« 園芸クエスト「グリダニアの根っこ」、他。 | トップページ | 革細工は一休み、お次は・・・? »

ひたすら革細工・・・そして・・・!

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:グリダニア

革細工の修行をはじめるが、爪革ではまずくなってきたので
どうしようかと悩んでいた所・・・。
バッファローの粗皮が目に止まる。

革なめしの手引きを入手したので
試しにレッドオーカーレザーとモスグリーンレザーを製作してみる。
以前はR20前半で手も足も出なかったが、今回は革R29。

推奨はR30以上だが、いけるかなぁ・・と粗皮4枚ほどなめしてみた結果。

粗皮4枚が、割れることなく見事にレッドーオーカーレザーx8とモスグリーンレザーx8に変わった。

勿論作業はかなりギリギリ・・・この辺は粘り強い作業だったが
安定して作るためにはやはりR30以上は必要になってくるか。

所持品に新たなレザーが加わった事で、ここらで新装備を作ってみる。

まずはドードージャーキン(オリーヴスリーブ)を視野に胸防護革(モスグリーン)を製作。

中盤で元素が不安定になり、終盤で暴発したが難なく完成。
こちらはR29でも無難にいけるレベルだった。

他の材料はリテイナーに預けているので、新ジャーキンの製作はまた今度にして
他のものも製作。

ツールベルトは飽きてきたので、ここらでモスグリーン・ツールベルトを製作。
その他、自分用にレザーサイブーツ(R26~)など1ランク上のサイブーツ
にも3回ほど挑戦してみたが、いずれも撃沈。
材料の革脛当だけでもかなり苦戦していたので、どうかなぁと見ていたが案の定の結果だった。


ボンボン続きだったが、レザーは進捗は90%、
オックスブラッドの方は惜しくも進捗99%まできていたので
決しては不可能な範囲ではないかと感じる。
靴作りの手引きがあれば、この辺はかなり安定するような気がするが・・。

今回は仕方なくサイブーツの方を製作した。
実際履いてみたが・・これ膝の部分まで伸びてんだな。
スロップとはアンバランスで見た目が少々ダサくなってしまったが・・
これで今まで裸足で作業していたNobuzouとはおさらばか。

その後は金策のため各地の傭兵リーヴに出回る。
闘術ランクが19になり、以前は大苦戦していた古代剣リーヴも楽にこなせるようになった。
貫手が反則的に強いな。
羊のアルドゴート・ビリーには到底勝てないが、ナニー相手なら何とかなりそう。

これから革細工の修行を始めようとするも、
シャードが不足していたため、比較的バザーで出回っているリムサに向かう。
フェリードッグで待機中にフィールドベルトが30000Gで落札された。
シャードの費用で全て消えることになるが、大分負担が軽くなった。

リムサでウィンドクリスタルなどを購入、リーヴをこなした後はウルダハに帰還。
細砂を購入し、必要数だけシャードに分割。

修行を始める前に上述で製作した胸防護革(モスグリーン)を使い
ドードージャーキン(オリーヴスリーブ)の製作に入る。

ここ最近革の修行ばかりで潜在が溜まっている。
それなりに侮れない作業。

中盤で土元素が不安定になり、作業は慎重を要した。

一歩間違えたら失敗という状況だったが、
なんとかドードージャーキン(オリーヴスリーブ)を完成させる。
ふぅ・・危なかった。

脚、足に続き胴のオリーヴ装備が完成したので早速お披露目。
うむ、ますます緑色で様になってきたな。
後は腰と手か・・。
以前製作したモスグリーン・ツールベルトは採集用には向かない。
こちらはモスグリーン・ボイジャーベルトを目標に頑張るかな。
手のほうは、そろそろレザーフィンガレスグローブ(MG)を視野に入れたい。

その後はひたすら爪革の修行に打ち込む。
修練値が100入らなくなってきたまずい環境。
その上元素暴発で度々苦戦続き。
この辺はやっぱり潜在ランクが上がってきている影響かな。
後、潜在が溜まっていると微妙に入る修練値も少なくなってくるんだろうか・・?

ともかく、ドードーレザー1ダース捌いただけでは、修練値が1000入るのがやっとといった惨状だった。

粗皮1ダースで4ダースのドードーレザーが作れるが、これらを全て捌いても修練値が約4000。
所持していた粗皮は計5ダースほどだったが、
3時間以上かけて4ダースの粗皮を捌き、
16ダースに及ぶドードーレザーを全て爪革にしても入る修練値が20000ちょっと・・・。
ひぃ、しんどいわ。割に合わなさ過ぎる。

ドードーではそろそろ限界だったので、ここらでバッファローの領域に入ってみた。

爪革自体は一応成功する・・・が。
言われていたとおりにやはり安定しない。
地味にHQが成功したりするが5回ほどやって1回は割れる範囲。

とはいえ、そこそこ成功するので
これを期に溜めておいたバッファローの粗皮を全てなめすことに。

リーヴ消化などで修練値は残り13000といった状況。
ランクあげのためにひたすら駆け回るNobuzou。
バタバタと忙しい・・・。

ギルドの設備を借りて1ダースと4枚ほどあった粗皮を5ダースほどのバッファローレザーに変える。
この辺はレザーにする作業だけでも修練値が200入ったのが救い、
というか失敗が一度もなかったのが良かったな・・さすが設備+手引きありだと安定する。
これで修練値が3000ほど入り、残りの修練が10000を切った。
もう少しだ・・・。

その後はひたすら爪革(バッファロー)の作業。

最初は4/5の確率だったが・・潜在ランクが上がってきた事で
次第に割れることが頻繁になり、しまいには1/2の確率で割れてしまうことも・・。
うえぇぇ・・なんなんだこれ。
つか、元素が不安定になったら失敗する確率が急激に上がってしまう・・・。

更にこの爪革(バッファロー)自体は修練値180~200ほどとあまりおいしくない。
ただでさえ失敗するってのに、この入りようは・・・。
こんなものでR30以降も続けてないといけないのか。
爪革自体は靴の材料として使われるので
これでも安定しないようだったら、靴作りの手引き取得を考えないといけない。

度々爪革が失敗し、イライラがピークに。
ただ修練値が残りわずかになってきたので、再び爪革(ドードー)の作業に戻る。

なんつーか・・この辺は非常に気の遠くなるような作業だった。

このランク帯はホントに厳しい。
ただ、目標のためにひたすら頑張ってきたNobuzouは確実に前へと進んでいた。

こうして長い作業を続けてきた結果・・・。

Nobuzouの革細工ランクが30に到達した・・・!

あぁぁぁ・・ようやく30か。

クラフターでランクが30に到達したのはこれがはじめて。
何気に嬉しい・・・というよりやっと・・という安堵の気持ちが強かった。

ちなみにランク30で習得したインナークワイエットは
素材系の進捗成功がアップするものらしい。
素材というと、やはり爪革も入るのかね。
もしそうなら今後はこちらも活用していきたいところ。

というより目標は達成したので、革細工の修行はここらで打ち止めにしよう。

お次は彫金あげようか鍛冶を上げようか。
大量に生産したブラスナゲットをどう使っていこうかな。

|

« 園芸クエスト「グリダニアの根っこ」、他。 | トップページ | 革細工は一休み、お次は・・・? »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。