« 黙々と合成・生産の日々。 | トップページ | Nobuzouのクラフター事情。 »

彫金以外にもいろいろ合成の日々。

ファイナルファンタジー14。
サーバー:Gysahl、現在地ウルダハ。
Nobuzou Banesでプレイ中。

緊急メンテナンス後、戻ってきてみたら旅商区には誰もいなかった件・・。
最初はびっくりしたが、一度外に出て戻ってきたらリテイナーが表示された。

採掘を繰り返して大量に入手した骨片を使って
ハープーンバット(ボーン)をひたすら作り続ける。
骨片とウィンドシャードx2があれば作れるお手頃な素材。

その他、彫金のローカルリーヴもこなしたことで
彫金ランクが12に、ブラスイヤリングが作成可能になった。

早速作ってみることにした・・・が。

初見は3連続進捗失敗、一気に耐用度が30も減る難度で
一回成功しても10%ほどしかあがらず、その後、運悪く元素暴発を起こしてしまい、作成不能・・・ほろ苦い形で失敗となる。

その後何度かトライしてみるも、成功どころか進捗は最高で50%くらいしか届かない・・これは難しい。
ランク12だとまだ早いのかね。ここまであげるのはそこそこ苦労したんだが・・そこからまた鍛錬が必要になるか。

しかしランク10以降はどうやってあげていこうか悩む。
ランク10までならハープーンバットでもいいと思うが、さすがに修練値が100ちょっとしかあがらなくなってきた。
他にお手頃な素材があるだろうか。

それに彫金ばかりやっているとウィンドシャードの消費も激しいので
足りなくなってきたらその都度、ドライボーンにて採掘・園芸の出張。

伐採の方がウィンドシャード手に入りやすいね。
金稼ぎという意味では伐採の方がいいが、

彫金では鉱物も使うので素材ほしいなら採掘やったりと、その辺は満遍なく。

彫金はその後、調子良かったハープーンバットまで失敗する始末だったので
他の合成に手を出してみる。

そろそろ自分の装備品を何とかせねばならない。

装飾については問題ないと思うが、
着用しているものがウェザード・ウォーン系の初期装備のまま。

出来れば購入せずに自分で装備品は作っていきたいなぁと。
何気にバザーで売られている1万以上の装備品は買う気になれないもので。
戦闘は格闘メインでいきたい自分は、格闘系の装備品を整えることに。
革細工・裁縫辺りになってくるのかな。
最初はリーヴで革細工の仕事をこなす。

新米含め、受注した4つが、いずれもサンダル作れといったものだった。

キャンプ・ブラックブラッシュにてお仕事開始。
後ろで戦っている人には目もくれず黙々と作業・・・
と、突然画面とコントローラーがブルッと揺れた時はちょっとだけ驚いたが(w

サンダルの仕事はすべて成功、ランクが4→7へと一気に上がった。
鍛冶ランク追い抜いちゃったな。

お次は裁縫、こちらはランク4、草糸くらいは無難に作れるが
ブラウンシャツなどは序盤で2回失敗するという嫌な雰囲気。
その後2回成功させて、なんとか依頼を達成させる。

だがなぁ・・この依頼先は、キャンプ・ブロークンウォーター。
あこまでいくのが非常に面倒。

リーブをこなして裁縫ランク4→6に。

で・・そこからいろいろ作っていきたかったんだが、
素材にレザーストラップやらシープレザーを使うものが多い。

グレイ系、トープ系、ドードー系など各種存在していて
それらを作るための素材を探すのが非常に面倒だった。

リテイナーのバザーにてシープレザーが1個200Gで売られていたので購入。
そこからレザーストラップ(シープ)x12は完成。

ここから革細工の装備品をいくつか作っていきたいところ。

防具もそうだが、武器も作っておきたい。
格闘を目指す自分には闘器やナックル系の武器がほしいが、
一番近そうだったのが「ホラ」。
必要な素材が骨片x2、黒蝶貝、にかわ、アンテロープ・シニューコード。

黒蝶貝は、リテイナーのバザーで2000Gほどで出している人を見かけたので即購入。
アンテーロープ・シニューコード、現状で入手できるのか?と思ったが
羚羊の腱+蜜蝋で作れるようだ。

羚羊の腱はどこかにないかと探していたが商店街にて3600Gで売られていた。
高いと思ったが購入してみる。

早速合成しようかと思ったが・・・

ライトニングシャードが切れていた・・。
裁縫でよく使うシャードだからなぁ・・草糸ばかり作ってすっからかん。

リテイナーのバザーを覗くが、1個250Gとか・・いつぞやの風シャード並みに高い。
足りない6個分で1500Gもかけるのは馬鹿らしいと感じたのでこれは一先ず置いておく事に。
これら材料は来たるべきときに使えるだろう。

各種シャードが切れかけていたので、バザーで購入&採掘へと出かける。

ドライボーンの丘付近をうろついていてふと目に止まったのがドードー。
こちらが作業中にもジッとガン見しているドードーさん。
ドライボーン周辺ではこういった光景は日常茶飯事。

現在フィジカルレベル21、ソロでも勝てるかなぁ・・とケンカを売ってみたが
こちらの攻撃が20ほどのダメージ、逆にドードーが100ほどのダメージを与えて返り討ちにあってしまう。

日々クラフターで過ごしている自分には、こいつの相手は荷が重すぎたようだ。
装備品が弱い上に格闘ランク7なのが響いてんのかな・・。

早くこいつをソロで狩れるようにしたい。

園芸のギルドリーブの最中、丘の上にてなにやら青い箱を発見、開けてみたら500ギルだった。
宝箱の出現はFF11同様ランダムなのかな。

ギルドリーヴの報酬でツールベルトを入手した。
防御値などはウェザードベルトと全く変わらないが、属性反発付加(?)かそんな能力がついていたので
今後はそれを装備する事に。

ウェザードベルトは修理するのが面倒だったので1Gで売った。

採掘でコツを掴んだ事でスフェーン原石もいくつか入手。
6個たまったのでここらでスフェーンにしてみる。

4個やってみたが、そのうち2個がスフェーンに。

スフェーン+にかわ+カッパーインゴットでサークレット(スフェーン)を2個完成させる。

宝石にするまでは難しいが、
サークレットにするのは資格も必要ないのでそれほど難しくはない。

他では、少し前に入手したシープレザー、レザーストラップ(シープ)に
メタルバックル(カッパー)、そして店売りしているモール・シニューコードと羊革の端切れで
ヴァンプレイスを完成させる。

革細工ランク7だったが失敗することなく2個成功。

腕装備品だが・・格闘家は装備できない。
とりあえずバザーにでも出しておく事に。

こうして見ると品揃えがそれなりに豊富になってきたような。
ここ2日ほどストローハット出してるが全く売れないなぁ・・。
500G→450Gにしても売れる気配がない。

400Gにしても売れないようだったら店売りするか。

今回は彫金以外にも、いろいろ合成に手を出している事をお届け。

いろいろ作るのはいいんだが、各種合成に手を出していると素材管理が大変になってきて
気づけば手持ちもリテイナーのアイテムもいっぱいいっぱい。

必要ないものはどんどん売っていくことにしよう。

|

« 黙々と合成・生産の日々。 | トップページ | Nobuzouのクラフター事情。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。