« 過去の世界へ~フレイヤ救出など。 | トップページ | 異次元へ・・・~パゴス戦。 »

アシュラ戦~浮遊大陸編。

サガ3 時空の覇者 Shadow or Light。

南の塔にいるアシュラがステスロスのパーツの一つ「未来ワープ」を持っている
ということで、クロノスから鍵を受け取り、南の塔へ向かうデューン達。

Saga3_65Saga3_66

塔内部の構造は、過去の砂漠の遺跡とそれほど変わらない。
ただ遺跡よりはモンスターが若干多めか。

狭い場所に敵が密集している時もあり、
迂闊にふみこむとチェーン発生で連続戦闘も・・。
今作でもシンボルでのチェーンカウントが導入されている。

南の塔、中央の狭い隙間から落ちて、再び階段を上がり3F左のフロアへ。

遺跡と違って階段が出来ているので、そのまま4Fへ向かう。

奥にてアシュラを発見。未来ワープを貰いにきた、が。

Saga3_67

カオス城の鍵とやらもこのアシュラが持っているようだが、
パーツも鍵も渡すつもりはサラサラないらしい。

アシュラとの戦闘に入る。

Saga3_68

アシュラは、パワーナックル、ヴァジュラ、マヒ睨み、ファイラなどで攻撃してくる。
通常のパンチで100ちょっとのダメージ。
パワーナックルがわりと強烈。
防御固めてHP200以上はほしいところ。

マヒ睨みは銀の針持参。

ファイラは魔力をあげたエスパー二人に集中したので
被害は最小で済んだ。

Saga3_69
こちらは早速覚えたブリザガで反撃。

適度に回復していれば恐れる相手ではない。

アシュラを撃破し、カオス城の鍵を入手する。

お次はレイの入り江に現れたカオス城へ。

Saga3_70

イレム街道の南にあった岩は、城が現れたときの地震でなくなっている。
そのまま南を抜けてカオス城へ。

あんなに聳え立つ城だが、入口は地下3階からとなる。

Saga3_72Saga3_71

地下2階は移動床に乗って移動。
地下3階MAP左上にあるスイッチは地下2階に入ったらそのまま
左へ向かう移動床に乗ってMAP左上の手すりから飛び降りればスイッチの下へと落ちる。

地下3階中央の宝箱は、地下2階、移動床を時計回りに進んで中央へ向かい下へ落ちる。
中身はエリクサー。

移動床を時計回りに進んでいくと、ミスリルの腕輪を入手できるが、先に進めない。
反時計回りに進んで上の階層へ向かう。

Saga3_73Saga3_74

戦闘中、何度か連携昇華が発生。
発生させたキャラは1ランク上の技を使う。
クエイラ+クラッカー+アビスショット+天空閃で氷のくちづけ発動。
威力は・・まぁまぁ。

地下1階でカギを使い、1階へ突入。
様相もがらりと変わる。

Saga3_75

ここからは道なりに進んでいく。
2階~1階を行き来するが
途中、サイコアーマー、炎の盾の入った宝箱があるので回収。

Saga3_76

ここを抜けると最上階への階段を突き進むが
このフロアにも、途中宝箱がある。これはワリと見逃しやすい場所。
石化耐性のサークレットと金の針があるので回収を推奨。
後の戦闘に役に立つ。

Saga3_77

最上階にてアシュラを仕切っていたカオスを発見。
どうやらこいつが未来ワープを持っているようだ。
戦闘に入る。

カオス、ロックx2。

Saga3_78

カオスは、パンチ、疾風怒濤、ストーンビーム(石化付加)中心。
取り巻きのロックも石化攻撃を持っているのでこいつは先に倒す。
この辺は先ほど入手したサークレットや金の針を使って乗り切る。
疾風怒濤は食らうとかなり痛いので回復にも気を配る。

Saga3_79

カオスだけになったら持ってる技を存分に使って一気にカタをつける。
連携技を決めてカオスを撃破する。

ここまでトレントで来ていたポルナレフだったが
この戦闘でロックの肉を食べるとヤリイカに変身。
HPは若干上がった。役に立つかはわからんが自動回復継承してくれたのでそれでいい。

カオスを倒し、ステスロスのパーツ、
「ホバーエンジン」と「未来ワープ」を入手する。

Saga3_81

戻ってクロノスに報告。
おおばばとも15年ぶりの再会。

パーツが揃った事でようやく未来に帰ることができるデューン達。
ついでにクロノスから、パーツ「フリーズシステム」を受け取る。

これはフィールド上でタイムズギア・ポイントを消費する事で
自分以外の時間をとめることが出来るそうだ。

つまりこれがあれば敵が密集している地帯も乗り切れるということか。

Saga3_82Saga3_83

パーツをセットし、未来へと向かうデューン達。
それを見届けるクロノスだったが・・。

彼らが未来へ旅立った瞬間、歴史は書き換えられたはず。
つまり自分達の時代に訪れる必要性はなくなったのに、何故彼らの記憶が残っているのか。

もしや、彼らは未来の歴史を変えることに失敗したのか、それとも
彼らの干渉で別の次元が生み出されるのか・・。

ともあれ、ステスロスの実用性が証明された事で、
パルサー博士の元へ向かい協力を求めるというクロノス。

これが後にステスロス2号機を生み出す事となる。

一方、未来へと到着したデューン達。

Saga3_84Saga3_85

確かに海面が上昇している様が見て取れる。
東のダームの町があった島半分と西のイレム街道が既に沈んでいた。

南東の大陸へ向かうと、新ダームの町。
入るや、周りがお墓だらけの寂しい場所だったが、
墓の一部を調べると、地下への階段が。

Saga3_86

ダームの住民達は、旧町が沈んでしまった事を受けて
この地下で生活しているようだ。

奥の建物にてメルローズと再会。
自分達はつい最近別れたばかりだが・・・。

Saga3_87

本人にとては15年ぶりの再会か、にしても老けたなおっさん。

その間、町は沈んでしまい、長老のギルも死んでしまったそうで。
長老の娘であるシリューはその事に寂しげ。

メルローズからステスロスのパーツ、警戒システムを入手する。
以降はMAP上のモンスターの位置が表示されるようになる。

町の中で革命軍という言葉を耳にするが、
そんな魔物と対抗する勢力が、東のバイパーの町を拠点にしているらしい。
自分達に協力してくれるだろうということでいってみることになる。

と、その前に寄り道。

イレムの町にてクロノスと再会。

Saga3_88
こちらも15年ぶりとなるのか、あまりお変わりないようで。
ステスロスのパーツ、「発掘システム」を入手する。
以降はMAP上で一度だけ発掘ポイントが表示されるようになる。
クロノスも同様にバイパーを目指せという一方で
おおばばに会ってほしいということで、宿屋へ。

Saga3_89

さすがに歳をとったのか既に寝たきりの状態。こちらは過去、現在と15年ごとに再会しているので忙しい。ショック死しなければいいが。

ソール神が異世界へとさらわれ、世界は今混沌とした状態らしい。
おおばばからは「メタモル」を入手する。
これは自分達が魔物に化けて、魔物たちと会話する時に使うものだそうだ。

んなもん何に使うんだと、その後ムーの町へ向かうと・・。

Saga3_90Saga3_91

何故か住民達が全員サハギンと化していた。
そのまま話しかけると襲い掛かってくる(倒しても消えない)ので、
メタモルを使って会話。

世界にあった体への進化・・その言い分はわからなくもないが、
人間と出くわした瞬間襲い掛かってくるのはどうなのか。
以前レイの町でサハギンになる病気が流行っていたが、それと関係があるのだろうか。

このサハギン達から貴重な情報を得る。

なんでも水瓶を作ったのがラグナという存在のようで、
ラグナを倒すには、聖剣エクスカリバーが必要だそうだ。

ただ、聖剣を入手するには、額に赤いアザをもつ女が必要になる。
魔物が子供をさらうのが聖剣を奪うのが目的、など。

そういえば以前それ目当てで誘拐していたヤツがいたな。

東のバイパーの都市へ。

Saga3_92

ダームの町やこのバイパーでもネメシスが誘拐されたという話を聞く。
彼女も額に赤いアザを持っていた。
誘拐した魔物は聖剣目当てなのだろうか。

メルローズから教えてもらった合言葉をいい早速、革命軍のリーダーとご対面。

Saga3_93

デューン達をアニキ!と呼ぶ彼は現実世界のダームの町でまだ幼かったディオールだった。
彼が今革命軍を指揮しているようだ。

ディオールから革命軍の動向を聞くことになる。
異世界にいるラグナを止めるため、
ボラージュ、ネメシスをはじめとした革命軍は、
クロノス達が手掛けたステスロス2号機に乗って
異世界へと向かったそうだが、ネメシスが魔物に誘拐された上に
通信が途切れ、消息を絶ってしまったと。

こちらも次元を超える装置を積めば、異次元へと向かうことが出来る・・が。
パーツである時空ワープがミロクという輩に奪われてしまったそうで。

ミロクは浮遊大陸にいるらしい。
そこへ向かう術に心当たりがあるということで、ディオールと共に北のシェルターへ向かう。

Saga3_94

そこにいるパルサー博士からロケットベルトを入手。
これを使って浮遊大陸まで飛ばしてくれるそうだが、
帰りについては、ステスロスを自動操縦して帰るという方法があるらしい。

なんでも浮遊大陸のどこかに、そのリモコンとやらが眠っているそうだ。
それを探して、且つミロクから時空ワープを入手するのが大陸へ向かう目的である。

Saga3_95

というわけで早速浮遊大陸へジャーンプ!

付近のヤディスの村にて、情報収集。

ミロクは神々の山という場所を根城にしているらしい、
リモコンらしきものが、天空の遺跡にあるということで、まずそこへ向かう。
遺跡へ向かう途中、ハントクエも消化、空の荒野にいる巨大シグルズを相手にしたが
こいつは何気に手強かった。報酬としてダイヤの小手を2個入手、ありがたい。

天空の遺跡へ。

Saga3_98Saga3_99

この遺跡内部で常に水が流れあふれている。

ここは水の流れで動きにくくエンカウントになりやすい。
ハーピーの子守唄などが面倒。

Saga3_99_2

肉を食べてヤリイカ→サラマンダー変異種に進化したポルナレフが
そこそこ活躍する場面も。

地下1階MAP右下から右側フロアへ。
そこから地下へと進んでいく。
天空という名前だが遺跡である以上地下へ進むのがお約束なのか。

道中、バズーカ、サブマシンガン、火炎放射器といったメカ専用の銃器がある。
メカを使っていない自分にはあまりいらない代物だったが・・。

とりあえず取れる宝箱は回収していったが、
地下3階から途中地下4階へ向かうフロア、水の流れが急で宝箱が取れない場所があった。
あこどうやって取れるんだろ。

結局それが取れないまま、そのまま奥へ進みリモコンを回収する。

Saga3_100

お次は遺跡から東、中央峠を通って神々の山へ。
ここからは少々長くなるので
山に入る前は武器やアイテムの調達などはしっかりしておく。

Saga3_101Saga3_102

地形が入り組んだ場所、回復ポイントがあるので、余裕がなければ活用。
道中、エリア4にてスイッチがあるが、押すとモンスターが出現。

山の奥へ進むと頂の塔へ。

Saga3_103

ここはただひたすら、同じフロアを登っていくだけ。
当然モンスターも湧いているが、かたまっている時もあり
チェーンも発生しやすい。

あまり連続して戦いすぎると、武器などの消耗度が激しくなり
後々大変なので、その辺の配分考えながら進んでいく。

それ考えなければならないほど、この塔では長い階段を突き進んでいく。

Saga3_104Saga3_105

この辺から、ラミアやシャドウが出現する。
ラミアとか出てくると気が引き締まるな。
メイン武器の配分を考えていた事もあったが
弱めの武器でチクチク攻撃して能力値あげながら進んでいた。

Saga3_106Saga3_108

登る途中でイベント発生。
落とし穴のトラップに掛かるデューン達。
唯一落ちなかったディオールは一足先に頂上へ向かい、ミロクに対決を挑むも・・。

一方デューン達は7F付近から再び上へ登っていく。

Saga3_109Saga3_110

頂上には、一足先にやりあっていたディオールとミロクの姿が。
何やら自分に手を出すと、異世界にいるネメシスの首が飛ぶと
人質を盾にしているため、苦戦している様子。

だが、人質といっても、その場にいるわけでもなし
連絡を取られる前に片づけてしまえばいい、という
ポルナレフの案で強行的に戦闘開始される。
全く勇ましいこって・・。

ミロク戦。

Saga3_111

パワーナックル、パワースマッシュ、ブリザラ、子守唄、召喚など。

ミロクは華奢な体のワリには、パワーナックル、パワースマッシュといった
近接主体の攻撃が多い。

Saga3_112

まともに食らうと200以上のダメージになるので
ミロクより先手を取りつつアビスショットなどでちからダウンさせておくと効果的。

子守唄(睡眠)はコーヒーがあるといいが、
この段階に入ると、再生の魔法辞典の熟練あげてエスナ覚えさせておいた方が無難。

他、ハーピー、ラミアを召喚してくる。
召喚されたら異常攻撃が面倒なので先に片づける。

Saga3_113

近接攻撃で前半こそ回復に回っていたが
その後は4人連携も次々と決まり、ミロクを撃破することに成功。

ミロクからステスロスのパーツ、時空ワープとスカウトシステムを入手する。

Saga3_114Saga3_115

目的を達成したのでリモコンでステスロスを呼び出し帰還する。
ミロクにより深手を負わされたディオールだったが、自分も異次元へいくとついてくることに。

こうして一行はステスロスに乗って、異次元へと向かっていった・・・。

Saga3_116

ということで次回は異次元編をお届け。

|

« 過去の世界へ~フレイヤ救出など。 | トップページ | 異次元へ・・・~パゴス戦。 »

NDS『サガ3 時空の覇者 Shadow or Light』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。