« DQMJ2P-激闘!勝ち抜きバトル・前編 | トップページ | DQMJ2P-未知との遭遇・・・!~スラ・ブラスター入手へ。 »

DQMJ2P-激闘!勝ち抜きバトル・後編。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル。

激闘!勝ち抜きバトル・後編。

ゾックが擁する黒い霧メンバーとレギュラーメンバーで
長く続くバトルを勝ち進み、試合は第80戦に突入する。

Dmj2p_615Dmj2p_616

キングモーモンが登場。

キングモーモンはつるぎのまいを使ってきたが、これはたいしたことはなかった。
問題はこいつがバイシオンでお隣のヘラクレイザーの攻撃力をあげてしまったことにある。

Dmj2p_617

いてぇよ・・・。
ゼゾックが一撃でノックダウンしてしまう。

その後、フウジがねむり攻撃でキングモーモンを眠らせる事に成功。
その間にヘラクレイザーを片づける・・が。
やはりこのヘラクレイザーの攻撃が痛い。キツハが806ダメージで撃沈。

攻撃力あげてるとはいえ、
この辺りからは一発でやられるのは覚悟した方がいいな・・・。

Dmj2p_618

先にヘラクレイザーを倒そうとしたが、
キングモーモンの攻撃でフウジがカウンター、こちらを先に仕留めることに成功。

続くヘラクレイザーの攻撃は、フウジに600以上のダメージを与えたが
最大HP900以上のフウジは、この攻撃に耐え、カウンター、
立て続けにヘラクレイザーも撃破する。

倒したのはいい・・が、フウジがつい気合を入れすぎちまった・・メンバーを立て直せないまま次の試合に挑む事になってしまう。

第81戦。

Dmj2p_619Dmj2p_620

中央のハエおとこは、ばくれん斬りなどの剣技で攻撃してくる。
このダメージは200程度だった・・が

前の試合、ヘラクレイザーの攻撃を受けていたフウジが
そのダメージに耐えられずに撃沈する。

更に左の最強バッファロンの攻撃力は案の定高かった。

Dmj2p_621

一撃で700以上のダメージを受けたZonderが撃沈。
うああああああ・・・!!

・・行動遅いはずのバッファロンに先手を許すとは・・・!

更におおめだまの攻撃も300ダメージとこれまた痛い・・・。

このラウンド、唯一抵抗できたミロクがメダパニダンスで
ハエおとこを混乱に・・・だが。

Dmj2p_622

これはまずい・・・・!!

ここからどう立て直そうか・・XOが生存、
ミロクはアサシンブロススキルのザオリクを覚えているため、
せいれいのうたは最終手段だったが・・・。

誰を最初に生き返らせようか、どいつを生き返らせようにも、
バッファロンの一撃でやられてしまう者ばかり。

とりあえず相手に状態異常をかけたい、
2回行動のZonderを先に生き返らせることにする・・が

前ラウンドでバッファロンが先手、
更に後手だったとしても、バッファロンの一撃でやられかねない。
この辺はほぼダメ元だった・・。

混乱したハエおとこはXOを先に攻撃したが
次の行動は幸いにもミロクと・・・XOだった。

ミロクがザオリクでZonderを復活させた後、
XOがベホマラー、Zonderを立て直す事には成功。

Dmj2p_623

だが、そのラウンド、バッファロンは標的をXOに向けた。
突進攻撃を貰いXOが撃沈してしまう・・。ぐぅぅ・・。

更にZonderがおおめだまの攻撃を食らい、また危ない状況に。

あぁぁ、もうこれほんとまずい・・
おおめだまの攻撃がミロクにいってくれたら展開が変わっていただろうに。
前のラウンドでZonderがバッファロンに先手を許しているため
このまま全滅かなぁ・・・と覚悟していた。

次ラウンド、混乱ハエおとこはバッファロンを攻撃。

ここでミロクはターゲット分散のために、ザオリクでフウジを生き返らせる。

フウジはHP200ほどで復活。

これでバッファロンのタゲがいってくれるといいが・・・と
幸いにもバッファロンはフウジを攻撃してくれた。

フウジは再びノックダウンで、なんとか危機を回避する。
あっぶねぇ・・・。

その後はZonderの行動に入る。

もうこの行動にかけるしかない、という思いでやってたんだが
Zonderのやけつく息が発動。

Dmj2p_624Dmj2p_625

バッファロンとおおめだまをマヒらせる事に成功する。
更に続く行動がさそう踊り、これがハエ男に決まりマインド状態となる。

おおおお、なんとか三体の足止めに成功した・・よくやってくれた!

連中がもたついている隙に、ミロクがまずザオリクでXOを復活、
メンバーを全快させた後、残りのメンバーも復活させていく。
その間Zonderがやけつく息と誘う踊りで連中を足止め。

ハエおとこにはマヒが効かなかったが、さそう踊りがよく効いた。
そういえば、キラーマシン2はマインドブレイクの特性を持ってるんだっけか。
これには非常に助けられた。

ゼゾックを生き返らせた後は、交代、やけつくで連中を足止めしつつ、
ようやく立て直しを完了させたメンバーで反撃する。

バッファロンを優先して片付ける。こいつが消えてくれればこっちのもの。

こうして81戦目は、Zonderの起死回生の行動で難を逃れた形となった。
よくやってくれたわホント・・・。

だが、ホッとしたのも束の間、激闘はまだまだ続く・・・!

Dmj2p_627Dmj2p_628

第87戦、最強スキッパーが素早い上に攻撃ダメージも高く、苦戦を強いられる。

最強ベリアルとトラップボックスを片づけるも、こちらもミロクとキツハが
やられZonderもひん死状態ときつい場面。
一か八かでやってみたがここもZonderの活躍が光った。
せいれいのうたでキツハとミロクが生還。

ハイテンションで粘るスキッパーを退ける事に成功。

Dmj2p_629Dmj2p_630

88戦目では、最強メガボーグの攻撃で度々ゼゾックがやられる場面が多かったが、

89戦目ではタウラス戦では
ゼゾックのやけつくでマヒらせる事に成功。難を逃れた。

ゼゾックの出だしで難易度が大きく変わってくるな・・。
もうちょっとこいつのレベル上げておけばよかった。

 

そして、いよいよ90戦目に突入。

Dmj2p_631

ここからはもう、状態異常ラッシュで敵を足止め。

ゼゾックとZonderをフル活用。

また、この段階だと相手側もそこそこHPが高いため、
毒でのダメージも期待できる。

ただ最強がいこつのフウジがいてつくはどうの特性があるために、マヒ以外の状態異常を勝手に治してしまうのが難点でもあったが・・。

Zonderのもうどくの息で相手を毒状態に。
ダメージ与えるだけでも精神的にも大きく変わるからな・・・。

93戦目までは、そんな状態異常ラッシュで相手を無難に片づけていく・・・が。

94戦目、難敵が登場する。

Dmj2p_632

最強ガーゴイル、最強ウィングデビル、最強ホークブリザードという最強トリオ。

これもかなりの激闘となった・・。

まずガーゴイルの攻撃ダメージが800以上とチート級。
先手を取る速さで攻撃を受けたゼゾックがノックダウン。

ウィングデビルの攻撃ダメージも500以上とそこそこ高い。

ホークブリザードはてっぽう水やら弱めの全体攻撃中心。

最初のラウンドではゼゾックはやられるも、ミロクのメダパニダンスで
ウィングデビルとホークを混乱させる事に成功。

Dmj2p_633_2Dmj2p_634

だが、次ラウンド、ガーゴイルの攻撃で、代わりに出したZonderも痛い一撃・・!
が、ここはてんしのきまぐれで難を逃れた・・・かのように見えたが
次ラウンド、回復しようとしたらガーゴイルのさみだれ斬りで300以上のダメージを受け
Zonderが今度こそやられてしまう。

その後のラウンドでもガーゴイルの攻撃が特に痛かった。
こちらは率先してガーゴイルにダメージを入れていくが、こいつが中々タフ。

Dmj2p_635Dmj2p_636

更にデビルも元に戻り、逆にこちらはひとり、またひとりとやられていく。

ガーゴイルが標的をフウジに定めて攻撃をかけるが
HPの高いフウジはこれに耐えるとカウンターで攻撃。

だが、ガーゴイルがここからビーストバーン・・・
ミロクがやられたため、わるぐちが使えない・・くっそぉ・・・!

次ラウンド、ガーゴイルはさみだれ斬りを放ってくる。
これはフウジ終わったか・・・と思われたが、

Dmj2p_637Dmj2p_638

なんとギリギリHP1で生還した。
更にそこからカウンターでガーゴイルを攻撃。
ついにその牙城を一つ崩した。

おぉぉぉ、これは非常に大きい!
だが、スタンバイにいるメンバーが全員やられている状態、ピンチはまだ続く。

Dmj2p_639

ウィングデビルの攻撃がフウジに炸裂・・・!

今度こそ終わったか、と思われた・・・。

だが、ここから、自分はこのゲームをプレイして以来、はじめて「奇跡」を目の当たりにする事になった。

Dmj2p_640

フウジがくじけぬ心でその攻撃に耐えた。

だが、更に、混乱ホークがフウジを攻撃する・・・!

Dmj2p_642

フウジは最強がいこつとしての意地を見せる。
この攻撃にも耐えた・・!

Dmj2p_643

次ラウンド、XOがキツハを生き返らせる・・・も、
ウィングデビルがかがやく息・・・!!

キツハは撃沈・・・ところが、

Dmj2p_644

フウジはまたしてもくじけぬ心で耐えた・・!!

すげぇ、なんだこいつは!
ガーゴイルの攻撃をHP1で耐えたのを期に奇跡を起こしたフウジ。

フウジの頑張りに流れをこちらに持ってきたいところ・・・!

次ラウンド、XOがキツハを復活、ベホマラーで全快するも
ウィングデビルの攻撃でまたしても撃沈してしまう。

Dmj2p_645Dmj2p_646

キツハが情けないが、その反面フウジがねむり攻撃で
ウィングデビルを眠らせることに成功。
ここへ来てナイトメアのねむり攻撃が役に立ってるな・・・。
まさか封じの息より役に立つとは思わなかった。

Dmj2p_647

その後、ねむり攻撃でウィングデビルを攻撃しつつ、
ゼゾックを復活させて流れを変える。

そのままフウジのねむり攻撃でウィングデビルを倒す事に成功する。
あと一体だ・・・!

続いてゼゾックがやけつくを使おうとする・・も
正気にもどったホークが割って入り、攻撃をかける。
300ダメージ受けたゼゾックは再び撃沈・・。

ぬぅ・・こいつもなかなかしぶとい。

次ラウンド、またゼゾックを復活させて態勢を戻そうとする中・・・。

Dmj2p_648

なにーーーーー!!!

Dmj2p_649

ここへきてホークがメガザル・・・だ・・と。
ホークは散っていった・・が、代わりにガーゴイルとウィングデビルが復活する。
せっかく苦労して倒したのに・・・。

そのラウンド、XOがHPの高いミロクを生き返らせ、
ベホマラーで全快させる。

現状で、ミロク、フウジ、XO、他死亡。

この3体でどう連中を相手にするか・・・。

いや・・それ以前に、

Dmj2p_650

やはり先手のガーゴイルの行動は避けられなかった。

700ダメージを受けたXOが沈む・・・。

続くウィングデビルの攻撃はフウジが貰う。
500ダメージ受けた・・・が、これを耐え抜いた。

フウジはそのラウンド、ねむり攻撃でガーゴイルを眠らせることに成功する。
こいつはねむり耐性に弱い・・たすかった。

ミロクはメダパニダンスを使うが、これは空振り。

ガーゴイルが起き上がる前に誰かを生き返らせて立て直したい。
まともな回復役が今いない状態なので、
XOかゼゾック、どちらかを生き返らせる。

が、XOを復活させても、その間にガーゴイルが起き上がれば二の舞になる。

ならばやけつく持っているゼゾックを生き返らせる・・ということでその流れに。

次ラウンド、ミロクがザオリクでゼゾックを復活させる。

この直後のウィングデビルの攻撃は怖かった・・・が、
幸いにもデビルはHPに余裕があったミロクを攻撃してくれた。

フウジがハッスルダンスで少しだけ回復させるが予断を許さない状況・・!

フウジ、ゼゾック、ミロクとも
いずれもHP200ちょっとで、デビルがかがやく息を放てば全滅するかもしれないという状況。

ミロクはぎゃくふう、フウジはハッスルダンスで回復に出る。

あと、ゼゾックはやけつくを使う。
ベホマラーで全快しても、その間ガーゴイルが起きてしまえば
次ラウンド、一撃でまた誰かがやられる・・ピンチな状態になるので。

ここはイチかバチかで麻痺を使う。

ガーゴイルが起き上がる前に、デビルと一緒にマヒをかけたいところ・・・。

果たしてどうなるか。

そのラウンド、先手を打ったのは珍しくゼゾックだった、
ゼゾックのやけつく息が発動・・・!!

Dmj2p_651

ガーゴイル、デビルとも麻痺らせる事に成功する。

おぉぉ・・・やった・・・・!

こうして、麻痺状態となったガーゴイルはフウジによって再び始末される。

Dmj2p_652

一体だけとなったデビルをやけつくで麻痺らせながらも

XOを復活させ、キツハ、Zonderも生還、全快させて、
最後はデビルを倒した。

こうして、15ラウンドほど掛かった長い94戦を乗り切った・・・。

Dmj2p_653

今度こそ全滅するかと思ったが、フウジHP1からの奇跡を起こしてくれたな・・・。

ホークのメガザル後もフウジのねむり攻撃が功を奏した。

これがなかったら全滅コースだった。

以降、この戦いは『奇跡の94戦目』と名づける事にしよう。

 

その後も激闘を続けていくメンバー。

Dmj2p_654

98戦では再びタイムマスターが登場。

またしてもタイムマスター対決で敗れてしまうXOだったが、
混乱が効いているうちに、キツハ、フウジの攻撃で撃破。
他メンバーも麻痺らせて勝負あり。

99戦目、

トライワインダーと最強ミミックが登場する。

このトライワインダーが中々の曲者。

Dmj2p_655

てっぽう水で若干ダメージを入れた後は、独特の3本足をいかした
3HIT攻撃でメンバーにダメージを入れていく。

その攻撃に耐え切れずゼゾックが沈む。
更に交代で入ったキツハもこの3HIT攻撃の前に沈んだ・・。

以前りゅうのなみだのイベントでワインダーをリンチした記憶が甦る。
今度はこっちが泣きそうなくらいだ・・。

Dmj2p_656

試合は、Zonderがもうどくの息でワインダーとミミックを猛毒に。
着実に毒ダメージを与えつつも、フウジの攻撃などでワインダーの撃破に成功する。

その後はXO投入で、ゼゾックを復活。
やけつくでミミックをマヒらせる・・・が、

こちらが態勢を整える前に、毒状態に耐え切れなかったミミックが消えてしまう。

うあ・・やっちまった。

消耗した状態で、いよいよ100戦目を迎えることとなった。

そのお相手は・・・・。

Dmj2p_657

はくりゅうおうとにじくじゃくだった。

なんとも・・100戦目に相応しいやつらが出てきたな。
特ににじくじゃく。

にじくじゃくはオーロラブレスを使ってくるだろう。

ミロクのぎゃくふうで対策しておくか、と前線に出しておく。
残りは黒い霧メンバー。
やけつくとねむり攻撃で攻める・・・つもりだった。

Dmj2p_658Dmj2p_659

なんとにじくじゃくは初っ端からマダンテを使ってきたのである。

マジかこいつ・・・!!

回復しきっていなかった黒い霧メンバーは全員768ダメージを受けて全滅・・・。

スタンバイのレギュラーメンバーが出てくる。

こちらも同じく回復し切れていない状態。

真っ先にXOがベホマラーで回復をかける。
そこへにじくじゃくの攻撃・・・!

Dmj2p_660

300以上のダメージを貰ったが、これを何とか耐え、ベホマラーで回復。

そうか、こいつマダンテ使ってMP空だから通常攻撃しかしてこない。

だがそれでもこの攻撃は痛い。

次のはくりゅうおうのホーリーラッシュは、キツハに向けられたがこれを耐える。
お返しといわんばかりにはくりゅうおうに2回攻撃。

Dmj2p_661

Zonderはこのラウンドでもうどくの息を使う。
すると、はくりゅうおうとにじくじゃくは猛毒状態に。

更にさそう踊りでにじくじゃくをマインド状態にした。
1ラウンド行動不能に、これはかなりナイス!

3ラウンド目、キツハを一旦下げて、
やられたゼゾックを復活、複数回行動にかけたが

XOがベホマラーで回復、きっちり仕事をこなした。

はくりゅうおうの攻撃を耐え、
Zonderはこのラウンドでも誘う踊りでにじくじゃくを足止め。

そして、4ラウンド目。

Dmj2p_662
ゼゾックのやけつく息でにじくじゃくをマヒ状態にすることに成功。
一方はくりゅうおうの方は成功せず・・その後は重い一撃を貰う事になる・・・が。

毒状態に陥っていたはくりゅうおうは毎ラウンド100以上の毒ダメージを貰い続けていた。

Dmj2p_663_2Dmj2p_664_2

更に、その後キツハ投入で幾度か攻撃をかける。
結局、はくりゅうおうの攻撃でキツハは返り討ちにあい、沈んでしまうが
その直後、毒ダメージが蓄積していたはくりゅうおうは、
次の毒ダメージを受けた瞬間、消えることとなる。

はくりゅうおうは光のはどうの特性があるはずだが・・
一度も発動しなかったのは幸いだったな。

残ったのはマヒ状態のままのにじくじゃく。

ここでもゼゾックにやけつくを担当してもらいながら
他メンバーを復活させて立て直し、にじくじゃくをそのまま撃破する。

こうして見事勝ち抜きバトル100勝目を飾るゾックメンバー。

一時はマダンテ使われてどうなるかと思ったが・・なるようになるもんだな・・。
今回ははくりゅうおうの行動に助けられたのもあったが・・

この辺りになってくるともうどくが効くんだなぁ、も~どく様々。

こうして一応100勝目を飾ったが、勝ち抜きバトルはまだ終わらない。

その後もバトルを続けていくメンバーたち。

次回はその100戦目以降をお届け。
といってもこれはそんなに長くはない。

何故なら「ヤツ」が出現すると、突如、激闘に終止符を打ったのだ・・。

次回はその辺をお届け。

|

« DQMJ2P-激闘!勝ち抜きバトル・前編 | トップページ | DQMJ2P-未知との遭遇・・・!~スラ・ブラスター入手へ。 »

NDS『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2 プロフェッショナル』」カテゴリの記事