« ラジアントヒストリア-異伝最終章「ハイス」 | トップページ | ラジアントヒストリア-サブクエ消化・・ヴァンクール戦など。 »

ラジアントヒストリア-正伝最終章「エルンスト」

ラジアントヒストリア。

正伝 最終章「エルンスト」。

儀式を止めようとするハイスを追って、
正伝側の世界へと向かうストック。

黒示録の気配を感じる・・。
どこかハイスがいるようだ。

Hist_350

その一方でエルーカが王族の間にいったきり戻ってこないそう。
報告を聞き、ハイスの仕業だと確信したストックは王族の間へ向かう。
途中、アリステル側を任せていたロッシュ、
更に加勢していたと思われるガフカとも合流。

書庫へ到着すると、既に兵士達が倒れていた。
状況が異伝側の時と似ている・・やはりハイスの仕業か。

王族の間に入ろうとするが、黒示録のシャドウたちが邪魔をしてくる。
このまま手を拱いていたら、エルーカが危険にさらされる・・!

戦うしかないのか・・・!とそこへやってきたのが。

Hist_351

ガーランドだった。
武王の加勢もあり、一行は王族の間へと乗り込んだ・・・。

中は王族の間・・というより、
帝国跡地に近い様相のダンジョンとなっていた。

立ちふさがる岩は隠しタルで爆破して進む。

Hist_354Hist_353

奥を進むと、道が途切れているが、各所に待機している浮遊石を倒すと、
それをブロック代わりにして先に進む事ができる。

浮遊石は物防が高いうえにトラップは効かない、
魔法主体で攻める。
ホワイトアウトなどの全体攻撃をたまに使ってくる。
魔防に影響する攻撃が多いので、魔法攻撃を対策できる装備で挑む。

Hist_355

道中立ちはだかるはスマッシュでも破壊できない水晶の魔物、
お供に古代兵をつけて出現。
サイレントソウル、ノーブルフレイム、ピュアアイス、レイジサンダーなど。
サイレントソウルはパライズでスキル使用不能に、
レイジサンダーはMPブレイクでMPダメージを与える。
こちらも通常攻撃は魔防に影響するので、
魔防アップの装備を整える。

また古代兵ジナスのボガドクラッシュは5回攻撃。
1回は100以上のダメージを食らうのでガードライズで守備固め。

色に応じて弱点も違うので、見極めて魔法で仕留める。
後方3列範囲のファイアストームなどがあるといい。

古代兵ジナスは稀にシュヴァリエ(鎧:物防+55 魔防+45 HP+200)を落とす。
物防はオリカルクメイルより低いが・・
HPが200もアップするってのは、まさにチートクラスの性能だなぁ。

戦闘などで画面が切り替わるたびに水晶の魔物が復活しているので
どんなもの落とすのか、粘っていたが・・。

ノーブルフレイムは、オーガパイク(槍:物攻+72 速度-2)。
レイジサンダーは、栄光の拳(拳:物攻+78 速度+2)、
ピュアアイスは、プリンセス(銃:物攻+28 魔攻+80)、
サイレントソウルは、かんなぎのナイフ(短剣:物攻+35 魔攻+65 速度+10)。
など、主に物攻中心の武器を落とした。

十分使えそうだが、魔法で攻める身として魔攻主体の武器が欲しい・・。
アト使いとしたらかんなぎのナイフは欲しいところ。

魔法主体で攻めていた分ハーブティの消費が激しい・・。
浮遊石倒しては道を作り、倒しては道をつくりで
次のエリアへ向かうのに30~40個ほど消費してしまったが・・。

奥へ向かうと、刻印からリプティとノアが現れる。

Hist_356

ここから先の扉は黒の力により開けることが出来ない。
前にある4つのサークルからその力が流れ込んでいるようで、

黒示録の力を打ち消すため
サークルから現れる歪んだ世界へと順番に飛び込んでいくことになる。

最初は、レイニー、マルコと共に
初任務を行っていた時の世界。

Hist_358Hist_359

道中立ちはだかる、パロミデスと戦闘になる。

パロミデス、ピュアアイスx2。

ピュアアイスはマナガードダウンでこちらの魔防をさげてくる。
ファイアストーム、バックファイアなどで早々に仕留める。

パロミデスは黒示録の影響でパワーアップ。
クルセイド(単体3HIT)の他、デストロイ(単体即死付加)という即死技を持っている。

初っ端デストロイでガフカがやられたときはヒヤッとしたが・・・。
雷属性に弱いのでGサンダーで一気に仕留める。

 

Hist_360Hist_361

2つ目の世界は、シグナスにてガーランドと決闘する場面。
黒示録の力で操られているガーランドと戦闘になる。

ガーランド、サイレントソウルx2。
サイレントソウルはパライズを使ってくるので先に殲滅しておく。

ガーランドは武王の威圧、武王の気合などで各種能力を上げてくる。
気合の方が物攻上昇で、威圧の方は物防があがるのかな?
気合後に乱れぎりをされると厄介なので、
魔法やガフカの技主体で攻めて早々に撃破。

 

Hist_362Hist_363

3つ目の世界では、ウォルフ遺跡の巨大蜘蛛が相手。

モリビトは相変わらず、デッドリーやクイックスタブなどで攻撃してくる。
以前よりタフになっている上に、状態異常率が前回よりも高くなっている印象。
魔法でも攻めきれず、MPもガス欠状態、ここはマナバースト天槌など使って一気にしとめる。

 

Hist_364Hist_365

4つ目の世界で立ちはだかるのはビオラ准将。
彼女も黒示録の力に・・なんてこった。

ビオラ、ノーブルフレイムx2、浮遊石x2。

物防の高い浮遊石がいるのは面倒だと思ったが、
ブロックにする浮遊石よりはHPが低い。横範囲技で一気に仕留める。

ビオラは行動が早く、こちらの行動に割って入ることが多い。

流星突で数回チクチク攻撃してきたり、
神の守りで魔法を無効化にする。
これは魔法をぶち込むと打ち消せるよう。

HPはこれまでのボスよりは低めな方なので雑魚を殲滅したら一気に攻めたいところ。

黒示録の世界を全て打ち消すと、奥の扉が開かれる。

Hist_366

奥へ向かうと、エルーカ・・・とそれを人質にとるディアスを発見。
あぁこっち側の世界じゃまだ生きてるのか・・。

自分達の王国を築くためなら手段を選ばないと言うディアス・・
ヤツとセルバンはここにエルーカがやってくる事を承知で
この場所に潜んでいたようだ。

だが、ストックがサイレンスで近づくとあっけなくカタがついた。
奥へと逃げていくディアス、エルーカを救出する。

ディアス、セルバンにもう一人いたというエルーカだが、
おそらくハイスのことだろう。

Hist_367

案の定ハイスは奥にいた。
ディアスとセルバンはヤツと手を組んでいたつもりだったようだが・・。
当の本人はその気は全くなかった。

自分の力を一部とするために、二人を砂に変えるハイス。

 

Hist_3662
奥へ向かう前にリプティ&ティオに最後の別れを告げる。
今まで世話になったな・・。
自分の使命を果たすべく、決戦の地へ向かうストック達。

操魔を司る場所にてハイスを発見する。

自分と共に来いというハイスだが、
ニエとして、大陸を守る者として使命を果たすストック、
その意思は既に決まっていた。
儀式を成功させるために、おまえを倒す。

互いに相容れなくなった両者は激突する。

 

Hist_368

黒示録&ハイス型シャドウ。

シャドウはブラックシャドウで連続攻撃、
神気界の改変などの状態異常技で、こちらのスキルやアイテムを使用不能の状態にする。
こいつらは生かしておくと面倒なので、早々に倒す・・が

Hist_369

殲滅するたびに黒示録は、並行世界の理でシャドウを2体呼び出してくる。
更に、黒示録自体は普通に攻撃や魔法をぶち込んでもダメージが入らない。

どんな技でもダメージが0のまま・・
は、こいつはどうやって倒すんだろうとしばらく考えていたが・・。

最初の戦闘の際、ダメージは入れて以降0のまま。
この違いを考えていたら、最初は黒示録の正面にいたシャドウを
後ろに追いやって倒した・・。

黒示録はシャドウと同じマス内に入れないとダメージを与えられないことに気づいた。

Hist_370

その後増援のシャドウをアサルトなどで、同じマス内に入れ、
一気にダメージを与える。

黒示録自体HPはそれほど高くない。
2,3回ほどシャドウを入れて攻撃を入れていく。
その結果、黒示録を倒す事に成功。
コツさえわかればたいした相手ではなかった。

 

ハイスは、同じ立場であるニエとして
ストックが心変わりするのではないかという
心の迷いがあった。

Hist_371

黒示録は、過去を見つめ、その過ちを正すもの。
だが、そんな過去でニエの生き様を見た彼には、
もはや世界を滅亡させると考え以外残されていなかった。
舞台はニエを想いが行き着く場所・・ヒストリアへ。

最後の闘いが始まる。

 

Hist_372

ヒストリアの操魔の力全てをぶつけてくる。・・・アポクリファ戦。

アポクリファ下層はフレイムバースト(全体攻撃)、
通常攻撃も魔防に影響した攻撃。
魔防上昇の装備や、レジストライズでダメージを軽減。

下層を攻撃し、HPを0にする・・が、
これはまだ小手調べ。
今度は中層側が行動を開始する。

Hist_373Hist_374

中層は、ラストナイト(全体睡眠)、ストーンメモリー(単体石化)、
ロストマインドなど状態異常技主体。
他、フォールアウトなど全体攻撃を仕掛けてくる。

状態異常技はポラリスで対策。
ストーンメモリーはそれでも高確率で石化してしまう面倒な技。

HPは下層よりも多い。

この辺からはアトは常に回復&強化要員。
状態異常技はポラリスを満遍なく使う、
他はルナティックで魔防を上昇させておく。

物理攻撃が効きにくいので、マジックライズで
魔攻をあげてとにかく魔法主体で攻撃。

エルーカは終始チェインレイブだったか。
物防を下げる効果のある技だったが、その効果は全く見られなかった。

中層を倒すと、いよいよメインの上層部分が行動を開始する。

Hist_375Hist_376

デスクラウド(全体:毒付加)、グランカオス(全体:アイテム使用不能)、
ブラッドスフィア(単体ダメージ)、
ダークマター(チャージ)、グラウンドゼロ(全体大ダメージなど)。

ここでも状態異常技を仕掛けてくるのでポラリスで異常耐性はあげておく。

上層はダークマター後にグラウンドゼロを使ってくる。

全体250~300ほどのダメージ、
これは物防&魔防無視の攻撃技のよう・・わりと強力。
HP400以上は欲しいところ。

さすがにメイン部分ということもあって、HPはこれまでより数段高い相手。
2~300ほどのダメージでも、ゲージを少ししか削れないが、
根気よく攻撃をかけていく。

ここでも戦法は中層の時と変わらなかった。
ただ被ダメージは大きかったので、その分エルーカも回復に回していたが・・。

この辺からMPも切れだして、スペシャルティなどで態勢を整える事も多かった、
最初に飛ばしていると、後々もたついてしまうな・・。

終盤は3人ともMPは2ケタ台、更にグラウンドゼロで追い詰められる場面もあったが・・。
それでも立て直して着実にダメージを与えてゲージを減らしていく。

度重なるグラウンドゼロに耐え、攻撃を続けたストック達。

Hist_3762

その結果・・・。

 

ハイスの野望を阻止する事に成功する。

自分とハイスを分けたもの。

それは自分が守る大切なものに、出会えたか、出会えなかったのか、
それだけの違いだった。

Hist_377

だが、戦いを通じて、ハイスのニエにかける想いはまぎれもなく本物だった。
その伝えたかった想いは自分達が歴史に残していく、
そう彼に伝え最後の別れを告げた。

操魔の司る場所へと戻ってくる一行。
ストックが犠牲になる必要がない、と自分だけで儀式をおこなおうとするエルーカ。

儀式の術者は、ニエの犠牲を心に刻み過去から目をそらさない、
強い心を育てなければならない。
どんな苦しい事でもそれを背負い、
それが今出来る最善の事だと信じ、女王としての義務を果たせ、
彼女に告げるストック。

自分の守る未来は、自分の大切な皆が生きる世界だ・・と。

Hist_379

たとえ、自分が消えていなくなっても、
またいつか、どこかで出会えると信じて・・・・。

 

・・・・・。
 

そして、儀式の刻がやってきた。

操魔を司る場所にて、儀式を執り行うエルーカ。

ニエとして歴史を正し、自分達の未来を守るために時を駆け抜けた男。
世界を救ったその男、彼女達は忘れることはないだろう。

「ありがとう、お兄様」。

彼女は自分の兄に感謝を述べた。

その後の仲間達。
ガフカはフォルガの里に戻り、
族長達と仲良くやっているようだ。

アトは村には戻らず砂漠化の原因を調べている様子。
ストックの守った未来を守る!と意気込んでいる。

レイニーとマルコは二人揃って部隊長。
このコンビは相変わらずのようだ。

そして・・ロッシュはソニアを連れ、
今は亡き部下達の前で墓参り。
そこには、副隊長の墓はなかった。

エルーカやアトたちの力を借りて
マナの安定化の研究を行っていると、報告するソニア。

研究が成功すれば、もう儀式を行わずに済むのだという。

そんな報告をしている彼らに、後ろから声をかけてきた人物がいた。

それは・・・。

 

Hist_380

なんと死んだと思われていたキール、更にその部下達であった。
助けてくれた旅人から「早く帰らないと、隊長の早とちり死んだことにされるぞ」・・と言われたそうだ。

だが、キールはその男の名前を聞いたはずだが、思い出せないのだと言う。
それは赤い服を着ていたらしい。

ロッシュは確信する。
こんなことができるのは、あいつしかいない。
きっとあいつはどこかで自分たちのことを見守っているのだろう。

そして、彼は「待っている」と告げた。
いつかその男と会えることに。

最高の親友である彼と、逢えることを信じて・・・。

 

・・・というわけでラジアントヒストリア、1週目クリアー。

プレイ時間37時間、
途中寄り道したりでレベルあげも兼ねていた。
普通にプレイしたら30時間ほどでクリアできる内容。
ストーリー的にはワリと楽しめたな。

シナリオは全部で236用意されていて、
消化したのは170ほどだった。

残りのシナリオやおまけ要素も全部消化して総括と行きたいところ。

|

« ラジアントヒストリア-異伝最終章「ハイス」 | トップページ | ラジアントヒストリア-サブクエ消化・・ヴァンクール戦など。 »

NDS『ラジアントヒストリア』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。