったんだな。

昨日すれ違いで捕まえたスライムボーグを連れてきてクリア。

レベル4は「いきなりスカラ」と「ときどきスカラ」のモンスターを連れてこい・・と。

いきなりスカラはリカント、ときどきスカラは強よろいムカデのトウジーさんを連れて解決。

で、このトウジーさんはまだスカウトQに使うことになる。
もう使わんだろうと預かり所に戻したら、その後のQで強~モンスターを連れてこい、
ということで往復する事になってしまった。

今回は特定の特性を持つモンスターを連れてこい・・というのが多かったなぁ。

「呪文会心が出やすい」特性のモンスターを連れてこいといわれ
フォロボスのライゼンさんを連れてクリア、預かり所に返したら、
その後のQで今度は「たいでんたいしつ」特性のモンスターを連れてこい・・といわれ
またライゼンさんを連れていったりと・・。
往復する事が多かったな。

難関だったのは「ラッキー」特性のモンスターを連れてこいといったもの。
どこかで見たようなー・・と預かり所探しても見当たらず、
前いたような気がしたんだが・・と1時間近く各所エリアにいる野生モンスターを捕まえて
特性を調べまわっていた。

1時間ほどたち、海岸にいたいわとびあくまがそれを持っていた。
あぁぁ・・こいつかぁ、一度配合したことのあるモンスターだったから道理で・・。

そのQをクリアすると念願の♀のつえを入手する。
頑張った甲斐があった。

Dmj2p_274

その後もQをこなしていく。
Qの関係でたまたま居合わせたバルザックのギダンダラさんと
おにこんぼうのピッツァーさんの2ショット。

まるで親子みたいだ・・てこんなこと前も書いたような。
ギガデーモンは更にでかいんだろうか。

ただ、この両者が二人になるのは今回限りで
ピッツァーさんの方はその後の配合で使われることになる。

 

結局スカウトQはレベル12まで進めたが、レベル13は☆7のパーティを連れてこいといったもの。
現状ではどんなパーティを組ませても☆6のままだったので、ここでQを中断した。

今いるレギュラーメンバーで☆7に到達できる日は来るのだろうか。

後半のQの報酬では、前作では入手が困難だった戦士の証や賢者の証が手に入ったなぁ。
SPスキルのために誰かにつけさせるが、今回も貴重そうなので
つける相手は慎重に考え中。

Qを一休みし、今度こそ配合にいそしむ。

ハーゴンのひるべぇを配合してシドーを作る。
それで配合を調べていたら、前回作ったワイトキングから大魔王ゾーマが誕生する。

はて・・シドーからゾーマが誕生するなんて、
やっぱり前作とは配合方法がすっかり変わってしまったよなぁ・・。

ただ、ワイトキングは何かと使えそうな素材だったので
また別にワイトキングを作ることに。

遺跡地下にいるじごくのメンドーサとナイトリッチをスカウトし
お互い配合してなげきのぼうれいを作る。

後はスライムとAランク系を配合でバブルキングを作り、
ぼうれいと育てた後、お互いを配合、ワイトキングの完成。

で、ワイトキングとシドーを育てて配合。

Dmj2p_275Dmj2p_276

大魔王ゾーマを完成させる。

配合の過程でいじょう回復(ハーゴン)、
全体回復(じごくのメンドーサ)、てっぺき(うごくせきぞう)
などのスキルを持ち合わせたので
ポイントを割り振って3つをマスター、回復SPもつけてみた・・が
やっちまったな。

ゾーマさん、つねにマホカンタの特性持ってたんだったわ。
次の配合で継承させればいいかと思うが、その後の配合がわからなかったので
ゾーマさんを一時預かり所に置いておく。

にしても、今作ではSPスキルの条件の幅が広がったのは大きいなぁ。
可能な範囲でつけられるものはつけていこう。

Dmj2p_277

整理のために古株だったランプの魔王と竜系を配合した
デンタザウルスを育てていたときのこと。

配合で調べていたら、タイムマスターとヒット。
バラモスを発見する。

うわぁぁ・・デンタザウルスかよ。
これは盲点・・まぁ顔が何となくバラモスに似ているような気はするが。

今いるタイムマスターのTimer:XOさんはレギュラーメンバーで起用していく予定なので
また別にタイムマスターを作ることになる。

今回は結構なげきのぼうれいを作る機会が多かったな・・。

あまりに突然の発見だったので、スキルの事を考慮せずにそのまま配合して完成させる。

Dmj2p_278

とりあえずゾーマさんと笑いぶくろのれろんさんで3ショット。

で、なんで笑いぶくろなのかって?
共通点としては、笑いぶくろも3からの登場、ということで(w

れんぞく(4HIT)とAI1~2回行動。

前作ではメタル狩りに大いに貢献してくれたな。
今作ではメタルキラーが追加された分更に貢献してくれそう。
バラモスさんはレギュラー用にもう一体作っておくか。

その後はスカウトリングも強化した事なので
3枠モンスターをスカウトしにいく。

本編クリアすると3枠モンスターと再び戦うことが出来るが
海岸だとゲソアーノンも湧いていたりと非常に面倒。

どうせならこいつもスカウトできればいいのに。
ゲソアーノンって配合したら何が出来るんだろうな。

Dmj2p_279Dmj2p_280

あいかわらず関西弁のオセアーノンからスカウト開始。

ある程度ダメージを与えたが、テンション前に眠られると面倒だった分
テンション不十分な状態でスカウト。

29%・・とあぁこりゃだめかなぁと思っていたが意外にもスカウト成功。

お次は雪山のブオーンをスカウトしにいく。

こちらの方は攻撃自体がたいしたことなく思えたので
しっかりとテンションあげてからやろうと思った・・・が。

Dmj2p_281Dmj2p_282

ブオーンがビーストバーン+テンション上げでテンション25の状態からしゃくねつを放ってきた・・。

これによりスカウト要員のワン・シオンとB・バウルが撃沈・・やっちまった。
しゃくねつは通常でも全体200近いダメージを貰う。
完全に油断してた・・ブレス対策しっかりしておかないとな。

その後は控えにいたれろんとりゅうおうを出してダメ元でスカウトしてみた。
13%と不甲斐ないものだったが・・。

Dmj2p_283

これがなんと成功・・・うおぉぉ、何気に今日は運のある日。

その後はブオーンやオセアーノンを使って平原のモンスターと戯れていたが
配合で調べていくと、
さっき作ったばかりのバラモス×オセアーノンで
魔王ミルドラースを発見。

そしてブオーン×おにこんぼうでムドーを発見した。

おぉぉ、こりゃまたダブル発見。

Dmj2p_285Dmj2p_284

バラモスは配合に使う予定だったので、
そうとわかればオセアーノンとバラモスを急ピッチに育てて
お互いを配合、ミルドラースを完成させる。

おにこんぼうのピッツァーさんもブオーンと配合し、ムドーを完成させる。

前作では最後に作った魔王だったが、今回はお早いお披露目。

Dmj2p_286

ムドー、ジャミラスに新参のアクバーさんを並べての3ショット。

ところが、この三者が共演を果たすのは今回限りとなってしまう。

ムドーの配合を調べていたらお隣のアクバーとでドークというモンスターが作れるようだ。
はて・・聞いたことないモンスターだな。

更に、その後整理のためにバベルボブル×うごくせきぞうで暗黒の魔神を作ったところ、
暗黒の魔神×アクバーでデスピサロがつくれることが判明した。

うへぇぇ、ここへきてアクバーさん大人気。

アクバー初代のキンベルを使おうか・・非常に悩んだ・・が、
アクバー二体とも新たに作ろうという流れになった。

アクバーを作るにはゲマ×エビルプリースト。
二体作るにはそれぞれ二体ずつ必要になる。

この過程は結構面倒なんだよな・・。
特にエビルプリーストは・・イブール×ほうらい大王が必要になる。

イブールはなげきのぼうれい×グレイトドラゴン。

このグレイトドラゴンが今作非常に面倒、
スカウトは難しめだが、これならスカウトした方が早いかと思い
魔界にいることを見越して、レオソード二戦目を行う事に。

Dmj2p_287

挑んだ面子は、以上の3人。

回復役のXO、攻撃重視のイマージョン、
サポート役のスピンジャー。

AI最大3回行動のXOはマジックバリアで支援しながら
自身に守りの霧やみかわしきゃくを度々使っていたので
レオソードの攻撃をほとんど貰う事がなかった。

Dmj2p_288Dmj2p_289

サポート役のスピンジャーはスクルトやバイシオンで攻守を支援
しながら、みずげい経由のまもりの霧でこれまたレオソードの攻撃をシャットアウト。

デュラハーンのイマージョンは、
特性のときどきバイキルト&テンションでレオソードに毎回300~600近いダメージ。
一体だけでこれだけの火力は申し分ない。

ただ他は回復&支援だったので一辺に攻撃することなく、
何気にチマチマとしたものだった、が万全の態勢だった。

まぁこんなところで苦戦しているようじゃ、その後が思いやられそうだからな・・。

Dmj2p_290Dmj2p_291

レオソードがいてつくはどう+プレッシャーをかけてきた時は、
全員が食らってしまい、霧の効果かき消されてトルネードなどの全体攻撃。

一見おされているような状況にもなるが・・。
XOのベホマラー一発でHP300以上回復するのですぐに立て直せる。
伊達にMP72も消費してないな(w

更に、XOはアモールの雨を覚えているが
1回行動のモンスターならば雨は次ターンで発動するが
2回行動ならば、1ターンで発動して全体回復できるというメリットがある。
MPが200切ってくるとXOは雨を使うようになったが・・
まぁ度々ベホマラーを使われるよりそうしてもらった方がいいかもしれない。

結局15ラウンドほど掛かってしまったが、ほぼ危なげなくレオソードの撃破に成功。

Dmj2p_292

その後は魔界へいけるようになった。
宝石を壊しながら各所を探索、
今回はスーパーキラーマシンが通路にも顔を見せるようになった。
とてもスカウトできるように思えない・・・。

ただ、目的はそれではなく、時々現れるグレイトドラゴンをスカウトする。
1体のスカウトは成功したが、2体目以降は10%台と安定感がなく
仲間にはならず、結局もう一体はギリメカラ×アンドレアル配合で作ることになったが・・。

一方、SPスキルは何つけようか考えていたが、グランドブレスSPをつけようかと考えた。
まず、ほうらい大王の配合元であるランプの魔王は、
悪魔の騎士とBランク以下のモンスターの配合で作れる。

Dmj2p_293Dmj2p_293_2

とりあえず悪魔の騎士に、ブレスのスキルを持った
シャークマジュ、スカイドラゴン、アルゴングレードなどどれかを配合して
ランプの魔王を作り、ブレスをマスターにして次の配合で最強ブレスを覚えさせる。

一方ゲマのルートでは、ゴンズ&ジャミの配合元であるシュプリンガーは
エビラ×竜系Cランク以下で作れる。

Dmj2p_294Dmj2p_295

竜系には雪山のいざないエリアにいるアルゴリザードを使う。
アルゴリザードは「どくが」のスキルを持っているので
最強ブレス+どくがマスターでグランドブレスSPがつけられるという流れ。

順々にレベル20まで配合していけば、
どくがマスターでSPにも余裕が持てるはず。

最強ブレスをマスターしたエビルプリースト×どくがをマスターしたゲマを配合。

グランドブレスSPをつけたアクバーが完成し、更に配合が続く。

暗黒の魔神×アクバーでデスピサロ、更に
ムドー×アクバーで・・・。

Dmj2p_296

ドークが完成する。

はて・・どこかで見たような見たことないような・・全く記憶のないモンスター。

ドークは固有スキルを持っている。

Dmj2p_297

「ドーク」

ハッスルダンス(5)
つるぎのまい(15)
作戦封じの息(35)
斬撃封じの息(55)
体技封じの息(75)
いてつくはどう(100)
じごくの踊り(130)
息封じガード+(140)
踊り封じガード+(150)
チェイン(200)

ハッスルダンスやつるぎのまいが早いうちから覚えられるのは魅力的。
更に斬撃や体技を封じる息系も使えるという・・こんなのは前作になかったな。

Dmj2p_298

チェイン、という技が気になったので使わせてみたが、
これは説明によると、行動の順番を鎖のようにつなげて
連続で攻撃できるようになる、という技のようだ。

つまり行動早いなどの特性を持つモンスターなどに使わせれば
敵よりも早く全員行動させることが出来る・・ということになるね。

更にチェイン状態で3番目のモンスターにラウンドゼロなど使わせれば
敵ターンを自動で終わらせたりとその辺は有効活用できるかもしれない。

といった感じで今回はドークを完成させた所までお届け。

一応今回でいろいろ魔王を完成させたが
モンスター登録が300まで後一歩、といったところ。

次回は魔界に乗り込み、早々にオムド・ロレスを倒して
プロフェッショナル版で追加された新エリアまで行けたらと。

|

« DQMJ2P-プロフェッショナルに向けてやるべきこと。 | トップページ | DQMJ2P-ピピッ島へGO! »

NDS『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2 プロフェッショナル』」カテゴリの記事