« 革細工ランク40へ・・~鍛冶&採掘事情。 | トップページ | 12月、各クラス総括。 »

革上位装備品、着々と。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア

オーク原木が2ダースほど溜まっていたので一気に消化。
木工ランクを36まで上げる。

R36(潜在なし)だとオークマスク修練160~200(平均180)
と200切り出してそこそこまずくなってきた。

代わりに取っておいたユー材からユーハーフマスクを作っていく。
こちらは修練270~350と中々おいしい。

鍛冶の方が一段落したらこの木工をあげていこうと考えるが
ユー原木が取れやすい所はどこだろうか。
シダーウッドは一応取れる場所ではあるがヤルムの間隔が遠い。
調べてみたらクルザスのグローリー周辺でも一応ユー原木は取れるそうだ。

ドラゴンヘッド周辺でもそのうち採掘したいので
クルザスでの採集もそろそろ本格化してきそう。

木工R36のクラスクエを受けられるようになった。
確か木工ではパーフェクション(12000トークン)という
必ず成功させるスキルが用意されているはずだが、
現状トークンがあまり溜まっていない状況。

候補としては成功率が低下するが、大幅な進捗を目指すという
アセンブルの購入を検討している。

一方、革細工のランクも40に到達し、そろそろ新たな装備品を作りたいところ。

ユーハーフマスク後にオムレツ効果が持続していたので
そのままホッグの粗皮をなめしてみることに、
ボアレザーの製作を試みる。
R40でいけるのかどうか・・・。

手引きありの状態だが、これが中々安定しない。
耐用度が20切った辺りでダメかと思ったが、そこからなんとか巻き返す。
終盤温存しておいたテンダータッチを駆使。
なんとかボアレザーを完成させた。

おぉぉ、なんとか完成した。
続けて残り3枚もなめしてみたが、今回は3/4という結果だった。
12枚のボアレザーを入手する。
今回はまずまずの結果か。

革R40で修練290~350 経験値1100。
この皮を安定してなめすには後3,4ランクほど上げる必要がある。
革の道のりはまだまだ険しい・・・が

一応12月の目標、「ボアレザー製作」を達成させた事で少し肩の荷が下りた。
この調子で残りの目標も達成させていきたい。

最近ではアイアンレイクでの採掘も頻繁になってきたが、
R37では未だに3回しか掘れない状況。

というわけで回数を増やす操具力を水増しするための新たな装備品を作ることに。
操具力があがってくれるなら、多少の適正が離れた装備品でも作ってみる。

候補として上がっているのはビスタアームガードとビスタワークブーツ。

共にビスタトードレザー、またはその素材に使う。

ビスタワークブーツの方はリムサR35~のリーヴで経験しているので
製作の方は無難にいけるだろう。

適正ランクが46と高めなこのブーツ。
他の種類ではFソックス、またトードワークブーツのノーマルとDソックスが用意されている。

色的にはウォード系がいいかなぁと、
リーヴのときと同じくWソックスの方を製作することに。

ビスタワークブーツ(Wソックス)
材料はブラスネイル、マーモットファー、レザーストラップ(ビスタ)、
ラプトル・シニューコード、ラバーソール、爪革(ビスタ)、帆布靴下(ウォード)。

靴ではレザーそのものは使わないが、レザーストラップと爪革がない。
この時はトードの粗皮を持っていなかったので、バザーでビスタトードレザーを2枚購入。
早速爪革を作ってみる・・・。

が、これがそこそこの難度。
靴手引きあってもボンボンなりがち。
手引きがない状態だとまず完成はしなかっただろう難度だった。

なんとか完成させたが、革R40、爪革ビスタの修練364、経験値1421と
いかに上位の素材が手強いかを思い知らされる。

レザーストラップ(ビスタ)は無難に完成。

帆布靴下は作れるかと心配だったが
バザーで購入した帆布(ウォード)で無難に完成。

マーモットファーはバザーで見かけない・・というかリテイナー街が落ちて
バザー頼みに出来なかったので、ウルダハに帰るついでに素材を調達。
到着時に完成させる。

材料がそろい、いざ製作へ。
リーヴでもやっていたことだったので無難にいけるだろうと思ったが
何故かボンボンなりがち、
更に終盤、雷元素が不安定となる・・うわぁ、嫌な予感。

が、一回で元素を安定させなんとかビスタワークブーツを完成。
あぶねぇ・・ヒヤヒヤしたぜ。

続けてビスタグローヴを製作しようかと思ったが
ちょうど製作したばかりのボアレザーが目に止まったので
ここらで生産装備用にR46~ツールベルトの製作を試みる。

リテイナー街にたまたまブラウンボアレザーが売られていた。それを購入したことで
そのままブラウンツールベルト製作の流れに。

Ff14_965

材料はアイアンリベット、ボアレザー、ブラウンボアレザー、
ラプトル・シニューコード、メタルバックル(アイアン)。

ほか材料は揃っていたためそのまま製作に入る。
今回は変質+の串焼きを食べて挑む。

初っ端プルフィルメントで着々と進捗を成功、
中盤からテンダータッチを使うが、風元素が不安定に。

Ff14_967

流れが悪くなりかけたのでプリザーブを使うが、これが凶と出てしまう。
終盤で元素が暴発し、耐用度が一桁に・・・マジですか。

成功しても割れる可能性は高かったので、これは絶望的だったが・・。

ブラウンツールベルトを完成ーー・・!・・ってえぇぇ!?いきなり品質つきかよ。

まいったな・・適正ランク46の装備で品質がついちゃうとか。
自分用に作ったつもりだが、これだとR40でも修理できない可能性がある。

少し悩んだが・・とりあえずこのブラウンツールベルト+1はバザーに出しておく事に。
そして、もう一つ自分用のブラウンツールベルトを作る。

先ほどのリテイナーからブラウンボアレザーをもう1枚購入し、2つ目の製作。

今度は安定した作業で完成させる。
フィニッシュワークも狙えるが、これは勿論しない。
今後はこの変質制御+11のブラウンツールベルトを装備して作業する事になる。

また修理素材がボアレザーの端切れのため
ボアレザーを5枚ほど端切れにする。

・・・が、これが中々の難度。
革R40でボアレザーの端切れ、修練260~300、経験値1060ほど。

さらに迂闊にも1回割れてしまった。
端切れでミスったのはこれが初めてとなる。
さすが上位素材だな・・。今後は気をつけんと。

というわけで今回はここまで。
本当はビスタグローヴを製作したかったが
まだ材料が揃っていなかったためまた今度に。

|

« 革細工ランク40へ・・~鍛冶&採掘事情。 | トップページ | 12月、各クラス総括。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。