« ポリッシュドピック完成!・・・ところが。 | トップページ | レリーフアイアンソー完成~革ランク31に。 »

はじめての霊銀鉱入手~鍛冶ランク30に到達。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア

前回、ひじょーに複雑な心境でポリッシュドピックを完成させたが・・。

さすがに1ランク上のピックを使用している成果か
ノフィカの井戸で難関だったあの霊銀鉱がついにとれるようになった。

Reminderゲージの消費が2回まで抑えられるようになったのは大きいな。
ただ1回目で手ごたえ感じないと、高確率でアウトだが・・。

この霊銀鉱x4とファイアクリスタル4つ消費でミスリルナゲットが作れるらしい。
ミスリル系はR40以降の装備だろうからまだ自分には早いレベルか。

リーヴで軽く金策した後は、リムサに飛んで鍛冶リーヴをこなす。
R30~アイアンプライヤーのリーヴ、鍛冶R28だったが、元素不安定でも落ち着いた作業で
作業工数6/6で完了。
鍛冶はSTRとINTに影響しているようで、自分の場合はSTRが高いので安定している場合もあるのかもしれない。
反面INTが低いので、失敗する時はとにかくボンボン続きの時もある。

そういえば、以前アイアンアウルとプライヤーを自作したが
アウルの方はリテイナーのバザーに置いた所、25000Gで売れた。

プレイヤーの方は手持ちバザーでいまだ売れる気配はなし。
工具系はリテイナーに置いた方が売れやすいのか。

ナゲットの準備は整っていたので
プーク狩りでシャードを稼いだ後は、珍しく外で修行に入るNobuzou。
R28で潜在がたまっている状態だったが
修練値が200~250とかろうじて200きらない程度。

使用したブラスナゲットは3ダースと50個。
危ないな面もあったが
作業工数114/114と無傷で100本ノック達成。

鍛冶ランクを29に上げた。
後1ランクか・・頑張らねば。

鍛冶ランクが相応に上がり、修理範囲も広がってきたので
そろそろ新しい工具を購入しようとリテイナー街に出向く。

お目当てはアイアンヘッドナイフ。

ヘッドナイフ自体は鍛冶R35ほどないと作れない代物だとか。
さすがにそこまであげられるほど革細工のほうは待つ事は出来なかったので
思い切って100000Gで購入。

ふぅ、高い買い物は勇気がいるぜ・・。

ところが、その直後お隣で98000Gでヘッドナイフを見た時は・・。
少しガックシきながらもリテイナー街を後にする。

アイアンヘッドナイフ購入で、今まで長い事使ってきた
ブラスヘッドナイフともお別れの時が来た。

このナイフには結構お世話になったなぁ。
2回失敗して3度目でナイフブレード完成させて、それなりに苦労して完成させたヘッドナイフ。
以降は革ランク10台~30に至るまで、ひたすら使い込んだ。
工具で一番長いこと使っていたかもしれない。

リテイナーのバザーにて25000Gで売りに出したところ、翌日完売。
自分のお古だが、大事に使ってやってくだせぇ。

ナゲットを生成して、再び鍛冶の修行に入る。
さすがに修練39000も必要では1回では溜まるはずもない。
とりあえず次の修行に向けて10000ほど溜めておくことに。

今回は何故かミスの連続、R28では無傷だったが
ナゲット2ダース消化するまで3回も割ってしまう。
何やってんだ、しっかりしろ。

グリダニアの傭兵リーヴの報酬でフューシャハットを入手する。
術系の人で装備しているのをよく見かけるが・・。
Nobuzouが装備しても・・・似あわねぇー。
ピンクとか・・やはり色黒のNobuzouには茶色か緑があっているようだ。

ナゲットがなくなったのでトランキルで亜鉛鉱掘り。
作業中、LSではエロ話やティドさんのクルザス話で盛り上がる。
面白いあまりに作業に集中できなかったが、それでも亜鉛鉱は50個ほど確保する。
後は銅鉱だ・・本来なら鉱山社に出向いて購入する所だったが・・。

今回はたまたま採掘専門のティドさんがいたので
銅鉱が余っていないかを聞いてみた。

さすがにリーヴを消化しているのか銅鉱が4ダースほど余っていたようで
それを譲ってもらう事になる。

早速ウルダハで待ち合わせる事に。

このゲームを開始して、はじめてトレード機能を使うことになったが・・。
画像を見ても、これはトレード・・というより一方的に貰うだけのものだった(w

自分がお金を払うといっても、
タダで受け取っちゃってくださいと太っ腹なティドさん。

4ダースだと本来なら、鉱山社で20000G近く出す予定だったが・・。
これは非常にありがたい、感謝です。

その他に自分が見たこともなかったペリドット原石やガーネット原石もいただいた。
さて、これを宝石にして、何をつくろうかな。

タダで貰うだけではあんまりだったので
ティドさんが使うポリッシュドピックを修理することになる。
ポリッシュドの修理は初めてだが、鍛冶R29なら余裕でいけるだろう。

と、ここでも20000Gと破格な修理代で頼んでくるティドさん。
うわぁ、20000Gとか・・こんな高額な修理代ははじめてだった。

シャード代のことを突かれてさすがに耳が痛かったな(w

早速修理させていただこうと・・修理に入る。

ところが・・何故か出品状況に不備がある・・と表示されてしまう。

あれ・・・。

・・・おいおい、何やってんだおまえ。
なんとポリッシュドピックは隣にいたCoo Clenというララフェルに修理されてしまった。

自分の仕事をとられて落ち込んでしまったが・・
まぁこんな場所を選んでしまった自分にも問題あるのか。
それ以前に20000Gで目つけないヤツもいないか(w

今度は人気のないところでやることにしよう。

ティドさんのおかげで銅鉱もたまり、ナゲットの生成もスムーズに。
3ダースほど生成し、再び鍛冶の修行に入る。

潜在がリセットされ、入る修練値は200~280ほど。
平均で250ほどの、修練値。まだ280も入ることに驚き。

R29に入っても元素不安定が頻繁に続くが
粘り強い作業で乗り切っていく。

修練10000ほど地盤固めしていたので、今回も
3ダースと50ほどナゲットを消化してジャベリンヘッド100本ノック。

2時間ほどの長い作業をこなして、Nobuzouの鍛冶ランクがようやく30に到達した。

革細工、彫金に続き、クラフター3クラス目で30に到達。
何気に達成感を感じる。

鍛冶ランク30で「工面算段」を習得。
適正が部品のようで、なんでも作業の難易度を下げるもののようだ。
適正の時は4回まで、そうでない時は3回までの発動時間。
試しにジャベリンヘッドで使ってみたが、心なしか元素不安定時でも成功する確率が上がったような気がする。
これは使って置いて損はないスキルか。

今後はプリザ、テンダーに続き、この工面算段も使い分けていく事になりそうだ。

というわけで今回は鍛冶ランクが30に到達した事をお届け。

そろそろ鍛冶R32~主道具
クロウビークハンマーを視野に入れたいところだ。

|

« ポリッシュドピック完成!・・・ところが。 | トップページ | レリーフアイアンソー完成~革ランク31に。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。