« 彫金以外にもいろいろ合成の日々。 | トップページ | 念願の体防具を作ってみたぞ! »

Nobuzouのクラフター事情。

ファイナルファンタジー14。
サーバー:Gysahl、現在地ウルダハ~キャンプ・ドライボーン。
Nobuzou Banesでプレイ中。

ここ最近、採集・合成の日々を続けているため記事が似通ったものが多いが恐縮(w
まぁ本職がクラフターだからねぇ、地道調達も楽じゃあない。

そして今回も採集しては合成とウルダハ~キャンプ・ドライボーンを往復する。

ドライボーンの採掘では鉱物系もそうだが、骨片や岩塩もたくさん取れる。
合成やらない人にはハズレアイテムだろうが、彫金・錬金をやる自分としてはかなり重宝するアイテム。

骨片でハープーンバット(ボーン)をとにかく作りまくる。
これ1個とウィンドシャードx2で作れるので修練値上げるにはお手頃。
10以上超えてくると150前後しか入らなくなってくるが、他に手頃に作れるアイテムを知らない。
ボーンリングも骨片一つで作れるが風シャード4つも必要だからなぁ・・。
骨細工の手引きを持っていないため、失敗する時もある。

岩塩は、食塩に使う。
こちらは錬金、商店街にて濁水を購入して蒸留水x3を作成、そこから岩塩と合成して食塩に。

岩塩なんて売っちまえばいいじゃんとか思っていたが
錬金の修練値を上げる分には中々お手頃。

またドライボーン採掘では辰砂も度々入手できるので、これを3つ合成して水銀を作る。
食塩含め、修練値をあげる上では最適ではあるし
これを150Gほどでバザーに出しておくと次々と売れていく。
ちと安すぎかなぁと価格調整。定期的にGJsanaの元に訪れてこの価格でどれくらい売れているのかチェック。
売れ具合がマチマチになったらそこで価格をストップさせ、少しずつ安くしていったりと。

同じ人が買っているのかどうかは知らないが
他のリテイナーさん見てる限りだとこれより安く売ってるところがそれほどない。
近くて200Gくらいかな。
価格調整する一方で、ライバル店の動向もチェックしている。

旅商街を巡回しているのでその分居つく時間が長くなる。
うろついている自分を見て不審者だと思わないでね。

他のリテイナーさんの近くでハープーンバットをひたすら作り続けていたりすることがあるが
これはリテイナーさんから骨片を買い取って
その場でやっているだけなのであまり気になさらずに。

それよりもここ最近骨片の価格が徐々に上がってきているのが気になる。
2桁で売ってるところを見なくなった、1個300Gとかザラになってきたな・・。

やはり向こうもこちら(彫金クラフター)の行動をチェックしているような印象さえ受けた。
まぁ目立つところでハープーンバット作ってればそう思われても無理はないか(w

ドライボーン採掘では枯骨も取れるが、そこから作るボーンアルミラの難度が高かった。
3回ほどやって3回とも失敗する。
素材こそ枯骨一つだが、ウィンドシャードを9つも使うんだよなぁ・・。
ある意味リスクのある微妙な装飾品。
装備すればMPもそこそこ上がるのでランク20の術師さん辺りは欲しがりそうだが・・。

彫金ギルドで度々セプターを作っている人を見かけたので、自分も作ってみることに。
必要なものがストライプドペブル、にかわ、カッパーインゴット。
後者2つはあるが、ストライプドペブルは、火性岩、水性岩など
各種属性の岩のどれか1つとウィンドクリスタル、他シャードを消費する。

以前、彫金ランク10にも満たない時にストライプドに挑戦してみたが2回とも失敗して敬遠していた。

今回もウィンドクリスタル2個入手したので2つ作ろうと挑んでみたが
最初の一つ目は失敗。
ストライプドは一応宝石なので宝石細工の手引が推奨になっている。

ぬぅ・・手引きとか、未だにギルドトークンも獲得できないのにどうしろと。

それでも頑張ってもう一つ目。

こちらは進捗作業も思いのほか進み、ストライプドぺブルをはじめて完成。

それとにかわ、カッパーインゴットを合成する。

セプター自体も象眼の手引という資格が必要になってくるのでどうなるかとヒヤヒヤした・・が。
なんとかセプターを完成させる。

これが自分が作ったはじめての武器だった。

このままバザーに出そうかとも思ったが、呪術師なども少しやるのでその時のためにとっておくことに。

その後ハープーンバットラッシュを終え、富民街にてバザー巡り。

と、そこでアンテロープ・シニューコードを売っていた人を発見。

4000G・・!高いなぁ。

ただ金に関しては全く困っていなかったので
授業料として2つ購入してみた。

これで格闘武器ホラの材料が全て揃った。
アンテロープを2つ購入したのは、どれか一つでも完成してほしい、という意味ではあったが・・。

彫金ランク12でいけるかなぁとダメ元で挑んだ一つ目。

結果は・・・。

見事成功。

失敗も少なかった上、作業進捗が思いのほか早く進んだ。
ウェザード・ホラに比べると性能は上だが、
取材が骨なので、耐用性という意味ではあまりよろしくない武器か。

で、試しにもう一つ作ってみたところ・・。

品質+1来たわー!今度はホラ+1が完成した。

これは何気にうれしい。

だがこの武器、考えてみればランク6以降の武器なんだよな・・。
ランク12ともなると、素材さえ揃えば作れて当たり前なんだろうか。

このホラ+1は当然自分用の装備として、もう一つのホラはバザーに出しておく。
ホラってウルダハでは売ってる人見かけないな。
アンテロープと黒蝶貝自体が普及していないここいらではマイナーな武器か。
はてさて、皆さんの反応はいかに。

その後はドライボーンへとお出かけ。


採掘を繰り返したことで、採掘ランクが一足早くランク15に到達。
遭遇率の低いアイテムの発見率をアップさせる富貴福録を習得。

これで鉱物や原石の調達が気休めでも楽になるといいが。

・・にしても、FF14はまだサービス開始して間もないのか
頻繁に緊急メンテが始まるな。

メンテ自体はまぁいいけど、それでも改善していない箇所を目の当たりにすると
何気に腹が立ってくる。散々待たせておいてなんだこれは・・みたいな。

自分がいらついているのは、サーバーが混雑している場合は
店で物を売るのにたいそう時間がかかるということ。

売却する、をクリックしても反映されるのが遅い、
というか判定されていないところが腹が立つ。
他の人も店を使っていると、判定で競合が発生しているのか。

にしても誰も来てない場所に移動しても同じく売却できないような有様。
これはサーバー側に問題あるだろう。

この辺は改善の余地おおあり。
おそらく自分以外の人もそう思ってるんじゃないか。
何とかした方がいい。

物を売ったり合成したりとアイテム整理後、
ドライボーンへ向かうと、外人からホラを15000で売って欲しいとtellされた。

一応価格は20000に設定してあったが・・外人なんぞに値下げ要求されても
こちらは売る気全くなし。

夜中にドライボーン近郊を駆け抜けていると死角にいた
ペイストさんの視界に入ってしまい、いたーい一撃を貰ってしまった。

え、外人さん無視したからそんなことになったんだって?
冗談きついぜ・・・。

この記事の一番最初の画像はペイストさんにやられたために
衰弱して座っているというもので(w

ちなみにFF14では死んでも金は減らないし、経験値も減らないところは
FF11よりも数段良心的である。

|

« 彫金以外にもいろいろ合成の日々。 | トップページ | 念願の体防具を作ってみたぞ! »

PC『FINAL FANTASY XIV』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。