« 漆黒の魔導士。 | トップページ | モーヤの塔へ突入! »

クリア後のクエ消化、7つのメダルなど。

二ノ国 漆黒の魔導士。

本編をクリアしたので、今回は残りのクエやおまけ要素を消化。

心のカケラ関係クエストはほとんどクリアした。
残る夢の心クエストも全てクリアする。

Nino_247

旅人のクエストもようやく完結。
なんでもジャボーの事を調べる歴史学者だったようで
その中にジャボーの嫌がる情報があったため、ヌケガラビトにされまくっていたとか。
本編進めると耳にするベルダーナって何のことかと思ったら
ナナシ城の昔の国か・・。

ジャボーは昔ベルダーナ、アルテナを滅ぼしたらしい。
本編でも何度か登場した謎の騎士達は、ジャボーの事を友と呼んでいたが、
ベルダーナの兵士時代に一緒に戦った仲間の兵士達だったのか。

Nino_246

サムラのケラケラを連れてこいというクエ。
氷河島にいるホムホムのレベルをあげて進化させるとケラケラが出来る。
火力も乏しく、技もしょぼいが、物理耐性があり、防御力も高い。
壁としては使えるか?

ネロリの最後のクエスト、ユウマのパパを連れてこいというクエも
氷河島にいる、となりのユウマを進化させるとパパになる。
モーヤいかなくてもクリアは可能だったか。

討伐クエも残り5つを消化。

Nino_248

トッシシ・・レカ大陸の南東とか書いてあったが、探しても見つからず。
他の場所も念入りに探していたらゴースト谷向かう途中に発見。
画像(赤ポイント)の場所だが、正確にはレカの町から南東、でしたな。

モグルスやオキシドンを無難に倒していくが、
一番手ごわかったのはデカロック山近郊にいたジャイファイアか。

Nino_249Nino_250_3

こいつのがんせきおとしは何の対策もしてないと
全体に300近いダメージを貰う。
物理耐性あっても150後半のダメージを貰う強力技。

時折連発してくる事もあるが、基本は
がんせきおとし→ほのおだま→がんせきおとしといった交互に技を仕掛けてくる。

ほのおだまは壁を作っておけば、後衛は回避可能。

がんせきおとしが特に痛いので
無理に攻めずに、回復、攻撃、防御専門のユニットをそれぞれ配置。

最初はぺック(ツノーク)を使っていたが、やられてしまったので
オリバーに変えて攻撃役をやらせる。
水属性の弱いので、召喚でアングレイクを呼び出しまくっていた。

バルンボ(スチームン)でオリバーを守らせ、
ボーレンはほとんど回復役、常にいやしのせいすい使わせていたが
金に余裕があればせいなるわきみず作っておけば安定していたかも。

Nino_251Nino_252

召喚のふぶきだけで攻めて、なんとかジャイファイアを追い込んでいくが
これが中々しぶとい、この戦いは激闘となった。
回復が遅れて、ボーレンがやられてしまう。

回復役がいなくなり、バルンボ、オリバーとも特攻。
これで死ななかったらアウトだったが・・最後のふぶきでようやく撃破。

ふぅ・・歯ごたえのあるヤツだったぜ。

で、最後はミラントのクエスト。

Nino_253

レカの町のミラントクエをクリア、その後本編をクリアしてから
ゴロネールの賢者の墓へ向かうとイベント発生。
記憶が完全に戻ったらしく、本来の姿を取り戻しているミラント。

南西の霧がかかっていた謎の大陸モーヤ。
つい最近、あこの霧が晴れたそうだ。

そこには世界を破滅させようとする謎の存在が復活しつつあるようで。

その存在に対抗するために、オリバーは新たな魔法を授かる事に。
その前に、それに対抗できるのか、まずその知恵を試されることになる。

Nino_254

そこに書かれてある黒き腕、燃える炎、魔法の杖、赤い本。
このうち、もっとも多いものを打ち消すルーンを描け、と。

一番多いのは炎、これの対となる魔法はアレしかない。

これをクリアすると、暗黒魔法イーゼラー(P55)のルーンを描く。
ページには、番号しか記載されていないが、
ミラントの言う番号の色と順に描いていけばOK。

魔法を習得後、ミラントからその破滅に導く存在の名を聞くことになる。
神々に封印されたその存在・・・。

Nino_255

賢者達はその事を知っていた。
ミラントの師匠もその一人であり、その脅威に対抗するための知恵として
一冊の本を作り上げた。それがマジックマスターだったのだ。
師匠はミラントにその本を託したが、結果、ヤツとの戦いで敗北してしまう。

自分ではやり遂げられなかった事を、オリバーに託せるのか
最後は力を試されることに。

レカ大陸の南西にあるゴーリオンを倒してこいというもの。
なんでも昔戦争に使われた太古の魔法兵器の封印が解かれたらしい。

レカ大陸の南西にいるゴーリオンと戦うことに。

Nino_256

こいつは・・・通常攻撃が半端ない。
初っ端、前衛にいたブロッケ(ブランボー)がクリティカルで
500近いダメージを受けて撃沈してしまう。
その他、シャイニング(雷系 全体)、160~200ほどのダメージ。

こいつとの戦闘は物理耐性+挑発が使えるイマージェンがいないと厳しい。
勿論ペックにその役目をやらせていたが、それでも通常攻撃で150後半ほどのダメージを貰うので
回復役のユニットも置いておく。

ジャイファイアのとき同様(実はゴーリオン戦が先)
回復、防御、攻撃のユニット配置。

Nino_258Nino_257

ゴーリオン自体は水に弱いので、後衛からオリバーの召喚ふぶきでひたすら攻撃をかけていた。
回復役は常にいやしのせいすいなど全体回復。

結構貰うので、壁役はHP200以上、物理耐性なければHP300以上ないと死ねる。

こいつもちゃんと考えて攻めないと厳しい相手だった。
モーヤいくとこんなヤツがゴロゴロいるのかね・・。

ゴーリオンを倒して、ミラントのところへ向かうと、モーヤの塔の頂にある扉を開ける
モーヤの鍵を入手する。
これでミラント関係のクエストは全てクリア。

Nino_259

自分のやり遂げられなかった事をオリバーに託すと、
ミラントは別れを告げて消えていった・・。
やれるかどうかはわからんが、後のことは任せなさい。

モーヤの塔へ向かう前に残りのおまけ要素を消化する。

マジックマスターP324,325にある世界地図。
★マークのついた場所へ向かい7つのメダルを全て集める。

Nino_260Nino_261

メダルには~番目と記されている。
これは、マジックマスターの章の最初のページ、扉絵に書かれてある、
青いアストラム文字と関係している。

扉絵のメダルの模様を照らしあわせ、一緒だった場合は
青いアストラム文字を解読し、メダルに書いてある~番目の場所に
順番どおりに並べていく。
こうして出来た7つの文字には、ある場所が書かれていて
そこへ向かい、トレジャーサーチを使うとある場所へと入ることが出来る。

Nino_262

入口には亡霊がいるのでスピリトークを使って会話。
どうやらこの魂は魔法海賊団とやらの一味だったそうだが・・。

宝に釣られて奥へ進む事に。

Nino_263Nino_264

この海賊王のアジトでは各所に看板が立てられており、
マジックマスターP216,P217にある
古の魔法大戦の図というイマージェンだらけの絵を参考に、
看板に書かれてある言葉のとおりに進んでいく。

間違って進むと、魔物が出現。
ユウマのパパやら出てくる。
ありゃ・・モーヤ以外でもこんな所で出てくるのか。

Nino_266

最奥へ向かうと、海賊王がいるらしい。
なんでも船長が後継者を指名したかったらしいが
候補に挙げられていた副船長が裏切り、船長の一人娘を殺してしまったと。
後継者も選べず、一人娘も失い絶望に打ちひしがれる船長。
娘が戻ると信じて海の悪霊と契約してしまったそうだ。

その封印されているというキャプテンカースと戦闘に。

Nino_267

横一線のかいぞくぎり、しにがみのマント(全体 即死付加)。

かいぞくぎりは、後衛に下げたペックの挑発でカバー。

5ターンに1回ほど使ってくるしにがみのマントは
ダメージこそ1だが、即死率がそこそこ。
状態異常耐性とかつけても即死とかあまり確率変わらんのだろうか・・。

ブロッケがやられてしまったのでオリバーに交替。
火が弱点なので、マグマのおたけび、必殺技のファイアストームを駆使。
物理体制高いユニットでカバーしながら、
弱点ついていればそれほど怖い相手ではない。

Nino_268

キャプテンカースを倒すと、めいかいのフックを入手する。
どんなもんかと見てみたら、瀕死時全能力上昇か。
確認していないが、回復しても持続するんならかなり使えるアクセサリーかも。

アジトを出た後は、世界地図に書かれた×印の宝箱を全て開ける。
封印を全部解いたら、地図の隅々に書かれてあるアストラム語を解読。
せんでむすぶ、まじわるところなどと解読できる。

つまり、宝箱のあった場所を×方向で線を結んで交わる場所へ行け・・と。
世界地図見てみたら、そこにはクラゲの絵がかかれてあったが・・。

実際そこへ向かうと、案の定クラゲが出現する。

Nino_269

クラゲイルと戦闘。
あばれうみ(全体 水属性)。
通常でも100ほどのダメージ、水耐性強化しておけば問題ない。

こいつは物理と火に弱い。
物理に弱い以上、ガンガン攻めていける。

ルッチのきあい+デタラメらんぶで1677ダメージを与え勝負あり。

クラゲイルを倒すとうみのオーブを入手する。
オーブ・・ということはこいつも召喚可能か。
水属性だろうから、単純に水属性に弱いヤツに効果あるのかな。
アングレイクとどっちが効果的なんだろう。

記事が長くなってしまったので今回はこの辺で。
モーヤやその他の要素については次回書く予定。

|

« 漆黒の魔導士。 | トップページ | モーヤの塔へ突入! »

NDS『二ノ国 漆黒の魔導士』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。