« ランクあげのためにひたすら駆け回る日々。 | トップページ | 彫金、木工着々と~アイアンピックに挑戦。 »

何かと四苦八苦な日々。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア

Nobuzouのフィジカルレベルが46になる。

確かレベル50でカンストなんだっけか。
クラフターやってる身としてはフィジカルなんておまけのようなもの。

むしろファイターにおいては
クラスランクを上げて適正レベルの装備品を整えないと強くならない。

ブラスナックルを完成し、ファンガーあたりを叩いてみたが
ダメージが一発で60ほどと、メタルナックルのときとさほど変わらないダメージ。
やはり適正R23のため補正がかかっているか。

そろそろ格闘のランクでも上げていきたいものだが、
本業に手を出さないというのも何か落ち着かない。
というわけで今回もひたすらアイテムラッシュで修練値を稼いでいくNobuzou。

グリダニアの彫金リーヴR20~、シルバーリストレットx4の製作。
作業工数が6と多く、一回で修練値が400前後入るかなりおいしいリーヴ。

彫金ランク24、プリザーブもそこそこに全作業工数で成功させる。

これでいよいよシルバーの領域に入ったかと思われたが
シルバーイヤリングの製作に手こずり失敗・・。
ぬぅ、適正までもうちょいあげないといけないかなぁ。

ウルダハに戻り、販売用にブラスナックルを製作。
こちらは度々ボンボンならしてまずい状態だったが
残り耐用度3でギリギリ完成・・あぶねぇ。

相場が読めなかったので一応85000Gでバザーに出してみる。
買う人いるかなぁ・・?

ここ最近シャードの購入費用が増してきた分
少しでも金の足しに出来ればいいが・・。
これの売れ行きがいいことに期待。

またストラップとシルバーリベットがそれなりに余っている状態。
売れ行きが良かったらブラスナックルをまた作ろうと思うが
材料に使うバッファローレザー。

今自分が装備しているツールベルトとレザーワークブーツが
修理素材がバッファローレザーの端切れなため、補充のためにレザーを割く事も多い。
今後ランク20後半の防具を整えると、ますます端切れの消費が多くなる。

バッファローレザーもますます需要が高まるだろう。
というか最近バザー見ても1枚5000G以上で出している人が多い。

5000Gはまだギリギリ出せる範囲だが、それ以上となるとちょっと厳しい。
リーヴ受けて粗皮の方はそこそこ溜まっているので
革細工のランクを早いところ25に乗せてレザーを作れるようにしたい。

こんな事を考えると革細工をあげたくなるが、今回は優先して彫金を上げていく。
ひたすらブラスリングラッシュ。

24になっても未だに200切らない。

失敗もほとんどなくなったのでラッシュが掛けやすくなった分
ブラスナゲット生成のためにどうしても銅鉱と亜鉛鉱が不足してしまうので
切れる度にドライボーンにて採掘作業を続ける。

その一方でバザーにて綿布(オリーヴ)が売られていたので
試しにオリーヴスロップを作ってみる。
白いスロップはなんとなく嫌だったので(w

まぁ・・綿布(オリーヴ)というと、あのオリーヴダブレットの悪夢がよぎるわけだが・・。

今回はコットンの時とはうって変わって楽々成功。
今後はこのスロップを履いて作業を続ける事に。
コットンスロップはGJsanaのバザーで9000Gで出しておいた。
戻ってきた時には既に完売。まいどありー!

ウィンドシャードもそこそこ溜まっていたので
木工のウィローハーフマスクのラッシュを掛けてみる。

ランク13で成功確率はプリザーブ&テンダー、アイアンソーで10/12。

ランク15で6割の確率といわれているワリには、かなり成功している方だが
進捗成功よりあきらかに失敗が多く、とにかくボンボンいいまくる。
失敗しても進捗がそこそこあがるため、成功/失敗が3/7といった状況で成功する事もある。
完成はしているが作業している上ではあまり安定していないといった所。
アイアンソーの適正で補正がかかってるのも原因にあるのかな。

今回は木工のランクは14に上がった。
こちらも早くアイアンピックの射程に入りたいところ。

ウルダハにて久々にクラロアズの依頼を受けてみる。

昏睡毒素を作れというもの。
錬成の範囲だが、毒素系に手を出すのは初めてだな。
作業工数6で4つ成功させなければならない。

R20~からのリーヴ、Nobuzouの練成Rが20なので結構ギリギリな作業化と思われたが・・。

案の定ギリギリ・・というより大苦戦。
錬成が本家であるプリザーブを使ってもボンボンいいまくる。

ギリギリで成功してはあっさり失敗したりと3回成功2回失敗で後がない状態。
お隣で簡単に毒素作ってる輩がウザかったので場所を変えて最後の製作。

途中暴発が起きてまずかったが、なんとか成功させる。
Nobuzouの面目は保たれた。

それにしても、毒素ってかなり難しいんだな・・。
毒系ってブラインダガーやサイレスダガーの材料か。
こちらの武器は自分とは無縁な範囲だな・・そのうち作る時が来るのだろうか。

リーヴの報酬でジンセンx12を貰ったが、何に使うのかわからず
1つ230Gで売れるので全部売り払った。

軽い小遣い稼ぎにはなった。

ノフィカの採掘、ホライズンの伐採で小遣い稼ぎをした後は
ウルダハに戻り、リテイナー街にてシャードを探す。

だが、これが中々見当たらない。

ウィンドもそうだが、ファイアシャードすら見当たらないというのは深刻だな。
全くない場合はクリスタルを割かないといけない。

頭を悩ませながらも、テイラー通りをうろついていると
目に止まったのは綿布(ヴァーミリオン)だった。
今日はヤケに色つき綿布が目につくな。
1枚5000G、ちょうど4枚あったので全部購入。

これで以前のリベンジといわんばかりにヴァーミリオンダブレットの製作に挑んでみた・・・が。

材料を製作したまではいい。

最初の進捗成功12%だった時点で嫌な雰囲気だったが、その後がボンボン続きで
アッサリ割れてしまった。

オリーヴの時は元素暴発さえなければ成功していた惜しい状態だったのに
これはいともアッサリと・・いずれもR16~装備品なので難易度は同じだと思うが
R16のダブレットはランク14では厳しいという事がよくわかる結果だった。

25000Gほど、その他シャードを損失したがいい授業料になった。

少し損してしまったので、再びホライズンに出向き、
×ゲームの意味合いも兼ねて、傭兵家業のリーヴで損失分を取り戻す事に。

錆びた古代剣の調達。

各所に湧いているワイトどもを倒して錆びた古代剣を指定数入手しろ・・と。

このワイト、2体1セット。
攻撃しかければ2体の集中攻撃を浴びる。

いまのNobuzouではこの骨どもの攻撃を些かきついものだった。

コンカシブブローが決まらなければ、1体倒す事も難しい。
HPがまずくなったら、とにかく後退するしかないが
背後からシャドーシックルを浴びて撃沈したりと
このリーヴだけで3回ほどノックアウトしてしまうNobuzou。

衰弱を治したりで時間を要してる上に、予想以上にワイトどもに手こずる。

四苦八苦しながらもワイトを片付け、錆びた古代剣18/20調達。
後一匹倒せばクリア・・!と無理に深追いした結果、またワイトの攻撃で倒れてしまう。

これはやっちまったな・・。
残り時間2分では衰弱は直しきれず、
衰弱状態のままワイトに挑もうとしたが、そこで無念のタイムアウト・・。

傭兵リーヴでタイムアウトで失敗してしまったのはこれが初めてとなる。
最後深追いしなければ・・・普通にミスってしまった。

その後は賊退治、
ずいぶん前に2ショットしたレイダーさんとフットバッドさんをそれぞれ6人相手にする。

こちらはワイトよりはまだいける範囲で、
コンカシブが決まれば一気に2人倒したりもできる状態だった・・が。

いけると思ったあまり、深追いしてやられてしまったりと・・
このリーヴも2回ほど倒れてしまった。
我ながらなさけない。

こちらは残り時間7分切った辺りでなんとかクリアするが・・。

・・いかにももうヘトヘトといったNobuzou。
久々体動かしたもんだから、かなりナマってるんだろうな。

とりあえずお疲れ様といっておこう。

傭兵リーヴは格闘ランクもボチボチあげていく必要があるなぁという苦い内容だった。

|

« ランクあげのためにひたすら駆け回る日々。 | トップページ | 彫金、木工着々と~アイアンピックに挑戦。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。