« ゴロネール王国中心に。 | トップページ | デカロック山~デル・モカール編。 »

ババナシア~精霊の神殿。

二ノ国 漆黒の魔導士。

ゴロネール王国にて魔導士の杖を入手したオリバー。

新たな杖を入手した事で、新たな魔法をいくつか習得できるように。
マジックマスターP41のスピリトークは、彷徨う魂と会話出来るようになる。
ゴロネール広場東の墓にいる魂と会話。

Nino_33Nino_34

このミラントのクエストはマジックマスターで調べないとクリアできない。
ページに記載されている絵に関する3択クイズや、
本に載っているアストラム言語対応表を使って
他のページにあるアストラム言語を解読していく問題などが用意されている。

言語の解読がちょいと面倒だな・・。ページめくり返しながら調べてたが。
言語の文字列なんて全部覚えられるわけないし、

クリアするとミラントは失った記憶を取り戻すため、別の場所へと移動する。
砂漠とか言ってたので次は南のババナシアか。

こちらも賢者ソロンに会うために南のババナシア王国へ向かう。

その途中、モエールの森を通ることになる。

Nino_35Nino_36

でかいキノコが行く手をふさぐなど、
森の植物が異常に発達しているため、原因を調べることに。

この森に出没するウリボンはぶちかましが強力。
縦一列で配置して後衛を守りながら戦う。
オドロキソウの回復も面倒なので先に倒しておく。

Nino_37

森の南西へ向かうと、イマージェンの卵を見つけるイベント。
南の奥へ向かうと森の泉を発見。

ときよもどれ(P36)、マッハさいばい(P33)のルーンを描いて
泉を元の状態に戻す。

その後、森の守護者ホーンタウロスと遭遇。
先ほどの卵から孵化した新たなイマージェンを仲間にして戦闘に入る。

Nino_38Nino_39

ホーンタウロス戦。
物理攻撃と横一列攻撃だいせつだんを使う。
縦にばらける陣形で対処。

風に弱いので、ミルコから貰った鳥のイマージェンを参加させておくといい。
ナイスポイントを溜めて、だいせんぷうで撃破する。

Nino_40

森を元に戻したら南に抜け、砂漠地帯へ。
ババナシア王国へと向かう。

この国はババナという名産のフルーツで交易が盛んな国。
ソロンのついて聞いてみると、何やらババナ売りをしているという事で
そこへいってみる。

Nino_41

ババナ売りもとい賢者ソロンとご対面。
早速魔法を教えてもらおうと頼むが、本人に断られる。

嘗て、ソロンもジャボーと戦いを挑んだが、
そのせいで娘のマルがヌケガラビトとなってしまったようだ。

心のカケラを探す事になるが、
マル自身が心を閉ざしているため、心の輪郭が見えない。

シズクの話では、彼女が心を閉ざしているのは
オリバーの世界で魂の繋がりがあるもう一人に原因があるのでは、ということで
一ノ国へと戻る事に。

マルと顔が似ているのは、
いつも窓からこちらを見ている金髪の少女。

街工場区から住宅街へ向かい、シェリーの家に向かう。
扉が閉まっているのでアンロックを使い、中へ。
・・って、これ不法侵入ではないか。

Nino_42

シェリーとご対面。
彼女は自分が病気だというが、
シズク曰く、表面的な病気にはかかっていないそうだ。

住民の話を聞くと、この家は両親の仲がよくないらしい。
父親のクロードが働いている、南の工場地区へと向かう。

Nino_43

ソロンと顔がそっくりなクロードを発見。
妻レイシルがお弁当を持ってくるが、すぐに追い払ったりと様子がおかしい。

黙ってみていると、クロードの体から黒いモヤ・ナイトメアが発生。
そのままクロードメアとの戦闘に入る。

Nino_44

クロードメアは、ヤミヤミというT方向の暗闇技を使う。
アイテムで治しながら、前衛物理、後衛は魔法や技で攻めていく。
レベル10ちょっとあれば、余裕で倒せるか。

Nino_45Nino_46

ナイトメアを追い払い、レイシルからやさしさの心を分けてもらう。
それをクロードに与えると元に戻る。

シェリーの家に戻るとイベント。
シェリーが家から出ることを拒んでいたのは
両親がいつもケンカをしているため、唯一の繋がりである自分が外へ出てしまうと
両親の仲が断ち切れてしまうのではないかという恐れだった。

だがオリバー達のおかげで両親も仲良くなったことで問題が解消され
シェリーも勇気を出して、外へと出られるようになった。

そんなシェリーから勇気の心を分けてもらう。
二ノ国に戻り、マルにその心を与えると・・・。

Nino_47

心を閉ざしていたマルも元に戻る。

ソロン自身も、本来自分のやるべき事を思い出し、
オリバーに協力してくれることに。

ババナシアではババナが盛んではあったが
最近、デカロック山の噴火のせいで取れなくなってしまったそう。

更に山の途中にはイマージェンの力を引き出すという「精霊の神殿」があるそうだ。

ババナシアから西のデカロック山へ向かうことに。
ここでマルとイマージェンのセバが仲間になる。

ソロンから新たな魔法、せいなるや(P53) 衝撃破(P51)を教えてもらう。
ルーンを描いて習得。

山へ向かう前にクエストが追加されているので、こなしておく。

Nino_48

街の西通路にミラントがいるので会話。
アストラム語・・どこに書いてあるんだと思ったら
ページの左下隅に小さく書いてあった・・まったくわかりにくい。

その指定されたモノを調べると、ふうすいのリングが手に入るので
それをミラントに見せればクリア。

ミラントは次なる目的地、海の近い場所へ向かっていくが、
こちらは対照的に山へと向かうことに。

途中でなくなっている橋は、みえざるみちのルーンを描いて進んでいく。

Nino_49Nino_50

デカロック山に到着、ひたすら登っていく。
この辺は火属性の敵が多い。
火の対策がろくにできない序盤なので、
やられる前にセバのビリリで攻撃キャンセルしたりで凌いでいく。

山の中腹へ向かうと分かれ道。
試練の洞窟へ向かうかそのまま山頂へ向かうかの選択。

勿論鍛えてから行こうということで、試練の洞窟へ。

Nino_51Nino_52

洞窟前へ向かうも入口が閉ざされている。
丁度苛められているイマージェンを助けてから洞窟前へ向かうとイベント発生

鳳凰の石像が語りかける。
ここでは洞窟の試練をクリアして5つの紋章(玉)を集める必要がある。

先ほどのイマージェンを助けた事で、勇気の玉を入手。
洞窟内へと入っていく。

入って右の通路、右下へ進んでいった先に石像。
友情の試練。

Nino_53

オリバーとマル、交互に操作、
門の目に対応したスイッチを押して、交互に進めていく。
最終的に2人ともゴール地点に辿りついて2つのスイッチを押せばクリア。
最後のオレンジと紫がちょっとややこしかった。

Nino_54

入口から右通路を通って右上へいくと石像、知恵の試練。
最初はアストラム言語を見ながら、対応した魔法を唱えて扉を開く。

続いて4つの石像がある間。
ここは右上の鳳凰の石像がヒントを教えてくれる。

犬→鳥→牛→竜の順で対応したルーンを描けばOK。

鳥と竜がちょいとわかりづらいか。

鳥の悩みを聞く、つまり話を聞く必要がある。
竜の縛っている鎖・・・鎖は南京錠がお約束?

洞窟入口の十字路から左の通路へ。

階段のある場所はトラップがああるので浮遊のルーンを描いて進んでいく。
その先に勇気の試練。

Nino_55

左右から壁が迫ってくる。
制限時間30秒、中央の壁に描かれている模様と同じ模様の床に待機していればOK。

4つの試練をクリアして、最後は中央の通路から、力の試練へ。

Nino_56

力を試す・・ということでボス戦に入る。
バラゴス戦。

魔法を封印するふういんを仕掛けてくる。
X方向にみだれぎり。
HPが残り少なくなってくると、
十字方向のじゅうじぎりとパターンを変えてくる。

バラゴス自体は氷属性に弱いので、とにかく氷結で攻めていく。

オリバーのきたー!が来たが、必殺技は相変わらずファイアストームのみだった。
氷系の必殺技はないのか・・。

バラゴスを撃破し、5つの試練を全てクリア。
精霊の祭壇へと足を運ぶ。

Nino_57

嘗てソロンも世話になったという仙人ポコロとご対面。
ポコロはイマージェンに関していろいろ教えてくれる。

マルが精霊のハープを入手、
戦闘中にハープの音色を聴かせることで
イマージェンを仲間に出来るようになる。

Nino_58

ポコロが飼いならしたイマージェンを一体仲間にする。
れんぞくぎりが使えるニャンを仲間に。
黒猫なので名前をジジにした。まぁジブリですからね。

更にここからイマージェンも進化できるようになる。
イマージェンによって特定のレベルに達すると
次のクラスにパワーアップできる。

進化すると、技を一つ覚え、更に装備できるアイテムリンクの枠が一つ増える。
火力的にはルッチ以外で問題があったので、これは助かったな。

各所に存在していた謎のマンホールは、イマージェンマンホールといい
イマージェンを預けておく場所らしい。
預ける数は有限でいっぱいになったら手放す事も出来る。

いろいろ仲間に出来るそうだから、苦楽を共にするイマージェンを選ぶ時は慎重に。
どんなヤツが使えるんだろう。
砂漠地帯のコッツ辺りが使えそうな気がするが・・。

というわけで今回は精霊の神殿までお届け。

|

« ゴロネール王国中心に。 | トップページ | デカロック山~デル・モカール編。 »

NDS『二ノ国 漆黒の魔導士』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。