« デカロック山~デル・モカール編。 | トップページ | 天空の街ヘイブン~魔石探しの旅へ・・・。 »

ボーグ帝国~VSヘブルチ編。

二ノ国 漆黒の魔道士。

現在のパーティー状況。

Nino_89

ほとんどがレベル20後半。

メインで使っているのは
ルッチ(ドルッチ)、プルック(メガバードン)、ジジ(ニャイケル)、
クーガー(あんこくウルグル)、ぺック(ツノゴン)、ボーレン(コッツたいちょう)

主にイマージェン主体で使っている。

回復の方は基本アイテム頼み。
ジューシーサンドを大量に生成してまんぷくバーガーを作る日々。
デル・モカール付近にて、せいめいのあめ(全体回復)を使うモノホシソウ
を仲間にしたが、戦力的にはちと不安。

ルッチはヤルッチから一番乗りに3クラス目に進化。
3クラス目に入るとどちらに進化できるか選べる。
属性の違いや、覚える技や追加するスロットの色が違う。

かえんぎりが使えるガルッチとどちらにしようか迷ったが
水属性の仲間が少ないので、結局つなみが使えるドルッチに決めた。

MPが少ないため、使い勝手があまりよろしくないが・・。

同じく3クラス目に進化したメガバードンのプルック。
スパークを覚えたが、こちらもMPが少ないためすぐに切れてしまう現状。

双方とも緑スロットがないため、MP上昇してくれる指輪など装備できないのが難。
MP回復アイテムにめざめカプチーノを作っているが
こちらはのうこうミルクとぱっちりコーヒーを大量に消費するのがネックだな・・。

ぺックは、元々ババナシアのネロリのクエストで
火炎が使えるイマージェンを持ってこいと言われ、
デカロック山にて火炎が使えるツノノコを仲間にして以降、使い続けている。

レベル20に突入してツノゴンに進化。
おとりガードが使えるようになったが、オートだと全く庇ってくれない。
鳥に見えて実は戦士系、物理耐性もある上に防御力がメンバーの中で一番高いので
主に前線で活躍する事も多い。
盾役には申し分ない、火力がもうちょいほしいかな。

ブロッケンは、ブロンソンに進化しておおぶりパンチ覚えてからは
前線でも活躍するようになった。
ただ進化が遅めなので、もう1クラスあげるためにはレベル30中盤まで
上げる必要があるか。

人間は常に控え、マルはイマージェン仲間にする時以外ほとんど出していない。
ジャイロが仲間になったが、こいつは全く使っていないな・・。
カゴが一つ増えて控えメンバーにもイマージェンが置けるようになったが
人間は控えに置けない。
控えにしとくと経験値が入らないので、ジャイロがメンバーに入っていると
メンバー枠が1つ占有されるので邪魔。
この際だからジャイロも自分の育成カゴの中に入ってもらいたい・・・無理?

というわけで本編を進める。

Nino_90

ドクロ目を抜けたオリバー一行は東のレカ大陸へ。
何やら無駄にくらーい場所に到着したが、
賢者がいるといわれる東のボーグ帝国へ向かう。

Nino_91

そこは週に一度、新たな規律が作られるほどの規律厳守の国。

兵士や住民は何故か、豚の格好をしている。
ジャイロが用事ありと一旦離脱する。

Nino_92

街中で早速ミラントを発見。
こいつの記憶を取り戻すために、いろいろ手助けはしているが、未だに記憶が甦る気配なし。
ルーンの二画目をヒントに一画目を描いてルーンを完成させろと・・。
本パラパラめくっていればすぐにわかるものだが、問題がどんどん簡単になってきてるな。
そろそろネタ切れか?

Nino_93Nino_94

その後、この国を治めるブヒーデン皇帝のパレードを見るオリバー達。
皇帝自体も豚の格好をしていたことから、規律で全員豚の格好をしているといったところか。

ジャイロと合流。
なんでも、闇市にいって賢者の聞き込みを行ったところ
それと同じ格好をした人物が、陛下の使いと名乗り
闇市で買い物をした後に城に戻っていくという情報を得る。

皇帝と賢者には何か関わりがあるのかと、
皇帝との謁見を考えるも、現状城に入れてもらえない。

そのため、兵士の服を着て城に潜入しようという話になる。

服を調達しに闇市へ。

Nino_95

店主のカルドンにお願いしたところ、条件付きで服を渡される。

その条件とは、城内でしか入手できない特効薬ノムナオールの調達。
カルドンの娘ルコラが病に冒され、その薬がないと治せないらしい。

前にルコラの兄ズッカが兵士になり済まして
城内に潜入、薬の入手に成功したものの、
ある事件で皇帝を助けてしまう。、
感動した皇帝が、ズッカは兵士長にしてしまったことで
身動きが取れない状況になってしまったようだ。

というわけでズッカに会い、その薬を貰いにいくことになる。

兵士の格好で城に潜入。
道中、兵士と追いかけっこをする場面もあったが
無事ズッカとご対面。

Nino_96

なんでも皇帝は相当深い悩みを抱えているらしい。
誰にもその悩みを打ち明けられず、深刻な様子。
度重なる規律も、自分が皇帝であることを保とうとする表れなのか。

賢者の件もあるため、皇帝に会うことに。

マンホールから中庭へ向かう。
皇帝の部屋へ向かおうとした矢先に、戦車が襲い掛かってくる。

Nino_97

イベリコーグXXと戦闘。

前列横一列のきじゅうそうしゃ、かえんほうしゃ。
1ターン待ちのほうげきなどで攻撃してくる。

ほうげきは次ターンで仕掛けてくるので
事前にに陣形ばらして対処。
かえんほうしゃは食らうと痛いので一歩下がるか
火耐性のあるユニットを前に出しておく、

物理耐性があって堅いので、接近戦では時間がかかる。
後衛から魔法をバンバン仕掛けた方が効率がいいか。

戦車を倒し、皇帝の部屋へ。

Nino_98Nino_99

この美少年が皇帝ブヒーデンのようだ・・が。
これがなんと賢者のプロマイド写真とそっくりな顔をしていた。

つまりこの皇帝こそが賢者なのか・・!?と思われたが
ブヒーデン曰く、賢者と呼ばれていたのは自分の父にあたる者だったらしい。

とはいえ、その血筋であるブヒーデンも
賢者の素質があるほどの魔法力を持っていることは間違いない。

ところが、ブヒーデンは他人はおろか、自分の姿を否定するほど
「信じる」心を失ってしまっている。ヌケガラビトのようだ。

帰れ!と言われ、その場を後にした一行は
薬を入手した事でカルドンの元へ。
ルコラに薬を飲ませる。

Nino_100

ルコラの体もよくなり、明るい笑顔が戻ってくる。
病中も彼女は、ズッカが薬を持ってきてくれると信じて
待ち続けていたようだ。

信じる心をルコラから分けてもらうことに。
再び城へ向かい、その心をブヒーデンに与える。

信じる心を取り戻すブヒーデン、
そしてジャイロがそのブヒーデンの本当の名前である
ラースという名を口にした。

ここまで謎に包まれたこのおっさんだったが・・・。

Nino_101

つまり、彼も同様に賢者だった父の息子に当たる存在であり、
賢者の候補として挙げられていた。
ラース自身も本来なら、その座はジャイロが継ぐべきだといい
自分が賢者などという大役は務められないと否定する。

ラースが嘗てジャボーがこの国を滅ぼそうとした時、
街を組み替えるほどの魔法力を持ってしてこの国を守ったことから、
ジャイロは賢者に相応しいのはラースだと判断し、この国を去ったそうだ。

おまえならやれる、と兄貴の説得を聞いたラースは
再び皇帝ブヒーデンとして、そして賢者の一人としてオリバー達に協力することを誓う。

今回は魔法を教えてもらうことはできなかったが・・・。

Nino_102

そんな伝説の杖が、ボーグ帝国から北にあるゴーストの谷に眠っているそうだ。
早速谷へと向かうオリバー達。

Nino_103Nino_104

ゴースト、と呼ばれるだけあって、この辺は死霊系の敵が多い。
火属性の技や魔法が有効か。

奥へ進むと、一軒家を発見。
少女ユーリンとのイベント。

Nino_105

なんでもこの谷は、以前魔導王シャザールが建設した
魔導士の街として栄えていたようだが・・。

ある時、ジャボーがやってきて、住民達から魔法を全て奪っていった。

抵抗する者はヌケガラビトへと変えられ、
魔法を失った街は徐々に衰退、そして滅んでいったそうだ。

この谷では、そうした無念の魂が今の尚彷徨い続けている。
そんな魂を見捨てて他の所へいけないと、ユーリンは
ずっとこの谷に留まっているそうだ。

ジャボーがグラディオンを守らせるために
守護者の魂、そして住民達の魂をも利用しているのだ。
原因となっている杖を探すため、更に奥地へと向かうオリバー達。

Nino_106

その奥地で待ち構えていたのは、それら魂の集合体ボロン。

おにび(全体)は火属性。
わりと頻繁に使ってくるので
火耐性の持つイマージェンを配置するか、耐性装備の対策は行っておく。

のろいのおたけび(全体)は呪い付加な上食らうと40~100ダメージと結構痛い。

おにびもそうだが、全体攻撃が多いヤツなので
生命の雨など全体回復できるイマージェンを配置しておくと便利。

ボロンを倒し、墓の内部へ向かうも・・・。

Nino_107

杖は既にその場になかった。
盗賊が盗んでいったのだろうか。
紋章が残されているが・・・。

仕方なく、ユーリンの所へ戻ることに。
ところが・・・。

あったはずの一軒家は既に壊されていた。
しかもそれはだいぶん年月が過ぎていたもので
近くにはユーリンとかかれてお墓があった。
ボロンを倒した事で魂が解放されたのか。
自分達が見たものは、ユーリンの魂だったのだ。

Nino_108

お墓の前で泣くオリバー。
こいつがこんな悔しそうな顔するのはじめて見た。

泣くな少年。母親を助けるために前を向いて歩き続けるのだ。

その一方で、グラディオンは既に盗まれていた。
ボーグ帝国へ戻り、この事をブヒーデンに報告。

刻まれていた紋章を察するに
それは海賊王ヘブルチの紋章だそうだ。

Nino_109

道中、ジャンゴルと呼ばれる場所を通ることになる。
よそ者に対しては警戒が厳しい場所のようだ。
皇帝からボーグパスポートを受け取る。

更に、移動の距離も長くなってきた事で
ブヒーデンからテレポート(P27)の魔法を教えてもらう。

クエストなんかで、移動が非常に面倒だった。
これは助かるー!

レカ大陸から南にあるクビナガ島へ。
森を通ってジャンゴルへ。

Nino_110Nino_111

村に入った早々、何やら村人達があわただしい。
村の宝物と巫女さんが消えてしまったそうだ。

途中少年のアビと出会う。
この村の子らしいが、宝や巫女さん消えてしまったことを
知らない様子だった。何か不自然だが・・。

とりあえず、長老さんにあって話を聞くことに。

Nino_112

そんな大事ごとに巫女さんが消えるとかタイミングがよすぎる。
宝が盗まれたとあっては、よそ者の自分達が真っ先に怪しまれるのが自然なわけで。

なにぶん用心しながらも、宝を盗んだ犯人探しをする事になったが
何故か盗まれたはずの宝玉を祭壇で発見する。

Nino_113

不運にも村の男達が偶然その場に居合わせ、案の定怪しまれるオリバー達。
犯人なのではないかと捕まえられそうになるも、長老が割って入り事態を収拾する。

更にそこに先ほどの少年アビがやってくると・・。

Nino_114

どうやらこの少年・・いや、この少女アビーラが巫女さんだったようだ。
なんでも天上様の交信がうまくいかないとかで
宝玉持ち出してうろついてたとか何とか。
全く・・とんだお騒がせ。

天上様とは、天空の街にいる賢者サザラであることが判明する。
そしてサザラの命令で海賊王ヘブルチが世界各地のお宝を集めさせているという話も聞かされる。

Nino_115

とりあえずヘブルチに会うためにジャンゴルを抜けて東の竜の棲む洞窟へ。
洞窟からアジトの中へと入るが、奥へ進もうにも炎が邪魔して通れない。
何か仕掛けがあるようだが・・それを解除するためにアジト内を探索する事に。

Nino_116Nino_117

ここでは1クラス上の敵が出現。
ブロンソンはおおぶりパンチが痛い。
味方としては頼もしいが、敵として出てくると結構厄介な相手。

この辺はりゅうのかめんやつわもののやりなど強力なアイテムが眠っているので
回収しておく。

基本は各所にある銅像のレバーを使って仕掛けを解いていく。
一番上のフロアにあがると、レバーが反応しないものがあるが
隣のフロアにある動かない歯車に、時よもどれのルーンを描いて歯車を動かせば
レバーが作動する。

一番上のフロアのレバーを作動させると、入口付近の炎が消えて
奥に進めるようになる。

Nino_118

ヘブルチとご対面。
アジトの中で好き勝手やっていただけに、相当ご機嫌斜めな様子。

ペットの竜をお相手する事に。

Nino_119

セキリュウ戦。

主に炎主体の攻撃。
前列Tほうこうのしゃくねつブレス。
縦一列のファイアランス。
いきをすいこむで技の威力をアップさせてくる。

とにかくブレスやランスが痛いので火耐性の強いユニットを壁にしながら、
後列から、氷結などの氷系魔法や技でチクチク攻めていくのが無難。

物理攻撃とファイアランスに関しては、
挑発つかえて攻撃にも耐えうるユニットを離れた場所に待機させておくのもいい。

Nino_120

セキリュウを倒しても往生際の悪いヘブルチ。
マルが口にした卑怯という言葉が気に触ったのか、
同じ武器を使ってオリバーと1対1の勝負を挑んでくる。

クラフターと呼ばれる乗り物を使って勝負する事になる。

めざめよほうき(P58)のルーンを描いてクラフターに魔法力をチャージ。
こうしてクラフターに乗り込み、勝負をすることに。

先に撃墜された方が負け、というこのルール。

Nino_122Nino_121

・・・・・なんか、これ、どこかで見たような光景だが
あえて触れないでおこう。

ムービーを挟んで、軽いミニゲームを行う。
縦スクロールのシューティング形式。

Nino_123

ヘブルチの攻撃や岩をうまくかわしながら、ヘブルチの乗るクラフターを攻撃する。
岩を破壊して出てくる宝石からポイントが得られる。

ヘブルチのクラフターを破壊すればクリア。

Nino_124
一応ダメージ、アイテムポイント、クリアタイムの内容で評価が決まる。
今回はAで経験値1200ポイントを得る。一発攻撃貰ってS取り逃がしたぜ・・・。

Nino_125

ミニゲーム後、再びムービーシーン。
これまたヘブルチのペットらしい、クロと呼ばれる竜がオリバーに襲い掛かるも
ご主人の静止を聞かなかったため、射撃で撃ち落とすヘブルチ。
それをオリバーが助けに行き、クロはなんとか一命を取り留める。

Nino_126

結局、勝負はオリバーの勝ちとなったが、
目的のグラディオンは既にサザラに渡してしまったそうだ。

賢者サザラは天空の街へイヴンにいる。
ということでヘブルチに案内されながらも、
その街へと向かうことになったオリバー達。

というわけで今回はここまで。
次回はヘイヴン編からお届け。

|

« デカロック山~デル・モカール編。 | トップページ | 天空の街ヘイブン~魔石探しの旅へ・・・。 »

NDS『二ノ国 漆黒の魔導士』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。