« 就寝中はコントローラーがブルブル鳴りっぱなしで寝不足気味。 | トップページ | 敵もピストル使ってきたらどうしようか・・。 »

倒れてるだけでも死人扱いか(w

Assassin's Creed IIを購入。
ホントはプラチナ出るまで待ちたかったんだが思ったより安価で入手できたので。

一応前作は一年ほど前にプレイ済み、だが話は大体忘れてしまった上に
操作方法も結構忘れていたり。コツコツやっていくことにしよう。

遺伝子を使って祖先たちの記憶を辿るアニムス・システム。
主人公のデズモンドは1000年前の記憶とアサシンのDNAを宿しているとかで
ある組織・テンプル騎士団がそれを利用してエデンの果実を入手しようと企んでいる。
組織に果実を入手されると世界がまずい方向に変わるそうで
前作では、デズモンドはその目的を明かされぬまま、アニムスに入り
アサシン・アルタイルとして操作、アニムスについての大まかな説明と
標的を暗殺したり旗集めしたりと、物語の核心も突かないまま終わっていたが
今作では組織の助手を務めていたルーシーが組織の野望に気づき、
デズモンドと共にアブスターゴ社を脱出する所から物語は始まる。

最初はルーシーと共に本部を脱出するわけだが
見つからないように進む場所でも、ルーシーが警備兵を一方的にぶちのめしている。
格闘センスはあるようだが、この女もアサシンの血が流れているんだろうか。
冒頭にあった披検体17号がデズモンドである事は分かっているが、16号が誰なのか気になる。

アブスターゴを脱出した後は、テンプル騎士団の野望を食い止めるため
ルーシーのアジトへ向かうことに。
ここでデズモンドはルーシーたちの指示通り、前作同様記憶装置を使ってアニムスに入り
1000年前、一族を根絶やしにされ復讐を誓うある男を操作していくことになる。

今作の舞台は中世のイタリア。
操作するのはエツィオ・アウディトーレという男。

フィレンツェで何気ない生活を送っていたエツィオだったが
父親と兄弟がある罪で牢獄に閉じ込められ、唯一頼りにしていた判事にも裏切られてしまい
エツィオは父親に託されたアサシンの衣装に身を包み、復讐を誓う事になる。

システムは前作と比べて幅広くなっているな。
まず今作ではお金の概念がある。
敵を倒すと懐からお金を入手できる、がこの行為は民衆はブーイングを買ったりする。
街の各地にいる宝箱から入手したり、スリ捕まえたりして報酬分手に入れたり。
で、そのお金は何に使うのかというと商店や街の発展に使われる。
武器防具を購入したり、街の施設に投資して収入を得たりできる。

防具を装備するとライフが上昇するが、耐久度があるため使い続けると破損する。
武器も同様で鍛冶屋で修理する必要がある。ここら辺はちょいとしたRPG要素があるね。

街の各地に医者がいて体力回復したり、薬を購入したりも出来る。
薬は最初は5個しかもてないが仕立て屋で袋を購入する事で最大所持数が増えていく。

アクションに関しては今作では感知度メーターのほかに
「噂」が取り入れられている。
悪い噂が広がると、街の役人達の警戒が強まり見つかりやすくなる。
街の各地で噂を広めている先触れを殺す(賄賂渡してもOKらしい)か手配書をはがす事で抑えることが出来る。
後、今作では街中で民衆に紛れたり、
娼婦や盗賊味方につけて役人退けたりとかその辺のシステムもかなり強化されている。

開始してまだ3時間ほどだが、システムになれるのにちょいと時間かかりそう、
だが、ワリと好印象。楽しめそうな予感。

|

« 就寝中はコントローラーがブルブル鳴りっぱなしで寝不足気味。 | トップページ | 敵もピストル使ってきたらどうしようか・・。 »

360『アサシンクリードシリーズ』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。