« コントローラーがお亡くなりに・・・。 | トップページ | コツコツ実績解除。 »

帰るさ。あいつが待ってるからな。

あぁ・・・今日はコントローラー買い替えにいこうかな。
高いんだよなぁ。ワイヤレスって4000円以上だから普通のコントローラー買おうかと思ったが
TSUTAYAには置いてなかった。
他のところ見て回るか・・・。

それとも今日は一日空けようかなぁ。

・・・と、思ったが。

結局GEOにて有線つきのコントローラーを買ってしまう。3600円。
その分の食費をまた浮かすことになるが・・まぁいいよ。後悔はしていない、というか。
PCにも対応、というのがちょっと救われてる感じがしつつも。

また凝りもせずラスレムをはじめることになった俺。

今度は絶対ストレスためないぞぉ、とまず部隊の底力を上げるため
ジーベンビュール第三に潜りウェアドラゴンやカリュプディスを狩りまくる。
チェーンがかなり続いたのに気をよくして更に頑張ってみる。
第三→第二経由で200Chainを達成。実績「戦いの連鎖」を解除。
結果ビュールを出る頃には377Chainと自己記録をはるかに更新。
これが何かきっかけを作ればいいのだが・・。
と4部隊のそれぞれのHPを見てみると。

ラッシュ部隊4人 HP4000
エミー部隊4人 HP2915
ドルガル部隊5人 HP約4400
イェーガー部隊5人 HP約4600

それぞれかなりHPが上がったが驚いたのはラッシュの部隊。
4人でHP4000というのは見事。ラッシュ&ボルソンコンビでHP2500ほどか。
いや、このコンビだけで隊作れるだろうと思いつつ、再び壁とも言えるドラゴン部隊とぶち当たる。

前衛部隊を次々と倒しながら続く最後のドラゴン部隊。
相変わらず増援が続く状況だったが、それでも負けじと頑張ってみる。
ドルガル隊がドラゴン部隊との戦いで孤立しカバーできない状態が続く。
残りの部隊で他6部隊と対峙。
3対6とこちらが断然不利だが一度頑張ってやられただけに、
その辺のあるコツは掴んでいた。
殺さないようにダメージを与えていれば、他部隊が回復に回りこちらの攻撃に手が回らなくなるのだ。
ドルガル隊は死なないように回復しながら攻撃。
一方でドラゴン部隊を回復しようとする部隊を攻撃、もしくは全滅させる。
で、毎回増援が続く中、6部隊がそれぞれダメージを食らっている状態に
こちらに攻撃をかける頻度が減ってくる。
これである程度の余裕が出来たと、せっかくだからとことんやってやるかなぁと
部隊を所々に倒していたりすると・・。

・・・・。

次ターンに入ると、何故か向こうは6部隊のままとなっていた。
これは、つまり・・・増援がなくなった、ということだった。

先に尽きたのは・・・向こうだったか!と
絶望的ともいえた状況が一気に起死回生。
もはや傷だらけとなっていた部隊を滅するのにターンを要することなく
残りがドラゴン部隊だけとなる。
連続追撃をかけ、ドラゴン部隊もついに力尽きた。

これに思わぬガッツポーズ。
81Chainと記録が死闘であったということを伺わせている。

その後、聖域に向かったというは覇王を追うため、そこへと向かう術を探すが
ここでそれなりに時間がかかる。
サイクス母のいう「オズワルド」というどこかで聞いた名に臭ったが
たまたまバルバロッサの酒場で店主の竜城についての話を聞くと
イェーガーのロブオーメンのクエストを思いだし、
それを先に終わらせようかとナーガプールの酒場へ向かうと、たまたまそこにオズワルドという老人を出くわした。
オズワルドって闇ブローカークエのじいさんだったかと思い出す中、
ジーベンビュール第六に進めというアドバイスを受けそこへと向かう。

第六・・立ちはだかるゴウジュンを退け第七へ。
奥で徘徊するハルピュイア達を退けながら更に奥へ。

そしてその奥でワグラム出現。
やはりこいつと戦うことになるのか、と
出てきたのはワグラムが召喚したスリート・アイドルと呼ばれる蜘蛛のようなイカ状生物。
今回召喚できたナムルを盾にしながら周りの雑魚を退け、スリートだけとなったが、
電撃主体のブリッツアイドルと双璧か?と言わんばかりにスリートは酸主体の攻撃を繰り出す。
一見追い詰めたかのように見えたが、スリートの全体酸攻撃+酸性雨のコンボで見事に全滅。
帯酸状態になるので状態回復しておかねばこれは即死だと反省しながら二度目。
召喚できない状態だったがカーズが嫌だったので雑魚一匹残した状態なら攻撃方法変わるのかと
実際やってみたが、そんなに変わらなかった。
ただ全体攻撃来る前に状態回復等をこまめにしたのが吉だったのか、スリートを赤点滅で追い詰める。
カーズや連続ビンタであがくスリートだったが、トドメを刺して撃破。

召喚術の反動が来たのか力尽きるワグラム・・・さようなら~。

こうして一行は聖域へ。中の構造はアークと似ているが上下移動の床に若干方向感覚が狂いながら奥へ。
回復系のコンポーネント数を気にしながら敵を避けていたが巨大目玉、モノボールとぶつかってしまう。
難なく倒したがデス、マンハンター、イービルアイとこいつら何種類いるんだよ(w

奥に進むと覇王とその部下二人出現。
あーやっぱり部下とも戦うんだと、まさか覇王との連戦になるんだと言うことまで計算に入れていなかったが・・。
この二人率いた部隊は鷲の巣の戦いでかなり苦戦したが、今回は初っ端から二人だけ。
確か巨人の方は一方倒すと変に強くなると言うことは印象にあったが実際片割れの女を先に倒すと
オーヴァドライブ発動。4回攻撃という仕打ちが待ちうける。
振り回し攻撃と玉撃ちで部隊が何度も全滅しかけるが、それでもジャブを繰り返し赤点滅で追いこむ。
回復して立て直しながらなんとか撃破。
奥にいる覇王と激突。

初っ端からロブオーメンを召喚してくる覇王。
うぜぇと思ったが、覇王だけに攻撃集中だと全体攻撃が怖かったので
距離を置いてロブオーメンと覇王で2隊に分ける。

コンボがヤケに決まったおかげか先に力尽きたのはロブオーメン。

その後、エミーがナムルを召喚できるようになり発動。

戦況は5対1となったが、ブラックアウトやトウテツという
強力全体攻撃を使う覇王相手にまだまだ余談を許さぬ展開。

覇王がナムルに攻撃をかける中、
うち2隊、ラッシュ、エミー部隊はナムルをサポートしながら覇王に攻撃。
もう2隊は回復に回る。イェーガーに関してはベオウルフ狙いというのもあったが・・。

ホワイトアウトを使われた辺りでかなり危険な状態が続いたが
それでもなんとか立て直せたのは、今までの理不尽とも言える壁を何度も乗り越えた成果なのか。

ついに覇王が赤点滅となるが、それでも油断せずに状態回復&サポートを怠ることはなく
片やラッシュ達が攻撃を続ける。

そして・・ついに覇王を倒した。

倒した瞬間安堵のため息・・。だが不思議と達成感がわかなかった。

経験値が入らなかったところを見て、これがラスボスだったかと割り切る。

最後ラッシュが自分がレムナントだと言うことを明かして覇王と共に消滅・・・。

涙を流しながら帰還するダヴィッド。途方にくれるイリーナ。

こうしてエンディングへ・・。

スタッフロール後。

覇王「これからどうする気だ。」

ラッシュ「帰るさ。あいつが待ってるからな。」

・・・・・・・・。

結局生きてたんですか、アナタ方。

なんとも消化不良なエンディングだな・・。これはひどい。

こうしてコントローラーをぶち壊すというハプニングがあったものの
ラストレムナントをクリアした。

クリア特典あるのかなぁとニューゲームをやるが何も変わらず。
クリアという実績解除そのものもないため、スコアも増えず。

ゲームとしてはおもしろかったが・・・。
うーーん、どうなんだこりゃ・・。

|

« コントローラーがお亡くなりに・・・。 | トップページ | コツコツ実績解除。 »

360『ラストレムナント』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。