« ついにこのシリーズに手を出してみた。 | トップページ | 見習い→ソードマンへ。 »

戦士系クエストやらクヴァッチ中心に。

The Elder Scrolls IV OBLIVION。

アンヴィルに到着し、早速戦士ギルドのアザーンから初任務を受けるNobuzou。

アンヴィルに住むアルヴィーナが地下に住むネズミの事で悩みを抱えているという。
ネズミ退治かと思いきや、アルヴィーナはそのネズミを可愛がっているらしいが
そのネズミが何かに襲われているという事で調査する事に。

地下室に向かうと、二匹のネズミと格闘しているマウンテンライオンを発見。
難なく退治するが、アルヴィーナにこの事を知らせると、どこかで縄張りを張っているんだろうということで
狩人ピナルスの助力を得てライオン退治へ。
城の外をしばらく歩いていると4匹のマウンテンライオンが襲ってくる。
一辺に2匹襲い掛かってきて回復の余地もなかった。
2匹倒すが瀕死の状態で後はピナルスに任せる。

全て倒し、アルヴィーナに報告するも、地下室にまたライオンが現れ、退治する。

何故ライオンが襲撃してくるのかという謎に、アルヴィーナは
同じ街に住むクイルウェーブの仕業に違いないという。

なにやら夜にクイルウェーブがアルヴィーナ家付近でこそこそやっているという情報を聞くので
夜中の12時頃、家付近を見張っているとクイルウェーブがこそこそ歩きながら
アルヴィーナの家付近で鹿肉を置いていたのを目撃する。

この事を問い詰めると、何やらクイルウェーブはネズミが大嫌いのようで全て排除したかったと打ち明ける。
見逃してくれる代わりに見返りをあげると言っていたクイルウェーブだったが
この事をアルヴィーナに報告して一件落着。

アルヴィーナから100ゴールドと話術スキル上昇のプレゼント。

任務が終わりアザーンに報告すると戦士「見習い」に昇格。

続く任務はノルバート・レレスをたずねてくれという事で
船着場の近くで店を出しているレレス店へ。

レレスから女盗賊団による事件が相次いでいるという事で
被害者のゴーガンの元へ。
なんでも女盗賊団は男達を誘惑して農場に誘いこむと武器を持って脅迫し
金目のものを巻き上げているそうだ。
妻のメローナが大事な指輪を奪われたので取り返して欲しいといい、
男達の大半がフロウイング・ボウル亭という酒場に立ち寄るらしく
そこなら女盗賊団が来るかもしれないという情報を貰う。

酒場に行き夜、待っていると二人の女フォースティナとシグニーが現れる。
彼女達は案の定Nobuzouを誘惑しようと、今夜11時に農場に来てと言い出す。
夜11時、南東のグウェデンの農場へ。

待っていたのはフォースティナ。
Nobuzouを誘惑しようとするが、こちらの本当の目的を話すと
売りさばこうとした指輪が偽者だった!等と逆ギレする
フォースティナと裏に潜んでいたシグニーたちが襲い掛かってくる。
全部で3人。

序盤リンチ状態でコントローラー震えっぱなし(w
手数はあるが、防具しっかり整えておけばそれほどダメージ食らわない。

盗賊団を片付けると、兵士姿のゴーガンとメローナが登場。
メローナ達は盗賊団を捕まえるため民間人を装い
裏で盗賊団を追っていたアンヴィルの監視隊だったようだ。
指輪を取り戻し約束の100ゴールド入手。

そのほか死体を調べる。
家庭を滅ぼすシグニー・・なんか恐いね。
フォースティナの死体を調べるとグウェデン地下のカギ入手。
地下に向かうと、盗賊団が奪ったと思われる数々のアイテムを発見。

ハインリッヒのシャツ・・ピナルスの鉄のキュイラス・・ピナルスの盗まれた角(w
いかにもアンヴィルの男達が被害を受けていたと思われるブツを押収。

この件も片付きアザーンに報告。
特に昇進もなく、レレスに関する話を聞いた後、再びレレスと会話すると
夜中に強盗が押し入っているらしく、こいつらを取り押さえて欲しいというクエストが発生する。

夜中の11時、店番をしていると、3人の男達がコソコソと店内に入ってくる。
話しかけても、忙しいから邪魔するなとということで戦闘開始。

だが、コイツら・・ワリと強い。
回復魔法なども使ってくるので手こずり一度死んでしまう。
2度目、今度はこちらも回復アイテム使い、なんとか倒す事に成功。

任務完了でレレスから100ゴールド貰う。

アザーンに報告すると、これ以上の仕事はないといわれるので
ギルド関係の仕事は一旦お休み。そろそろメインを進行させる。

他のクエスト消化しながら、クヴァッチに向かうと
モンスターたちの襲撃によりクヴァッチが壊滅したと逃げてきた住人の口から知らされる。

何やらオブリビオンの扉が開かれ、モンスターが大挙押し寄せてきたそうだ。
兵士隊長のサヴリアンから現状の説明を受ける。

こちらはマーティンを探す必要があったが
オブリビオンへと通じる門が開かれ、クヴァッチに入る事が出来ない。
兵士達が何人か向かったまま戻ってこないという事で調査して欲しいといわれるので
承諾し門の中へ。

入り口付近でモンスターと対峙していた兵士を発見、加勢する。
兵士が言うにはもう一人の兵士が先にある塔の中で捕らえられているということで救出に向かう。
兵士を連れて行くことは可能だったが、死にそうだったので一人で向かうことに。

螺旋の道を進み塔の中へ。

ここの雑魚が中々強い。LV4だったが近接だと長期戦になる。
でたらめに斧振り回してくるモンスターやら魔術師系の敵が面倒な分
エリアに配置されているマジカ回復装置がありがたい。
奥のオブリビオンの次元に進むと鳥篭のような牢に閉じ込められている人質発見。
番兵を片付ける。途中、番兵が下に落ちてそのまま死んでしまった。ワリとあっけなかった。
人質を解放して終了かと思いきや、
人質が言うにはオブリビオンの入口を繋ぎとめる役割を果たす
印石を取り除かないとダメだという事でその仕事を任されることになる。

番兵から印石の間のカギを回収、扉を開けて先に進む。
印石どこじゃーとうろつく間、度重なるモンスターとの闘いで銀のクレイモアが既に壊れてしまった。
他に武器を持ち合わせていなかったため、とにかくモンスターから逃げまくる。

途中、次元の螺旋場にて宙吊りの肉片から銀のロングソードを回収できたのはありがたかった。
魔術師を片付けながら、血の祝宴赤ワープゾーンを抜け、シジラム・サングウィスという場所へ。

すべてのモンスターを片付けた後、中央の火が集中している場所に触れ、
印石を回収。Nobuzouは門を閉じる事に成功する。
実績「オブリビオンの門を閉じる」を解除。

その後サヴリアン達と共にクヴァッチに突撃。
南広場のモンスターを片付け聖堂を確保する。

聖堂内にてようやくマーティン発見。長かった・・。

マーティンが皇帝の血を継いだ息子であることや、
その事が原因でクヴァッチにモンスターが襲ってきた事を知らせる。
サヴリアンがその後のクヴァッチ奪還作戦の計画を立てると言っていたが
先にメインを進行、マーティンをジョフリーの元へ送り届ける。

ウェイノン修道院に戻るや、何者かが突然襲撃してきたーとこちらも慌しい。
マーティンと生き残った修道員と協力して暗殺者達を片付ける。
聖堂にてジョフリーさん発見。

王者のアミュレットが無事か確認するが、既に奪われた後だった。

先ほどのマーティン襲撃といい、魔界オブリビオンの王・デイゴンが本格的に動き始めたようだ。
アミュレットを失った今どうしようもない。

だが、こちらにはアミュレットを使う跡継ぎのマーティンが健在。
とりあえずマーティンを匿おうということで、
ジョフリーさんが安全だという曇王の神殿へと向かうことになったNobuzou達。

ここではじめて馬に乗る事になったが、操作しづらいなぁ。
視点後ろ向かないわ。モンスターと戦う時に一度降りなきゃいけないわで面倒。

馬でそのまま神殿に向かったが、気づいたらジョフリーさんとはぐれていた・・。
この人もいないとメイン進行しない。しっかりついてきてくれー。

にしてもメインが結構展開早いよなぁ。
本編そのものは短そうな印象。

今日はここまでー。

|

« ついにこのシリーズに手を出してみた。 | トップページ | 見習い→ソードマンへ。 »

360『The Elder scrolls IV OBLIVION』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。