« ひたすら駆け抜けたモーヤの塔40F~90F。 | トップページ | ここに水瓶置いていきますよ。 »

激闘!シャザール戦~二ノ国総括。

二ノ国 漆黒の魔導士。

モーヤの塔攻略もいよいよ終盤へ。

90Fまで完成させると、新たな合成レシピを貰える。

Nino_386

ゴッドフリード(ちから&わざ+100)、おそらくこれが最強の武器か。

スターゲイザーは、ほしのしんじゅを確保できていれば
さほど作るのは難しくはない。

面倒なのは後者2つ、しんじゅうのつのとぶしんのまさかり。
敵でドロップするものもいなければモーヤの宝箱でもお目にかからない。
つまり合成で作れと・・。

しんじゅうのつのは、しんりのまきものx3、げっこうのかけらx10、せいじゃのひとみx30
ぶしんのまさかりは、まじんのまさかり、じゃしんのひとみx3、アイアモンドx50必要。

ひとみ30個、ましてやアイアモンド50個も集めろとか何の冗談だ・・。
それに使うぐらいなら別の合成に割り当てた方がいいような気もする。

それ以前に塔自体もまだ完成していないので
さっさと残りの階層を作っていく。

ボス2体から入手した、モーヤのかけら2つを使って
ダンジョン95階を完成。

96階ではしんぴのよろい、99階ではようせいのローブを使う。
ようせいのローブに使うししゃのころもは合成でも作れるが
死者の湖にいるフシギーノが稀に落とす。

そして100階。

Nino_349

これはミラントから貰ったモーヤのカギを使う。
いよいよこれを使う時が来たか・・・。
長かった素材集めもようやく終わり、一息つきながらも
いよいよモーヤの塔を完成へ。
最後の素材をファーザーちちに託し、ダンジョン合成・・!

Nino_350Nino_351

ダンジョン100階を完成させ、モーヤの塔を完成させる。
おぉぉぉ、ここまで長かったぜ。
画面に収まりきらないほどの天辺まで聳え立つ巨大な塔がついに完成した。

これだけでも十分達成感はあったが、まだやるべき事が残っている。

それをやるためにダンジョンの頂上を目指すオリバー達。

Nino_347Nino_348

90F以降のダンジョンは非常に広い。
下手に迷ったりしていると1階上がるまで、30分~1時間近く要する。

敵もかなりタフになってきた。
ユウマのママは非常にHPが高いが、
弱点は炎、イデオ(ポニョン)のフレアブラスト攻勢で退けていく。

80F以降は、ほとんどこのフレアブラスト頼み。
MPに関しては、はじゃのかめん装備でMP回復させているので問題ない。
ブラストで敵を弱らせて中衛からチクチク攻撃して倒すというパターンが多かった。

1階層登るのに、大体20分弱ほど掛かっていたが、
せっせと登りながらも95Fへ到達。

95Fのボス、ドラクーン。

Nino_352

りゅうのがんこう(全体、こんらん付加)、てんのいかり(単体、キャンセル付加)。

全体攻撃こそ仕掛けてこなかったが、厄介なのは、りゅうのがんこうか。
初見でいきなり前衛のブロッケとツゥがこんらん、ブロッケが勝手にツゥを倒してしまったりと
仲間割れが勃発する。

Nino_353

こんらん対策に、ばんのうやくか、クリスタルローブorせいれいのうでわ装備、
きつけのこづちも必須、用意しておかないと結構不敏になる。

こんな技使ってくることも知らずに、自分は対策もせずに
きつけのこづちだけで立て直していた。

全体技がりゅうのがんこうのみだったので、そこはうまく立て直す事が出来た。
そこが幸いだったな。

着々と追い詰めてはいくが、終盤がんこうで今度はペックがこんらんしたりと
ヒヤリとする場面はあったものの、ドラクーンを倒す事には成功。

むぅ・・まさか混乱が来るとは思ってなかったぜ・・。

耐性対策もせずに反省しながらも、残り5階の踏破を目指す。

Nino_354

96F以降はファン・フーが登場。
お、ツゥ(ファン・フー)のご親戚さんか。

迂闊に前に出ていると、普通の攻撃だけで400以上のダメージを貰う。
れんぞくぎりを使ってくるが、うちのメンバーでは
前衛に出して耐えられるものがブロッケとペックくらいしかいない。

中衛にいても、まもり340のシルクス(ホワイトウルグル)が
300近くのダメージを貰うからな・・。
れんぞくぎりだと500~600近いダメージを貰って、一発で瀕死かやられてしまう。
この親戚は中々手強かった。

他ではドラキュンのきゅうしゅうも300近いダメージ、HP300も吸収される上に
物理耐性も持っているので厄介なヤツだった。

95階以降は、運が良ければ5分も掛からずに次へ登れるが
長いと30分以上は平気で掛かるか。

Nino_355

つーか、なげぇんだよこれ。
外側の通路が無駄に長すぎる、どこまで走らせるんだと・・。

98階で1時間半もかけていたのは、オレだけでいい。

95Fから3時間近くかけて、ようやく頂上、100Fに到達する。

Nino_356

100F到達時のメンバーステータス。
主力のブロッケ、ペックは80F以降も頻繁に戦闘に参加させていたためLV80中盤。
ツゥ、シルクスは敵に応じて交互に使い分けてレベル70ちょっと。
イデオも毎回出していたが、伝説種の影響か他より伸びが悪め。
とはいえはやさ以外の各能力が普通に400以上超えているのが強みか。

ジジ(ニャック)も敵に応じて使い分けていたためレベルもそこそこ。
ただ、くやまれるのはニャイガーにしてれんぞくぎり+かくせいの火力を持たせたかった。
黒ネコにしてしまったのはちと後悔。

逆に塔の中盤まで頑張っていたルッチが終盤使わなくなったなぁ。
火系のモンスターには津波が有効だが、逆に火の攻撃で返り討ちにされるのが怖い。
80F以降は水系のモンスター相手にしても、ツゥ達よりは若干火力に欠けていた。
とはいえ、常に控えで経験値は入っていたのでLV86、後の戦いで起用する事になるだろうか。

もう一枚の壁役にとロダン(シュタイン)も育てていたが、こいつも思ったほど
能力の伸びはよろしくなかったので、交代枠にも入らずにお蔵入り。

・・・というメンバー事情で、100階に到達したオリバー。

そこで待ち構えていたのは・・・・。

Nino_357

少年の手にあった伝説の杖・グラディオンが反応する。
まるで中央で座っているその存在に反応するかのように。

嘗て危険な存在として、神々の手によって封印された、忘却の神・魔導王。

Nino_358

1000年の時を越えて、その封印が解かれる・・・!

オリバー達の、最後の闘いがはじまった。

魔導王シャザール。

Nino_359

1ターン目は通常攻撃から入るシャザール。
これはペックの挑発でカバー。
ダメージ自体はたいしたことはなかったが、
状態異常付加らしい。

2ターン目から全体技を使ってくる。
てんのらいめい(キャンセル付加)。

Nino_360
これを幸先よくかわし、かくせい、きあいで攻撃準備。

3ターン目、さばきのあらし(キャンセル付加)。

Nino_361
前線にいたツゥ、ブロッケがダメージ。
風属性らしく、弱点だったツゥが650のダメージを受け瀕死状態に。
それでも攻撃をかけ、合計2000近いダメージを与える。

4ターン目、だいちのいかり(物理系)。

Nino_362
これをもろにあびてしまうメンバー。
前線にいたブロッケが800ダメージ、
ツゥも回復間に合わず700近いダメージを受けてノックアウト。
唯一ペックが200ちょっとのダメージで済んだので
次ターンでメンバーを復活させる事に。

5ターン目、おおつなみ。

Nino_363Nino_364

ペックがてんのいぶきで、ふたりとも復活させるも、
中・後衛範囲のおおつなみでツゥが再び撃沈。
ペックも瀕死状態となるも、ブロッケがせいなるわきみずで回復。

6ターン目、しんぴのほのお。

Nino_365
炎系ダメージ、ブロッケに炎耐性があるため
前ターンの回復をチャラにするだけのダメージで済んだ。
直後にペックがやくそうのエキスでブロッケを全快。

7ターン目、ぜったいれいど。

Nino_366
今度はブロッケの弱点である冷気の攻撃。
まるで狙い済ましたかのように標的定めてくるな・・・。
一撃でやられてしまうんじゃないかという不安はあったが
650ダメージを貰い、幸いHP700以上のブロッケは生還。
あぶねぇぇ、前ターンで全快させておいてよかった・・。
このターンでツゥも復活させる。
2ターン目以降、こちらの立て直しばかりで攻撃もままならない。
そろそろ反撃といきたいところだが・・・。

8ターン目、みちびきのこえ。

Nino_367

全体こんらん付加の技を使ってきた。
ぐあぁぁ・・ここへ来てまた混乱かよ。
またしても耐性装備付け忘れてしまった。
全員がこんらんしてしまう。

ブロッケが、自分の手で復活させたツゥを
再び攻撃してノックアウトさせる、なんてこった・・。
ペックはシャザールを攻撃するも、攻撃装備がない分
ダメージが100ちょっとだった。
とはいえダメージ入れたの久々なんじゃないか・・。
このターンでペックは自動でこんらんを回復。

9ターン目、シャザールは普通に物理攻撃(石化などの状態付加)。
ペックに50ダメージと、これは挑発していれば問題ないが
それ以上にこいつは全体技が頻繁、状況に応じて挑発を使えればいいが・・。。

10ターン目、シャザールは再びてんのらいめいを使ってくる。
この全体技のオンパレードは確かに面倒ではある。
だが、もしかしてパターンがあるのではないかと、各ターンごとに
配置替えを決行。

シャザールは初回、てんのらいめい→さばきのあらし→だいちのいかり
→おおつなみ→しんぴのほのお→ぜったいれいど→みちびきのこえと使ってきた。

各技の攻撃範囲をメモしながら、配置を変えていくと・・・。

シャザールはその通りに全体技を順番に使ってきた。
もし順番を変えずに来るなら、物理攻撃以外の技を一切貰わなくなる。

これならいけるんじゃないかと、
メンバーを立て直し再び攻撃を仕掛けていく。

だが、やはり面倒だったのはみちびきのこえ。
予想以上にシャザールのHPを削っていくため、
みちびきのこえ前になんとか倒そうとやっきになっていたが、間に合わず。
結局ブロッケが混乱して、またツゥを攻撃したりと・・。

Nino_368

一旦その場でやられてしまうと、配置換えが出来ないため
復活させても全体技を受けて結局やられたりで
立て直しも中々難しかったりする。

シャザールが全体技3巡目に入った頃には既に瀕死の状態。
おおぶりぱんちやかみつきでトドメを刺そうとするがミスの連発で思うようにいかず。
それがぜったいれいどのターンまで続く。

倒せなければ次ターンでみちびきのこえを使われてしまう。
それだけはなんとしても避けたかった・・・が。

Nino_369

最後の一発を決めた瞬間、シャザールから閃光が放たれる。
これで勝負ありか・・・!と思いきや・・・!?

Nino_370

シャザールはそこから真の姿を現した。
まずいなこれは・・さっきのが最後かと思って回復怠ってしまった。

変身後のシャザールは、先ほどと同様の全体技を使ってくるが
今度はパターンがなく、技自体もランダム。

そのため、連続してだいちのいかりを使ってくることもある。
パターンも読めないまま全体技を浴び続けるのはかなりきつい。

Nino_371

攻撃役のブロッケ、ツゥがだいちのいかりで再三やられてしまう。

ペックを軸に、オリバーを投入して何とか立て直すも、
全体技の予測がつかない上に、立て直したところでみちびきのこえ使われてこんらんしたりと
シャザール変身後は攻撃もままならない状況が続く。

Nino_372

せっかく立て直しても全快するまでに全体技を食らって死んでしまう。

これでは回復アイテムやMPだけを消費してジリ貧。

幸いにもシャザールが小休止なのか4ターン連続通常攻撃の間に
メンバーを立て直す。なにかいい策はないかと考えた末・・。

Nino_373

まず全体技で一番危険なのがだいちのいかり。
そのためそれだけは食らわないようにこの配置に。

メンバーをツゥ→シルクスに変える。
これはつなみやれいきなどの水対策。
ブロッケが食らう分、こちらは被害を最小限にしてブロッケの回復に回ればいいと考える。

Nino_374

てんのらいめい、さばきのあらし、おおつなみは
いずれもダメージ200~300ほどだが、せいなるわきみずでダメージ分は取り戻せる。
つなみだけはブロッケが弱点なため、600近いダメージをもらうがギリギリ耐えられる範囲。
やくそうエキスで全快させる。

らいめいとあらしだけはキャンセル付加なので
先にこれをやられてブロッケの行動が度々キャンセルされてしまう事も頻繁だった。
これは仕方ない。

ぜったいれいどだけはブロッケがもらう形となるが
ブロッケを一歩出していたのは、かくせい+おおぶりでダメージを与えておきたかったため
こころなしか後衛にいると、結構ミスりまくるので・・。
そのせいか後衛にいるシルクスもかみつきでミスを連発する事が多かった。
おおぶりの大体当たるのは5割の確率。
これはシャザールの回避率もそこそこ高いせいなのだろうか。

あたれば、かみつきで500、おおぶりで700ほどダメージを与えられるが
ミスの連発、度々キャンセルなどで、この戦闘はかなりの長期戦となった。

20個近くあったせいなるわきみずも残り2個に。

Nino_375

こちらは度重なる攻撃に耐えつつも、
着実にダメージを与え続けシャザールを瀕死の状態に追い込んだ。

あと少しだ・・・。
だが、ここからシャザールはまたもみちびきのこえ。
ここでペックがこんらんしてしまい、
次ターン、回復できぬままシャザールに先手を取られてしまう。
ぜったいれいどでブロッケが撃沈。

Nino_376

こづちでペックを元に戻すもピンチの状態は続く。

ペック、シルクスとも相当ダメージをもらっている。
だが、それは向こうも同じ。

ブロッケを生き返らせるよりはこのまま攻勢をかけることに。
ペックは残ったわきみずで回復、そしてシルクスの攻撃に全てを委ねた。

Nino_377

シャザールがまたもみちびきのこえを使う。
おまえしつこいんだよ・・・!!
こういう時に何故耐性装備をつけていなかったのか悔やまれる。
だが、幸いにも今回は二人ともガード。

一方、シルクスのかみつきはまたもミス。
肝心な時に・・ほんとにツメが甘い犬っころだ。

これならメンバー変えようかとも思ったが・・次ターン。

シャザールがさばきのあらし。
これをなんとか耐えた後、シルクスの攻撃。

Nino_378

今度はうまく入った・・・シャザールに453ダメージ。

と、その時・・・。

シャザールの体内から閃光が放たれるや・・・・。

Nino_379
こうしてオリバーはシャザールとの激闘を制したのだった。

その後、邪気の消え失せたシャザールとオリバーの会話イベント。

Nino_380
シャザールの持つこの杖は「バルゼノン」といい、
グラディオンとは双子の杖らしい。

最初にグラディオンが反応したのはその影響だったのか。
その杖はオリバーに託される事になる。

バルゼノン、マジックマスターにかかれてある禁断の魔法。

Nino_381

最後のルーンを描き、バルゼノンを習得するオリバー。
なんでも強大な光属性のダメージを与えるらしい。
暗黒魔法のイーゼラーとは対となる存在か。

Nino_382

何故、彼は神になろうとしたのか。
そのようなことは他人はおろか、本人すらも忘れてしまったという。

所詮忘れてしまうようなくだらないことだったのか、定かではない。
だが、それも全てオリバーが忘れさせてくれたのだとシャザールは締めくくる。

シャザールは自分の影をその場に残した。
魔法の奥義を極めんとする者達のため、これからも立ちはだかる壁として・・・。

こうしてシャザールは魂となり、天へと還っていく。

ミラントをはじめとする長年の賢者達の悲願を達成させたオリバー。

自分達を待ってくれる者達がいる。
さぁ、帰ろう。みんなのもとへ。

その後はスタッフロール、この二ノ国の主題歌いいなぁ。
買っちゃうかもしれん。

Nino_383

クリア後データをセーブすると☆マークが2つになる。
これは最大いくつまで☆がつくんだろう。
わからんが、他にも追加要素があるんだろうか。
配信クエストも毎週配信されているが
とりあえずシャザールを倒し、目標を達成したので
ここらで二ノ国の総括。

LEVEL-5とジブリの協力製作のRPGだが、
結果的に、十分楽しめた作品だった。

ストーリーはジブリ風に子供向け、フィールド移動やシステムも
一昔前のRPGをプレイしているような印象だったが、
飽きることもなく、コツコツ楽しむ事が出来た。
イマージェンの育成がワリと楽しかったが、
全体的に覚える技や数が少ないだけに、その辺個性にかける部分はあった。
対戦モードが用意されているが、配置換えなどで戦略性があって面白そうだな。
また暇な時にでもやってみることにしよう。

最初こそマジックマスターでルーンを調べながら進めていくという仕様に抵抗はあったが
慣れればそんなもの。
今では本を捲って世界観などを調べたりするのが、ワリと面白かったりする。

ただこの仕様は携帯でやるのは勿体無かったな。
どちらかといえば据え置き向け。
PS3版でも二ノ国が発売されるようで、そちらに本腰を入れてほしい。

本編もクエスト含めて30時間以上とボリュームはあったし
やりこみ要素もあったので不満な部分はなし。

ワリとクイズ形式で頭使ったりする分飽きることなく楽しめたな。

DSのRPGとしては良作であった。

続編が出たらやりたい・・というかPS3版も買っちゃいそうな勢いだな。
結構面白いので、本で調べるのに抵抗さえなければこのゲームをお勧めする。

最後は究極魔法バルゼノンで〆!

Nino_384Nino_385

さて次なるゲームが俺を待っている。
時空の扉を開こうか。

|

« ひたすら駆け抜けたモーヤの塔40F~90F。 | トップページ | ここに水瓶置いていきますよ。 »

NDS『二ノ国 漆黒の魔導士』」カテゴリの記事

コメント

光の甲羅がドロしません
46~51階を三往復しても出ないのですがどうしたらいいでしょうか?

投稿: M | 2011年7月30日 (土) 17時40分

> M

何か勘違いしているようなんで一応コメント。
ひかりのこうらは敵からのドロップではなく、宝箱での入手。
確実に入手できるわけではない。40F以降で入手できるのでそれ以外の階層でも調べてみたら。

こればかりは運としか言いようがない。

投稿: NOB蔵 | 2011年7月30日 (土) 21時23分

夢の世界のライリーンって、どのように倒せばよいのでしょうか?

何回やっても倒せません。

投稿: H | 2011年8月 3日 (水) 11時20分

ちょっと質問コメント見たからといって、次々質問してくる流れ、
以前も経験してるけど、ハッキリ言ってウザイんだが。
ここは質問掲示板じゃねえんだよ。
失せろクズ。

投稿: NOB蔵 | 2011年8月 3日 (水) 14時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« ひたすら駆け抜けたモーヤの塔40F~90F。 | トップページ | ここに水瓶置いていきますよ。 »