« 採掘R30クエ「とっておき大作戦」、他。 | トップページ | 鍛冶R32~クロウビークハンマーに挑戦。 »

クルザス採掘への旅。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア

修行が一段落したところで、丁度LSメンバーと顔をそろえる。
何気にソイさんとはLS参加時に会って以来だったりするが、
ソイさんの声、ちょっとギャップあって笑ってしまった(w

今回は暇をもてあましていたので、
ティドとクルザスへ採掘の旅に出かけることになる。

クルザスへいくのはこれがはじめてだなぁ。
先導たのんますー。

エメラルドモス経由で向かうことになる。ワリと近い場所からいけるんだなぁ。

一方で走りながらも会話しているティド。
道中こっちは走るだけで会話もろくに打てなかった(w
器用だなぁという話をしていると
オートランやストーキング機能についていろいろ聞かせてもらった。

そういやFF11にも似たような機能があったなぁ。
今まで使っていなかったが、今後は活用させてもらおう。

クルザスに到着する。
何気に雰囲気がFF11のロランベリー高地を彷彿とさせるような場所だった。

クルザスでは、主にキャンプ・グローリー周辺で採掘を行う。
高原のような場所だがMAPを見てみるとこれまた迷路状の広いエリア。
他の場所はアクティブの敵もいて採掘の方は中々厳しいそうだ。

洞窟の中でも少しだけ採掘を行うが、そこにもアクティブのコウモリが湧いている。

やはりこの一帯のレベルに入ると相応のスキルつけてないと厳しそうだな。
敵に気づかれずに採掘できるとか、そんなスキルがあったような気がする。

クルザスにて採掘を始める。
グローリー周辺はグレード4にあたる。
この辺はフローライト原石などの上位原石をはじめ
霊銀鉱、金砂などのレアも取れるが、腐葉土や褐鉄鉱も頻繁に取れる。
自分にはあまり役に立たないものだから、不要土やカス鉄鉱などと勝手にそう呼んでいるが・・。
この辺はノフィカの井戸と比べると霊銀鉱が比較的とれるほうだった。

今回で霊銀鉱を8個入手。
これ4つとファイアクリスタル4個消費でミスリルナゲットが作れるが
失敗すると痛いので生成はまた今度にしよう。

金砂は2個しか取れなかった。
エレクトラムナゲットの材料っぽい感じはするが、
こちらはまだ実装されていないのかな。
ミスリルの領域に入るまでにチョーカーあたりは作っておきたいところ。

ティドから採掘時の取得制限についていろいろ教えてもらった。
今まで採掘回数で決まっていると思い込んでいたのだが
取得制限はどうやら時間で決まっているらしい。

採掘場には時間が設定されていて、
タイムリミットに相当した人が採掘を終えた時点で崩落する。

そんなシステムになってたのか・・おそらく園芸も同様だろうな。

採集は人並みにやってきたつもりだが、まだまだ知らないことがたくさんありそうだなぁ。
勉強になります。

採掘中は雑談率が多かった。
主に他のゲームの話題で盛り上がる。
この辺では大龍黒曜石というレアな鉱物が取れるが
名前がモンハンっぽいというとそれ系の話題で盛り上がったり(w

それはそれで楽しかったが、肝心のこのゲームの話題については
何気に乏しかったりするのが、少々寂しい点ではあった。
まぁ今の段階では発展途上だからなぁ。気長に見ていくつもりではいる。

一通り採掘を終えて、最後は湖周辺にて記念撮影を行う。

晴れてたらよかったんだが、湖についた途端雨降るとか。
これはどっちかが雨男だな(w

おまけに夜になっていたので映りはあまりよろしくないが・・。

モーションとっての記念撮影、これが1回目。
自分は敬礼、ティドは・・何故かうなだれている(w
夜中に湖をバックにして撮ってるもんだから、心霊とかそういう話にもなる。
ティドが何気に心霊っぽい感じがしたので2回目の撮影。

今度は伸びをしてみたが、ちと中途半端になってしまったな。
こうしてはじめての記念撮影も無事終了。

その後はウルダハに立ち寄り、ティドから亜鉛鉱6ダースほどいただいた。
おぉぉ、これだけあれば鍛冶の修行に打ち込める、感謝です。

というわけで今回はクルザス採掘旅行の旅をお届け。

このゲームはシステムのインターフェースなどでいろいろ問題を抱えているが
明日のバージョンアップで果たして何が変わったのか。

そこのところはまた後日お届けできたらと。

|

« 採掘R30クエ「とっておき大作戦」、他。 | トップページ | 鍛冶R32~クロウビークハンマーに挑戦。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。