« ストリートレーサー~ビークルスタントリング。 | トップページ | ウィングスーツレーサー~高速ランナー、など。 »

正攻法でないスタントマン。

Ra2_96

ライオットアクト2。

ヘリってどこで入手するんだと思ったら
エージェントタワーの復活地点から少し北の建物上に置いてあるんだな・・。

正確にはMAPから見てエージェンシータワー東、屋上が丸い建物の上。
これは気がつかなかった、ただし移動スキルはLV5必須のようだが。

上空からエージェントタワーを拝んだわけだが
なんとも、以前のキープの面影がすっかりなくなってしまってるな。
今や廃墟と化したキープトンネルを見ると何か寂しさすら覚えたが。

というわけで前回、30/40のビークルスタントリングをクリアし
今回は残り10のスタンドリングに挑む。

主にグリーンベイ、ホープスプリング辺りが残っていたが
まず難関だったのはグリーンベイ南方の浜辺。

Ra2_97

浜辺の中間にある橋を飛び越えるような形でルートが用意されている。
リングは全部で4つ。これを全て潜らねばならない。

近くに小屋があり、一見すると小屋の通路からそのままジャンプして届くかなぁと思わせるが
これは何度やっても無理だった。

他に踏み台に出来るものがないので、
ここではじめてランプトラック(踏み台カー)を使用することになる。

最初は方向性を重視して、小屋通路の手前にトラックを配置して位置調整。

その後、浜辺を目一杯後ろに下がってから加速。

大体150km近く出してからジャンプ!

Ra2_98

結果3つ目まではなんとか届くも、4つ目まで届かず。
距離が少し足りない。

加速に問題があるのかと今度は160km以上出してからジャンプしてみるも
勢いをつけすぎた事で軌道が外れたり、上がりすぎた事で2つ目のリングを取り逃がしたり。

距離があるのに高さが足りない。
高さがあるのに、今度は距離が足りなかったりと。

そして距離と高さも足りているようで、今度は軌道がずれていたと
何かしらで問題を起こしてしまうコースだった。

Ra2_99

ランプトラックは何度も踏み続けると位置がずれてしまうため調整しなおす必要がある。
ところが夜になると今度はフリークが邪魔しにくるため排除しなければならない。

リング以前の問題もあるので、ここはそこそこ面倒なステージ。

何度やっても中々うまくいかず、結局このコースだけで6~7時間ほど費やすハメになる。

高さだけが足りている場合は基本4つ目のリングに届かない。
距離を伸ばすために、ここまで加速を重視していたが、
さすがにここまでクリアできないとなると考えを改める必要があった。

まず考えたのはランプトラックの位置。

Ra2_101

これまで小屋の手前においていたが、距離を少しでも縮めるために小屋の横においてみたりと。
だが、こうすると今度は軌道に問題が出てきて、案の定ズレてしまう。

だが、これほど長時間やっても届かないとなると、やはり飛距離に問題があるので
距離自体を縮める発想を変えるつもりはなかった。
軌道はズレまくりだが、距離は詰めたため、4つ目のリング圏内まで飛ぶことは出来る。

今度は通路の左の位置にトラックを配置してみる。

Ra2_102

昨日の記事にも書いたが、リング自体の判定はワリと甘いため、
最初の1、2のリングは正面に行くよりもそのサイドを飛んで取るようにして
トラックの照準は3つ目のリングに合わせるような形で。

で、そこから助走をつけてジャンプする。
飛ぶ前は大体150km~160kmほど加速。

途中、盛り上がった砂浜で車体が若干浮いてしまうことがあるが
トラックの直前あたりでそれが発生した場合は、位置を把握して
そこでBボタンでジャンプ溜めの状態に入っておけば大丈夫。

トラックの軌道より少し右側に寄るような形でジャンプ。

Ra2_103

1つ目は左サイド、2つ目は左上辺りを通過し、3つ目はほぼ正面に通過。
今までは3つ目の下でなんとか取れた程度だったが
そのまま正面を潜った事で、先の4つ目のリングにもなんとか触れる事に成功。

7時間かけてようやく浜辺のコースをクリアした。

Ra2_104

うはぁ・・長かった。
前回30のリングをクリアするのに3時間もかからなかったのに
ここだけで7時間とか・・さすがに疲れる。

難しいコースはこれっきりにしてほしいと、次の場所へ向かってみる。

近場に表示されたマーカーに向かってみると、そこは遊園地だった。

Ra2_105
何やら観覧車の中にリングが表示されている。

更にその奥にも弧を描くように2つほどリングが表示。

観覧車の中にあるリングを突き抜けて
下降際に奥のリングを取っていくようなルート。

観覧車がよく見える道路のコーナーには、踏み台の岩がある。

これで何度か飛んでみたがサッパリ・・。距離も高さも足りない。

Ra2_106

高さが足りないのは問題があるので、ここでもランプトラックを使用してみる。

ランプトラックを踏み台岩の近くに配置、
だが、この辺の配置調整が中々難しい。
無理に踏み台岩に乗せるとバランスが悪くなるし、
後方に少しずらすと今度はトラックが中々動かなかったりで面倒。

なんとか配置完了で、そこから飛んでみるが、
高さはまぁまぁ足りているようで、距離が全く足りない。

なら、助走に問題があるのかと、更に後方に下がってから加速する事になるが
道路なので、当然走行車が行き交っている。

車などでバリケードを作るも、いずれ消えてしまうのでキリがなく
結局、昼間などは車が行き来している場所で加速することになる。

このコースも数時間ほど費やしてしまうが、
とにかく一つ目のリングも取れないような状況だったのでそれを改善したかった。

Ra2_107

分岐した道路付近まで下がっていたが、それよりも後方、
バイパスよりも後方に下がってから加速。

出来るだけ右車線沿いを走り、
車が邪魔なようなら左車線から抜いてすぐに右に戻る形で。

バイパス後方から速度を出し続けていれば、踏み台付近までには160kmほどは出るはず。

最初は踏み台岩を使ってみたが、高さこそ足りなかったものの、観覧車の後ろ辺りまで到達できるようになった。

そこで、お次は160~170km台でトラックを使ってジャンプしてみたが・・。

Ra2_108

リングに届くどころか、逆にその真上を通過してしまう・・160km台以降だと高さも半端ない。
だがその一方で距離的には3つ目のリングに届いていないという結果だった。

距離が出たのに、それに高さも入れると、今度は距離が少し犠牲になってしまう。
この辺の調整が中々難しいコース。

ランプトラックを使うのはやはり問題があるのだろうか。

だがそれでも試行錯誤を繰り返した結果、1つ目のリングに後一歩と迫ってくる。

トラックを位置調整しなおし、走行車をかわしながら何度も挑戦を続ける。

その結果・・。

バイパス下から助走、160-170kmほど出した状態でトラックに向かってジャンプ。
この際トラックが若干ずれていたが、これが功を奏したのか・・。

Ra2_109

観覧車の一つ目のリングをはじめて通過、続けて2つ目のリングも通過する。
ようやくリングを通過できたことで一応の進展はあった。

Ra2_110

そのまま3つ目へと向かおうとするが、やはりそこまで届かず、地面に着地する。
やはり飛距離の問題が浮き彫りとなっていたが・・。
それ以前に、このリングの位置・・よく見ると建物の近くだった。

このビークルスタントリングはコースによっては
一つ通過してから、失敗となるまでの間合いが長いところもある。

このコースもそうだったようで
地面には着地したもののリングが表示されたままだったので
そこからなんとかあがいてみる事に。

Ra2_111

着地した場所は幸いにも建物内の階段付近、
3つ目のリングの下はその階段となっていてそこを上がる事に。
ここで左の壁側をこするように上がると、車体の左側が少し浮いた状態になる。

この状態でジャンプすると右側の建物の上へと着地。

Ra2_112

すると3つ目のリングがもう目の前に・・。
4つ目のリングの存在はこの時はじめて気づいたが、
これもジャンプすれば取れるんじゃないかということで
一気に狙っていく。

結果、3つ目を通過、着地間際建物にぶつかって横転しかけるが、
地上に近かった4つ目のリングにも、触れる事に成功。

Ra2_113

こうして終盤はなんとも変な取り方をして、
観覧車のスタントリングを乗り切ったのである。

これ・・なんつーか、終盤はホントに運が良かった・・着地した場所が良すぎたわ。
ジャンプすれば届くんじゃないかという一心でやっていたらポンポンと取れてしまった。

本来なら一度のジャンプで全て取るパターンをお送りしたかったが
正攻法な取り方ではないのが恐縮。

もうクリアしてしまったものはどうしようもない(w

こうして、浜辺、観覧車と二度の難関コースをクリアして、残りのリングへ。

その他で手こずった場所といえばグリーンベイ
高速道路から市内に入る場所。

Ra2_114

赤い瓦礫からジャンプして、弧を描いたリングを通過していく。

ここは高速道路側と市内側、2箇所用意されている。

瓦礫を踏み台にして通過させればいいだけで一見簡単そうだが
やってみると中々難しい。

助走つけてジャンプすると、リングの上飛び越えたり、軌道がずれたりして
速度や高さ、軌道を調整するのに、苦労した場所だった。

特に高速道路側に向かって飛ぶルートが面倒だった。

高さ、距離は完璧なのに、軌道がずれていたり

軌道は問題ないのに、高くジャンプしすぎた結果、
リングを飛び越え、更に距離が出なかったりと。

Ra2_115

この辺の調整は何十回もやり直したが
コツとしては、高くジャンプしすぎるのは
瓦礫のジャンプ位置が上先っぽのほうであるため。
前輪後輪とも瓦礫に乗せた状態でジャンプすると跳ね上がってしまうため
前輪だけを瓦礫につけたタイミングでジャンプすると
鋭い弧を描くような距離と高さを出せる。

この辺の調整を理解するのに時間がかかった。

軌道についてはどちらかにずれているなら、その逆方向側に飛び位置を修正したり
飛距離に問題があるなら助走位置や速度変えてみたりと
この辺はとにかく練習だったな・・。
自分は何十回もやり直してようやくクリアしたが・・。

とにかくこのグリーンベイのスタントリングは難易度が高かった印象。

後りは、ホープスプリング。
ここは特に難しい場所はなかったが
南方の工場内。

Ra2_116

タンクの奥に見えるスタントリングだが
ここは助走つけて近くにあるゴミ山からジャンプしても届かず。
ただタンクには届くので、ここにぶつかった拍子にしがみついてタンクの上によじ登り
タンクの上からジャンプして取る事に成功。

Ra2_117

橋の下からみえるリングもそのまま橋から落ちてとったりと。

どれも正攻法なやり方とはいえんな。
だが、それでも着々とクリアしていった結果・・。

無事40のビークルスタントリングを制覇し、実績「スタントマン」を解除した。

Ra2_118

最後の高速道路下のスタントリングも岩壁よじ登ってとったわけだが。
まぁなんとも正攻法とはいえないスタントマンが誕生したということで。

あー長かった。これをクリアするのに大体1日かけたな。
前作もそんな感じだったが。

お次はウイングスーツリングでもやってみようかと思ったが、
さすがにそこまで気力が残っていなかったので次回お届け。

|

« ストリートレーサー~ビークルスタントリング。 | トップページ | ウィングスーツレーサー~高速ランナー、など。 »

360『ライオットアクトシリーズ』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。