« モーヤの塔へ突入! | トップページ | 素材集めがモーヤだ! »

パンドラリーグ、裏ファイナルカップなど。

二ノ国 漆黒の魔導士。

現在モーヤの塔のダンジョン作り。

ひたすらダンジョンを合成して上へと登っていくが、
その素材集めがかなり面倒。。
更に階層があがっていく度にその素材の数も増えてくるところが・・。
シャッフルで別の素材に変えて、ダンジョンを作っても
後々変えた素材が、上の階層でも必要となるため、
結局は収集しないといけない。
シャッフルで先に楽して、素材減らしていくと後々更に面倒になってくるな・・これ。

店売りしているアイテムはいいが、敵のドロップアイテムやら
必要数確保するのに時間を要する。

Nino_285

一応、ジャイロのぬすむで入手したり、
イマージェンにたつじんのさお(めいじんのさお、じゃしんのひとみ、ひかりのつばさ)
つけて戦わせているが
たつじんのさおって、レアアイテム入手率アップであって
普通のアイテム入手率はアップしないのか。
体感的にそれほど変わっていないような気もする。

ダンジョン49階の合成には、ひきカエルが必要になる。
聞いたことないアイテムだと思ったらカジノの景品かよ・・。
そんなものまで必要になるのか。

Nino_286

景品リスト見ても、?表示で乗っていなかったので
しばらくカジノで遊んでいた。
ブラックジャックやクラフターバトル、戦車ゲームやら。

コイン溜めていくと、景品リストも公開されるようになる。
一番たまりやすいのは戦車ゲームか?

Nino_287Nino_288

相手がジョーカーやキング持っていたら手ごわいが
予想引き当てながら確実に勝っていけば5連勝で4万くらいコインが入ってくる。

この戦車ゲームで何度か5連勝、コインがたまり景品リストが公開される。

ひきカエルってAランクの商品か、入手してさっさとモーヤの塔へ戻ろうと思ったが・・。

一つやり残した事があった。
それはパンドラリーグというイマージェン同士で戦わせるコロシアム。
メンバーも塔に登ってLV50まで到達していたので
ファイナルカップいけるかなぁとやってみる。

Nino_289

着々と勝負を制していくが。終盤で登場するジャイアイスに苦戦。
ジャイファイアーの時といい巨人系は苦手だぜ・・。

Nino_307Nino_290

巨人を倒すといよいよ決勝、因縁のニッキ少年が登場。
出してきたイマージェンは、上位クラス・・・?
にしては見たことないのばかりだな・・仲間に出来るのか?
ジェントルーはいやしのかぜで全体回復、
カプールはれっかぎりで横一線の攻撃、
キシドースはためるでわざ↑後、なんらかの技を使ってくるのかな。

とはいえ、こいつらもそれほど強くはなかった。
技使われる前に2ターンで撃破。

Nino_291

ファイナルカップを制すると、今度は裏ファイナルカップとやらに挑戦できるようになる。
今度の相手は賢者達、これは中々手ごわそう。

Nino_292

一回戦、グリフレイムはしゃくねつブレスが強力。
攻撃→ブレス→攻撃→ブレスと交互に使ってくる。

火耐性やタフさのある壁役、回復役、攻撃役を配置。

壁役は挑発で攻撃を受けながら、
回復役を守る、余裕があるようなら回復役は攻撃に回るのもいい。
グリフレイムは水に弱いので、
ブレスを受けない後衛は水属性ユニットでも配置して
ふぶきやアイスダストで攻めるもよし。

LV40後半ほどあれば、
火耐性のあるユニットなら前線に出てもブレスに耐えられるので
こちらは物理攻撃を仕掛ける。

自分はブロッケ(ブランボー)でかくせい+おおぶりぱんち。

二回戦のお相手はブヒーデン陛下。
こいつが用意したセキリュウもしゃくねつブレスとこれまた火主体の攻撃。
グリフレイムよりは若干攻撃力は高いか。

なにぶんブレスの間隔が短いので、回復も頻繁。
回復や防御でこちらの手数も少ないが、ブレスを受けてもめげない根性が必要か。

三回戦のお相手はサザラ。
以前ナイトメアの際に登場したパラフィムと戦闘に。

Nino_293Nino_294

ホーリーフェザー(ブレス系範囲、風属性)。
ホーリーフェザーはまともに食らうと150~250近いダメージ。
前線に出しておくと250近く貰うので、中衛ラインに配置して物理攻勢か
風耐性のあるユニットを前線において縦一列配置で攻めるか、
後者が一番被害が少ないだろうが、その辺はお好みで。
体感的に技自体はそれほど頻繁じゃないような気がする。
グリフレイムよりは戦いやすい相手だった。

Nino_295

三回戦を終えると、精霊の神殿にいたジョーシュとポコロが登場。
これまた手強そうなイマージェン用意してそうだな・・。

四回戦はジョーシュがお相手。
自身がえげつないイマージェンと呈した通りの見た目、クラゲリラと戦闘。

Nino_296

スパーク(全体)、せきかブラスト(石化付加)。
スパークは地味に痛いがキャンセル効果があるので、
はやさのあるイマージェンで、なるべく先手をかけるように。

せきかブラストは耐性装備つけたイマージェンを前線に出しておく。
この辺もちょうはつやおとりガードがあるとベスト。

五回戦の相手はポコロ仙人。
いかにもゴツいイマージェン出してくるだろうと思ったが、
実際登場したのは・・・。

Nino_297

ところがこれが中々凶悪だったりする。
ガリピヨなので攻撃とすなかけしかしてこない。

まもりの高いイマージェンで挑発しておけば耐えられる範囲だが
一歩でもタゲが外れて前線のユニットに攻撃をかけられると200近いダメージを受ける。

結構集中的に貰うので、たちまちやられてしまうことも。

きちんと挑発しながら回復させておけば、大丈夫。
このガリピヨどもは地味にHPも高かった。1体2000くらいか?
思いっきり見た目で惑わされてしまった・・。

Nino_298

これを終えると、再びニッキ少年が登場。
なんでも伝説のイマージェンとやら連れてきたそうだ。
自分の手に負える相手ではないらしい。
そこまでして挑んでくるとは・・相当オリバーの虜になってるな。

Nino_299

ガオーシャン戦。
つなみ、やせいのおたけび等の全体攻撃が主体。

普通に物理攻撃も痛いので、ここでも挑発要員は必須。

Nino_300

水耐性のあるイマージェンがいいが、自分はここでもブロッケ(水弱点)を起用。
なんとか追い詰めるところまでいったが、つなみのクリティカルで撃沈。
後一歩というところで・・・それでも残りの面子で撃破に成功。

Nino_301

これを終えると、いよいよ決勝戦。
パンドラリーグの主催者であるドン・ガッポリノが相手となる。
ニッキ少年の父親なんだそうだ。
あのガオーシャンも父親から貰ったものだそうで、
それよりも強力なイマージェンが出てきそう。

決勝、サムンダラ戦。

Nino_302

攻撃を挟んで、みだれぎり(×方向)、じゅうじぎり(+方向)の
技を仕掛けてくる。

Nino_303

挑発要員は後衛に待機。
技回避のために、常に陣形を変えて対応。
みだれぎりを結構多用してくるかな。
後衛は中央に待機していると、この技は食らわないので
物理攻撃とじゅうじぎりのみ受ければいい。

HPが少なくなってくるとじゅうじぎりもそこそこ使用してくるようになる。
どちらの技にしても物理耐性なし、
まもり200ちょっとだと前衛300以上、中衛は250前後のダメージといった所。
陣形ミスって食らってしまったら即座に回復。

ワリと堅い相手だが、攻撃パターンが読める分まだ戦いやすい。

HPが残り少なくなったら、挑発要員も攻撃に回り一気に仕掛ける。
ペック以外瀕死の状態だったが、なんとかサムンダラを撃破。

Nino_304

サムンダラ戦を終えると、主催者であるガッポリノの正体と
このパンドラリーグの起源について教えてくれる。

その昔、大いなる魔法の力で世界を支配しようとした魔導王シャザール。
1000年前、神々の手によってシャザールは封印された。

だが、シャザールの神々に対しての怒り、その力により封印は徐々に薄れ
1000年後にその封印がとかれてしまうことを予期した古代のアストラム族が
シャザールに対抗するための賢者の育成場として、このパンドラリーグを建設したのだそう。

そしてこのガッポリノ自身はサザラ達と同じく「賢者」であり、
彼もまたシャザールに対抗するための戦士を見つけるために
莫大な資金を投じてこのパンドラリーグを復活させたのだとか。

ただのガッポリノの娯楽とばかり思っていたが、
そんな背景があったとはな・・。

Nino_305

ガッポリノから、このリーグと同じ名前である「パンドラ」を手渡される。
このチケットを精霊の神殿にいるポコロに渡すと、
イマージェン・パンドラを仲間に出来る。
イデオと命名。

試しに育てている最中だが、こいつは主に技主体。
フレアブラスト(MP24)は強力な火炎攻撃、
能力としてはMPの伸びが速く、ちからやまもりなどの能力値も
他のイマージェンよりは伸びが速く、わりとバランスよく上がっている印象。

Nino_306

一方で、HPの伸びが非常に悪い。
レベル21まであげた時点でマンドラに進化できるが、この時点でまだHPが40とか・・。
こいつはちからもあるので物理攻撃にも適しているが、
HPがしょぼい分、常に後衛から魔法でチクチクやるパターンか。
前回攻撃要員として仲間にしたシルクス、ツゥと共に育成中。

素材がある程度揃ったので再びモーヤの塔へ。

35階のボスを相手にするが・・・。

Nino_308

またしてもサムンダラが相手。またこいつかよ(w
能力的にはガッポリノのサムンダラと変わらない。
攻撃方法も前と変わらないが、じゅうじぎりも初回から使ってきたような印象。

倒して更に上の階層へと進んでいくが・・。
うーむ、上の階は裏ファイナル以上のボスが待ち構えているのか・・。

ここからが真の本番といったところかな。
モーヤの長き道のりはまだ続く・・・。

|

« モーヤの塔へ突入! | トップページ | 素材集めがモーヤだ! »

NDS『二ノ国 漆黒の魔導士』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。