« じじい顔リアル過ぎ | トップページ | まだクリアせずに寄り道~。 »

苦戦続き・・・かと思いきや。

ロストオデッセイ。
ストーリーを進めたいがウーラやゴッツァではサブイベが発生するだけ。
ヌマラ地下の段丘の洞窟へ潜るが、古代魚のゼストーラスで全員石化という苦い全滅を味わう。

一方、魔導カプセルイベントでガンガラの秘密の洞窟へと潜るが
ここの実験体がそれなりに強くレベルも上がりやすいのでしばらくお世話になろうとした・・が。
ここでも石化攻撃を食らいつづけ全滅・・くっそー石化防止のアクセってないのか・・??

ここでのレベル上げが苦だったことからこの際、DLCの深淵の探求者を落としてみることに。
え・・400MSP・・!?有料なのかよ・・。まいったな。
しかし幸いにもFable2 PUB GAMEの時のMSPが600残っていたので
せっかくなので有料コンテンツと合わせて全部使うことにした。

んで隠しダンジョンはどこにあるんだと内海を調べていると
沈んでいる塔を発見。そこは今や没になっていたエクスペリメントスタッフだった。

なんだここ・・?その時はここが隠しダンジョンであることも知らずに
一度戦闘してみると、ここでもゼストーラスの餌食に・・。もうやめてくれ。

とはいえ、昨日の36からレベルが49へと跳ね上がりある程度メンバーが強くなったことで
アサウルスのイベントをやってみる。
火属性耐性をつけていればヒートブレスはさほど怖くない。

連続魔などで着実にダメージを与え3ターンほどで倒す。
その後防衛イベントに入るが、3ターンで倒せるなら一気に倒してしまおうと
眠らせずに各個撃破。

ヌマラを防衛すると都へといけるようになるが、この時都に青印がついていたことから
やはりストーリーに関係していたのかと気づいた。

その後、カカナスの戦車と戦うがフルチャージ攻撃が強いので一旦リセットで態勢立てなおし。
カロン砲チャージのタンクから攻めて撃破。

これにてヌマラは安泰。ホワイトボアが手に入り氷の破片を渡ることが可能に。

そのままグランドスタッフに乗りこみガンガラの6人の僕と対決。
だが、何故か攻撃がミスばかり。ピンチの連続で死にかけた時に攻撃する順番があるのかと思いリセット。
態勢を立てなおす一方でホワイトボアで各地の氷河を渡ることが出来るので寄り道してみる。

最初は北西の雪原。
宝箱も何もないただ十字路のMAPが続くのみのフィールド。
だがそこにいるだけでMPが次第に減少していく。
注がれる光の粒子の方向へと進んでいくと、その奥にボス・ブルードラゴンが出現。
そういえばこいつ倒せば実績解除じゃなかったか・・?倒せば魔法が手に入るのでダメ元で挑んでみる。
固定ヤンセンはフレアラス、カイム、セスはパワードリンクで2コンボ。
終盤でドラゴンがレベラインを使ってきてピンチだったがなんとか倒すこと成功。
そのまま実績解除で黒魔法レベラインゲット。

雪原からやや右の氷河には忘れられた洞窟。
セスとアネーラが嘗て根城としていた場所らしい。
奥へと進むとケイヴウォームが出現。

ある程度ダメージを与えると絶対防御でダメージを与えられず
解除されれば今度は悪臭で状態異常と何気に嫌らしい敵だったが
それ以外で特に目立った攻撃もなく、倒すことに成功。
セスの武器グラビティレイブ、グラビティリング、アネーラの羽ゲット。

続く北東の氷河へと向かうとそこはセドを中心とした海賊の砦。
ただ、そこには海賊が一人いるだけで仲間がいたら探してきてくれと言われる。

探せっていわれてもどこにいるんだろう・・と内海をうろうろしていると、エクスペリメントスタッフ発見。

せっかくなのでちょっと潜ってみようかと再び挑んでみる。
地下5Fまで到着した時、深淵の探求者の実績が解除されたことから
ここではじめてこの場所が隠しダンジョンであることに気づいた。
400MSPも使ったのに芸のない十字路のダンジョンを下るだけとかどんだけ手抜きだよ、
と苦笑しながら更に下へ。
途中、アシッドレインを使うカエルがいてHPが16000と高めだったが連続魔法ウィンデスで集中放火して倒したことで
レベルがどんどん上がっていく。中でもミンの成長が目覚しい。

結局、この日は地下20Fまで潜って脱出した頃、カイム、セスのレベルが64と跳ね上がっていた。

これならいくらなんでも倒せるだろうと再びグランドスタッフに乗りこみ
念には念を、準備を整えて僕6人と対決。

と、レベル58のヤンセンが放ったゼグランデスで僕6人が一斉に撃沈・・。な、、なんじゃこりゃ(w
何か仕掛けがあったはずだが、まぁ倒せたんだからどうでも良いやと今日はこの辺で終了。

|

« じじい顔リアル過ぎ | トップページ | まだクリアせずに寄り道~。 »

360『ロストオデッセイ』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。