« 貴方のかたち~リムサ・ロミンサへ。 | トップページ | メタルナックルとドードーレザーの日々。 »

グリダニアへ・・・。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
現在地:リムサ・ロミンサ

前回、リムサ・ロミンサに到着。

いくつかリーヴを消化してみたが
ここではウルダハと違って採掘・グレード3のリーヴが用意されていた。
早速受けてみたが、場所がブラッドショア・・これまた遠い場所だったが・・
軽く小遣い稼ぎ。

ついでにグレード2の園芸報酬でメープルパッテン(オリーヴソックス)を入手した。
グレイカリガと性能的に変わらない。魔法加工+4・・これは作業用かな。

リムサでは漁業が盛んな事もあってか、ダークバスを安売りしている人もチラホラ。
ウルダハだと2~3000Gがデフォだが、こちらは1000Gで売っている人もいたので即購入。

これで倉庫にとっておいたシーキューカンバーをようやく捌ける・・・
正直、倉庫が魚臭くなって困っていたんだ。
ダークバスx3、シーキューカンバー、濁水で魚にかわを3ダース、36個完成させる。
とりあえず自分が使う用はとっておいて余ったものはリテイナーのバザーにでも出しておくか。

一旦ウルダハへ戻り、準備を整えたら今度は別の地へと向かう。

今回はウルダハから東に向かった先にあるもう一つの国・グリダニアへ。

ドライボーンから更に東へ向かうと、黒衣森という森林地帯にたどり着く。

ザナラーンは荒野、ラノシアは平原と来て、こちらは緑の生い茂る森林。
深い森のためあまり陽が当たらず、全体的に暗い。
自然の雰囲気というよりも、いかにもジメジメしてそうな印象が強い場所。

MAPを見る限りだと軽い迷路のようになっている。
グリダニアは森の入口から北の場所。
そこまではかなり歩かなければならない。

浅いトンネルを何度も潜り抜ける。
要所要所にMAPの使い回しを見受けられる場面がいくつかあったが・・・。

MAP見ると緑色と黄緑色の通路があってややこしいが、、
黄緑色の通路は道中にあるトンネル付近から迂回するように登っていく。
迂回側から来ると2ルートあるので間違えて登ってしまう事もしばしば。

少し北にいった場所にてキャンプ・トランキルを発見。

この辺りは採掘・伐採がグレード3のようだ。

グリダニアではじめてたら
このトランキルまで来るのにかなり遠出をしなければならない。

黒衣森に慣れた人が更に下の入口を出て
ザナラーンの風景を見た時はどういった印象を受けたのだろうか。

この辺はアンテロープ・ドゥやファンガー(茸)、ガラゴ(猿)、
シックシェルやメガロクラブ(蟹)といったモンスターがいる。

さすがに蟹をソロで倒すのは難しい。
道中蟹退治をしているPTをチラホラと見かけた。

アンテロープは以前ソロで挑んだが返り討ちにあう。

茸辺りはソロでも何とか倒せる範囲だが、ガラゴはリンクされるとちときつい。

一本道を北へ進んでいくと、キャンプ・ベントブランチに到着。

グリダニアではここがグレード1の範囲。
そこから北へ進んでいくと、門が見えてくる。

長い道のりを経て、ようやくグリダニアへ到着。
うへぇ・・長かった。

早速、正面に冒険者ギルドがあったので、手始めにリーヴを受けてみる。

一応採掘・園芸ともランク20以上だが、ここではいずれもグレード3のリーヴが発生していなかった。
黒衣森の一帯に慣れる為にグレード2のリーヴを受ける。

キャンプ・エメラルドモスはグリダニアから北西の場所。
これも結構な距離を歩かなければならず・・。

キャンプについてリーヴを消化した後は、デジョンでトランキルに移動。
その周辺になれるために各地を伐採してみる。

この一帯ではオーク原木、アッシュ原木、ウィロー原木、エルム原木や枝、バンブー材が取れる。
エルムが取れるのか・・エルムケーンという武器は聞いたことがあるが、この材木から作るんだろう。

フェアリーアップルやアイアンエーコンも取れるが調理をしない自分には必要ないもの。
原木だけ調達して店売りかな。

草刈りでは亜麻を取れる場所を発見。
一度に4つ入手できたのでそこからリンシードオイルを作ってバザーに出す。
木工で使うので、木工ギルド本部のあるグリダニアでは需要があるだろうか。

伐採を繰り返して園芸はランク21に到達したが
未だに伐採回数が3のまま、早く回数が増えてほしい。

また、傭兵家業では格闘士ギルドトークンが1400ほど入るランク20~のリーヴが用意されていた。
試しに受けてみたが・・・。

テロックに返り討ち・・とほほ。1匹ずつなら何とかなったかもしれないが。
もうちょいランク上げて装備整えたら挑んでみるか。

アイテムが一杯になったら再びグリダニアへ。

各所を探索してみる。
リムサと違って、下層も上層もないのでそれほど迷う事はない。
ここには園芸、革細工、木工のギルド本部の他に、靴屋や粗革屋なるものまである。


これまでリーヴでのみ調達していたシープの粗皮も売っていたが7200Gとえらい高い・・。
ドードー14000とか誰が買うんだろ。

革細工の本部には切れ端各種やレザーなども売っていたが
バッファローレザー一枚8000Gとこれまた高い・・。
レザーストラップは何かと使うので、安ければ買おうと思ったが、これでは手が出ないな。

リムサからはるばるこの都市に来た大きな理由は
ここ最近修練値が伸び悩んでいる革細工の修行をするため。
そのためにギルド本部の設備は欠かせない。

ギルド本部に立ち寄るとドードーレザーラッシュをかけている人を多く見かける。
ドードーの粗皮とウィローチップで作れるが、試しにやってみたら撃沈・・。

R14から何かいいあげ方ないかなぁと探していると、
ドードーレザー+レザーストラップ(ドードー)で肩防護革(ドードー)という素材が作れる。
推奨ランクが14で丁度いい。試しに作ってみると
これが進捗失敗続きではあったものの耐用度減少が10と少なく、なんとか成功する範囲だった。
修練値が一回で300前後はいる。これは中々おいしい。

現状ではドードーレザーがまだ作れないので
本部にいた冒険者のバザーからドードーレザーを10個ほど買い込み、
肩防護革に10回ほど挑戦してみたが、これが全て成功。

光の玉は経過観察で虹色は避ける。
プリザーブ+テンダータッチでかなり安定する。

レザーストラップが足りなくなったら、ドードーレザーで補える。
ただ、難点があるとすれば、この肩防護革はウィンドシャードを5つも消費する。
5つ消費が痛いが、そこはバザーでクリスタル探したり、園芸でもしながら調達していこうかな。
その過程で園芸もランク上がるだろうし。

このグリダニアでは園芸と革細工を中心にあげていくことになりそうだ。
余裕があれば木工もあげていきたい。

|

« 貴方のかたち~リムサ・ロミンサへ。 | トップページ | メタルナックルとドードーレザーの日々。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。