« 水没林のラギア捕獲が鬼門か。 | トップページ | オフクリア、そしてオンデビューへ。 »

見切り+2つけても弾かれるか・・。

モンスターハンター3。

水没林ラギア捕獲クエ。
2回やり直しの後2死してようやく捕獲成功・・。今日はこれだけで疲れた・・。

その後チャチャが戻ってきて、森往復で残りのクエも消化。

☆5火薬岩運搬のクエ。
これはロックラックスーツ、コイル、ブーツの3つ揃えて運搬スキル発動させておけば
飯食わず体力100のままでも十分間に合う。

途中、ウラガンキンが襲ってくる。
丁度作ったばかりの骨刀アナンタで挑むがあっさり2死・・。
ゴロゴロ回転攻撃が非常にウザイ・・。中々避けきれねぇ。
今回は仕方なし、火薬岩2つ運んで終了。
いつかリベンジしてやるわ。

何度かレイアマラソンで竜の牙入手。
交易でホシヒトデやきれいな羽と竜の爪、牙交換。
それぞれ50個たまりようやくリュウノアギト完成。
族長もそうだがスロット2つつくのは大きい。

その後、☆5クエで新規に出た火山リオレウス、雪山ベリオロスと対峙していく。

リオレウスも前作とはモーションが変化している。
レイア同様あまり転ばなくなった。
低空飛行から突進や火吐き、何気に激しく動き回る。

火吐き気をつけておけばレイア同様たいした相手ではない。

次のベリオロス戦は大苦戦。コイツは地上で激しく動き回る。
雪ガード対策は万全だったのでブレスはガードすれば問題なし。
ジャンプ中に向き変えてあっという間に体勢整えるのでモタモタしてるとすぐやられる。
ステップしながら翼でなぎ払う攻撃、これ中々慣れず。
厄介だったのが尻尾の振り回し、非常のリーチが長いので先に切断した方がいいかもしれない。

エリアチェンジした後、空中から一気に急降下で襲い掛かってくる攻撃は注意か。
ここでは2死するが、残り時間5分でなんとか撃破する。
コイツは苦手なタイプだなぁ。

次はディアブロス戦、経験上弱い武器だとかなりはじかれていた記憶があるので
そろそろ達人スキルをつけておきたい。

出来れば見切り+2と欲張って攻撃力【中】もつけたいが今の状態で
それが可能かと工房の生産欄見ながら模索。
スロットは多いに越したことはないが防具によってはマイナスになるものは考慮して
頭はガブルヘルム、達人+優先で腰はレウスフォールド、足レウスグリーブ。
体、腕はそのままでいいが出来れば雪泥ガード用と分けたいのでそれぞれもう一つ作っておきたい。

最初は火山エリア10で陽翔原珠マラソン。名人珠と猛攻珠作らないとお話にならない。
そういや上位の装飾品ってスロットが2つ必要だったな・・。
名人珠とレウスシリーズに必要な火竜の甲殻他素材のため、レウスマラソン。
大体5,6戦ほどして全て素材がたまる。

お次は頭装備ガブルヘルム、灯魚竜のヒゲだけが足りないのでチャナガ連戦。
ヒゲ中々落とさない・・。10戦ほどして剥ぎ取りと報酬で2個獲得。

後はバギィメイルの王者のトサカ入手にドスバギィ連戦。
4戦ほどして報酬で2個獲得。

で、これら装備と装飾品を作る。
リュウノアギト 猛攻球 攻撃+3
チャナガヘルム 名人珠 達人+3
バギィメイル 名人珠 攻撃+1 達人+3。
ボロスアーム 達人珠 攻撃+4 達人0(元が-1のため)。
レウスフォールド スロットなし 攻撃+5 達人+3
レウスグリーヴ 名人珠 攻撃+2 達人+5(元が+2)。

これだと攻撃+15で攻撃力UP【中】はつくが 達人+14で見切り+1の状態。
あと達人+1で見切り+2になるんだが・・と更に模索すると、お守りの存在が浮上。

ちょうど雪泥ガード用に城塞の護石を装備中、これにスロットがついているため達人珠をつけてみる。

これで攻撃力UP【中】と見切り+2のスキルが発動可能に。

会心率+20%ってのは大きい。
アナンタから作るフレイムダンサーが会心率+15%なのでそれ併用すれば+35%と夢が膨らむ。

森往復で小銭稼いだ後ディアブロス戦。

コイツの咆哮は相変わらず、きれて突進ばかりするのも相変わらず。
若干モーションが違ったのは尻尾振りと、潜った後変則的に飛び出してくるところか。

見切り+2つけるも、翼当たり攻撃すると弾かれるね。
相変わらず苦戦するが残り時間10分で討伐完了。

村に戻ると、「大海龍ナバルデウスは手に負えないので
村から退避せよ」というギルドからの通達命令が。
だがここで退いちゃあハンターじゃねぇ。
村の皆と力をあわせて大海龍を撃退しようと意気込むNOBUZOU。

セガレに対大海龍用の兵器の素材を渡した後、ウラガンキンのクエストが登場する。
ふぅ・・しんどい。今日はここまで。

|

« 水没林のラギア捕獲が鬼門か。 | トップページ | オフクリア、そしてオンデビューへ。 »

Wii『モンスターハンター3』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。