« DQMJ2P-ワルぼう入手、エグドラシル誕生へ。 | トップページ | DQMJ2P-ドルマゲス配合やら、ぬしさま戦。 »

DQMJ2P-最強系メンバーを考える。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル。

マスター戦に向けてどんな最強系で揃えていくか、
とりあえず預かり所でLV50MAXになっているれんごく天馬、レオコーン、
よろいムカデ、アイアンタートルなどを最強にしていく。

初代ムカデから配合してきたトウジーさんもいよいよ最終形態を迎える。

Dmj2p_541Dmj2p_542

よろいムカデは最強にすると「ライトメタルボディ」の特性がつく。
敵の攻撃ダメージを半分にする代わりに、消費MPが2倍になるという特性。

ビリビリボディがあるので、みがわりにすれば、相手が勝手にムカデを攻撃して
マヒ状態にー・・なんていっても、他に斬撃や体技なんてのもあるわけで。
いくらライトメタルだからといって
ギガブレイクなどまともに食らえばかなりダメージを貰う。

最強よろいムカデは守備力こそずば抜けて上がるが素早さの限界値が350らしい。
行動が遅いのが致命的だな・・・。

マインドに弱いので、それまでにおたけびを食らったりするとどうしようもない。

アイアンタートルなども行動が遅いので
ムカデとコンビ組んでリバースでも使わせるかぁとも考えるが・・・。

うーん・・こいつらをマスター戦に参加させるのは厳しいかもな。

Dmj2p_543_2Dmj2p_544_2

あまり方向性が定まらないまま、お次はれんごく天馬は最強にする。

ピピッ島のイベント、ふっかつのほのおでヒントをくれたひーばーさんを配合。

こちらは「つねにアタックカンタ」の特性がつく。
耐性は「毒・体技封じ無効」。

体技封じ無効か・・デイン系のコツを持っているので、
ギラ・デイン属性の体技ジゴスパーク(さばきのせんこうSP)を使わせるのがいいか。

こうどうはやいの特性があるので、相手の出鼻をくじくような攻撃をしたいが、
こいつはアンラッキーの特性があるため、状態異常などミスる事も多いだろう。

つねにアタックカンタを有効に活用したい。
相手が斬撃しかしてこないような状況になるのは
呪文や体技を封じた時。

 

まず、呪文封じで考えたのは・・・。

Dmj2p_545Dmj2p_546

「黒い霧」だった。

黒い霧は敵味方とも数ターン呪文が使えなくなる技。
これがあれば、敵は呪文が使えないが、こちらも呪文は使えない。
ならば体技に特化したメンバーを作っていこうか。

前々から黒い霧の状態に陥った場合はどうしようか・・。
そんな時に対応できるメンバーがいる必要はあるだろうと考えていたので
体技特化のメンバーを作ることに。

で、次に考えたのは異常耐性に強いモンスター。
ただ呪文を封じただけでは息系の攻撃がかわせない。
まどいの息ややけつく息を使われるのも面倒。

ならば、最強にする事で状態異常無効化の耐性がつくモンスターがいい。

調べてみたところ、死霊系は「混乱・マヒを無効化」の耐性がつくものが多い。
他にザキやマインドを無効化できるものもいる。

食らうと面倒なのは、マヒ・混乱・ザキ・マインド。
この4つを無効化できるだけでも大きく違う。

そんなわけで調べてみたところ、まず、これはいい!と感じたのは

Dmj2p_547_2Dmj2p_548

最強がいこつ。

特性:体技封じブレイク カウンター くじけぬ心 いてつくはどう
耐性:無効(ザキ、マインド 混乱、マヒ)

ここで目に止まったのは、体技封じブレイクだった。
この特性を持つ者は珍しい、他に調べたところ、
出てきたのはマーマンやダンビラムーチョだったが
この2体よりも、明らかにがいこつが使えるんじゃないかと感じる。

呪文を封じる上で体技も封じられるのはいいかもな・・。

体技封じという単体向けの技があるが、ここはどうせならあれをつけよう、ということで・・。

Dmj2p_550Dmj2p_549

ここから配合用のドークを作ることになった。
ドークのスキルには、相手全体の体技を封じる「体技封じの息」という特技がある。
単にそれ目当て・・というわけでもなく、他にハッスルダンスやつるぎのまいを早々に覚えられるという利点。

体技戦に持ち込む上で、体技・踊りでの回復は必要。
他に踊り封じガード+もつく。
これは中々いい。

預かり所がまた窮屈になってきたので、
今いるエビルプリースト、イブール、ほうらい大王などを使ってしまおうということで
そういう方向で決まった。

また、がいこつの方は預かり所にいないので
海岸の沼地でがいこつを調達、これを最強に育てつつドークの配合に取り掛かる。

まずゲマを作る。
当初はゲマ・ゴンズ・ジャミがはじめて完成した頃はチームを作って育てていこうと思ったのに、
あれから随分状況が変わってしまった。

ゲマ、ゴンズが配合で使われ、ジャミだけがひとり寂しく預かり所に。
LV50になっていたので、別途にジャミを作って配合、最強ジャミにしてからゲマの配合に使う。
三人衆の最後が消える・・結局、全部いなくなっちまったな。

Dmj2p_551Dmj2p_552

以前バトルGP戦などに参加させたイブールのラージョイさん。
結局LV82と高齢を迎えてきた彼も配合に使う。

お相手のイブールを作って配合、最強イブールにしてからエビルプリーストの配合に使われる事になる。さらばだー!

更に預かり所に放置したままになっていた初代エビルプリーストなども使う。

イブールやプリーストの配合値が高く、一緒に配合するのは何か勿体無い感じがしたので
この際、お相手をもう一体ずつつくり、二体のアクバーを。
配合用のドークをもう一体作ることになった。

もう一体は来るべき時のために使うことにしよう。

がいこつの方は、ドークスキルの他に何のスキルをつけさせようか
お目当てのモンスターと配合しながら育成。 

光あふれる地で強がいこつがLV50となり、
別の強がいこつと配合、最強がいこつが完成。

また時を同じくしてドークも完成する。

完成したドークの一体を最強がいこつと配合。
ドークスキルを持った最強がいこつが誕生する。

Dmj2p_554Dmj2p_553_2

フウジと命名する。

スキルの方は、他に黒い霧・自動MP回復、
がんせきおとしやトルネードがあるアサシンブロス・・と
眠りに対しての耐性がないので眠りガード+があるといいかなぁとナイトメアをつけてみた。
他にマホトラガード+もつくうえに
ねむり攻撃、あまい息、死の踊り、やみのはどうがある。
これらの特技も何か使えるときが来るだろう。

Dmj2p_555Dmj2p_556

相手の体技・斬撃を封じつつ、眠りの状態異常をかけながら
攻撃していくのがフウジの仕事となる。

地味にカウンターも持ち合わせている。こちらの反撃も期待したい。

そして、このフウジと組むことになる残りのメンバーを作る。

当初は、別の種族同士と組ませて個性を持たせるのがいいかなぁと思っていたが、
状態異常が何気に気になったので、この際思い切って死霊系のメンバーでかためてみる事にした。

ザキ・マインド・混乱・マヒの耐性を持つもの。

次に候補に挙がったのは・・。

Dmj2p_557

なげきのぼうれいだった。

最強なげきのぼうれい。

特性:マヒブレイク ギラ系のコツ ときどきブレイク封じ ギラブレイク。
耐性:無効(ザキ、マインド、混乱、マヒ)

マヒブレイク、という特性がある以上、これはつけたいということで
やけつく息のあるスキル、タイラントワームをつける。
他にどくがなどもあったが、ワームからはにはてんしのきまぐれもつけられるので。

メンドーサ×ナイトリッチを配合したなげきのぼうれいをLV50まで育てる。

当初は回復・支援を担当してもらおうとダンサーをつけたが・・。
それではギラ系のコツとギラブレイクが勿体無さ過ぎる・・ということで
攻撃面でも担当してもらおうと体技を調べた結果、
ギラ・ドルマ属性のビッグバンに目をつけた。

Dmj2p_558Dmj2p_559

ビッグバンはさばきのせんこうSP・・の他にけんじゃのスキルでも覚えられる。
けんじゃは他にベホマラーやリザオラルなどの回復呪文に光のはどうもつけられる。
黒い霧が切れた時の保険として使えるか、ということでこのけんじゃをつけることになった。

ドロシーのスカウトQで入手したけんじゃの証を使うことに。

こうしてタイラントワーム、アサシンブロス、けんじゃを持ち合わせた
最強なげきのぼうれいが完成。

ゼゾックと命名する。

ゼゾックには、黒い霧状態のときは特性を活かしたマヒ攻撃とビッグバンでの攻撃。
霧でないときは主に回復を担当してもらう。

 

そして最後の一体、これはどうしようか悩んだが・・。

最強死神きぞくを作る。

特性:カウンター わるぐち こんらん攻撃 ときどきバイキルト

こちらもザキ、マインド、混乱、マヒを無効。

Dmj2p_560

死神きぞくは特性わるぐちを持っているので
相手のテンションも元に戻す事が出来る。

おまけに育ててみると、素早さの伸びはいい。

ミロクと命名。
気がつけばフウジやゼゾックよりも早く行動するようになる。
スキルの方は最強VSブレス、ダンサー、アサシンブロスをつけた。

ミロクの仕事は開幕、黒い霧を使って相手の呪文を封じる。
VSブレスによる息よそくで相手の息攻撃にも対応してもらう。
ブレスガード+があるため息攻撃による耐性もつけておきたいというのもあった。

後はハッスルダンスでの回復や、メダパニダンスで相手を混乱させるか
体技のトルネードやがんせき落としで攻撃してもらう。

Dmj2p_561

・・・といった感じでフウジ、ゼゾック、ミロクのお三方が完成。

死霊系、ということもあってメラやデインという耐性に弱い一面を持つ。・・が、
黒い霧で無効化すれば問題ない!・・と思う。

以降彼らを黒い霧メンバーと名づける事にする。

この三人をレベル50まで上げたら、試しに勝ち抜きバトルでもやってみるか。
果たしてどこまで行くのやら。

といったところで今回はここまで。

|

« DQMJ2P-ワルぼう入手、エグドラシル誕生へ。 | トップページ | DQMJ2P-ドルマゲス配合やら、ぬしさま戦。 »

NDS『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2 プロフェッショナル』」カテゴリの記事