« DQMJ2P-準備は整った・・いざ、ブランパレスへ! | トップページ | DQMJ2P-マスター戦に向けて・・と思ったら。 »

DQMJ2P-邪獣ヒヒュルデ降臨・・・!~激闘!ヒヒュドラード戦。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル。

ブランパレスの最上階に到着。

中央には巨大な玉座があるのみ。

一体何が出てくるのやらーと待っていると・・・。

Dmj2p_456_2Dmj2p_457_2

大きな振動とともに姿を現したのは、
サルのような顔をした邪獣ヒヒュルデだった。

聖地の力で巨大化したらしい。

このまま力を吸い尽くし、この世界を闇に塗り替えてやる、と高々に笑う。

神獣が使命を果たすために挑もうとするが
ヒヒュルデは下僕を呼び出すと、自分たちを挟み撃ち。

雑魚は神獣に任せ、こちらはヒヒュルデの相手をする事に。

オレ様のアタックカンタの前にひれふすがいい!とか言っているが・・
何気に嫌な予感が・・・。

邪獣ヒヒュルデ戦。

その言葉どおりにヒヒュルデはつねにアタックカンタの特性を持っているため、
通常の斬撃攻撃を受け付けない。

キツハたちAIに任せていても防御をするばかり。

まずいなぁ・・こちとら呪文使えるヤツをあまり揃えてない。

Dmj2p_459Dmj2p_460

そうこうしているうちに、ヒヒュルデがもろば斬りで攻撃・・。
ぼうぎょしているキツハ以外は300~400ダメージを貰い、
その後の全体攻撃を貰ったXOとスピンジャーが早々にノックアウト。

で、もろば斬りの合計ダメージがそのままヒヒュルデに返ってくる。

Dmj2p_461

このまま連続でもろば斬りを浴びると危なかったが
ヒヒュルデはもろば斬りの次ラウンドでは、呪文よそくや息よそくなどで
こちらの攻撃を予測、追い討ちをかけてこないので、こちらは態勢を整える。

もろば斬り→よそく→もろば斬り→よそく・・というようなヒヒュルデの攻撃。

もろば斬りの際は全員ぼうぎょ。

呪文よそくもあるので、迂闊に呪文は使えなかった・・が。
決まってもろば斬りばかり使うヒヒュルデは、自身にダメージを受け続けていく。
無理にこちらが攻撃を仕掛ける必要がない。

結局この戦闘では、一度もヒヒュルデを攻撃することはなかった。
もろば斬りで自滅・・タウラスもそうだったが、ここの連中はもろばが好きだねぇ。

Dmj2p_463_2Dmj2p_464

ヒヒュルデは一時降参するが、こちらが油断した隙に攻撃をかけてくる。
矛先がゾックに向けられた・・がそこへレオソードが庇いに入った。

罠を見破られ、後がなくなったヒヒュルデは、
そこから真の姿を見せることになる・・・。

正真正銘、ヒヒの化け物のような姿をした
邪獣・ヒヒュドラードが大きな雄たけびをあげながら襲い掛かってくる。

Dmj2p_465

ヒヒュドラード戦。
ここから長い激闘が始まる。

ヒヒュドラードは2~3回行動。

Dmj2p_466Dmj2p_467

獣王げきれつしょう、オーロラブレス、魔神斬り、ドルマドン、
におう斬り、おたけびなどを使ってくる。

3回行動のときは高確率で、獣王げきれつしょうを挟んでくる。

左右から竜巻が襲い掛かる体技、全体で200~300ほどのダメージ、
テンションをあげている場合はダメージが400~500へと跳ね上がる。
この攻撃だけでも面倒だったが・・。

Dmj2p_468Dmj2p_469

通常攻撃は全体2HITの魔神斬り、
守備力が400程度だと一発200以上のダメージを貰う。

更にオーロラブレスも対策していないと200前後のダメージ。
これをたて続けに浴びるのはさすがにキツイ・・。

序盤ではスピンジャーがバーハをかけてブレス対策。

守りの霧を使い、げきれつしょうを回避、
また、合間に放ってくるドルマドンは、度々中央のキツハにばかりに使ってくるが、
ギュメイ将軍はドルマ無効の特性があるため、全く効かない。
序盤こそは上々の立ち上がりだった・・が。

Dmj2p_470

向こうは学習したのか、
におう斬りでまもりの霧をかき消した後に、げきれつしょう&魔神斬りのコンボ・・。
これによりXOが撃沈してしまう・・が、リザオラルで復活。

その次ラウンド、特やくそうとスピンジャーのべホイミでXOを回復させる。

次の行動もべホイミだとありがたかったが、自分にバーハをかけるだけに終わる。

そこへヒヒュドラードがおたけびをあげ、こちらの行動を遮断。

キツハが度々マインド状態に陥った事で攻撃もままならない状態となる。
更に復活したばかりのXOもマインド状態で仕事が出来ず、
こちらがもたついている間に
ヒヒュドラードはげきれつしょうやオーロラブレスを間髪なくぶち込んでくる。

Dmj2p_471

結果、バーハでブレスを軽減したスピンジャー以外は、ふたりとも撃沈・・。

だがスピンジャーもひん死の状態、
ならばスタンバイメンバーのイマージョンとちきんぼうを出そうかとも考えたが・・
ここで出てしまうと後がないのでここは一か八かZonderに切り替え、
2回行動でせいれいのうたを使わせる。

Dmj2p_472Dmj2p_473

1/2の確率だが、XO&キツハとも復活に成功。
あぶねぇ・・こういう時はみずげい覚えさせてよかったと思う。

だが、その後もピンチの状態は続いた。

おたけびでまたもやキツハがマインド状態に陥ると、
ワンダーバーンでテンションをあげたヒヒュドラードがげきれつしょう・・!

Dmj2p_475Dmj2p_476_2

これで400~500近いダメージを貰う。
さいわいにも全員生還・・だが
更に追い討ちをかけるヒヒュドラードがドルマドン・・!
が、ここでもキツハを攻撃、ドルマ無効で難を逃れた・・かのように見えたが。

Dmj2p_477

次ラウンド、開始早々ヒヒュドラードの行動が始まる。
うあぁぁ・・・立て続けに行動されたらどうしようもないんだが・・。

ひん死のメンバーに、げきれつしょう・・XO、キツハ、Zonderのお三方が全滅・・。

スタンバイにいた、イマージョン、ちきんぼう、スピンジャーが出てくる。
スピンジャーの方は先ほど攻撃受けたままひん死の状態だった。

ここは、回復の要であるXOをなんとか復活させたい。
だが、回復役のちきんぼう(シュプリンガー)は一回行動。
せいれいのうたは次ラウンドでしか発動せず、ザオリクで生き返らせても
またげきれつしょうの餌食になる。

ならば、ここは一か八か、スピンジャーのせいれいのうたにかけるしかない。

これでミスってしまった場合はアウト・・・そのまま全滅コースだったが・・・。

Dmj2p_478Dmj2p_479

スピンジャーは見事その使命を果たした。
あっぶなぁぁ・・・運だけはこちらに味方してくれたわ。

XO、キツハを復活させる。
そのラウンドで、全体攻撃を食らいスピンジャーはやられてしまう。

ここからメンバーを代える。
スピンジャーの代わりに入れたのはちきんぼう。
回復役を二枚にする。

後は攻撃の方だが・・こちらはキツハが度々おたけびでマインド状態になるので
イマージョンに切り替えた。

キツハは度々ドルマドンを防いでくれたのは大きかったが
おたけび5回のうち5回ともマインド・・まさかここまでマインドに弱いと思わなかった・・。

その後は回復二枚とイマージョンの単発攻撃で攻め続ける。

回復SPを持つちきんぼうははやぶさネイル装備もあって
素早さが500以上とXOよりも高く、ヒヒュドラードよりも
早く行動できたのは大きかった。

かしこさも高いため、ベホマラー一発で300~400ほど回復と立て直せる。
XOは素早さが380とヒヒュドラードより後出に行動することもあったが

丁度回復二枚の間に、ヒヒュドラードが攻撃してくるため
ヒヒュドラードがげきれつしょうなどで攻撃、
メンバーがひん死状態になっても、後出のXOがベホマラーで回復ですぐに立て直せる。

こうして次ラウンドでもある程度の余裕が持てるようになる。

マインド弱点を持つ者もいなかったため、
おたけびもそれほど食らう事はなかった。
ダメージ貰わない分、この辺は助かったが・・。

攻撃を受けてもHPが残り300ほど、まもりの霧をかけて
ある程度余裕が出てきたら、メンバーにリザオラルをかけていく。

ちきんぼうがベホマラー、複数回行動のXOは、
余裕がある時は自身にまもりの霧やリザオラルを使う。

Dmj2p_480_2Dmj2p_480_3

その後、ラウンド間でヒヒュドラードが立て続けに攻撃してきても
リザオラルで復活、ベホマラーで回復すればすぐに立て直せる。

ちきんぼうは何故かげきれつしょうだけで400以上貰い
それに全体攻撃を貰えばすぐにやられることも多かったが、
事前にリザオラルをかけて復活。
XOにはベホマラー以外の指示を出さなかったが、
この辺、AIの方がリザオラルをちきんぼうに優先してくれたのが大きかったなぁ、ナイス。

後で調べてみたところ、獣王げきれつしょうはバギ&ベタンの耐性によって
ダメージが決まるそうだ。
シュプリンガーはベタン耐性に弱い・・・道理で。

魔神斬りも面倒だったが、まもりの霧、みかわしきゃくで対処。

ドルマドンに関しては、キツハを下げたため、以降、単体200~300近いダメージを受けることもあったが
余裕がある時はXOがマジックバリアをかけて軽減していた。

オーロラブレスは・・・唯一バーハ要員だったスピンジャーが消えたことで
ろくに対処も出来ず毎回200近いダメージを貰う事になったが・・。

結果回復二枚にしたことで、大分安定して戦えるようにはなった。

Dmj2p_481

攻撃の方ではイマージョンの攻撃、
300以上のダメージを毎ラウンド、確実に与えていく。

そんなものだから、結構長期戦になるだろうとやっていたんだが・・。

この長期戦で想定されていた事態・・・それは。

Dmj2p_482

XOのガス欠だった。
19ラウンド目を迎え、度々リザオラルやベホマラーを使っていた
XOのMPが二ケタ台となり、AIでは回復にアモールの雨を使うようになる。
2回行動で行動が制限されるため、これは何気に痛かった。

このままいけば、こちらがジリ貧の状態になるが・・
ここではどうしたのかというと・・・。

Dmj2p_483

ちきんぼうは回復SP持ちなのでマホヤズンを覚えている。
マホヤズンは相手に自分のMPを全て与える呪文。

自動MP回復もつけていたので、特にMPに困らなかったちきんぼうだったが、
XOがガス欠になった事で、展開が変わってくる。
リザオラルなどで準備を整えた後は、XOにマホヤズンを使うことになった。

これによりちきんぼうが一時MP0の状態。
自動MP回復でラウンドごとに回復していくが・・・。

ラウンドごとに呪文を使い続けるため、回復してもMPは以降伸び悩む。
予断を許さない展開。

次のマホヤズンはおそらくない・・・。
それまでになんとかこのサルと決着をつけたかった。

20ラウンド目、ヒヒュドラードが珍しく後出の攻撃、げきれつしょうとオーロラブレス。
げきれつしょうはまもりの霧で防いだぶんオーロラブレスを貰うXOたち。

Dmj2p_484Dmj2p_485

ところが、その次ラウンド開始早々ヒヒュドラードの攻撃
魔神斬りの痛恨の一撃XOとちきんぼうが撃沈してしまう・・が、両者ともリザオラルで生還。
だが、そこへ、ヒヒュドラードがXOにドルマドン。

300以上のダメージを受けたXOが撃沈してしまう・・・。

ぐは・・なんてこった。

せっかくここまで頑張ってきたのに・・・。
これまでなのかなぁと、諦めかけていたが・・なんとか最後まで粘ってみる。

次ラウンド、せかいじゅのはでXOを生き返らせた後、
ちきんぼうがすぐさまベホマラーで回復。

なんとか立て直した・・・が、
今度はヒヒュドラードはにおう斬り、オーロラブレスのコンボ。
更にドルマドンを浴びたちきんぼうが撃沈・・と、これまたきつい。

次ラウンドでは今度はちきんぼうにせかいじゅのはを使う。

Dmj2p_487

ここではXOが後での行動だった場合、本当に全滅コースだったのだが・・。
さいわいにもXOが先の行動、ベホマラーで全体回復、更に自身にまもりの霧、
そしてちきんぼうにリザオラルと3回行動、まさに起死回生の行動力だった。

ここへきてようやくこいつが仕事をしたように思う(w

回復しきれなかったちきんぼうは、そのラウンドでも
ヒヒュドラードの攻撃を受けてまたやられてしまうが、リザオラルで生還。

こうしてなんとか持ち直し、26ラウンド目を迎える。

Dmj2p_488

気がつけばXOのMPも残りわずかとなってきた。
また、マホヤズン・・という手段もあるが、こちらももう長くは持たない。

30ラウンド目にもつれ込んだら、本格的にやばくなってくるだろうと思っていたが・・。

ちきんぼうとXOが回復に余念がない中でひとり仕事を続けていたイマージョン。

毎回300以上のダメージを与え、時にテンション上げで大ダメージを与えていた事もあったが
そのラウンドでも懇親の一撃が振り下ろされる・・・!

Dmj2p_489

・・・・・・・!!

Dmj2p_490

激闘の末、ついにヒヒュドラードを撃破した。

おぉぉ、なんとか倒せたぞー!

序盤では、これ初見じゃ無理だろうとダメ元でやっていたが・・。
運を味方につけたせいれいのうたでなんとか持ち直し、
その後は回復二枚で何とか攻めつづけた。

Zonderが序盤、スピンジャーが中盤でそれぞれせいれいのうたを成功させていなかったら
全滅コースだっただろう。

キツハが中盤、マインドでだらしなかったが、
こいつの攻撃もある程度決まっていたのが勝因か。
ドルマドン防いでいたのも大きかったなぁ。

回復役のちきんぼうとXOはよく頑張った。
XOは中盤以降のガス欠で、本格的にしょうひMPはんぶんの特性を考えなければいけなくなったな。
とにかく回復特化で今後も育てていこう。

そして中盤以降、きっちり仕事をしたイマージョンはおつかれさん、と。
ここ最近のボス戦などはホントにイマージョンがトドメを刺す場面が多いな(w
まぁテンションあげもあるし、火力はキツハに勝るとも劣らない。

久々に歯ごたえのあるボス戦だった。

まさに、メンバーフル活用の死闘だった・・ということで
今回はヒヒュドラード戦をお届け。

|

« DQMJ2P-準備は整った・・いざ、ブランパレスへ! | トップページ | DQMJ2P-マスター戦に向けて・・と思ったら。 »

NDS『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2 プロフェッショナル』」カテゴリの記事