« 楽園へ向かうために・・ほぼお使いクエ中心。 | トップページ | オブリ実績1000到達ー。 »

シロディールの英雄

今日Modern Warfare2発売か。
主人公がテロリストとして参加するミッションとか用意されているそうで。
民間人を襲撃するシーンはドイツなど一部変更されたようだ。
なんかおもしろそうだな。
PS3も買わねばならんしFF13も控えているので懐と相談かな。

The Elder Scrolls IV OBLIVION。

今回はキャプチャーボードでプレイしていたのでプレイヤーNobuzouの顔を公開。
こんな感じです。

Tesiv_0

ダークエルフ、金髪で後ろ結いのおっさん。
別に顔色が悪いわけではない(w

アミュレットを持ち去り楽園へと逃げ込んだマンカー・キャモラン。
楽園の魔法門を開くために、必要なアイテムを揃える。
そして残り必要なのが「偉大なる印石」。

そのためには大いなる門に突入してその印石を回収しなければならない。
門を開くためには3つのオブリの門を開く必要がある。

マーティンをはじめジョフリー、ボーラス、バード隊長、各国の援軍、そしてNobuzouが
ブルーマ近辺で待機。

マーティンの決意を誓う演説後、しばらくして1番目のオブリの門が開かれた。
門からはデイドロスやドレモラ、スパイダー、嵐の精霊等の群れが次々とやってくる。
それを迎え撃つ面々。

最初はこちらが圧倒的に有利だったが門が一つ開くたびに
敵の勢力が徐々に増してくる。

一人、また一人と倒れていく。
そしてその中にはボーラスの姿が・・。
ついにボーラスが死んでしまったか・・。
死体からアカヴァリの剣を回収。これを形見だと思って。
おまえの死は無駄にはせん。

Tesiv_1

3つ目の門が開いた後、しばらくして更に巨大な門が中央に出現。
これが大いなる門か。

ここからNobuzouの任務が開始。
踏ん張っている皆を尻目に一人、大いなる門に突入していく。

中に入ると正面から攻城兵器が迫ってきているのがわかる。
コイツが門に到達してしまうとゲームオーバー。
制限時間内に転移門に突入して印石を回収しないといけない。

MAPにはマーカーがついているのでそれ頼りに進んでいく。
マーカーがついていなかったらかなり迷うハメになっていただろうから助かる。

Tesiv_1_5

蔓延る雑魚は一切無視。
前にオブリの門にて入手した嵐の指輪が雷耐性100%と雷攻撃が一切受け付けないので良さげ。
嵐の精霊は完全にスルーできる。
塔を登って別の塔に向かってそこから降りたりを繰り返し、
途中立ちふさがる門は近くの塔に登ってレバーを引く事で開いていく。

今回はキャプチャーボードでプレイしていたが
ダイレクトプレビューでも若干ラグがあるため、開錠のタイミングが中々難しかったな。

左上に「残り~分です。」とか表示されると少しあせってしまうが
転移門に到着した時は残り10分。

Tesiv_1_4_2

そこから普段どおりシジラムまで到達して印石を回収するまでに
残り9分とかなり余裕を持ってクリアする。

偉大なる印石を回収した事で大いなる門が閉ざされる。
攻城兵器も不発に終わり、勝負はこちらに軍配が上がった。

門を出ると残りの魔物を掃討している兵たち。
だが、傍らで倒れていたのはジョフリーだった。
ああ、ジョフリーさんもついに死んじまったか・・。
こちらの勝利に終わったものの固定キャラが死んでしまうのは胸が痛む。
これが戦争というものか。

だが、悲しんでいる暇は無い。
印石を回収した事で楽園に行くために必要なアイテムは全て揃えた。

曇王の神殿に戻り、マーティンがこれらのアイテムの力を使って
楽園への転移門を開くことに成功。

そのまま楽園へと入る事は出来るが、帰る手段については自分で見つけてくれ、とのことだった。
何気に望み薄いこといってくれるな・・。それだけ頼りにされているということか。

マーティンたちに見送られたNobuzouは楽園へと足を踏み入れる。

Tesiv_2

中は、楽園というだけあって、野原が広がり動物も生息している自然な場所だった。
道なりに進んでいくと奴隷のような格好をした男がいた。
他にもチラホラそんな連中を見かけたが、どれも生きた人間ではなく
楽園により縛られている魂のようだ。
そして連中は皆口を揃えて「楽園から出ることは不可能だ」と言ってくれる。

楽園内には氷の精霊もうろついていた。適当にあしらっていると
カステットと名乗るドレモラと出会う。
ドレモラは常に対立しているが、ちゃんと喋るヤツもいるんだな。
カステットはここから脱出する方法を知っていた。
禁断のほら穴にて選ばれし者の輪を使えばいいそうだ。
こちらの脱出を手伝ってくれる代わりにキャモランの部下に捕らえられている
ズヴィライを救出しろ、と要求してくる。

ちょいと探してみたが、捕らえられているという洞窟がどこだか分からなかったので
結局カステットを始末。選ばれし者の輪を入手。
それを装備してほら穴の奥にて閉じたままの扉に使うと開いて先に進めるようになる。

雑魚をスルーして先に進んでいくとエルダミルと名乗るハイエルフが出現。
生前はキャモランに仕えていたが楽園の真の姿を目にしたことで自らの行いを後悔していたようで。

選ばれし者の輪を装備しているとほら穴から出られないそうで
それを外すのを手伝ってくれるとの事でその申し出を受けた。

こちらが囚人として成りすました後、洞穴の奥にてエルダミルと合流。
輪を外して洞穴を出られるようになる。
エルダミルは協力的でキャモランに一泡吹かせるため自分についていく事に。

洞穴を出て山頂にて宮殿を発見。
そこには嘗てNobuzouが殺したルマ・キャモランとレイヴン・キャモランの姿が。
マンカー様は宮殿内にいるからついて来いと案内される。

宮殿に入ると奥ではマンカーが待ち構えている。
話しかけると即戦闘開始。

Tesiv_3
マンカーは様々な魔法を使う。
他の術師と同じく逃げ回りながら魔法攻撃を繰り返すパターン。
で、HPが少なくなると回復とこれまた同じパターン。
この手のタイプはほんとに嫌いなんだよ・・。おまけにHP回復量が半端ない。
ほっというたらあっという間に全快・・卑怯すぎる。
おまけに召喚したデイドロスや、ルマ、レイヴンも襲い掛かってきホントに面倒。
この戦闘で何度か死んでしまうので宮殿前にて先にルマ、レイヴンを殺す。
レイヴンの死体漁ると変哲の無い指輪なるものを持っている。
呪文反射35%、魔法耐性アップ50%という優れたもの。
これと嵐の指輪併用すればかなり魔法に強くなるか。

連中は魂なのでしばらくすると復活するが
その前にマンカーと決着をつける。
苦悶のトゲに沈黙の毒付加して再戦。
今度は沈黙が効いたのか確実にダメージを与え10秒ほどで撃破した。
ワリと苦労したのに倒すと更にあっけないな・・。

これでマンカーから王者のアミュレットを取り戻す事に成功。
主がいなくなったことで楽園が崩壊を始める。

場面が切り替わり気がつくと曇王の神殿へと戻っていた。
マーティンに王者のアミュレットを手渡す。

これにて一件落着・・ではない。
オブリビオンの門をこの世界から完全に消し去るためには
最高神の神殿に行きドラゴンファイアをともす必要がある。
マーティンを連れて帝都へ向かう。

王宮にてオカート総書記官が待っていた。
ドラゴンファイアを灯す儀式の前にマーティンを正式な皇帝として認めなければならない。
オカートにマーティンが正式な王位継承権を持っていることを提示。
セプティムの末裔にしか装備できない王者のアミュレットを見てオカートは
マーティンを皇帝として認めた。

そしてドラゴンファイアを灯すため最高神の神殿に出向く・・その直後。
突然帝都の周り中にオブリビオンの門が出現する。

デイゴンの連中がついに強行作戦に出たのだ。

街中に蔓延る魔物を蹴散らし、マーティンを護衛しながら最高神の神殿に向かうNobuzou。
だが、その神殿の手前、巨大な悪魔が立ちふさがる。
闇の王、メエルーンズ・デイゴンが降臨したのだ。

Tesiv_4

うはぁ・・でけぇよ。マーティンの話ではこの世の武器では倒す事は出来ない、と。無理無理(w
街中のデイドラの群れがウザイのでデイゴンの下を突っ切っていこうとしたが踏み潰される。
かといってモタモタしていると雑魚に囲まれてマーティンが死んでしまう。

どうしようかと悩んでいたが幸いデイゴンが近くの帝都兵を相手にしていたのでその隙に突っ切っていく。
後からマーティンも駆けつけ、最高神の神殿へと到着した。

神殿内、マーティンをドラゴンファイアまで連れて行く。
ここで火を灯せばオブリの門は消え去るだろうが、デイゴンはどうするのか・・。

と、その瞬間神殿が壊され外からデイゴンが今にも襲い掛かろうとしていた。

絶体絶命か・・と思った矢先。
マーティンがNobuzouにさらばだ、友よ・・。と言い残すと王者のアミュレットの力を使い
時の竜王アカトシュの化身へと変身、デイゴンとの一騎打ちとなる。
Nobuzouではどうする事も出来ない。
棒立ち状態でデイゴンとアカトシュとの戦いをその場で見届けるしかなかった。

Tesiv_5

押しつ押されつの展開の末、アカトシュはデイゴンの首元を噛み砕くと強力な光のブレスを吐いて勝負あり。
デイゴン、そしてアカトシュは消滅した・・・。

こうしてデイゴンは消滅し、オブリビオンの門も消滅。
シロディールは平和を取り戻した。

Tesiv_6

シロディールちょうど100日目にしてのクリア。
キリがいいね(w

世界を守るため、自らを犠牲にしたマーティン。
駆け寄ってきたオカートはそんなマーティンを本当の皇帝だと称える一方で
Nobuzouをシロディールの英雄として認めた。

実績『シロディールの英雄』を解除。

英雄か・・確かに今までの貢献考えたら・・だが思えばお使いばかりで
マーティンの黒子役のようなもんだったし。
なんか、肝心のおいしい所だけマーティンに持ってかれたような気がしたな。

ともあれ、これでメインクエストを終了した。

オカートは英雄のNobuzouに帝都の竜騎士団に肖っての竜の防具を作ってくれるそう。
2週間後に武器庫にて届くそうな。それは楽しみにしておくか。

ということで、後残っているのは・・暗殺ギルドか。
長くなったのでこの分は明日更新しよう。

|

« 楽園へ向かうために・・ほぼお使いクエ中心。 | トップページ | オブリ実績1000到達ー。 »

360『The Elder scrolls IV OBLIVION』」カテゴリの記事