« パゴスの迷宮~地下世界編。 | トップページ | 2週目、序盤のフリーシナリオ中心に。 »

コマンドの町~ラグナ戦。

サガ3 時空の覇者 Shadow or Light。

地下世界を抜け、ようやく地上を抜ける一行。

そこはゴート地方で唯一つの町、コマンドの町。

Saga3_188Saga3_189

MAP左上の家に入ると、神器探しの親子を発見。
父親に聖剣が必要なのだと話すと、神器の一つ「剣」をくれる。
悪いねぇ、おたくらの神器探しもこれでピリオドだ。
神器の旅が終わった事で、また新たな冒険に出かけるのか窓からいなくなる親子たち。
ふくめんとか、またなついネタを・・。

これで勾玉、鏡、剣の三種の神器が全て揃った。
ただ外に出ても結界が張られているためステスロスは呼び出せない。

結界を解除するには、どこかにある結界発生装置を破壊する必要があるが・・。

Saga3_190

親子がいた家の近くにて、消息を絶っていたボラージュを発見する。
デューン達も見ても知らない様子だったが、
実際タイムマシンで赤ん坊だったデューン達を過去に送り届けた人間である。
軽い自己紹介、ネメシスを救出した事も告げる。
一方でボラージュは結界の発生装置の場所を突き止めていたようだが
装置のある結界の遺跡にてボルボックという輩に返り討ちにされたそうだ。

ダメージを与えても倒す事が出来ないらしく、その原因は結界装置にあるとかで。

ボルボックの気を引き付けている間に
ボラージュが開発した高性能爆薬を発生装置に取り付け、
爆発させるという作戦をとる。

発生装置の爆破は自分達に任せ、ボラージュは一足先に、
ラグナのいるゴート山の調査へと向かっていった。

こちらは、氷河街道を抜けて結界の遺跡へ向かうことに。

Saga3_191Saga3_193

結界の遺跡。
階段を上り下りしたりと階層が入り組んだ場所。
シンボルの動きも早く、狭い通路間を通ることが多いので避ける事は難しい。

この辺に出没する、ヘルゴーストは即死付加の攻撃を持っている。
トランスレディやブラックドラゴンも500~600ダメージほど持っていく技を持っているので
最低でも防御70~はほしいところ。

HP900のポルナレフが二撃でやられることが多かったが、
適当に肉を食べたらキラービーの変異種に進化。
HP921→935、多少性能は上がったが・・。

Saga3_194Saga3_195

地下2階から左側の階段を下りると、そのまま
地下3階-1へといけるが、ここは金網の下のエリアとなる。
地下2階の右側の階段を下りた先には落とし穴がある。

ここから落ちると地下3階-2、金網の上のエリアへと到着する。
ここには闇の石や、ドラゴンリストがあるので回収。
MAP下側の金網にある穴から落ちて、地下3階-1へと下り、

右側の階段を下りて地下4階へと進む。

Saga3_196

地下4階、右側の階段を上った先に賢者の服。

左側の通路を抜けると、その先にボルボックが待ち構えている。

デューン達でボルボックを引き付けている間に
ディオールが装置に爆薬を取り付けることに。

ボルボック戦。

Saga3_197

毒の牙、石化ガス、誘惑、呪いの眼など各種状態異常の技を仕掛けてくる。
リボンや魂の勾玉があると防げるが・・これがなければエスナで回復。

一定数ダメージを与えてターンが経過すると、
戦闘が一旦中断。

Saga3_200

やはり、ボラージュの言うとおり、
装置を破壊しない限り、ボルボックは無傷のまま。
聖剣を持っていることに気づくと、自分達の首もろとも献上すると粋がっている。
はやく装置の方をしたい所だが・・・・。

Saga3_198

と、何故か、爆薬を取り付ける側のディオールがボルボックを挑発。
彼は爆発と同時に、ボルボックを巻き込むつもりのようだ。

アニキ!ネメシスを頼む!と言い残すと・・・。

Saga3_199

命を懸けて使命を全うしたディオールを愚かだというボルボック。
それを聞いたデューン達の怒りの反撃がはじまる。

結界が消えたことで着実にダメージを与えていく。

Saga3_201Saga3_202

連携技を次々と決める。
ドレインタッチ→無限の奇跡→サンダーボルト、途中天地創世発動!
ボルボック自体は、相変わらず毒の牙や石化ガスといった単発攻撃ばかりの中
こちらは連携技を次々と決めて、そのままボルボックの撃破に成功。

ボルボックを倒した事で、ステスロスのパーツ、飛行エンジンを入手。

爆発による煙の中、ディオールを探すデューン達。
彼はこのまま死んでしまうのか・・・。

Saga3_204

と・・驚くべき事に生きていたディオール。
これもサイボーグ手術の影響なのか。

幸い、命は無事だったが、
重傷を負っていることに変わりはなく、もう戦える状態ではないそうだ。
一方、ゴート地方の調査を終えたボラージュが代わりにメンバーに加わる。

Saga3_205

HP1360 武器や魔法も大体こなせる様子だが、
武器使えるワリには、種族がエスパーなので
攻撃させるなら短剣か弓が主体になるだろうか。
それ以前にフレアが使えるから魔法中心になるかな。

装置を破壊した事で、ステスロスの呼び出しが可能に。
最終決戦に向けて合成など、装備の準備を整える。

Saga3_206

三種の神器を入手した事で、
それをマサムネに渡すと、草薙の剣を入手。

ついでにヨルムンガンドの抜け殻で入手した村正の呪いを解くと、
聖剣「正宗」へと変わる。

これで4つの聖剣が全て揃った。

ウチの面子では剣と刀、両方扱えるのは
人間一筋で来たシリューのみ。
こちらに聖剣の全てを託す事になる。

この剣技に、残るエスパー達の魔法を組み合わせて連携決めてくれるといいが・・。

また、ゴート山から西の闇の洞窟には超合金が眠っている。
ナスの谷で入手した聖なるオイルと合わせて、これをズカウパに渡すと、
イージスの盾(回避率100%)を入手できる。

核装備も整え、いざ決戦の地、ゴート山へ。

Saga3_207Saga3_208

雪が積もる綺麗な山とは裏腹に、毒の沼を抜けながら進んでいく。
この辺に出没する敵は最上位のモンスターばかり。
狭い洞窟間を通ることが多い上に敵も多い分エンカウントは高め。

攻撃、魔法とも両方ともダメージをもらいやすいので
HP800~、防御80~、魔力60~はほしい。

それより少ないと頻繁に回復に強いられ、消耗戦を余儀なくされる。

エリア2、入口から上の行き止まりの発掘ポイントに強力な斧武器げんのう。
エリア3、MAP左上の宝箱にメビウスの靴。

エリア4へ向かうとイベント。
一見行き止まりの場所だが・・と、突然ステスロスが上空から現れ壁を爆破していく。
ステスロスが自分の意思で・・・!?と、ボラージュがその説明を入れる。

Saga3_209

ステスロスが、ジュピターの意思で動いているということか。
皆、滅びの未来を変えるために命を懸けている。

その気持ちに後押しされながらも、デューン達は奥へと向かっていく。

Saga3_211Saga3_210_2

エリア5からは、雪原エリア。
エリア5の一番北の採掘ポイントからオリハルコンを入手するが、
これはアイテムではなく武器、一応強力な短剣である。
そうとも知らずに頂上登るまで気づかなかった・・宝の持ち腐れ。
エリア6にはメビウスマスク。

多少広い場所に出るが、それでもシンボルの動きが早く追いつかれる。

モーンブレードやアンノウン、ギガウォームといった面倒な敵が多い。
全員、リボンや勾玉、○状態異常の特性をつけないと、頻繁に状態異常になる。

中でも一番面倒なのはエリア8か・・。

Saga3_213

この赤いマーク全て敵シンボル。

敵の位置がわかるというのは確かに便利ではあるが
避けられないので、戦わねばならんこと承知で
ここ通ることになるんだから、それなりに苦痛ではある。
逆にレーダー表示が仇となっているが・・そこは辛抱して登っていく。

エリア8ではそういうこともあってかなり武器や魔法を消耗することになるが、
エリア9に到達すると、中央に回復ポイントとリチャージポイントがあるのでそこを活用する。

エリア10は一本道、ここを通ると、いよいよラグナ城へと突入する。
え・・まだあるんかい。

Saga3_215Saga3_216

落とし穴の一つからラグナのところへいけるらしい。
ラグナ城、1階-1の中央には、そこへ通じるワープゾーンがある。
2階の穴から落ちてそこへ到達しろという事か。

1階MAP左上の階段から2階-1の通路を通る途中、スイッチがある。

これを押すと、2階-2中央の移動床エリアに変化が起きる。

スイッチを1回押せば、2階-2中央に、
1階のワープゾーンに通じる落とし穴が出現する。

Saga3_217

スイッチを押したら1階に戻り、MAP左下の階段から2階-2へ。
そこから移動床に乗って中央へと向かい、落とし穴に落ちれば、ワープゾーンへといける。

また、スイッチを2回押すと元に戻る。
元に戻さないと、取れない宝箱もあるので、
回収したいなら一度戻ってスイッチを押す。

Saga3_218

スイッチを押す前は2階-2の中央から3階へといける。
ここではロストアーマーやロケットパンチを回収できる。
そのまま4Fへといける階段があるが、崩れていて先に進めない。

スイッチ後、移動床エリアにてメビウスの盾(中央へ向かう途中の移動床からMAP下)や
リボン(スイッチ後、1階右の階段から2階の先)を回収出来る。

Saga3_219

中央のワープゾーンから地下1階-1へ。
地獄車、メビウスの小手などがあるので回収。

左側に3つの階段があるが、左の一番上の階段はそのまま城の外へ出てしまうので注意。
MAP左下の階段を進んで更に奥へ。

地下1階-2に、ソールの槍があるので回収。

更に階段へ進もうとすると、ラグナの手下である軍神ティールが待ち構えている。

Saga3_220

ティールはワイルドアサルト、ワームクラスター、スカイエッジ、
αウィルス(なんらかの異常付加)等等々。

防御80代でもワイルドアサルト、ワームクラスターは800代のダメージをもらう。
一撃で死なないためにもHPは900以上ほしい。

Saga3_221Saga3_222

しかも何気に堅いヤツ。
上位の武器技駆使してもダメージが1000届かない。
聖剣連携発動でようやく1000ダメージ超え。
ミリオンダラーや絶対零度など決めていくが、
こいつはHPが減ってくると補助魔法を使ってくる。
ただでさえ堅いのに、プロテス使われると厄介。

更にティールはマジックバリアで魔力を高めると
全体強力技・メザを使ってくる。

Saga3_223Saga3_224

どうなるかと思ったが全体400~600ダメージ程度で乗り切る。
受けるダメージ魔力に影響するのだろうか。
にしては何故か魔力90超えのミルフィーが一番食らっていたが・・。

ともあれ強力技を凌ぎきり、こちらは連携技で攻めていく。
その結果、ティールの撃破に成功する。

なんとか倒したものの、かなり武器魔法を消耗してしまった。
回復系の辞典はストックがあるが、武器の回数に不安がある。
一度ゴート山まで戻ろうかとも思ったが、そのまま進む事にした。

ラグナが最上階にて、復活の儀を終えているらしい。
あのソールの力を取り込むというアレか・・。

水瓶はソールでないととめることが出来ない。
急がねば・・。

奥へ進み、4階へ・・。

Saga3_225

そこには、ソール神が立っていた。
ラグナはというと、既にソールを取り込もうと体の中に入っているが
ソールがその意思を封じているようだ。

完全乗っ取られる前に、早く自分を倒せというソール。

ソールとの戦闘。
ソールは攻撃してこない。
こちらが一方的にダメージを与えるが・・ソールがやられる気配がない。
それどころか・・。

Saga3_226Saga3_227

ソールが耐え切れず、ついに不気味な物体へと姿を変えてしまう。

こいつが、水瓶を作ったというラグナか・・。
出てきたところで悪いが、未来を救うため、倒させてもらう。

ラグナ戦が始まる。

ラグナ(第一形態)。

Saga3_228_2Saga3_229

最初はダメージを与えて、生えている3本の触手を破壊していく。
一方ラグナは触手やハリケン(水属性全体)、マグマ(地属性全体)、
メザ(風?属性全体)、オーラ(全体火属性)で攻撃してくる。
主に各属性全体系の技を多く仕掛けてくる。
触手を破壊するごとに全体技のパターンがあるようだ。
ぬ・・わりと手強い。魔力低めのポルナレフとシリューがダメージをもらうのが気がかり。

ミルフィーが回復役に回りつつ、残る4人で連携を組み立てながら攻撃。
・・にしてもポルナレフ(べレムナイト)の動きが遅いのか、
うまく連携が組み立たずにもたつきがち。

Saga3_229_2
おまけに第一形態は防御力が高く行動も早い。
こちらはデューン、ミルフィー、シリューとも素早さ80後半だったが
全体攻撃の際は常にこいつが先手を打つ事が多い。

回復してから仕掛けていきたいが、常に先手での全体攻撃が多いため
後続は常に回復に強いられる。
これを怠ると、連続での全体攻撃で壊滅状態になる。

全体攻撃受けては、回復・・ほぼ単調な攻めだったが、なんとかラグナの3本の触手を破壊していく。

Saga3_231

全部破壊すると、第一形態はデュオコンパージで属性変化。
その後、オーラを発動してきたが、全体に800~1000以上のダメージをもらってしまい
一時メンバーが壊滅状態になる。属性変えて威力あげてくるとか・・・。

Saga3_230

で、このまま攻撃を続けると、ラグナは形態を変化・・第二形態へと移行を始める。
変色し、不気味な口を覗かせる。

ぬぅ・・まだこちらは立て直せてもいないというのに。

第二形態もこれまでどおりの攻撃が続くが
こちらは攻め重視なのか技の威力は高め、その代わり防御力が下がっている。

一定ダメージを与えると第二形態が変化するが、
この時点でターン終了してしまうため、後続が回復出来ずに
最初はもたつく。
だが、ボラージュがレイズラを覚えてくれていたのが幸いし
すぐに立て直す事は出来た。

Saga3_232Saga3_233

第一形態よりは触手攻撃が若干多め。
全体来るよりはこちらの方が立て直しやすかったが、油断は禁物。

更に第二形態からスモールを召喚してくる。
プチラグナといったところか。
赤いほうはファイガ、水色はブリザガで攻撃してくる。
本体との連携攻撃が厄介となるので、先に片づける。

水色は魔法防御が高いので物理の全体技で片づける。
赤い方は物理防御が高め。

この戦闘ではなかったが、他にも紫のラグナスモールを呼び出すらしい。
こいつはクラウガを使い、物理防御が高いそうだ。

どちらも面倒である事には変わりない。

スモール全部倒しちゃうと、また召喚してきて面倒になりそうだったので
赤一体だけ残してあとは本体を集中攻撃、触手を破壊していく。

この辺も魔法側は回復に余念がない。
唯一武器攻撃のシリューを軸に攻撃していく。

だがその影響もあって、各聖剣の回数も徐々に尽きかけていく。

Saga3_234

エクスカリバーの回数が0となり、ソロモンソードの軌跡でひたすら攻撃。

地道に攻撃を続けた結果、再び3本の触手を破壊する。

尚も攻撃をかけるとラグナの体は収縮していく。

これで、勝負ありか・・・!

と、思いきや・・・!?

Saga3_236

場面が変わると同時に、目の前に巨大な「海」が現れる。

真ラグナ戦が始まる。

Saga3_237

真ラグナはスモールを召喚しながら、
黄泉の波動→黄泉チャージと攻撃準備を整える。

Saga3_238Saga3_239

チャージが完了すると黄泉・発動で全体800~1300ほどのダメージ。
HPが1000も満たないデューンだったが、魔力が90以上だったのか
他よりダメージが少なく生還。

だが、その後もオーラ、メザ、ハリケン、マグマ、各属性全体攻撃に
サイコブラストなど、主に全体技主体で攻めてくる容赦ない攻撃。

サイコブラストでも全体600近いダメージをもらうので侮れない。
相変わらず先手を打ってくるので、後続は回復に余念がない。

Saga3_241
代わったデューンでメンバー回復しながら、残った4人で連携して攻撃。
ところが、こいつもこれまた堅いの何の・・。
物理、魔法とも500~700ほどのダメージしか与えられない。

武器や魔法の残数も少なくなり、限られた武器で、連携技を仕掛けていく。

ラグナが全体技のときは主に先手が多く、連続して全体技をもらうと
全滅の危険も十分あったが、幸いにも素早さの一番高いデューンだけは
ちゆのしずくの時だけラグナより先に回れるので、回復が怠った場合はそれで立て直していた。

こういう時だけは回復役二人置いといて正解だったとは思う。

Saga3_242

なんとかメンバーを立て直して、5人連携を決めたいところ・・だが
絶対零度や天変地異など自分たちが使う連携昇華の全体技を普通に使ってくる真・ラグナ。
くっそぉ・・立場が逆じゃねぇかよ。

普通に1000以上のダメージをもらうので後続は回復。
残ったメンツで攻撃をかけるしかなかった。

だが、それよりも面倒だったのが、真・ラグナは時折自動回復でHPを3600も回復してくる事にあった。
1ターンで2000ほどしかダメージ与えられないのに、2ターン攻撃分の回復力か。
さすがにこれは面倒すぎたのが、今回ばかりは現在ドライブ発動で2700ダメージ、
その後のターンで回復分を帳消しにし、尚も攻撃をかける。

と、ラグナは再び黄泉の波動で攻撃準備に入る。

その間にメンバーを立て直してなるべく連携で畳み掛けたい。

出来れば発動の前に倒しておきたかった・・が。

黄泉・発動。

Saga3_244Saga3_245

またしても大ダメージを食らうメンバー・・だったが、今回は奇跡的にも全員生還。

その次ターン、ケアルラで立て直すと4人連携、黒霧などで攻めていった。

Saga3_247Saga3_248

与えるダメージこそ弱いが、着実に与えていてばきっと勝機は見出せるはず・・
そう信じてひたすら攻撃をかけていった。

力をあわせて、連携発動。

攻撃を決めていく。

すると・・・・。

Saga3_249

突然水しぶきを上げうごめくラグナ。
その様は、花火ならぬ、水花火か。

おぉ・・武器の残数も後わずかで最後どうなるかと思ったが、なんとか倒せたか。

こうしてデューン達はラグナとの激闘に終止符を打ったのであった。

Saga3_250

ラグナから解放されたソール神。だがそんな神は既に魂と化していた。
未来はこれからソール神のいない時代へと入るが、ラグナを倒し、
自分達の手で時代を切り開いた。もう神の時代は終わったのだと告げるソール。

神の肉体こそ滅んでしまったが、最後の力を使って水瓶を止めることになる。
その間、デューン達はステスロスに乗って異世界を脱出する。

Saga3_251

水瓶から流れる水は、異世界の中央に開いている穴から流れ続けている。
ソールの力でその穴をふさぐ前に、間一髪ステスロスで脱出するデューン達。

水瓶から出てくるデューン達、ソールが穴をふさいだことで
異世界から流れ続けていた水が治まる。

Saga3_252Saga3_253

やがて水瓶にヒビが入ると、そのまま派手に砕け散っていった・・・。

こうして未来は救われた。

Saga3_254

ステスロスの役目は終わった。
こんな危険な代物は早く破壊した方がいいと、ボラージュは言う。
ジュピターの体はボルフェス博士のサイボーグ技術で甦るそうだ。

体を回収し、ジュピターの手術を行う。
そして、ここまで旅を続けてきたステスロスともお別れ。

ジュピターの手術が成功し、デューンははじめて父親とご対面。
親子とはいえ、はじめてなせいか何か余所余所しいデューン。

Saga3_255

と、ボラージュが自分の体を回収したことを聞くと
彼が生きていることに驚いた様子のジュピター。

二人でいるところを不意打ち・・という言葉に引っかかるデューンだったが
ともあれジュピターも無事生還し、一先ずめでたし。
デューンの名前を聞かれると、妻のお腹の中にいる子供にその名前をつけたいと
ジュピターは言う。

それが後に新生デューンとなるのか。

デューン達はこのまま現在へと帰る予定ではいるが、
ステスロスを破壊してしまった以上、そこへ帰る術がない。

以前、ボラージュが使っていたといわれるタイムマシンは
使えないかと聞いてみるが、博士達にはそれが何のことやらわかっていない様子だった。

Saga3_256

うむ・・・?何やら話の食い違いが出てきているが・・
とはいえ、その事に触れる事もなく、博士にタイムマシンを作ってほしいと約束。

タイムマシンが完成するまでデューン達は、ここに留まる事になる。

Saga3_257

その間、しばらくはダームの町でお世話になることに。
メルローズが新たに手掛けたバトルトレーナー2で、再び汗を流すデューン達だった・・・。

・・・・・ということでサガ3 時空の覇者1週目クリアー。

プレイ時間20時間22分。

エンディングが何かはっきりしない終わり方だったな。
ワンダラーも結局どういうヤツだったのかわからずじまいだった。
真・エンディングが用意されているので
2週目はそれ目指してプレイする予定。

クリア後セーブしたデータから、New Game+とHARDモードが選択可能に。
New Game+は強さや装備、アイテムなどを引き継いでプレイできる。
New Game+やHARD限定のシナリオ、ハントが用意されているようなので
2週目はその両方プレイしてみよう。

|

« パゴスの迷宮~地下世界編。 | トップページ | 2週目、序盤のフリーシナリオ中心に。 »

NDS『サガ3 時空の覇者 Shadow or Light』」カテゴリの記事

コメント

クリアおめでとうございます。

冒頭いきなり出てきた覆面ネタに思わず突っ込みをかけてしまいました。ここでそれをやるのか・・・・

クリアしましたが、どうもボラージュがすごく怪しいように感じます。ここら辺は真エンディングで明らかになるのでしょうが。

次は2週目だそうですが、ストーリーも若干変わっているといいですね。

では更新楽しみにしています。

投稿: 神代カズマ | 2011年1月20日 (木) 18時47分

どもですー。
クリアはしたんですが、あのEDを見てもモヤモヤした気持ちは晴れません(w
自分もボラージュが何か臭いなぁと踏んでますが、
後ワンダラーですかね。あれも中盤以降全く絡んできませんでしたし、おそらくこの2人が真EDに関わりがあるんだろうと見ています。
ですが、現状では、どうなってしまうのか全く予想がつきませんねぇ。
それは2週目からのお楽しみという事で。

投稿: NOB蔵 | 2011年1月21日 (金) 00時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« パゴスの迷宮~地下世界編。 | トップページ | 2週目、序盤のフリーシナリオ中心に。 »