« 革細工は一休み、お次は・・・? | トップページ | トータスホラへの挑戦。 »

彫金修行の傍らで。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:グリダニア

現在、彫金修行の真っ最中。

最近グリダニアのリテイナー街の過疎化が酷く、
シャードやクリスタルを販売しているリテイナーがめっきり減ってしまった。

ウルダハにしても、あこは人が多いため、
シャードがすぐに完売されている事が多い。
あったとしても、ボッタな価格で出されているものが大半。

その一方で、リムサではわりとシャード売りが多いため
度々通う頻度が増えてくる。

彫金の修行自体もリムサでやることが多くなったが
ブラスリングの元になるブラスナゲット、
これの材料となる亜鉛鉱がラノシアでは非常に出にくいという話を聞く。

そのため、ナゲットが切れたら、また船に乗ってドライボーン、トランキルへ向かい亜鉛鉱堀り。
ナゲットが揃ったらグリダニア、ウルダハとシャードを探しに回り
なければリムサへと渡る。

ちなみに亜鉛鉱はストーン街にいけば必ず目にするが
価格が1個2000~3000と、これまた買う気のしない値段。
銅鉱ならともかくこれを買うことはこれからもないだろう。

ブラスリング自体はR27に入って以降も失敗するケースはある。
その大半が元素暴発がらみだが・・。
なんでこんなにランク上げてるのに失敗せにゃならんのかと・・。
この辺イライラしながらも作業を続けていた。

その傍らでやる予定だった鍛冶の修行の代わりに鍛冶リーヴをこなす。
リムサは鍛冶リーヴが盛んなだけまだいいところ。

グリダニアで鍛冶リーヴ受けると一部の部品系材料の場合、標準設備が必要になるので
ランクが低いうちだと、標準設備借りるためにリムサまでいかねばならない面倒な部分もある。

ハチェットヘッド(ブロンズ)の他にスピアヘッド(ブロンズ)なんかもその1つ。
意外にもR20~のリーヴなんだな・・これ。

心なしか、ハンマーよりもファイルの方が安定して作れたような気がする。
ヘッド系部品はファイルでやった方が確実か?

以前は不安定だったアイアンネイル、今回もワリと危ない場面はあったものの
全作業工数で成功させる。
鍛冶レベルも確実に前へと進んでいる。

彫金が一段落したら次は鍛冶を徹底的に上げたいね。
サイズブレードが作れる範囲に入りたい。

樹液を2500Gにしているためか、中々売れない状況が続く。
あれぇ・・中々釣れなくなってきたな(w

資金が伸び悩んでいたので傭兵リーヴもこなす。
以前と比べると族相手にも無難に倒せるようになってきたNobuzou。
やっぱり貫手覚えてから、完全に変わったなぁ。
R20リーヴで苦戦することはもうなくなった。

また、族どもは地味にバッファローレザーを落とすので
これを修理用にと端切れに変えた。
いい補充が出来た。

ブラッドショアの採掘リーヴでアクアマリン原石を手に入れる。

R25までの過程で2回アクアマリンに挑戦したが、いずれも割れてしまっている。
今回いけるかなぁ・・とやってみるとかろうじて成功させた。

彫金も確実に前へと進んでいるな。
こういうことがないと上げてる意味が全くないからな。

リムサに戻り、ポーション通りで鬼にかわを調達。
シルバーナゲットを使って、シルバーサークレットの製作に取り掛かる。

アクアマリンとヘリオドールの2種類を作る。
リーヴでも余裕で成功させていたので、ここは無難に完成。
更にアクアマリンの方はHQ達成で+1になる。

通常の方は25000、+1は55000で出しておく・・が。
サークレットって人気ないよなぁ。
術士系はみんなハットかカウルにご愛着か。
頭装備欲しい人は買っていってくだせぇ。

新たなに完成したシルバー作品を眺めながらも、再び彫金の修行へと戻る。

クリスタルは手に入るも、
今度は細砂が切れたのでウルダハに戻り、シャードにする作業。
中々面倒な作業だが、これでも修練は170前後は入るので
確実に修練は溜まっていく。
気づけば錬成ランク24目前・・・。
そろそろ自分も樹液に手を出す時期に来たか・・?
ただこちらの修行はまだ考えていない。
シロップ作るのに調理もやらないといけないし、
未だに道具がブラスアレンビック。
アイアンアレンビックに乗り換えるとなると、
修理のために、今度は板金の方も上げていかないといけないからな・・。
こちらは管轄外・・何かこれ!といったものがない限り動くことはないだろう。

トランキルまで出向き亜鉛鉱を掘り続ける。
機会を見てはその場でブラスナゲットを量産するのも茶飯事となってきた。

あ、ファンガーさん居眠り中でしたか。お邪魔しました。

シャード、ナゲットと準備が整ったらグリダニアに帰還し
ひたすらブラスリングラッシュ。
R27だと修練190~230ほど。
まぁこれはぜんぜん食える範囲だな。
少なくともこのランク帯でまずかった爪革に比べれば全然おいしい。

とはいえ、修練が30000以上必要で、ブラスナゲットも3ダースほど消費する長時間作業。
これも大体3時間近く掛かったな・・。

100以上のブラスリングを作り終え、Nobuzouの彫金ランクが28に到達。
更に作業を続けていくもR28から修練160~220と200切るケースが増えてきた。
ただ、これぐらいならまだいけそうか・・?

このままリングでR30まであげていこうか検討中。

今回はこの辺にして、次回はいよいよトータスホラの実践に入る。
難関のベッコウにも挑戦するが、果たして結果はいかに・・・!?

|

« 革細工は一休み、お次は・・・? | トップページ | トータスホラへの挑戦。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。