« 一人前のクラフターとなるために。 | トップページ | 彫金以外にもいろいろ合成の日々。 »

黙々と合成・生産の日々。

ファイナルファンタジー14。
サーバー:Gysahl、現在地ウルダハ。
Nobuzou Banesでプレイ中。

土日、午前・昼のうちはキャンプ・ドライボーン近郊で園芸・採掘。
夜・深夜は彫金・錬金、旅商区にてバザー巡回。

深夜帯は土日平日限らず、旅商区にいる。
シントゴート一番街にいるリテイナー・GJsana(ミコッテ)の傍にいることが多い。

バザーの整理や合成なり、GJsanaのお尻触ったりといろいろ。
Nobuzou Banesを見かけたら是非お立ち寄りを。
GJsanaは蜜蝋、水銀などの錬金からの素材。
Nobuzouは彫金、装飾のカッパー・ボーン系をバザーで比較的安めに売っています。
無論、早い者勝ちなのでお見逃しのないように。

朝・昼は園芸・採掘。
ともにランク10になり、そろそろ場所をグレード2のキャンプ・ドライボーン近郊に移す。

ここでもランドサーベイなどで場所を探すが、
さすがにランク一つ上がると現場間がそこそこ遠くなっている。

400ヤルム以内にないことも度々なので
プロスペクトIIなどで位置確認。
ドライボーン周辺は地形が入り組んでいて多少迷いがち。

伐採では、アッシュ、ウィロー原木他、ラワン、ラタン材、ラテックス、
材木系なども入手できるようになった。

木工系にはあまり積極的ではないので
店売りかバザー。原木系は1個1000Gほど、高値に設定しても売れる。
アッシュ原木1つ4000Gで売ってる人とかいるからね・・。
それに比べるとまだ良心的な方か。

パイナップルが出るときはRemainderのメーターが極端に減る。
これに限らずレア度が高いほどメーターの減りが激しいので
一回やってみて減りの度合いと切る位置からして何が来るのか大体予想できたりもする。
それは採掘も同様のことで・・。

採掘では黄鉄鉱、亜鉛鉱、粘土、スフェーン原石などが入手できる。

鉱物・原石は彫金には欠かせない素材。
黄鉄鉱は硫黄を作る材料。

硫黄って何に使うのはよくわからないが
硫黄+蒸留水+ラテックスでラバーx12が作れる、錬金用の素材のようだ。

亜鉛鉱は、銅鉱x3とファイアクリスタルでブラスナゲットが作れる。
このブラスナゲットを作れるようになれば
いよいよブラス系の装飾へと突入か。

スフェーン原石は彫金でスフェーンという宝石を作れる。
この前のマラカイト同様、そこからサークレット(スフェーン)などの頭防具が作れる。

宝石職人の手引きだか、そういう資格が推奨となっているため
現状これらを作るのは中々厳しい。

ギルドリーヴはこなしているもののギルドトークンは未だに獲得できず、手引きも入手できない。
もう少しランクを上げたらぼちぼち宝石を作っていこうと。

ウルダハに戻り、彫金のローカルリーヴを受ける。
2日経ったので以前クリアしたリーヴも再び受けられる一方、
推奨ランク10以上のリーヴもあったので、それを受けてみる。

彫金ランク9ときわめて微妙な位置だが
依頼品のブラスチョーカーを全て完成させ、ランクが丁度10に到達。
報酬としてブラスインゴットを入手した。

彫金ランク10、亜鉛鉱も入手したので、ここらでブラスナゲットを作る。

ファイアクリスタルは前回100Gで買い取った、残り2個を使用。

大丈夫かなぁと思ったが2回とも何とか無事に成功、
2回目に至っては耐用度1%で完成した(w
こうしたギリギリの作業の中ブラスナゲットx24が完成。

これと先ほど入手したブラスインゴットでブラスチョーカーを作ってみる。

Progressメーターの伸びが成功しても10%しかあがらないという
難度の高い装飾・・・ではあったが、一つ目はなんと無事成功させた。
ブラスチョーカーを完成させた。おぉ、ブラス系装飾初入手。

装飾店覗いても普通に60000~70000Gほどで売ってるような装飾品を自分で作ることに成功した。
何気に気分が良かったのでもう一つ作ろうとしたら、見事に失敗。

ブラスインゴットが残り1つしかないのでこれは念のためとっておくことに。

ブラスイヤリングなども作ろうと思ったが、もっと修行が必要のようだ。
ランク12でブラスリングが作れるそうなので、彫金ランクを上げていくことに。
手頃な骨片でハープーンバット(ボーン)をひたすら作って修練値を稼いでいく。

骨片が切れたら、バザーか採掘へ。
これでも時間を要する作業で、今回でランク12には到達できなかった。

他の合成では錬金がランク9、今までは蜜蝋ばかり作っていたが
辰砂x3で水銀、岩塩&蒸留水で食塩を作れることがわかり、
素材の幅が広がった分、彫金よりがんがんランクを上げていけそう。

リーヴをこなしたり、合成修行の後はウルダハにてバザー巡り。
カッパーリストレットが売れる反面、不評だったカッパーチョーカーだが・・。
1000G→920Gに値下げしたらいつの間にやら完売していた。

価格4桁から3桁になるだけでも気分的に違うんだろうね・・。

今後はカッパー系の装飾は1000G以下で売ることに決めた。

にしてもカッパー系の装飾を作るのに
カッパーナゲットが必要になるが、これを作るのにファイアクリスタルが必要になってくる。
(というか各ナゲットほとんど?)

このファイアクリスタルは何かと金がかかる・・。

クリスタルは戦闘で手に入るが、クラフターの自分はあまり戦闘しない分
バザー購入が基本になっている。

ところが、このファイアクリスタルの値段も1000~2500G以上とこれまた高い。
1000Gで出してくれている方はまだ安い。

鍛冶でカッパーナゲットを作るときはヒヤヒヤもの。
製錬の手引きが推奨な上、鍛冶設備も必要になる。

ウルダハにはギルドスタンドはあるが、本部がないため鍛冶設備使えず。
仕方なしにそのままの状態でやるが、鍛冶スキル5ほどで
4回実行して全て成功している・・が。

失敗するとファイアクリスタルも1個失う。
そうなる日が近いうちに来るだろう。

リストレットをもっと作ろうと、カッパーリングズをバザーで探すが
中々見当たらず。

カッパーリングズ→カッパーワイヤー(アースシャードx6、ウィンドシャードx4)
カッパーワイヤーx12→カッパーインゴットx2(ウィンドシャードx2、ファイアシャードx4)

とのことなので、カッパーワイヤーを作ろうしたが・・。

こちらは甲冑師専門、板金ランク4の自分にはまだ作るのが早すぎたようだ、
3回ともやって3回とも失敗。作れるだろうと思ったのになぁ・・ナメてた。

旅商区にてカッパーワイヤー100Gで売っているリテイナーがいたので、渋々購入。

リングズは作れるかなぁとおもったが、こちらは無難に完成。
後は彫金でカッパーリストレットを作り、バザーに並べていく。

最初850Gで売り出したら即完売。
950Gに少し値上げしても、通りすがりの人は買ってくれている。
主にファイター系の人が買ってるのかな、リストレット人気です。

最後はギルドリーヴ・サークレット納品をやってみる。

推奨ランク15と今の自分には厳しい仕事。
無理は承知だったが、少しでも修練値を稼ぎたかったので。

依頼品のブラスサークレット(フローライト)、
さすがに中級装備なのか失敗続き。

1回目は1度しか進捗成功せず、25%で失敗。
2度目、3度目とも50パーセントほどで失敗とこれまた難度の高い依頼品だった。

3つ作る必要があったが、5回の挑戦で既に3度失敗で、今までのローカルリーヴではじめて失敗に終わってしまう。

うーむ・・情けないとは思ったが、残り2回はなんと依頼品を完成させた。
最後の最後で意地見せたな(w

Nobuzouの彫金師としてのプライドもまだまだ捨てたものではないと感じた日だった。

|

« 一人前のクラフターとなるために。 | トップページ | 彫金以外にもいろいろ合成の日々。 »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。