« なんでこんなにストレスたまるんだ。 | トップページ | コントローラーがお亡くなりに・・・。 »

イェーガー大活躍?

ラストレムナント。
今の状況を変えるためHPを考慮して部隊を4編成に。
HPが高いリーダーが必要だと思い、65535Gを叩いてHP1100ちょっとのイェーガーを雇う。
サイクロプスも再び召喚できるようになったのか、大苦戦するもはな&ひなをなんとか撃破する。
こいつら最悪だった・・。3ターンおきに使ってくる乱れ大雪月花もそうだが
ひなだけ倒そうにもはなが10万以上で全快させるし
はなだけ倒せば、今度はひながアニメートとかどんだけ・・。
そのおかげでロプスがいても大苦戦だったが、まぁ倒せたから何とか良しとする。

続いてクシティの部隊。
こいつらの厄介なのは「仲間を呼ぶ」と「ギャラクシィ」。
仲間を呼ばれる前に最初に術法系のクシティ部隊を先に倒す。
一方七人衆のクシティはロプスで足止め。
そのおかげもあってか仲間は呼ばれたがごり押しで部隊を全滅させることに成功。
残るは一匹だが、むやみに一斉攻撃かけると強力な範囲攻撃で全滅しかねないので
ロプスをカバーしながら慎重に攻撃。

その結果何とかクシティも倒した。

ようやく壁を一つ超えたという安堵に沸きつつこの流れで残りの七人衆も片付ける。
ターン終了後、五番目の砦を守る「大喧嘩」の七人衆は
喧嘩に巻きこまれぬよう距離を測って遠目の雑魚を片付けつつ
今回はナムルが壁になりつつカバーで攻撃、赤点滅になったら一斉攻撃をかけて倒した。

最後のじじいはトラップ主体の攻撃とこれなら楽かと思ったが
追い詰められるや、いきなり驚異の連続反撃で2部隊が全滅してしまう事態。
それでもその直後、別の部隊の攻撃でなんとか倒せた。

だがその直後にサイクロプスとの連戦が待ちうけていた。
3ターンごとのゲイ・ボルグとお馴染みのカタストロフィ、アーム攻撃と
今まで味方として頼りにしてただけに驚異的に襲いかかるが
部隊同士で援護しつつ時間をかけて何とか倒した。

なんか壁にぶつかって以降、割合倒せてきてるんだが・・何が変わったんだろうか。
ロプスやナムルが召喚できるのは大きかったが、イェーガー効果なのかな。

一先ず休憩を挟んだ後、ウィルフレッド戦。
前回暴走したロプスを召喚して周りの雑魚を片付けるが、
ロプスだけが孤立してしまいカバーできずに死んでしまうという事態。
それでも雑魚を片付け、4部隊でウィルフレッドに挑む。
3ターンごとに大竜巻だかそんな技を使われ苦戦するが長時間かけてなんとか倒した。

おーーーーこれは・・!時間掛かりすぎる戦いだから一回で倒したいと思っていたが、これは正直嬉しかった。

すごいな。ここまで来ると召喚よりもイェーガーの存在が大きいのかも。
雇ってから急に部隊の様相が変わってきたような気がする。
地力がついたというか、ウィル戦やってて本当にそう感じた。
これは6万叩いて雇った甲斐があったか。

ウィル戦後、メタルピアスをねだるイェーガー。どうぞと遠慮なく差し出した。
戦力としてもう外せない存在となったな・・うむ。

ラッシュの刀をそろそろ強化せねばと、ヒュードラを見つけて素材回収。
ようやくえり抜き→勇者の大太刀へとランクを上げる。

お次は栄光の大太刀だが、一つは既に所持済みで、残りの金鉱石を2つ購入、
後はフライの体液のみとなる。
ローゼフライ系を倒せば出てきそうな気はしたが、
いけるダンジョンに出没するフライ系を倒しても中々出てこない。

ジーベンビュールにも潜っているが中々・・・。
と、一方で巨大目玉が異様に徘徊していたので一度戦闘してみることに。

いつぞやシェリルのイベントに出てきたデスかと思ったが名前が「マンハンター」という名前だった。
デスの弱いバージョンか?と思っていたがとんでもない。
異常に固く、攻撃もそれなりに協力。だがそれでも何とか倒すことが出来たという不思議。
しかも召喚は使ってない状態。

これ結構強いモンスターなんだよな・・。
こいつら倒せると言うことは相当地力がついたと言うことか。

やっぱりイェーガー効果もあるんだろうか。

はて一方のフライの体液・・どこにあるんだとクエ消化中に出てくるかと探していると
メルフィナにて魔法についての探索クエが発生。

再びジーベンビュールに潜り、魔法の結界のようなものを作っているモンスターどもを倒す。
カーズを使う鳥×3とデス×3にやはり苦戦を強いられた。
最後のブリッツアイドル戦も苦戦したが周りのデスを排除して以降、
電撃系以外の協力攻撃がなかったのが救い
状態カバーしながら倒すことに成功した。

いやー、ここまで来るともうイェーガー様々ですな・・。
絶対こいつの存在は大きいと思った。

|

« なんでこんなにストレスたまるんだ。 | トップページ | コントローラーがお亡くなりに・・・。 »

360『ラストレムナント』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。