« R30後半の鍛冶・革細工事情。 | トップページ | ピッコロなNobuzouさん。 »

R33錬成事情~街がクリスマス一色に。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア

年末までに錬成ランクを36まで上げて、クラスクエを消化。
ゴッズハンドを取得しておきたいところ。

ただいま錬成ランク33、樹液での修行もピークを過ぎ
これから何で修行していこうか悩む。
以前マンドレイク→熱狂毒を製作を紹介したが
こちらも草刈りで安定して取れるわけではないので効率的ではない。

錬成ではこれまで、革細工や裁縫でよく使われる染料を作ったことがなかったが
別珍の染料はそれなりに修練が入るそうだ。
とはいえ材料のスケイルバグなど収集するのは些か面倒ではあるが・・。
面倒面倒なんて言ってると採集家としては失格か(w

一方で、ゴッズハンド取得に必要なトークンは12000。
クラスクエこなしても合計で8600トークンはたまるはずで
残り3400トークンはリーヴで入手していく事になる。

・・が、ウルダハの錬成リーヴはR30~のリーヴが非常に少ない。
今回珍しくR30~ラノリン製作のリーヴが出ていたのでやってみる。

・・・これが意外と苦戦した。
作業工数6/6ではあったが、耐用度一桁ギリギリというのもあった。

生産装備がザルというのもあるが、一番の問題は
いまだに主道具がブラスアレンビック(R12~)なところだろう。

魔法加工が低めなため、どうしても火力が劣る。
進捗成功でも11%というのが度々。
これはシロップの作業でも度々あることで・・。

アレンビック自体、買うのは簡単。
だがアイアン&コニカルアレンビックとも
修理素材でアイアンプレートレットを使うため未だに躊躇している自分。
板金全くあげてないためプレートレットもままならない。

錬成はとりあえずR36までブラスでいく予定ではあるが
今後クラスター砕きでランクをあげることを考えた場合は
一旦板金のランクも上げることを考えたほうがよさそうだ。

自分で修理しようとか考えると、結局全部あげることになっちまうな・・。
全クラスあまり均等にあげていくつもりもなかったが、この際仕方ないかもしれない。

ここ最近革細工のリーヴが集中しているため
その分トークンが溜まってきた。

今回もお辞儀効果のおかげかトークンを入手。
5000たまったので、手袋作りの手引きを購入する。

ふむ、これでグローブ系製作も少しは楽になるといいが・・。
手袋は今後、シックスミスグローブ、トードフィンガレスグローブ辺りを製作予定。

その後は樹液がり、前回分のも含めて200個ほどかき集めた後は
ベントブランチに篭り、シロップの修行。

修練が160~200と200超えも稀になってきたが、とにかく数をこなす。
残りの修練40000を3時間近くの作業で溜めて、ランクを34に伸ばした。

続けて作業をこなすが、錬成R34でシロップの修練は130~180、平均150。
む・・まだ100後半はいるうちはこのままあげられるか。

ただ次の必要修練53000を考えると樹液を300個ほど集めないといけないか。
かき集めるのも面倒だが、本当に面倒なのは作業のほうだな(w

一方こちらは怠けがちの鍛冶。

グリダニアにてR40~ランスヘッド(アイアン)のリーヴを受けるも
標準設備が必要という事で、機会を見てリムサへ。
そのついでにこなしていた。

鍛冶ランク37、成功すれば修練が最大で600近くも入るウマーな作業。
それなりに難度もあり1回失敗したが、作業工数5/6でクリア。

クリアできる範囲なら積極的にやっていきたいところだが
これのためにグリダニアで受けてリムサへ飛ぶというのが面倒だな。

翌日、午前中にメンテ作業がありその後インすると
街はすっかりクリスマス一色に染まっていた。

おぉ、雪が降ってやがるぜ。

サンタのおっさんやツリーのオブジェクトも飾られている。
BGMもクリスマス風にほんわかした曲に変わっていた・・が。

町に出た途端雪が晴れて、いつも通りのBGMが流れるとか
相変わらず萎える仕様になっていたのは言うまでもなかった。

|

« R30後半の鍛冶・革細工事情。 | トップページ | ピッコロなNobuzouさん。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。