« エルミナージュ2DS-アイテム盗んで世界が・・・変わった? | トップページ | エルミナージュ2DS-クース・マシトラの探索、大魔公戦での珍現象など。 »

エルミナージュ2DS-タロットが勝負を変えた日。

エルミナージュ2 DS REMIX。

El2_312El2_313

悪チーム、苦しい大魔公戦が続いていたが、ノブゾウのストーマにて
苦しくも石化出来た大魔公は倒す事は出来た・・が。

モンスター図鑑見ても、いずれもLV80~90、呪文抵抗や特殊抵抗も高いボス達。
石化が通ったのは運としか言いようがない。

やはりこちらも同じくらいレベル上げて挑まないと、
正攻法でやりあうのはきついか・・と感じていた頃。

El2_314

善チーム、悪チームに続く第3チームを修行させる。

古株のドワーフ・バミーゴは戦士一筋、
両刃の斧を装備させただけでもその火力は十分だが
トンボが奪い取ってきたブロンズクロウをメインに装備
両刃の斧はメインサブ解除にしてサブとして装備させて以降は
この第3チームの中心的な火力となる。

まだ16歳だってのに、こんなに髭まで蓄えちゃってまぁ・・・。

トンボが悪チームに狩り出されている中、代わりにこのチームにやってきたエルーテ。
以前はジニーがいて前衛後衛のやりくりに苦労したが
彼女の熟練の弓による援護が出てきてから、このメンバーもある程度戦えるようになってきた。

不安が残る前衛に、もう一つ火力を持たせようと、
魔術師だったアラジンが闘士に変更、ニックネームもハジと改名、髪も染めて気分をリフレッシュ。

トンボが盗んでくるアイテムが闘士用の装備が多いため
これを有効活用できないかと悩んだ末の決断。
本来なら、魔術も使える侍に転職させたかったが・・まぁこの際仕方がない。

闘士ではあるが、魔術時代に培った呪文は健在。
メンシスと比べると、異色ではあるがこのハジの活躍にも期待しよう。

反面、他の前衛シグレットとユルトン(遊楽者)がチームとしては今ひとつの存在。
シグレットは当初よりレベルとHPがあがってきたのはいいが、忍者用の武器が中々手に入らず
未だに早業の短刀などを使っている。

ウルナスではダメージが10~30とか、
火力がついていけず、首切り頼みな状況。

使える忍者武器を求めて古城やコントラキオを探索、
中々お目当ての者は出てこず、数時間の作業を要する。

灼熱の古城2Fにて宝箱からマーキスナイフを入手。
お・・・短刀、これは忍者用のサブ武器として使えるか・・!?と期待を抱いたが
これはフェアリー専用の武器・・・なんでせっかく出てきたレア武器がこんな限定的な武器なんだよ・・とため息を漏れる。

鍛冶で種族制限を解除出来る、
ダメージ強化は出来なくなるが早業よりは使えそうなのでそれでシグレットに装備させるか。

と、そんな感じでシグレットについては強い武器を捜し求める日々。
まぁ今の状態では深遠のアパーシャも追えない、とにかく修行。

一方、遊楽者のユルトン、
彼を前衛にもってきているのは、斧や盾も装備できるといった理由だったが、
戦士系と比べると明らかに心もとない。
というよりHPの伸びが遅いのが不安材料。

LV30以上まであげたが、ウルナスでは度々敵の大打撃を食らって撃沈したりと
明らかに前衛タイプではないという事を痛感させられた。

一時期このユルトンを前衛職に変えようかとずっと悩んでいたが
この際思い切って転職させてみようか考えた・・が。

遊楽者は一応魔術を使うことが出来る。
登録メンバーの中では遊楽者なんて職業をやっているのはこいつだけなので
なんとかこの職業を生かしてやりたい、ということで、この際後衛にコンバート。

一応、黒曜石のブーメランと氷柱の矢を装備させて射程Lの武器と魔術で後方から援護をとる形にした。

と、まぁこういう流れでいいかなぁと思っていたとき
ふと目に止まったのが遊楽者のスキル「タロット」。

タロットなんて運要素も絡んだものはあまり使う気になれなかったが、
Wikiの方にて、何やら面白い小ネタを見つけた。

El2_315

タロット「戦車」。

これは成功すると仲間全員のACを-10あげてくれるものだが
失敗すると敵全体のACも下がってしまうもの。

ところが、失敗した時に敵のACが-10になるため
ACがそれ以上低いモンスターでもACが強制的に-10になってしまう、というもの。

つまり回避率の高いモンスターにはこの戦車のドロー失敗がかなり効果的になるのだと・・・。

実際試してみると・・これが面白いことに見事に攻撃が決まるようになったのだ。

ウルナス・ラーデで苦手としていた堅いアンフィスバエナやドラスグロリア相手にも
ACを-10にすることで次々と攻撃が決まり、以前と比べると明らかに倒しやすくなった。

イベント戦ではタロットによる成功が1%になってしまうとかで
大半のタロットは使えないが、「戦車」の場合は逆に失敗すれば
敵のACを-10にしてくれるので、敵の回避率を下げる上では役に立つ。

これがあれば、ロブティでチマチマ敵のACを上げる必要もないというわけか。

また、これ以外のタロットにも、味方や敵全員、呪文抵抗や特殊抵抗を全て0にする「世界」や
敵のバッドステータスの抵抗率を0にする「吊るされた男」など、
よくよく考えるとかなり役に立ちそうな小技もある。

ボスはともかく雑魚戦においては、吊るされた男→ストーマで、敵を簡単に石化出来る。
装備解除で盗むの作業もこれでかなり楽になる。

ともあれ、タロットで敵の回避率を下げるという思わぬ手段が判明したので
試しに大魔公を相手にしてみる。

・・・と道中、ミルコ達が出現。

El2_316El2_317

別に楽しくならなくていいから。
というかそんな場所で笑顔みせないで・・まぶしすぎるから。

ただ、このミルコ達からも武器防具を頂戴できたりするわけで。
あの魔剣バルタギアスも盗めるとか・・替えとか利くんかい(w
今回トンボがいないため見逃してやるが、次こそは・・・!

ミルコ戦後のお相手はウルナス・ラーデ、水のシリンスにいる深遠のアパーシャ。
挑んだのはシグレットがいる第3チームだった。
まぁ今回は、この「戦車」でどれだけ大魔公を追い詰められるか、という実験的なものだったが
倒せる事に越した事はない。

El2_318_2El2_319

開幕ハリアス後、先頭にいる霊君ブラネットと霊嬢エリルをバミーゴ達で片づける。
その間、ユルトンがタロット・・・と。

お・・・?何やらタロットの確率が変わっていない。

どうやらこの大魔公戦は普通の雑魚戦と同じくタロットの%が通常通りのようだ。
つまり普通にタロットが使える・・と。

成功率が70%で1ターン目、戦車のドローが成功してしまう。
回避率があがったのはいいが、これではあまり意味がない。

2ターン目、続いてやってきたリッチどもを片づけていく。

その間、アパーシャはミッシングリングで後衛のエルーテとシスタに狙いを定める。

ちぃ・・射程武器かよ。これが中々のダメージで、攻撃しようとしていたエルーテがノックアウト。

前衛陣が2列目の敵を片付け、更にユルトンの戦車が失敗。
ACが-10となったアパーシャがそのまま前線に。

El2_318_2_2

ここからは一進一退の攻防だった。

前衛陣がアパーシャに着々とダメージを与える中、
アパーシャの攻撃で回復役のシスタもやられる。

残る回復役はシグレットのみだったが、そのまま攻撃に回る事に。

アパーシャが途中ソウルトラップをかけてきたが
ユルトン恐怖のみですぐにリカバリフェーズ、これは助かった。

3ターン目で4人となったがそのまま4ターン目、全員で一斉攻撃を仕掛ける。

ユルトン、バミーゴ、シグレットと着々とダメージを与えるも、それでも倒れず
暗雲立ち込めた状況だったが、それを払拭したのが闘士のハジだった。

El2_320El2_321

生まれ変わった自分を見よ!と言わんばかりの5回攻撃。

メインにブロンズキック、サブに竜の爪+3を装備させていたが
4回目でクリーンヒット、237ダメージ
5回目で8回ヒット163ダメージを与え、これが決定打となった。

深遠のアパーシャを見事撃沈することに成功。

おおお、まさかこのメンバーで勝てるとは思わなかった。
まぁ結構運も絡んでたが。

El2_322

アパーシャを撃破。
因縁との対決を制したシグレット、
その圧倒的だった存在にまだ震えが止まらないようだが
それでも狭間の魂を救いたい気持ちは本物。

諦めなければきっと助けられるはず!と前向きに締めくくった。

・・・え?アパーシャ倒したはずなのに、これで終わりじゃないのかと思ったが
次同じフロアに来ると、またアパーシャが復活していた。

アパーシャだけでなく以前倒したサマンベイアやアニマシエも復活していた。
あれぇ、こいつら消滅する事はないのか。

ともあれ、今回のアパーシャ戦を通じて、タロットが通常通りの確率であるという事。
戦車の思わぬ活用術も収穫だったが、
吊るされた男→ストーマで大魔公もあっけなく石化してしまうんでないかと。

これまで何度前衛職につかせようか、
場合によってはリストラの危機にもあったユルトンだったが、
これで遊楽者にも「タロット」で勝負するという一筋の光が見えた、そんな日だった。

|

« エルミナージュ2DS-アイテム盗んで世界が・・・変わった? | トップページ | エルミナージュ2DS-クース・マシトラの探索、大魔公戦での珍現象など。 »

NDS『エルミナージュ2 DS REMIX』」カテゴリの記事

コメント

どうも~happy02

こないだストーリークリアしました!
二回目ウルナは1分ぐらいで終わったけどレイザームと
シリンモリンに会ってなかったのでぶっちぎり。

その後シリンモリンに会ってただいまレイザームを探しています。

そういえばエンプーサに壊された武器にペンデクをかけたら
直ってましたよ。あれ?直らないのもあったのになぁ。

地味に二回目ウルナよりシリンモリンのほうが強かったですよ。
気のせいかなぁ。

(後ニノ国クリアおめでとうございますクリア後もファイトですよwink

投稿: kiiti | 2011年1月 9日 (日) 21時07分

どもですー。
おぉ、エルミIIクリアですかー。おめでとうですー。
お、今四賢者捜索中ですか。
シリンモリンは触手攻撃が凶悪でしたね。
HPも高い上に取り巻きもいるんで、自分もラスボスよりは手こずった印象が強いです。
なんの対策もせずにガチで挑んだらウルナより強いんじゃなかろうか。
関係ない話ですが、二ノ国でもシリンモリンに非常によく似たクラゲイルというボスと戦闘しましたが、こちらは雑魚でした(w

賢者捜索で一番面倒だったのはレイザームですねぇ。
しかも仲間にした後も逃げ出すんでその辺は注意です。

エンプーサに壊された武器直りましたか。よかったです。
自分は何故かペンデク使っても直りませんでしたね・・バグなんだろうか。
その辺の仕様も直してもらえば、もうちと楽になってたのになぁ。

投稿: NOB蔵 | 2011年1月10日 (月) 14時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« エルミナージュ2DS-アイテム盗んで世界が・・・変わった? | トップページ | エルミナージュ2DS-クース・マシトラの探索、大魔公戦での珍現象など。 »