« グリダニアへ・・・。 | トップページ | 着々と鍛冶、着々と革細工。 »

メタルナックルとドードーレザーの日々。

ファイナルファンタジー14。

プレイヤー名:Nobuzou Banes。
サーバー:Gysahl
現在地:グリダニア

グリダニアのローカルリーヴでクリムゾンバークとやらへ向かってみたが
道中、テロックトラップの餌食になる。


感知タイプがいたのか・・ウルダハの峠にいたバザードみたいな存在がここにもいたんだな。
迂闊だったわ・・。

というわけで、前回グリダニアにて、革細工のランク上げのコツがわかり
昨日から実践中。

リムサとグリダニアにて1枚800~1000Gほどで売られていたドードーの粗皮を40枚近く購入。
これをドードーレザーにして肩防護革(ドードー)を作る・・といいたいところだが

R14ではドードーレザーがまともに作れないので
15まではバザーで売られているドードーレザーにお世話になる日々。

ここにきた時はR14だった革細工が15、16と次々と上がっていく。

革細工が15になったことでようやくメタルナックルの製作が可能になった。

現在フィッシュフックラッシュで鍛冶もランク15に到達している。
お互いR15で成功するかどうか、鍛冶本部の設備を使うためリムサに渡ってみる事に。

途中ウルダハに戻り、倉庫からバッファローレザーx2を取ってくる。
これは元々ヒマンテスの材料、ナックルガード(バッファロー)の材料として使うつもりだったが
今回意を決して使うことに。

実際ヒマンテスよりメタルナックルの方が性能はいいだろうしなぁ。

期待と不安を胸に、再びリムサ・ロミンサへ。


天候の悪い船旅で釣りなどして程よくリラックス。

釣り餌はモスプパだが・・ここではマルムケルプばかり釣れるな。

釣りランクが2にあがった。

リムサに到着、早速鍛冶本部でメタルナックル作成に取り掛かる。
これのためにリムサに来たので失敗したらどうしようかと不安続きだったが・・。

結果は・・・!?

進捗成功より失敗の回数の方が明らかに多かったが
耐用度が10~14とそれほど減らなかっただけ余裕は持てた。

前半プリザーブ、後半テンダータッチで決め、メタルナックルを完成させる。

予備の素材もあったのでもう一つ作ってみる。

こちらは耐用度残り50ほどでフィニッシュワークが出来るほど余裕はあった。
だがHQにはならず・・。なったらこれは自分用にしようと思ったが、残念。

こうして無事メタルナックルが完成。
一つはバザーにて45000Gで販売してみた。

バザーが密集している市場付近へいくと・・。

所持金が跳ね上がったいたのでバザー欄見ると
いつの間にかメタルナックルが買われていた。

だれが買ったんだろうか・・と辺りを見渡すと
メタルナックルもう一つありませんか?というTellが。

あぁ、後ろのララフェルさんが購入したのか。

もう一つ持っているが自分用なので売ることは出来ない。
丁重にお断りした。

せっかくリムサに来たのでギルドリーヴを受ける。
採掘リーヴを覗いてみると・・


ギルドトークンが条件のリーヴを発見。
これは受けないわけにはいかないな。
最初はx952だったが、クリア済みのリーヴと交換して1618に。
ギルドトークン受ける際は事前にクリアリーヴ用意しておいたほうがいいな。

リーヴ終了後、リムサに帰還、帰り間際にリテイナーのバザーを覗くとウィンドクリスタルが販売されていた。

ウルダハでは結構ぼった値段が多く、それ以外あまり見ない。
3000Gも高いかなぁとは思ったがリーヴの報酬を貰って若干余裕が持てたところ、
今後肩防護革でウィンドシャードを消費するため、思い切って20個ほど購入してみた。
全部で60000Gの出費なり。所持金が一気に50万を切った。

その場でシャード分割の作業をするが、1個だけ失敗・・1つ失敗で3300G(細砂代込み)
が損するんだぜ・・・ちっ。

結構時間がかかったが作業完了。
ウィンドシャードが全部で325個・・これだけあれば、相当のドードーレザーを捌けるだろう。

船待ちの最中、外人さんがサークレット(スフェーン)4500Gで購入してくれた。
話し相手のサークレットを買おうとしたようだが、
自分の方が安かったためそっちを購入したようだ。毎度ありー!

にしても結構長い期間・・1週間近く出していたサークレットがようやく売れた。
ここ最近サークレット系の売れ行きがかなり悪くなってきたな。
ブラス系もすっかり値崩れしている上に人気がない様子、今後は自粛しよう。

嵐の夜の船旅で、再び釣りを楽しむ。
だんだんコツは掴んできたのか、連続して釣り上げるようにはなったが
釣れるのは相変わらずマルムケルプばかりだった。
しかも+1、+2とか、魚に品質ついているのはいわゆる新鮮度ってヤツなのか?
ここにはこいつしかおらんのか・・。

釣りランクが3に上がりダウズを習得した。

リムサから再びグリダニアに戻り、革細工の作業をはじめる。

ランク16になったのはいいが、それでもドードーレザーを安定して作れない。
光の玉考慮&プリザーブ+テンダー駆使しても大体6,7割くらいの確率。

使っている道具はヘッドナイフだが、ランク16ともなるとそろそろ違う道具に乗り換えた方がいいのか。
ただランク12~のブラスヘッドナイフはバザーでも60000G~100000Gと値が張る。

ウルダハのバザーを覗いていけばそのうち見つかる範囲のものだが
さすがに1つの道具に10万も費やしたくない。

ここは一度自分で作ってみようかと考える。

ブラスヘッドナイフの材料はヘッドナイフブレード(ブラス)、
ヘッドナイフグリップ(メープル)、鬼にかわ。

ナイフブレードの方は鍛冶の領域。
鍛冶ランクは15、今のままで大丈夫か実践してみる。

ブラスナゲットx3を消費して開始。

光の玉考慮、プリザーブ&テンダータッチでも初見は進捗87%まで来て失敗。
二度目は途中で元素暴発が流れが変わり失敗。
ただ70%まで来ていたことから決して作れない範囲ではないはず・・・と
意を決して3度目の挑戦。

進捗85%で、耐用度残り12というこれまたピンチの状況だったが
残り耐用度5でなんとか乗り切った。あっぶねぇ・・ヒヤヒヤもんだ。

3度目の正直でヘッドナイフブレード(ブラス)を完成させる。

その他グリップはメープル材から、鬼にかわについては・・
これグリダニアにいっても売ってる人いなかったな。
仕方なくウルダハに戻り、バザーで20000Gで購入。
だが、後で15000G売りに出していたリテイナーあり。
焦って衝動的に買ってしまったが、ちゃんと調べておけばよかった。

こうして材料がそろい、ブラスヘッドナイフに挑戦。

結果は・・・!?

フィニッシュワークでHQに挑戦できるほど余裕があった。
ブラスヘッドナイフを完成させる。

これは普通に購入するより、明らかに安上がりに手に入った。

調子に乗ってチョコボテイルソーにも挑戦。

ソーブレード(ブロンズ)を作り、
アイアンリベットとブラスプレートレットを調達したまでは良かったが
ソーグリップ(アッシュ)、バザーでは見当たらず
材料にはブラスプレートが必要のようで、こちらもバザーには出回っていなかった。

ブラス板出してる人あまり見ないな・・・。
板金の領域だが、18から作成可能なんだっけ、これ上げるのも中々面倒。

その他ではドードーフィンガレスグローブにも挑戦。
必要素材はアイアンリベット、ドードーレザー、
レザーストラップ(ドードー)、アンテロープシニューコード。

アイアンリベットはまた高値で渋々購入することになったが・・。

こちらはどうなったのかというと・・。

初回、プリザーブで勢いに乗ったかと思いきや、そこからなんと失敗の連続。
4,5連続失敗で進捗が伸び悩み、80パーセントまで来て失敗してしまう。
うわぁ・・・こういう失敗の仕方が一番腹が立つんだよなぁ。

一つの作業ミスで流れが大きく変わるんだから。
何が起こるかわからん・・というより、これは挑戦するには早かったか。

ランク2つほど上げたら再度挑戦することにしよう。

ブラスヘッドナイフを苦労して作ったのはいいが
それでもR16ではドードーレザーは確実に成功する範囲ではなく。
粗皮を20枚ほど捌いて、おそらく4回ほど失敗したか。

それでもドードーレザーは計64枚に、
5ダース近くあるレザーを使って革防護革ラッシュをかける。
その過程で、革細工のランクが17に・・更に途中粗皮やレザーを買い足して
ラッシュをかけ、18にまで上がった。

18になってもまだ革防護革が200以上修練値が入る。
この流れが続くのならランク20までお世話になろうかな。

ただ肩防護革20個作るのに、ウィンドシャードは100個必要になるので
その辺の調達は些かネック。

足りない分はバザー覗いたり、採集に出かける。

バザーでもない時はトランキル付近で伐採。

前回は園芸ランク21だったが
今回でランク23まで上昇、一気に採掘ランクを追い抜いた。

ちなみにランク22になってから4回伐採できるように。
ただ草刈りは3回のままだった。

トランキル周辺は高低差はあるものの、ホライズンと違って
全体的にヤルムの間隔が短いので、次の作業が行き来しやすい利点はある。

シャードの調達もワリとスムーズなので、
採集もしばらくこの辺でお世話になろうか。

というわけで今回はここまで。

革細工も修練値の差で錬金を追い抜き、ランク20の射程に入ってきた。
目処がついたらリムサに渡って鍛冶の修行でもしようかな。
そろそろアイアン系の道具を作れるようにしたい・・・。

|

« グリダニアへ・・・。 | トップページ | 着々と鍛冶、着々と革細工。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。