« 彫金R30に到達、クラスクエスト「フ・ラミン花」。 | トップページ | ひたすらキンキン!金属音が鳴り響く日々。 »

新製品続々入荷。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:グリダニア

彫金ランクが30に到達したので、修行は一休み。

クエを消化してトークンが溜まった事で象眼の手引きを入手。

早速、その手引きが推奨されている宝石リングを手掛けてみる。

トランキルの採掘でサンストーン原石がヤケに溜まっていたので
それを使ってサンリングを作ってみる。

前回サンイヤリングの方に挑戦したがこちらは失敗。
リングの方はどうだろうか・・。

進捗率が13~18%ほど、失敗時の耐用度減少が11~13。
減少が少ないのは手引きの影響だろう。

ただ玉が白以外の時はボンボンなる事が多かった。
元素が暴発していたら明らかに失敗する範囲のもの。
今回は無事乗り切った。

サンリングを完成させる。
一応バザーで20000Gで出してみる。

シルバー系までのリングは、中々売れそうにないが、
果たして宝石リングの反応はいかほどのものなのか。

その後、ウィンドシャードを確保できたので
マラカイトリングに挑戦したが、こちらは惜しくも割れてしまった。

宝石リングはもうちょいランク上げないと安定しないな。
現状では1/2という結果だった。

リムサにて彫金R30~セピアパンダナのリーヴを受ける。
帆布(セピア)やヘルハウンドの牙など、上位の素材を使うパンダナ。
そういやパンダナって彫金の範囲だったか。
明らかに布製品な気がするが・・ハンマーでトントンやるとかあまり想像できない。
自分には縁のない代物だったが試しに挑戦してみる。

こちらはそれなりに落ち着いた作業だった。
30ギリギリなので失敗するかなぁと見ていたが
耐用度の減りが少なかったので、多少ボンボンなっても完成にこぎつける範囲。
作業工数6/6で成功。

彫金R29でサウザンドニードルを作っていた人を見かける。

それなら自分も作れるだろうと、バザーで購入したサボテンダーの針を使って実践。

・・ところが、これがまたボンボン続きで作業が安定しない。
序盤プリザーブで一度しか成功しなかったので、中盤で耐用度が30台に・・。
諦めムードが漂っていたが・・・。

終盤テンダータッチで見事に巻き返す。
耐用度6でギリギリ完成させた。あぶねぇぇ・・!

こうしてR42~の裁縫道具を入手。
自分が扱うにはまだ早すぎる代物なので、これもバザーに出す。
一応20000Gで出してみるが、ちと高いか・・・?
裁縫R40台の人が少ないせいなのか、バザーで見かけても相場の方があまり安定していないようだ。
R32~で使うシルバーニードルの方が価格が高いという実状。

そういや、シルバーニードルはR33からようやく製作できるのに
それよりも上位であるはずのサウザンドの方が先に作れてしまうんだよな・・。
何か製作の範囲が間違っているような気がするが、まぁそれはいい。

こうしてバザーの方は彫金系のアイテムが続々集結。
前回完成させたトータスホラは相変わらず売れる兆しがない。
もうこれは敷居が高いを通り越してネタ武器と化しているからな・・。
価格も123456Gとふざけた値段で出している。
革の方がもの寂しいな。近々レザーでも販売しようか。
1枚8000Gくらいで売れるようなら、10000Gの粗皮にも手を出せるんだけどなぁ・・。

彫金の修行が続いていた事でウィンドシャードが枯渇。
その後はプーク狩りでシャードを稼ぐ。

2時間以上狩りまくってシャード数が1000、
クリスタルも30個ほど増えた。

ウィンドの方は万全だが、ファイアの方が全く溜まっていない。
ウィービルやチゴーを狩ってもシャードを全く落としてくれなかった。
月齢や時期によってシャードの出現率が違うのだろうか。

さすがに疲れたんで一休み。
隣のモコモコは狩ってもシャードを落とさないな。
かわいいだけが取り柄か。

ということで、次回から本格的に鍛冶の修行に突入する。
何を叩いてもあまり安定していない鍛冶だが・・果たしてどうなる事やら。

|

« 彫金R30に到達、クラスクエスト「フ・ラミン花」。 | トップページ | ひたすらキンキン!金属音が鳴り響く日々。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。