« 採集用の衣装作り。 | トップページ | 生産用の作業服作り。 »

シャードの消費量についていけない・・・。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
現在地:リムサ・ロミンサ~ウルダハ。

アイアンCPハンマーを購入したのはいいが
2連続でニードル失敗したりと成功率が7/10だったりと
バードビークの時とさほど変わらない確率。

適正ランク22~の道具なので19では進捗に補正かかってるのかなぁと感じながらも作業を続ける、そんな日々。

前回大量に購入したウィンドクリスタルとバラのファイアシャードで
ひたすらアイアンニードルラッシュ。

ただ、ファイア、ウィンドシャードともそれぞれ8個ずつ消費するので
その分シャードにするためのクリスタルもどんどん消費していくことになる。

50個近くあったウィンドクリスタルも気がつけば10個に。

まぁこれは想定の範囲内ではあったが、一方で深刻だったのはファイアシャードだった。
リムサは鍛冶で盛んでファイアシャードを買う人が多い分、
シャード1個の相場が200~250Gと高い。
リテイナーのバザーを覗いたが200G以下で売ってる人は見かけなかった。

前回のメンテ後にリテイナー区画はジャンルごとに部屋が区分けされた事で
お目当ての素材を探しやすくはなった反面、
シャードそのものを売っている割合が圧倒的に減ったような気がする。

手持ちのバザーで売っている人が多いのかなぁと探してみても、これが中々見当たらず。
探し続けて1時間ほどでようやくシャード売りの人を発見。
180Gと安かったので100個ほど購入したが・・これなら戦闘してシャード稼いだ方が早かったか・・?
こちとらクラフター業が長いもんだから、ファイアシャードを高確率で落とすモンスターを全く知らず
その辺疎いんだよな・・・。

シャードの高騰はこれからも続いていくことだろう。
気がつけば1個500Gがデフォになっていたりと・・そんな時代は来て欲しくないな。

シャードの消費を抑えるべく、ローカルリーヴを受けて修練値を稼いでいく。

その成果もあって鍛冶ランクは念願の20に到達した。

これでアイアンニードルも楽になったかと思いきや
それでも7/10の確率だったりと、思ったほどの安定さはない。

ウィンドクリスタルの消費を抑えるために
採掘へと出かける。

作業中に採掘ランクが25に到達。
キングスイールドを開眼する。

獲得数が増加するらしい。

アクションを発生させて掘ってみたが、心なしか2個取れていたものが3個取れたりと
確かに増加したような気がする・・という気休め程度の技。
アクションコストが7と多いため、これつけるならヒット範囲広げるか、
レアアイテム率アップさせるか、使いどころに悩むな。

アニメ節約のため、船での移動。
ここで釣りをするのはすっかり恒例となってしまったが・・。


今回はコーラルバタフライという珍しい魚を釣り上げた。
少しアタリを感じる・・・が2回続けて発生したので3回目で釣り上げてみるとこいつが出てきたという・・。

はじめて釣り上げた魚なので200Gほどでバザーに出してみる事に。
誰か買う人いるんだろうか。

ウルダハに帰還後もアイアンニードルを作っていたが、やはり思ったより安定しない。
採掘で入手したシャードもどんどん減ってくるため、ここらで鍛冶の修行を中断。

革細工(R22)と彫金(R20)の修行に打ち込む。

まず、革細工は手始めにレザーアームガードを製作してみる。

ギャザラーでは採掘師のみが推奨なものの操具力が+9と大きい装備品。
適正がランク25~なのでいけるかなぁと期待はしたんだが・・・。

度重なる失敗、進捗度1回で20以上も減る難度で見事に撃沈。

まだレザー系に行き着くのは早いのかねぇ・・。
ドードー系から卒業したいもんだが。

一方、ここ最近怠けていた彫金だったが、ブラスナゲットを大量に量産してとにかくブラスリングラッシュをかける。
R20になっても修練値が300ほど入ったりするのでワリとおいしい。

ブラスリングはランク19までかなり安定しなかった記憶はあるが
アイアンチェーサーハンマー装備だと18/20と幾分安定してきた。

今回で彫金ランクが21に上がる。
久々にランク上げたなぁ・・いつ以来だろ。

こうして作業を続けていくのはいいが、
採集用装備で作業をするのはいかがなものかと首を捻る。

アイアンニードルも未だに安定しないのは物理加工などが低いのが原因なのか。
というわけでそろそろ加工重視で作業用の装備を整えていくことにしよう。

次回はその装備品作りをお届け。
はてさて、何が仕上がる事やら・・。

|

« 採集用の衣装作り。 | トップページ | 生産用の作業服作り。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。