« 12月のクラフター目標。 | トップページ | レザージャーキンに向けて。 »

何かと拘束される事が多い日々。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア

修行を終えて、クリスタルも調達すると
待っているのはとにかくクリスタル砕きの縛り。

ブラスナゲットでもシャードを使うことになったので
その分の砕きに拘束される事になる。

うーん、これは何気に面倒くさい、が
かといってヘイスティハンド使って失敗してしまうのも勿体無いからな・・。

VU後でクリスタルの価格も落ち着いたことで、大量に購入したが
その分、砕きに使う細砂も5,6ダースと大量に買い込んでの作業。

結局1時間以上その場で拘束される事となった。
修行ならともかく、こんな状態が続くならシャード購入も考えねばならない。

以前、ウルダハのリーヴではR35~ファルシオン製作のリーヴが度々見られたが
VU後は何故かすっかり見なくなり、代わりにR30~アイアンスパタ製作のリーヴを
リムサ、ウルダハで見かけるようになる。

スパタは卒業かと思ったが、またスパタかい・・。
いい加減飽きてきたぜ。

過去最高とも言えるブラスナゲット7ダースを量産し、鍛冶の修行に入る。

所要時間、およそ4時間ほど。
これだけの量こなすもんだから、途中で潜在が入って苦しくはなったが、
200個近くのジャベリンヘッドを製作し、鍛冶ランクを35に上げた。

これだけの長時間こなしていると、普段なら滅入ってしまうが
修行の傍らで、園芸をやり始めたティドと雑談していた分なんとか乗り切れた。

園芸はじめて間もないティドに樹液がりのレクチャー。
ノブパパさんも樹液をとっているが、樹液とれる人が多いに越した事はない。
シロップの修行をしている自分にとっても手助けとなるか。

この画像はノフィカでの採掘リーヴだが
リーヴの修練値ボーナスとスエット発動で、良質~を掘ると普通に1000以上の修練値が入る。

この状態で3つとも良質を掘れば、計3000の修練値・・。
これは今の自分ではグレード4の採掘場所で30回掘る分に相当する。
ランク上げしたいなら、是非やってみるといいが
こういうときに限ってスエットは中々発動しないもの(w
よっぽど運がいい時じゃないと3000は無理だな。

リアルで1ヶ月以上放置していたブロークンウォーターのリーヴを消化するために
現地へ向かうことになった。

あこへ向かうのもほぼ1ヶ月以上は経つが、
VU後にモンスターが追加配置された事で、大分様変わりしていた。

ブロークンウォーター周辺には
ドワーフダイアマイトという大サソリやタイガーマイトリングという
アクティブ系のモンスターがうろついていた。

最初大サソリに気づかれて一時峠の方に避難するが
そこにいたバザードにうっかり突かれたりと、この場所も随分と落ち着かない場所になってしまった。

近辺がサソリ達の群生地と化していたが、これではきりがないので意を決して突撃。
サソリたちを引き連れながらなんとか現地に到着する。
来るのが面倒くさいだけの場所だったが。こんなことならもう二度と来ないぞ・・。

リーヴを消化した後は、黒衣森に戻って樹液がり。

その後はベントブランチにてひたすらシロップを作る。

入る修練値は平均250ほど。
VU後に必要修練も緩和されたので、ランク上げにもさほど時間はかからず
錬成ランクが30に到達。
イノベーションを習得する。
なんでも次の作業の成功率を大幅にダウンさせる代わりに 
目標品質度を大幅にアップさせるものらしい。

んー、これはインナークワイエット同様HQ用に使うものかな。
修行という意味では使えないものを習得した。

ここしばらく売れない状態が続いていた
サウザンドニードル+1(40000G)だったが、錬成修行の最中にようやく売れた。
まいどありー!

・・・が、こいつは転売ヤーだったというオチ。
自分を見るやサッサと逃げていってしまったのが気に入らなかった。
ちっ・・ようやく売れたから嬉しかったが、頭下げて損したぜ。

どうやら相場を全くわかっていない素人のようだ。
半月近く売れなかったものが、500000Gで売れるわけねぇだろ(w
たぶん元値の40000Gでも売れないな、一生爆弾抱えてろ。

そろそろ革の修行をはじめようと、リーヴでバッファローの粗皮を調達する。
評価ポイントをあげると、幾分報酬のシャード数も増えるが、
報酬の数自体が増えないのがもの寂しい。

シニューコードは要らんから粗皮もっと欲しいなぁ・・。

ということで今回はここまで。

|

« 12月のクラフター目標。 | トップページ | レザージャーキンに向けて。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。