« 木こりのNobuzouさん。 | トップページ | バッファローレザーに挑戦~ひたすらラッシュな日々。 »

ドードージャーキン完成なるか!?

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
主な拠点:ウルダハ、グリダニア(トランキル)。

現在、木工と革細工の修行中。
両方ともランク25まで上げて
木工はアイアンサイズ・アイアンモール。
革細工ではドードージャーキンを作り、バッファローの領域に入りたい。

この2つのクラスの本部がグリダニアにあるため
そこが主な拠点になっている実状。

すっかり木と革のにおいが染み付いてしまっているNobuzou。

バザーで購入した粗皮をレザーにして、ひたすら爪革ラッシュ。

粗皮が足りなくなったら報酬で粗皮が出ているリーヴを受ける。
モール・シニューコードなんてすっかり修練値が入らなくなっているが
それでも粗皮のためにせっせと作業を続ける。

またレザーラッシュでウィローチップも相当数減ってしまうので
木工用に溜めておいたウィロー原木をすりつぶす。

ドードーレザーはアイアンアウルの方が安定しやすい。
爪革はアウルだと安定しないのでヘッドナイフのままで。

また、ドードーレザーは5,6ダースほど作るため
そのいくつかは修理に対応するための端切れを作る。

大体20枚ほどつくっておけば、修理依頼にも即対応できる。

端切れでの修理は大体3000G~で引き受けているが、この辺もシャードの資金には欠かせない仕事。

R24だとレザーや爪革もすっかりまずくなって入る修練値は180前後といったところ。
ここまではまだ許容範囲、本当地獄はR25以降か。

レザー→爪革ときてアイスシャードの消費も激しく、費用の負担も重なる。

資金はギルドリーヴなど受けて補う。


採集だけでは余裕がなくなってきたので傭兵家業もやるNobuzou。
久々に体も動かさんとな・・。
ただ、戦闘用の装備はアイテム欄が圧迫するので倉庫においてある状態。
そのため採集用装備で戦闘していることがもっぱら。

アイスクリスタルを大量に購入するが、細砂が切れたため
ウルダハに一時帰還、シャードに分割して、その場で爪革ラッシュをかける。

R24でも耐用度5でフィニッシュとかワリとギリギリな作業もあったが・・。
それらの作業を乗り越え、Nobuozouの革細工ランクが25に到達。

ふぅ・・ここまで長かった。
一応一つの目標を達成したので、そろそろ本題のドードージャーキンに取り掛かることに。

ドードージャーキンの必要材料は
綿布、綿糸、ドードーレザー、ドードーレザーの端切れ、
レザーストラップ(シープ)、胸防護革(バッファロー)。

足りないものは胸防護革(バッファロー)。

これ作れるかなぁと不安があったが、某所で聞いてみたところ
肩防護革の方がR22でも余裕で作れる範囲だそうで、同じレベルならいけるだろうと。

胸防護革にはレッドオーカーレザーを消費する。
これはレザーストップを作る際に予備に購入したもう1枚を使う。

材料が揃い、いざ胸防護革(バッファロー)の製作。

テンダーを使い中盤までは進捗65%、耐用度75と安定していたが、
テンダーが消えた後はボンボンなりまくる。

プリザーブを使っても度々ボンボンいっていたが
なんとか胸防護革を完成させる。

これで材料が全て揃ったー!と思いきや
レザーストラップ(シープ)が足りなかった。

材料を作るのにウィンドシャードを何かと消費する。
仕方なく予備のクリスタルをシャードにしてストラップを作る。

これで今度こそ材料がそろい、さぁ、ドードージャーキンの製作だ!
と取り掛かろうとするが、ここである問題が発生する。

ドードージャーキンは複合、裁縫ランクが15必要らしい。

現在裁縫ランクが14・・・後3000ほどで上がる。
あぁ・・面倒だなぁ、裁縫はとにかく嫌な思い出しかないんだが
ジャーキンのためにやるしかない。

モコ草を大量に購入し、草糸を90個ほど作る。
そこからひたすら草布ラッシュ。

ランク14・・設備ありでも普通に失敗するんだな。
これだから裁縫は嫌だ。

他の連中が完成品や綿布ばかり作ってて
今時、草布なんて作ってるの自分だけだからな・・しのびないわ。

こうしてひとり寂しく片隅で作業を続けていたが、なんとか裁縫ランクを15に上げた。
もう面倒だ・・しばらくこのクラスはやりたくない。

条件が揃い、ようやくドードージャーキンの製作に入れる。

これで失敗したら・・とか考えたくもないが、
これのためにここまで来たのだからやるしかない。

開始、進捗が1度成功するが、その後は2連続ボンボンで耐用度が減り続ける・・・。
光の玉は勿論考慮、余裕があるときは白が出るまで時間経過。

テンダーを使い、なんとか耐用度を保ちつつ、作業を続けるNobuzou。
プリザーブでもあまり流れが変わらない状況だったが・・・。

ボンボン言いつつも、進捗は確実に伸びていったのが救いだったか。
苦戦の末、ドードージャーキンを完成させる。

あぶなぁぁ・・・一歩間違えれば失敗の範囲だったな。
無事作れてよかった。

お、なんかちょっとだけかっこいい。
獲得力+15、現在のグレイジャーキンより+5アップ。
これで1ランク上の採集用装備が一つ増えた。

かなり長い期間お世話になったグレイジャーキンともお別れの時。
適正R17~なので17000Gで出しておこう。誰か買う人いるかな。

また今回はレザーアームガードにも挑戦。
これにも2回ほど挑戦はしていたが、いずれも失敗に終わっていた。
R24+アイアンアウルで余裕らしいが・・今回はランク25.
これならアウルでいけるだろう製作に取り掛かるが・・・。

あ、やっちまった。
いつもの癖で主道具のブラスヘッドナイフで製作を始めてしまう。
ジャーキンですっかり緊張の糸が切れてしまったか(w

材料無駄にしたかなぁとため息が漏れるが・・・。
これが思いの他、進捗成功が続いていく。

3度目の挑戦でようやくレザーアームガードを完成させた。
こちらは操具力+9だが、適正装備が採掘師のみ。

まぁ採集やるならドードーフィンガレスよりこっちの方がいいのかな。

というわけで今回は念願のドードージャーキン完成+おまけをお届け。

ドードージャーキン、レザーアームガード、
今後はこの新たな装備で採集していくことになる。

欲をいえば、後は頭装備を何とかしたいんだが、
頭装備は裁縫の領域だからな・・あまりやりたくない範囲だ。

一先ず目的は達成したが、革細工については
以前ギルドリーヴで入手した、レザーキュロット(ウォードタイツ)(R37~)
の修理に間に合わせるために、このまま修行を続けていく事にする。
爪革ラッシュはまだしばらく続きそう。

|

« 木こりのNobuzouさん。 | トップページ | バッファローレザーに挑戦~ひたすらラッシュな日々。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。